webstation plus

 恋愛小説はお好きですか。

 私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。

 結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だったからでしょうか。とにかく、恋愛小説が苦手な人でも楽しめる物語です。

 恋愛小説ではあり得ない出会いが描かれている

 一応、恋愛小説というジャンルなので、男女の出会いが描かれているのですが、6編ある短編のどれもが少し変わった設定なので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 たとえば、『アイネクライネ』では、仕事でミスをした佐藤が罰として街頭アンケートを命じられるのですが、これがキッカケである女性と出会います。しかし、このときは知り合いにさえなれませんが、友人たちから『トイストーリー』の面白さをインプットされた後に偶然再会することで「出会い」に発展します。

 『ライトヘビー』では、客である板橋香澄から半ば強引に弟を紹介された美奈子でしたが、彼に興味がもてませんでした。しかし、香澄に騙された弟から電話がかかってきて、しかもそのタイミングでゴキブリが出たことで「出会い」に発展します。

 『ルックスライク』では、客から叱られていた明美を、「こちらの娘さんをどなたかご存知ないのですか」作戦で邦彦が救い出したことで「出会い」に発展します。

 他にも、落とした財布を拾ってもらったことが出会いのキッカケになったり、免許の更新日をギリギリにしたことで出会ったりと、さまざまな出会いが描かれているのですが、どれも現実には起こらなさそうな出会いばかりなので、読んでいてクスッと笑えるんですよね。

 他の恋愛小説とは一味違う出会いが楽しめます。

 恋愛小説とは思えない心に残るセリフが満載

 たとえば、

「じゃあ、訊くけどな。出会いって何だ」
「出会いとは、出会いだ」
「ようするに、外見が良くて、性格もおまえの好みで、年齢もそこそこ、しかもなぜか彼氏がいない女が、自分の目の前に現れてこねえかな、ってそういうことだろ?」
「そんな都合のいいことなんて、あるわけねーんだよ。しかも、その女が、おまえのことを気に入って、できれば、趣味も似てればいいな、なんてな、ありえねえよ。どんな確率だよ。ドラえもんが僕の机から出てこないかな、ってのと一緒だろうが」

 他にも、

「いいか、藤間、外交そのものだぞ。宗教も歴史も違う、別の国だ、女房なんて。それが一つ屋根の下でやっていくんだから、外交の交渉技術が必要なんだよ。一つ、毅然とした態度、二つ、相手の顔を立てつつ、三つ、確約はしない、四つ、国土は守る。そういうものだ。離婚だって、立派な選択だ。ともにやっていくことのできない他国とは、距離を置くほうがお互いの国民のためだからな」

 なんて心に残るセリフが満載。他の恋愛小説では絶対に出てこない、面白いセリフばかりなので、何度も読み返したくなります。

 物語間のつながりが楽しめる

 『アイネクライネナハトムジーク』は全6編で構成されています。

 『アイネクライネ』から『メイクアップ』の5編はそれぞれが独立した物語ですが、『ナハトムジーク』ですべての登場人物が繋がっていたことに気づくんですよね。

 少し強引なところはありますが、登場人物たちの繋がりに気づくと、なんだか得した気分になれます。

 また、ここまで紹介してきたように、この物語は恋愛小説というよりも、泥棒や殺し屋などが出てこない伊坂作品です。

 そのため、恋愛ものが苦手な人にもおすすめできる恋愛小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめるような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要なんてない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …