webstation plus

rome_01

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。

 できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう思うだろうが、私たちは得てして「いてもいなくてもいい人」になってしまう。リスクを怖れて新しいことに挑戦しないからだ。そして、挑戦しないだけでなく、評論家のように他人にあれこれ口出しするようになれば、「いてはいけない人」になってしまう。

 実際、こんなことをしていないだろうか。天井の電球が切れたとき、それを交換しようとせずに下から眺めて「あーだこーだ」と騒いでいることが。

 もっと具体的にいえば、新しいプロジェクトを始めるとき、失敗を怖れてはじめの一歩を踏みたがらず、前例ばかりに縛られて良い知恵が出せない。そればかりか、何よりも責任を取りたくない。そのくせ会議だけは何回も何十回も開き、分厚い企画書(仕様書)を作りたがる。――こんなことをしていては「いてはいけない人」と思われても仕方がないではないか。

 本書は、過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ち込んだ「限界集落」を、年間予算たったの60万円で立ち直らせたスーパー公務員・高野誠鮮氏の成功物語である。高野氏は、限界集落でつくったお米をローマ法王に献上することでブランド化に成功するなど、数々の実績を作っていった。そのなかで、「いてはいけない人」たちを、次々と「必要とされる人」たちへと変えていった。

 では、どうやって変えていったのか。その方法は次の三つ。

  1. まずは徹底的に情報を伝える
  2. 1%でも可能性があるのなら、とにかくやってみる
  3. 失敗しても責任を追及しない

 私たちは実際に行動を起こすまでに「知→情→意」のステップを踏むといわれている。「知」とは知恵(=情報)のこと。まず耳や目から情報が入って「情」(=心)が動く。そして、「意」(=行動)につながっていく。そのため、「いてはいけない人」を「必要とされる人」に変えていくには、まずは徹底的に情報を伝えることが大切になる。

 企業が自分たちの商品を売るために、朝から晩までCMを流しているのもそのためだ。くりかえし同じ情報を与えることで、本当に心が動く人が出てくる。あのチョコを食べてみたい、あのビールを飲んでみたい――と。すると、本当に買う人が出てくるというわけだ。

 だから、高野氏は、やるべきことを村人たちに徹底的に伝えていった。「会議はやらない。企画書もつくらない。私たちがやるべきことは行動だ」「このまま手をこまねいて何もしなければ村は『自然消滅』してしまう。だから行動する必要があるのだ」「限界集落にはマイナス面だけでなくプラス面もある。そのプラス面を生かしていこう」――というように。

 とはいえ、口先だけでは誰もついてこない。そこで、高野氏は実際に行動を起こしていく。たとえば、「UFOで町おこしをしよう」と決めれば、世界を牛耳る大物政治家たち――レーガン大統領やサッチャー首相、ゴルバチョフ書記長宛に直筆の手紙を送る。すると、ゴルバチョフ書記長本人ではなかったが、ロシア大使館から手紙が返ってきたそうだ。

 あなたなら手紙を送ることができただろうか。やりもしないうちから、絶対に無理だと思い込んでいないだろうか。もし、そうだとしたら考え方を変えたほうがいい。たとえ1%でも可能性があるのなら、やってみなければ結果はわからないからだ。

 もちろん、失敗することもあるだろう。そんなときは、責任追及をしないこと。犯人探しをしたり、悪いのはあいつだと責め始めると、一歩も前へ進めなくなってしまうからだ。その代わりに、「どうすればその失敗を打開できるのか」、「マイナスをプラスに変えられるのか」に目を向けていこう。そうすれば、失敗を克服できるだけでなく、次々と新たな挑戦ができるようになるだろう。

 こうして高野氏は、「いてはいけない人」たちを次々と「必要とされる人」たちへと変えていった。もちろん、これは私たちでもできる。「徹底的に情報収集し、1%でも可能性があるのならとにかく挑戦する。たとえ失敗したとしても、すぐにリカバリー策を考える」ということを繰り返していけばいい。そうすれば、間違いなく「必要とされる人」になれるだろう。

 関連記事

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

10年後に仕事がある人、ない人

 本:『10年後、君に仕事はあるのか?』の著者・藤原和博さんによると、2020年代には求人が半減するそうです。  その理由は次の2点。 ロボットとAIの活躍によって仕事が激減する 東京オリンピックの後は景気が大幅に落ち込 …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …