webstation plus

rome_01

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。

 できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう思うだろうが、私たちは得てして「いてもいなくてもいい人」になってしまう。リスクを怖れて新しいことに挑戦しないからだ。そして、挑戦しないだけでなく、評論家のように他人にあれこれ口出しするようになれば、「いてはいけない人」になってしまう。

 実際、こんなことをしていないだろうか。天井の電球が切れたとき、それを交換しようとせずに下から眺めて「あーだこーだ」と騒いでいることが。

 もっと具体的にいえば、新しいプロジェクトを始めるとき、失敗を怖れてはじめの一歩を踏みたがらず、前例ばかりに縛られて良い知恵が出せない。そればかりか、何よりも責任を取りたくない。そのくせ会議だけは何回も何十回も開き、分厚い企画書(仕様書)を作りたがる。――こんなことをしていては「いてはいけない人」と思われても仕方がないではないか。

 本書は、過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ち込んだ「限界集落」を、年間予算たったの60万円で立ち直らせたスーパー公務員・高野誠鮮氏の成功物語である。高野氏は、限界集落でつくったお米をローマ法王に献上することでブランド化に成功するなど、数々の実績を作っていった。そのなかで、「いてはいけない人」たちを、次々と「必要とされる人」たちへと変えていった。

 では、どうやって変えていったのか。その方法は次の三つ。

  1. まずは徹底的に情報を伝える
  2. 1%でも可能性があるのなら、とにかくやってみる
  3. 失敗しても責任を追及しない

 私たちは実際に行動を起こすまでに「知→情→意」のステップを踏むといわれている。「知」とは知恵(=情報)のこと。まず耳や目から情報が入って「情」(=心)が動く。そして、「意」(=行動)につながっていく。そのため、「いてはいけない人」を「必要とされる人」に変えていくには、まずは徹底的に情報を伝えることが大切になる。

 企業が自分たちの商品を売るために、朝から晩までCMを流しているのもそのためだ。くりかえし同じ情報を与えることで、本当に心が動く人が出てくる。あのチョコを食べてみたい、あのビールを飲んでみたい――と。すると、本当に買う人が出てくるというわけだ。

 だから、高野氏は、やるべきことを村人たちに徹底的に伝えていった。「会議はやらない。企画書もつくらない。私たちがやるべきことは行動だ」「このまま手をこまねいて何もしなければ村は『自然消滅』してしまう。だから行動する必要があるのだ」「限界集落にはマイナス面だけでなくプラス面もある。そのプラス面を生かしていこう」――というように。

 とはいえ、口先だけでは誰もついてこない。そこで、高野氏は実際に行動を起こしていく。たとえば、「UFOで町おこしをしよう」と決めれば、世界を牛耳る大物政治家たち――レーガン大統領やサッチャー首相、ゴルバチョフ書記長宛に直筆の手紙を送る。すると、ゴルバチョフ書記長本人ではなかったが、ロシア大使館から手紙が返ってきたそうだ。

 あなたなら手紙を送ることができただろうか。やりもしないうちから、絶対に無理だと思い込んでいないだろうか。もし、そうだとしたら考え方を変えたほうがいい。たとえ1%でも可能性があるのなら、やってみなければ結果はわからないからだ。

 もちろん、失敗することもあるだろう。そんなときは、責任追及をしないこと。犯人探しをしたり、悪いのはあいつだと責め始めると、一歩も前へ進めなくなってしまうからだ。その代わりに、「どうすればその失敗を打開できるのか」、「マイナスをプラスに変えられるのか」に目を向けていこう。そうすれば、失敗を克服できるだけでなく、次々と新たな挑戦ができるようになるだろう。

 こうして高野氏は、「いてはいけない人」たちを次々と「必要とされる人」たちへと変えていった。もちろん、これは私たちでもできる。「徹底的に情報収集し、1%でも可能性があるのならとにかく挑戦する。たとえ失敗したとしても、すぐにリカバリー策を考える」ということを繰り返していけばいい。そうすれば、間違いなく「必要とされる人」になれるだろう。

 関連記事

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …