webstation plus

smart_phone_01

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるのでしょうね。

 とはいえ、こういった話を聞くたびに、「お金の管理もまともにできない子どもにスマホを与える必要があるの?」と思います。

 「子どもの居場所をわかるようにするため」とか、「子どもにせがまれたから」とか、「塾で必要だから」など、いろいろ理由はあるのでしょう。しかし、だからといって、お金の管理ができない子どもにスマホを与えるのは危険です。だって、大人でさえ、高額課金で苦しんでいる人たちが大勢いるのですから…。

 「じゃあ、高額課金で苦しまないですむように、法整備すればいいのでは?」という意見が必ず出てきます。もちろん、これもひとつの方法でしょう。しかし、私はこの方法では根本解決にはならないと考えています。なぜなら、オンラインゲームの高額課金以外にも、お金をつぎ込みたくなるシステムが数多く存在しているからです。

 たとえば、「妖怪メダル」もそのひとつ。私が子どもだった頃を思い返してみても、「ビックリマン」や「カードダス」がありました。また、大人になってからも、AKB48選抜総選挙の投票権つきCD、競馬やパチンコ、キャバクラやホストなどなど、挙げだしたらキリがありません。

 つまり、どれだけ法整備をしたところで、子ども自身がお金を管理できるようにならなければ、こういった問題は減らないのです。むしろ、今後ますます増えていくことになるでしょう。ネット取引や電子マネーの普及によって、お札や硬貨としての「お金」を手にする機会が少なくなり、お金に対する現実感が今よりも乏しくなるからです。

 というわけで、私は子どもの頃からお金の教育をするべきだと思っているのですが、では具体的にどうすればいいのでしょうか。

 『一生お金に困らない子どもの育て方』という本を読みました。この本に書かれている内容をざっくり言うと、「一定のおこづかいを与え、お金を管理する力を育てよう」ということです。

 しかし、私が子どもだった頃を振り返ってみると、「おこづかいをもらって、自分でお金を管理して、欲しいモノや必要なモノを手に入れる」というのは当たり前のことでした。しかし、今の子どもたち(の一部かもしれませんが)は、そういう経験をしていないそうです。

 その理由として、

  • 両親と祖父母の計6人からモノを買ってもらえる。おこづかいをもらえる。
  • モノの値段が下がったので、壊れたら使い捨てるという考え方が定着しつつある。

といったことが挙げられます。

 たとえば、「3DSが欲しい」と思えば、祖父母におねだりするだけで手に入ったり、「映画を観たい」といえば、両親と祖父母のそれぞれに連れていってもらえたり(同じ映画を二回観ることもあるらしい)、お祝い事じゃなくても簡単に外食に連れて行ってもらえたり…と、「欲しいモノ」「やりたいこと」が簡単に手に入る時代になりました。

 その結果、欲しいモノが手に入らないときの「寂しさ」や、ようやく手に入れたときの「うれしさ」、買い物に失敗したときの「悔しさ」といった、お金に関わることで生じる感情を経験する機会を失ってしまったのです。そのため、私たちが買い物をするときに感じる「本当に欲しい?」「買っても後悔しない?」「お金は大丈夫?」といった「揺れ動く感情」が芽生えずに、「やりたい」「欲しい」という欲望だけで課金出来てしまうわけですね。

 また、モノの値段が下がったこともあり、ちょっとしたオモチャならいつでも手に入るようになりました。100円ショップやスーパーのオマケ、フリマなどなど、驚くような値段でオモチャが手に入る時代です。そのため、オモチャが壊れたり、失ったりしても、あまりショックを感じない子どもが増えました。「また買えばいいや」と、モノを大切にする習慣がなくなりつつあります。

 こういった考えをもった子どもたちが大人になれば「怖ろしいこと」になりそうですよね。だからこそ、子どものうちに「おこづかいによるお金の管理」を意識的に教える必要があります。具体的には次の四つを実践させましょう。

  • おこづかいは必要な額の8割程度にする
  • 足りない部分はアルバイト(お手伝い)でやりくりさせる
  • 欲しいモノだけでなく文房具などの必需品も自分で買わせる
  • モノのメンテナンス費用(電池や修理費など)も払わせる

 こうして、お金を管理する方法を実践を通して学び、「毎月赤字なし、前借りなし、文房具等の必需品が補充できている」状態が続けば、スマホを与えても高額課金するようなことにはならないでしょう。もちろん、私たち親が納得する理由がなければスマホを与える必要などまったくありませんが。

 関連記事

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …