webstation plus

raccoon_dog_01

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。

 たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている。本当の家族とは、このどれでもないように思う。では、本当の家族とは何だ。

 小説『有頂天家族』は、「家族のあり方」についてひとつの答えを教えてくれる。物語の主人公は、父の長所を受け継いだ四兄弟の三男タヌキ。彼の父は、山に化けることができるほどの非凡な化け力と器の大きさをもち、傲慢な天狗である赤玉先生に「タヌキにしておくには惜しい人物」といわせるほどの狸であった。ところが、金曜倶楽部なる怖ろしい集団によって、狸鍋にされて食べられてしまう。

 残されたのは、「わが子はひとり残らず亡き父の跡目を継ぐにふさわしい狸」だと信じて疑わない母と、狸解では有名なダメ狸四兄弟だった。

 長男狸は、父から責任感だけを受け継いだ。亡き父のように立派な狸になろうと努力はしているが、融通が利かないうえに、緊急時になるとあわてふためいて混乱してしまう、土壇場に弱い狸だ。

 次男狸は、父からのんきな性格だけを受け継いだ。現在は寺の境内の古井戸の中で蛙に化けて隠居生活をしている。井の中の蛙なんとかやらだ。

 四男狸は、父から純真さだけを受け継いだ。化けるのが苦手で気が弱く、恐怖を感じるとすぐに狸姿に戻ってしまう。唯一の特技といえば、携帯電話の充電ができること。

 そして、主人公である三男狸は、父から阿呆ぶりだけを受け継いだ。「狸として如何に生きるべきか」という難問に取り組んだときには、「どうすべきか分からないときには、何もしない方が得策だ」というナポレオンの言葉に従ってぶらぶらと過ごし、「どうやら面白く生きるほかに何もするべきことなどない」という悟りを得るほどの阿呆ぶりである。

 このように性格も考え方も違う兄弟たちが、同じ場所で仲良く暮らせるはずなどない。だから、彼らは思い思いの生活をしていた。長男狸は父の後を継いで「偽衛門」という狸界の伝統的な称号を手に入れようと躍起になり、次男狸は井の中の蛙として他人の悩みや愚痴の聞き役に徹していた。四男狸は修行と称して偽電気プラン工場でバカ狸にいじめられながらも働き続け、主人公である三男狸は女子高生に化けて天狗の世話をしていた。

 ところが、そんな彼らに危機が訪れる。長男狸が金曜倶楽部の標的になったのだ。このままでは、父と同じように長男狸まで狸鍋にされてしまう。そこで、彼ら四兄弟は一致団結した。それぞれが自分の特技を発揮し、金曜倶楽部に立ち向かっていく――。

 では、なぜ性格も価値観も異なる彼らが、危機的状況を前にして一致団結できたのだろうか。

 それは海よりも深い母の愛情と偉大なる父の他界があったからだ。どれだけ他人にバカにされようとも、子どもたちを信じぬく母の愛情によって、彼らはつながっていた。すなわち、どれだけバカなことをしようとも受け入れてもらえるという安心感があったのだ。そして、偉大なる父が狸鍋にされたことによって「母や兄弟は自分が守らなければいけない」という責任感が芽生えた。つまり、性格も価値観も異なる彼らは、安心感と責任感によってつながっていたのである。

 だから――、これから家族を築こうと思っている人、あるいは家族との関係をよくしていきたいと思っている人は、「安心感と責任感」という相反する気持ちを家族の誰もがもてる関係を築いていこう。すなわち、どれだけバカなことをしても受け入れるだけの度量と、ピンチに陥ったときには救おうとする優しさをもつことだ。そうすれば、四兄弟狸のように、普段は自分の好きなことをしていながらも、いざというときには助け合える、そんな有頂天な家族が築けるだろう。

 関連記事

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …