webstation plus

 恋愛小説はお好きですか。

 私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。

 結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だったからでしょうか。とにかく、恋愛小説が苦手な人でも楽しめる物語です。

 恋愛小説ではあり得ない出会いが描かれている

 一応、恋愛小説というジャンルなので、男女の出会いが描かれているのですが、6編ある短編のどれもが少し変わった設定なので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 たとえば、『アイネクライネ』では、仕事でミスをした佐藤が罰として街頭アンケートを命じられるのですが、これがキッカケである女性と出会います。しかし、このときは知り合いにさえなれませんが、友人たちから『トイストーリー』の面白さをインプットされた後に偶然再会することで「出会い」に発展します。

 『ライトヘビー』では、客である板橋香澄から半ば強引に弟を紹介された美奈子でしたが、彼に興味がもてませんでした。しかし、香澄に騙された弟から電話がかかってきて、しかもそのタイミングでゴキブリが出たことで「出会い」に発展します。

 『ルックスライク』では、客から叱られていた明美を、「こちらの娘さんをどなたかご存知ないのですか」作戦で邦彦が救い出したことで「出会い」に発展します。

 他にも、落とした財布を拾ってもらったことが出会いのキッカケになったり、免許の更新日をギリギリにしたことで出会ったりと、さまざまな出会いが描かれているのですが、どれも現実には起こらなさそうな出会いばかりなので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 他の恋愛小説とは一味違う出会いが楽しめます。

 恋愛小説とは思えない心に残るセリフが満載

 たとえば、

「じゃあ、訊くけどな。出会いって何だ」
「出会いとは、出会いだ」
「ようするに、外見が良くて、性格もおまえの好みで、年齢もそこそこ、しかもなぜか彼氏がいない女が、自分の目の前に現れてこねえかな、ってそういうことだろ?」
「そんな都合のいいことなんて、あるわけねーんだよ。しかも、その女が、おまえのことを気に入って、できれば、趣味も似てればいいな、なんてな、ありえねえよ。どんな確率だよ。ドラえもんが僕の机から出てこないかな、ってのと一緒だろうが」

 他にも、

「いいか、藤間、外交そのものだぞ。宗教も歴史も違う、別の国だ、女房なんて。それが一つ屋根の下でやっていくんだから、外交の交渉技術が必要なんだよ。一つ、毅然とした態度、二つ、相手の顔を立てつつ、三つ、確約はしない、四つ、国土は守る。そういうものだ。離婚だって、立派な選択だ。ともにやっていくことのできない他国とは、距離を置くほうがお互いの国民のためだからな」

 なんて心に残るセリフが満載。他の恋愛小説では絶対に出てこない、面白いセリフばかりなので、何度も読み返したくなります。

 物語間のつながりが楽しめる

 『アイネクライネナハトムジーク』は全6編で構成されています。

 『アイネクライネ』から『メイクアップ』の5編はそれぞれが独立した物語ですが、『ナハトムジーク』ですべての登場人物が繋がっていたことに気づくんですよね。

 少し強引なところはありますが、登場人物たちの繋がりに気づくと、なんだか得した気分になれます。

 また、ここまで紹介してきたように、この物語は恋愛小説というよりも、泥棒や殺し屋などが出てこない伊坂作品です。

 そのため、恋愛ものが苦手な人にもおすすめできる恋愛小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …