webstation plus

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。

 物語全体もかなり現実離れしていますが、哲学とユーモアがあれば厳しい現実に立ち向かえるかもと思えてくる物語なんですよね。前向きに頑張ろうというか、嫌なことでも立ち向かってみようというか。

 現実は想像よりも厳しい

 私たちは色々なことを甘く考えて生きていますよね。

 45歳でリストラされた人たちを見ても自分だけは大丈夫だと思っていたり、リストラされてもすぐに転職先が見つかると考えていたり、AIとロボティクスの進化で多くの仕事がなくなると聞いても他人事だと思っていたり。

 しかし、このような現実は突然訪れます。

 ペットショプで働く琴美もそんな厳しい現実に直面したひとり。彼女はペット殺しの若者たちと出会い、追いかけられるようになりますが、それは琴美が感情に任せて「あんたたち、気持ち悪い」と大声で叫んだからでした。

 しかも、パスケースを落として、名前や住所、電話番号が彼らにバレても、どこか他人事のように思っています。ツライ未来が訪れるなんて想像してないんですよね。

 琴美の元恋人の河崎もそうです。彼は多くの女性と関係をもつことで恐ろしい病気にかかりますが、まさか自分がそんな病気にかかるなんて思ってもいませんでした。

 大学進学を機にアパートに引っ越してきた椎名もそうです。河崎から「本屋を襲わないか?」と誘われると、ホイホイついて行ってしまうような甘ちゃんで、これがきっかけで人生がどうなるかなんて考えてもいません。

 このように登場人物の多くが甘い考えで生きているのですが、よくよく考えてみると、私も同じなんですよね。

 もう少し物事を真剣に考えないと…と思える物語です。

 厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要

 そんな中、物事を甘く考えずに生きている人物がいました。それがブータン人のドルジ。彼はブータン人らしく、宗教を自分の行動哲学としています。

 具体的には、

「善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる」

 と信じて生きています。だから彼は、悪いことはしないで生きようと心に誓っていました。また、哲学を持たない、何をしでかすかわからない日本人を警戒していました。

 だからこそ、琴美がペット殺しの若者たちに襲われたとき、すぐに対処できたんですよね。

 とはいえ、哲学だけでは生きていけません。哲学に縛られると行動できなくなるからです。そこでドルジは河崎や琴美からユーモアを学ぼうとします。

 そのユーモアがどんなものなのか、よくわかるのが琴美のこの言葉。

「とにかく面倒だからさ、神様を閉じ込めて、全部なかったことにしてもらえればいいって。そうすれば、ばれない」

 なんだか適当な言葉ですが、このユーモアに満ちた言葉が、人生を豊かにしてくれるんですよね。なぜなら…。

 哲学とユーモアがあればつらい現実も楽しく生きられるかもしれない

 哲学をもてば物事を甘く考えたり、他人に流されることが少なくなるからです。さらに、ユーモアがあれば、つらい現実も少しは楽しくなりますよね。

 そんな思いが伝わってくる小説が『アヒルと鴨のコインロッカー』。読めば、つらい現実に直面しても、前を向いて一歩踏み出そうと思える物語です。

 ストーリーは現実離れしていますが、おすすめです。

 関連記事

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …