webstation plus

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)


 悲しい出来事ってありますよね。最近の台風や地震でツライ思いをした方も多いのではないでしょうか。

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』に登場する人物たちもその一人。暴力的な若者に襲われたり、死に至る病に悩まされたりと次から次へと悲劇が起こります。

 しかし、彼らは悲しい出来事をユニークな視点で捉え、爽やかに生きていました。そんな彼らの姿に励まされること間違いなし!?

 今回は、悲しい出来事が起こったときにぜひ読んで欲しい小説『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじ

 大学に通うためにアパートに引っ越してきた椎名は、隣に住む河崎に「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。

 はじめは断っていた椎名でしたが、河崎の口車に乗せられ、本屋を襲うことに。

 その2年前。動物を殺すことに生きがいを感じている若者たちがいました。

 ペットショップで働く琴美は、店からいなくなった柴犬が彼らに襲われていないか心配になり、ブータン人のドルジと一緒に探しに出かけます。そこで動物殺しの若者たちと出会い、襲われることに。

 この2つの物語がシンクロするミステリー小説です。

 『アヒルと鴨のコインロッカー』のおすすめポイント

1. 登場人物に次々と起こる悲劇に心が痛む

 この物語に登場する人物には、次々と悲劇が起こります。

 たとえば、2年前。行方不明になった柴犬を探しに出かけた琴美とドルジは、動物殺しを楽しむ若者たちに遭遇し、襲われました。

 ドルジの機転により、その日は何とか逃れることができましたが、琴美がパスケースを落としてしまい、住所と名前がバレてしまいます。ここから、彼らの執拗な嫌がらせが始まりました。

 一方、過去に琴美と付き合っていた美男子の河崎は、複数の女性とセックスを楽しんでいましたが、重い病気にかかり、ひとり悩むことに。

 そして、現在。河崎の隣の隣に住む外国人が彼女を失い、ひどく落ち込んでいます。そこで、これらの悲劇を吹き飛ばすために、河崎が椎名を誘って本屋を襲う!?

 登場人物たちに次々と起こる悲劇に心が痛くなる物語です。

2. それでも爽やかに生きる登場人物たちに励まされる

 登場人物の誰もが悲劇に見舞われていましたが、彼らのセリフはそれを感じさせないほど爽やかでした。たとえば、

「ここでバットを振ると、不安だとか不満が吹き飛ぶ。誰かにそう聞いたのを思い出したんだ」
(中略)
「一応、言っておくけど、それを教えてあげたの、たぶん、わたしだから」

 他にも、

「死ぬかもしれない、と言ったら、もっと優しくしてくれるのか」
「死期が近くなったら教えて」

 など、悲劇を吹き飛ばすセリフが満載。なかでも、お気に入りのセリフがこちら。

「神様を閉じ込めておけば、悪いことをしてもばれない」

 彼らの言葉に励まされる物語です。

3. ラストは切ないけれど爽やかな気持ちになれる

 この小説の醍醐味は、すべての伏線が気持ちよく回収されていくところ。たとえば、

・なぜ、河崎は広辞苑を盗むために本屋を襲おうとするのか
・なぜ、ドルジと琴美は現在の物語に出てこないのか
・なぜ、河崎は重い病気になったのに今も生きているのか

 などなど、謎だらけ。これらの伏線が回収されていく過程が面白くて仕方ないんですよね。

 なかでも、タイトルに込められた意味を知ったとき、切なくて悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 ぜひ実際に読んで切なさと爽やかさを味わってください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。切なくて、悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …