努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

ライフハック

rock-climbing_01

 努力していますか?

 私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。

 これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複雑な気分ですが…。




スポンサーリンク

 努力には「報われる努力」と「報われない努力」がある

 努力には「報われる努力」と「報われない努力」があるそうです。この差は一体何でしょうか。

 たとえば、私が「ウサイン・ボルトのように速く走りたい」と決意し、今日から必死に努力を重ねたとしても、彼のように速く走れる日は永遠にやってきませんよね。

 これが報われない努力。反対に、報われる努力とは「才能を生かすための努力」です。

 そもそも、私たちの身体は、使わない機能を日々リストラしています。覚えていても意味のない記憶を忘れたり、使わない筋肉を減らすなど、新しいインプットに対応できる「余白」を作っています。

 それにも関わらず、何も行動しなければ、できることがどんどん減っていきますよね。そこで、自分の才能を最大限に発揮するための努力、報われる努力が必要になるのです。

 とはいえ、報われる努力をするには「自分の才能」を知っている必要があるのですが…。私たちは自分の才能について、どれくらい把握できているでしょうか。

スポンサーリンク

 才能とは「長所」と「短所」の両方

 突然ですが、首都圏連続殺人事件(木嶋佳苗事件)をご存知ですか。多くの男性から経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋佳苗さんが犯した殺人事件です。小説にもなりました。

 彼女は、「美人ではない」という才能を使って多くの男性を虜にしました。自分の容姿が他人にどう映るのか、どういう心理をもたらすのかをよく理解しており、その才能を生かして多くの男性から多額の援助を引き出すことに成功したのです。

 このように、才能とは「自分には何ができのるかを正しく把握し、それを活用できる能力」のことです。美しいから成功が約束されているわけではなく、また美しくないことが敗北を意味するわけでもありません。

 つまり、長所だけでなく短所も才能なんですよね。怠け者なら、周りにいる優秀な人を見つけて動かす力があり、物覚えが悪いなら忘れる力があり、同じ失敗を繰り返すなら何度失敗してもへこたれない力があるのです。

スポンサーリンク

 本当に報われるかどうかは戦略次第

 自分の才能を正しく把握できれば、あとは才能を生かす努力をするだけです。

 とはいえ、戦略を立てなければ無駄な努力に終わります。だからこそ、次の3つを意識して努力する必要があるんですよね。

①目的を設定する
②戦略を立てる
③実行する

 たとえば、アラフォー女子がやりがちなムダな努力とは、

①年収や社会的地位が高く、あわよくばイケメンで浮気もしない男性と結婚することを目的に
②あまり深く考えずに
③自分磨きに没頭する

 本気でこの目的を達成したいのなら、もっと若いときに、そういう男性が好む短大などに行き、友人や親を介して適切な人を紹介してもらって、さっさと結婚する必要がありました。残念ながら、勝負は15年くらい前についています。

 だからこそ、木嶋佳苗さんのように、

・自分の才能を生かして:男性を安心させて、性的な快楽と安らぎを与え
・目的を達成:複数のパートナーから経済的援助を引き出す

 戦略を立てて行動していきましょう(もちろん、木嶋佳苗さんの行動が正しいと主張したいわけではありません)。

 最後に

 ここまで紹介してきたように、報われる努力とは才能を生かすための努力のことです。他人とは違う自分をさらけ出し、失敗しても、笑われても自分らしく生きていく。そんな勇気のある人だけが努力が報われるのだと思います。

 私も自分をのことをよく見せようとしがちですが、これからは本当の自分をさらけ出してブログを書いていきます。その結果…。

 私のことを嫌いになっても、このブログのことは嫌いにならないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました