webstation plus

raccoon_dog_01

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。

 たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている。本当の家族とは、このどれでもないように思う。では、本当の家族とは何だ。

 小説『有頂天家族』は、「家族のあり方」についてひとつの答えを教えてくれる。物語の主人公は、父の長所を受け継いだ四兄弟の三男タヌキ。彼の父は、山に化けることができるほどの非凡な化け力と器の大きさをもち、傲慢な天狗である赤玉先生に「タヌキにしておくには惜しい人物」といわせるほどの狸であった。ところが、金曜倶楽部なる怖ろしい集団によって、狸鍋にされて食べられてしまう。

 残されたのは、「わが子はひとり残らず亡き父の跡目を継ぐにふさわしい狸」だと信じて疑わない母と、狸解では有名なダメ狸四兄弟だった。

 長男狸は、父から責任感だけを受け継いだ。亡き父のように立派な狸になろうと努力はしているが、融通が利かないうえに、緊急時になるとあわてふためいて混乱してしまう、土壇場に弱い狸だ。

 次男狸は、父からのんきな性格だけを受け継いだ。現在は寺の境内の古井戸の中で蛙に化けて隠居生活をしている。井の中の蛙なんとかやらだ。

 四男狸は、父から純真さだけを受け継いだ。化けるのが苦手で気が弱く、恐怖を感じるとすぐに狸姿に戻ってしまう。唯一の特技といえば、携帯電話の充電ができること。

 そして、主人公である三男狸は、父から阿呆ぶりだけを受け継いだ。「狸として如何に生きるべきか」という難問に取り組んだときには、「どうすべきか分からないときには、何もしない方が得策だ」というナポレオンの言葉に従ってぶらぶらと過ごし、「どうやら面白く生きるほかに何もするべきことなどない」という悟りを得るほどの阿呆ぶりである。

 このように性格も考え方も違う兄弟たちが、同じ場所で仲良く暮らせるはずなどない。だから、彼らは思い思いの生活をしていた。長男狸は父の後を継いで「偽衛門」という狸界の伝統的な称号を手に入れようと躍起になり、次男狸は井の中の蛙として他人の悩みや愚痴の聞き役に徹していた。四男狸は修行と称して偽電気プラン工場でバカ狸にいじめられながらも働き続け、主人公である三男狸は女子高生に化けて天狗の世話をしていた。

 ところが、そんな彼らに危機が訪れる。長男狸が金曜倶楽部の標的になったのだ。このままでは、父と同じように長男狸まで狸鍋にされてしまう。そこで、彼ら四兄弟は一致団結した。それぞれが自分の特技を発揮し、金曜倶楽部に立ち向かっていく――。

 では、なぜ性格も価値観も異なる彼らが、危機的状況を前にして一致団結できたのだろうか。

 それは海よりも深い母の愛情と偉大なる父の他界があったからだ。どれだけ他人にバカにされようとも、子どもたちを信じぬく母の愛情によって、彼らはつながっていた。すなわち、どれだけバカなことをしようとも受け入れてもらえるという安心感があったのだ。そして、偉大なる父が狸鍋にされたことによって「母や兄弟は自分が守らなければいけない」という責任感が芽生えた。つまり、性格も価値観も異なる彼らは、安心感と責任感によってつながっていたのである。

 だから――、これから家族を築こうと思っている人、あるいは家族との関係をよくしていきたいと思っている人は、「安心感と責任感」という相反する気持ちを家族の誰もがもてる関係を築いていこう。すなわち、どれだけバカなことをしても受け入れるだけの度量と、ピンチに陥ったときには救おうとする優しさをもつことだ。そうすれば、四兄弟狸のように、普段は自分の好きなことをしていながらも、いざというときには助け合える、そんな有頂天な家族が築けるだろう。

 関連記事

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。  「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …