webstation plus

 哲学とユーモアを持って生きていますか?

 私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』は、厳しい現実に立つ向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語です。

 ツライ物語が描かれていますが、登場人物たちの前向きな生き方に励まされるんですよね。

 ペット殺しに追いかけられる女性の物語

 では、あらすじから。

 大学進学を機にアパートに引っ越してきた椎名は、隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。

 誘ってきたのは河崎という名の青年で、彼は隣の隣に住む住人のために本屋を襲おうと言うのですが…。

 実は彼が本屋を襲うとしたのは、ツライ過去があったからでした。その過去とは、ペット殺しに関わるものでした。

 ペットショプで働く琴美は、ペット殺しの若者たちと偶然出会い、「あんたたち、気持ち悪い」と感情に任せて大声で叫んだことがキッカケで彼らに追いかけられるようになります。

 また、このとき琴美がパスケースを落としたので、名前や住所、電話番号が彼らにバレてしまいました。

 ところが、琴美はどこか他人事のように思っているんですよね。ツライ未来が訪れるなんて想像もしていません。

 しかし…。

 厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要

 琴美の彼氏であるブータン人のドルジは違いました。哲学を持たない日本人を何をしでかすかわからない人種として警戒していたのです。

 だからこそ、琴美が襲われそうになったときも、素早く対処できたのですが、ドルジはブータン人らしく、宗教を自分の哲学として心に刻んで生きていました。

 たとえば、

「善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる」

 と信じて生きていたのです。だからこそ、ドルジは悪事を働かずに生きてこれたわけですが…。そんな彼も日本人に学ぶべきところがありました。それがユーモアです。

 そのユーモアがどんなものなのか、よくわかるのが琴美のこの言葉です。

「とにかく面倒だからさ、神様を閉じ込めて、全部なかったことにしてもらえればいいって。そうすれば、ばれない」

 なんだか適当な言葉ですが、このようなユーモアあふれる言葉が、ツライ現実に直面しても、前を向いて生きていく力になるんですよね。

 しかし、彼らが直面している現実はそれほど甘くはありませんでした。

 彼らはツライ現実に立ち向かえるのか?

 琴美は相変わらずペット殺しから追いかけられ、河崎は多くの女性と関係をもったことで恐ろしい病気にかかります。

 ドルジも悲しい過去を受け入れられずに日々を過ごしていました。そんな彼らの物語の結末は…。

 実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』は哲学とユーモアがあればツライ現実も乗り越えていけるかもと思える物語です。

 もちろん、伊坂幸太郎さんらしく最後には驚きが待っているので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想/異なるジャンルの短編がゆるやかにつながる小説

 伊坂幸太郎さんの小説といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくのが特徴ですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。 …

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …