webstation plus

rock-climbing_01

「努力が報われると思う人はダメですね」

 とは、明石家さんまさんの言葉ですが、この言葉には、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら努力なんてしない方がいい…という意味が込められています。

 とはいえ、同じ努力をするなら報われたいですよね。どうすれば報われるのでしょうか。

 「報われる努力」とは才能を生かす努力

 たとえば、私が今日から必死になって毎日走っても、ウサイン・ボルトのように速く走れる日は永遠にやってきません。走るといった個別の才能は遺伝的に決まっているからです。

 では、得意なことならどうでしょうか。文章を書いたり、数学の問題を解いたり、プログラミングなら、もしかすると報われる日がやってくるかもしれません。

 つまり、報われる努力とは、自分のもっている才能、パフォーマンスを最大限に発揮するための努力のことなんです。

 私たちの身体は、使わない機能を日々リストラしています。覚えていても意味のない記憶を忘れたり、使わない筋肉を減らすなど、新しいインプットに対応できる準備をしています。

 それにも関わらず、何もしなければ、できることがどんどん減っていきますよね。そこで、自分の才能を最大限に発揮するための努力が必要になります。これが報われる努力です。

 とはいえ、報われる努力をするには自分の才能を知っている必要があるのですが…。私たちは自分の才能について、どれくらい知っているでしょうか。

 「長所」と「短所」の両方が才能

 突然ですが、首都圏連続殺人事件(木嶋佳苗事件)をご存知ですか。多くの男性から経済的援助を引き出すことに成功した女性、木嶋佳苗さんが犯した殺人事件です。小説にもなりました。

 彼女は、「美人ではない」という個性を使って多くの男性を虜にしました。自分の容姿が他人にどう映るのか、どういう心理をもたらすのかをよく理解しており、その個性を生かして多くの男性から多額の援助を引き出すことに成功したんですよね。

 つまり、才能とは「自分には何ができるのか(個性)を理解し、それを活用できる能力」のこと。美しいから成功が約束されているわけでもなく、美しくないことが敗北を意味するわけでもありません。

 だからこそ、長所だけでなく短所にも目を向ける必要があります。怠け者なら、周りにいる優秀な人を見つけて動かす力がある、物覚えが悪いなら忘れる力がある、同じ失敗を繰り返すなら何度失敗してもへこたれない力があると捉えるのです。

 そうすれば、短所も才能として生かすことができます。

 努力が報われるかどうかは戦略次第

 自分の才能に気づけば、あとは才能を生かす努力をするだけです。ただし、戦略がなければ、才能を発揮することができません。具体的には、次の3つのどれかひとつでも間違えれば結果は出ないんですよね。

①目的を設定する
②戦略を立てる
③実行する

 たとえば、アラフォー女子がやりがちなムダな努力とは、

①年収や社会的地位が高く、あわよくばイケメンで浮気もしない男性と結婚することを目的に
②あまり深く考えずに
③自分磨きに没頭する

 本気でこの目的を達成したいのなら、もっと若いときに、そういう男性が好む短大などに行き、友人や親を介して適切な人を紹介してもらって、さっさと結婚する必要がありました。残念ながら、勝負は15年くらい前についています。

 だからこそ、木嶋佳苗さんのように、

・自分の才能を生かして:男性を安心させて、性的な快楽と安らぎを与え
・目的を達成:複数のパートナーから経済的援助を引き出す

 していきましょう(もちろん、木嶋佳苗さんの行動が正しいと主張したいわけではありません)。

 嫌われることを恐れるな

 ここまで紹介してきたように、報われる努力とは才能を生かすための努力のことです。他人とは違う自分をさらけ出し、失敗しても、笑われても自分らしさを生かしていく。そんな勇気がある人だけが努力が報われるのだと思います。

 私も自分をのことをよく見せようとしがちですが、これからは本当の自分をさらけ出してブログを書いていきます。その結果…。

 私のことを嫌いになっても、このブログのことは嫌いにならないでくださいね。

 関連記事

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …