webstation plus

(※『地球星人』表紙より)


 自分らしく生きていますか?

 私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。

 というよりも、むしろ自分らしさなんて追い求めるものじゃないと思うようになったんですよね。

 そこで今回は、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を参考に「なぜ自分らしさなんて追い求めるものじゃない」のか考えてみたいと思います。

 『地球星人』ってどんな小説?

 主人公の奈月は、小学五年生の女の子。しかし、彼女は普通の小学生とは異なる環境で暮らしていました。

 いつも父や母、姉からサンドバックのようにキツイ言葉を浴びせられたり、叩かれたりしています。

 塾の先生からは性的な対象で見られ、弄ばれていました。母に相談しても奈月がおかしいと責められます。

 そんなツライ環境で育った奈月の救いは小学校に入った時に出会ったぬいぐるみ。奈月はぬいぐるみと出会ったことで、魔法少女に変身できるようになりました。

 魔法少女になった奈月は少しでも世界の役に立ちたいと願いますが――。

 現実と幻想が入り混じった世界観に釘付けになる物語です。

 なぜ自分らしさは追い求めるものじゃないのか?

1. 人間の一生がある程度決まっているからこそ社会は成り立っている

 作中では私たち人間の一生を工場にたとえています。

ずらりと整列した四角い巣の中に、つがいになった人間のオスとメスと、その子供がいる。つがいは巣の中で子供を育てている。
私たち子供はいつかこの工場をでて、出荷されていく。出荷された人間は、オスもメスも、まずはエサを自分の巣に持って帰れるように訓練される。世界の道具になって、他の人間から貨幣をもらい、エサを買う。やがてその若い人間もつがいになり、巣に籠って子作りをする。

 つまり、エサを自分の巣に持って帰る、子供を製造することができなければ「不良品」扱いされる世界で生きているのです。

 少し前にSNS上で、LGBTや人間の生産性についての議論が活発に行われていましたが、その背景には「人間工場の一部として振舞うべきだ」、「人間工場の不良品でも自由に生きたい」という対立があったように思います。

 もちろん、人間工場という概念に縛られて生きる必要はありませんが、あえてそれに反発するかのように生きる必要もありません。誰もが反発して生きれば、今の社会は破綻してしまうからです。

 では、実際に自分らしさを追求すればどのような破綻が生じるのでしょうか。

2. 自分勝手な振舞いを正義だと勘違いしてしまう

 あらすじでも紹介したように奈月は魔法少女として生きていました。

 父や母、姉からサンドバックのようにキツイ言葉を浴びせられても、叩かれても、魔法を使って乗り越えられる。人間工場の不良品でも、魔法をたくさん覚えれば世界の役に立てるかもしれない――そう一途に思って生きていたのです。

 そんな彼女の支えになっていたのが、同い年でいとこの由宇。彼の家庭も複雑な事情を抱えており、由宇は自分が宇宙人だと信じて生きていました。

 二人にとって、多くの人たちの「当たり前」が当たり前ではありません。生きるのがツライ世界で過ごしています。だからこそ、互いを必要とし、小学五年生にも関わらず結婚。そしてセックスをしてしまうのです。

 このことを知った大人たちは猛激怒。しかし、奈月はそんな大人たちを冷ややかな目で見ていました。自分たちも好き勝手にセックスをしているじゃないかと。

 とはいえ、大人たちは子供が産まれても責任が取れます。もちろん、奈月は責任が取れません。それなのに、自分の想いだけで突っ走り、正当化したんですよね。

 ある程度の常識がなければ自分勝手な振る舞いまで正当化してしまうことがわかる物語です。

3. 常識がない人たちが目指す世界は残酷

 そんな二人ともう一人が加わって奈月が大人になってからの生活が描かれるのですが、ここには書ききれないほどの衝撃的な出来事が待っています。

 常識がない人たちは、自分の効率だけを追い求めるので、強盗・殺人・共食いなど何をしても心が痛みません。ほんと読むのがツラくなるほどの出来事が起こり続けます。

 多くの著名人が「自分らしさを大切にすべきで常識なんて不要」と言いますが、すべての常識を取っ払って自分らしさだけを追い求めると怖ろしい世界が待っています。

 ぜひ実際に読んで驚愕の世界を味わってください。

 最後に

 村田沙耶香さんの小説『地球星人』。読めば「自分らしさなんて追い求めるものじゃない」ことがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

「これからの世界をつくる人」と「コンピュータに使われる人」

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。  それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いた …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …