webstation plus

 恋愛小説はお好きですか。

 私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。

 結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だったからでしょうか。とにかく、恋愛小説が苦手な人でも楽しめる物語です。

 恋愛小説ではあり得ない出会いが描かれている

 一応、恋愛小説というジャンルなので、男女の出会いが描かれているのですが、6編ある短編のどれもが少し変わった設定なので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 たとえば、『アイネクライネ』では、仕事でミスをした佐藤が罰として街頭アンケートを命じられるのですが、これがキッカケである女性と出会います。しかし、このときは知り合いにさえなれませんが、友人たちから『トイストーリー』の面白さをインプットされた後に偶然再会することで「出会い」に発展します。

 『ライトヘビー』では、客である板橋香澄から半ば強引に弟を紹介された美奈子でしたが、彼に興味がもてませんでした。しかし、香澄に騙された弟から電話がかかってきて、しかもそのタイミングでゴキブリが出たことで「出会い」に発展します。

 『ルックスライク』では、客から叱られていた明美を、「こちらの娘さんをどなたかご存知ないのですか」作戦で邦彦が救い出したことで「出会い」に発展します。

 他にも、落とした財布を拾ってもらったことが出会いのキッカケになったり、免許の更新日をギリギリにしたことで出会ったりと、さまざまな出会いが描かれているのですが、どれも現実には起こらなさそうな出会いばかりなので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 他の恋愛小説とは一味違う出会いが楽しめます。

 恋愛小説とは思えない心に残るセリフが満載

 たとえば、

「じゃあ、訊くけどな。出会いって何だ」
「出会いとは、出会いだ」
「ようするに、外見が良くて、性格もおまえの好みで、年齢もそこそこ、しかもなぜか彼氏がいない女が、自分の目の前に現れてこねえかな、ってそういうことだろ?」
「そんな都合のいいことなんて、あるわけねーんだよ。しかも、その女が、おまえのことを気に入って、できれば、趣味も似てればいいな、なんてな、ありえねえよ。どんな確率だよ。ドラえもんが僕の机から出てこないかな、ってのと一緒だろうが」

 他にも、

「いいか、藤間、外交そのものだぞ。宗教も歴史も違う、別の国だ、女房なんて。それが一つ屋根の下でやっていくんだから、外交の交渉技術が必要なんだよ。一つ、毅然とした態度、二つ、相手の顔を立てつつ、三つ、確約はしない、四つ、国土は守る。そういうものだ。離婚だって、立派な選択だ。ともにやっていくことのできない他国とは、距離を置くほうがお互いの国民のためだからな」

 なんて心に残るセリフが満載。他の恋愛小説では絶対に出てこない、面白いセリフばかりなので、何度も読み返したくなります。

 物語間のつながりが楽しめる

 『アイネクライネナハトムジーク』は全6編で構成されています。

 『アイネクライネ』から『メイクアップ』の5編はそれぞれが独立した物語ですが、『ナハトムジーク』ですべての登場人物が繋がっていたことに気づくんですよね。

 少し強引なところはありますが、登場人物たちの繋がりに気づくと、なんだか得した気分になれます。

 また、ここまで紹介してきたように、この物語は恋愛小説というよりも、泥棒や殺し屋などが出てこない伊坂作品です。

 そのため、恋愛ものが苦手な人にもおすすめできる恋愛小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?/芦沢央『火のないところに煙は』感想

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …