webstation plus

morning_02

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。相当疲れているということでしょうか。

 そのため、次のようなメリットがあると言われても、なかなか早起きしようという気になれません。

  • 精神的に余裕ができる
  • 趣味や家族との時間、自己成長のための時間が確保できる
  • 脳が活性化するので仕事がはかどる

 しかし、『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』に書かれていた次の言葉を読んで、「もう一度早起きに挑戦してみようかな」という気になりました。その言葉がこれ:

 会社の時間に起こされているというのは、受動的なパターンから1日がスタートしているということです。

 どんなことでも「受身」では、うまくいきませんよね。たとえば、どうしてもやらなきゃいけない仕事。やる気がでませんよね。面白くなんてありませんよね。しかし、そんな仕事でも主体的に関わるようにしていけば少しは面白くなるはずです。

 一日のスタートだってこれと同じ。「会社に間に合わないから起きないと…」と受身で起きると、その日一日が受身になってしまいがちです。一日のスタートくらいは主体的に始めたいですよね。

 では、「どうすれば早起きできるようになるの?」という話になりますが、具体的な方法は『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』を参考にしてください。――と言って終わってしまうのも微妙なので、とっておきの秘訣を紹介します。それは:

 「早く寝れば早く起きられる!」

 当たり前のことですが、これがなかなかできないんですよね。そもそも、睡眠時間を削ってまで早起きするのはバカのすること。寝不足になると、脳はお酒を飲んで酔っ払っているのと同じ状態になるからです。

 というわけで、早起きしたいのなら、早く寝るようにするしかありません。布団の中でスマホを眺めているようではダメですよ。

 関連記事

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …