webstation plus

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。

 物語全体もかなり現実離れしていますが、哲学とユーモアがあれば厳しい現実に立ち向かえるかもと思えてくる物語なんですよね。前向きに頑張ろうというか、嫌なことでも立ち向かってみようというか。

 現実は想像よりも厳しい

 私たちは色々なことを甘く考えて生きていますよね。

 45歳でリストラされた人たちを見ても自分だけは大丈夫だと思っていたり、リストラされてもすぐに転職先が見つかると考えていたり、AIとロボティクスの進化で多くの仕事がなくなると聞いても他人事だと思っていたり。

 しかし、このような現実は突然訪れます。

 ペットショプで働く琴美もそんな厳しい現実に直面したひとり。彼女はペット殺しの若者たちと出会い、追いかけられるようになりますが、それは琴美が感情に任せて「あんたたち、気持ち悪い」と大声で叫んだからでした。

 しかも、パスケースを落として、名前や住所、電話番号が彼らにバレても、どこか他人事のように思っています。ツライ未来が訪れるなんて想像してないんですよね。

 琴美の元恋人の河崎もそうです。彼は多くの女性と関係をもつことで恐ろしい病気にかかりますが、まさか自分がそんな病気にかかるなんて思ってもいませんでした。

 大学進学を機にアパートに引っ越してきた椎名もそうです。河崎から「本屋を襲わないか?」と誘われると、ホイホイついて行ってしまうような甘ちゃんで、これがきっかけで人生がどうなるかなんて考えてもいません。

 このように登場人物の多くが甘い考えで生きているのですが、よくよく考えてみると、私も同じなんですよね。

 もう少し物事を真剣に考えないと…と思える物語です。

 厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要

 そんな中、物事を甘く考えずに生きている人物がいました。それがブータン人のドルジ。彼はブータン人らしく、宗教を自分の行動哲学としています。

 具体的には、

「善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる」

 と信じて生きています。だから彼は、悪いことはしないで生きようと心に誓っていました。また、哲学を持たない、何をしでかすかわからない日本人を警戒していました。

 だからこそ、琴美がペット殺しの若者たちに襲われたとき、すぐに対処できたんですよね。

 とはいえ、哲学だけでは生きていけません。哲学に縛られると行動できなくなるからです。そこでドルジは河崎や琴美からユーモアを学ぼうとします。

 そのユーモアがどんなものなのか、よくわかるのが琴美のこの言葉。

「とにかく面倒だからさ、神様を閉じ込めて、全部なかったことにしてもらえればいいって。そうすれば、ばれない」

 なんだか適当な言葉ですが、このユーモアに満ちた言葉が、人生を豊かにしてくれるんですよね。なぜなら…。

 哲学とユーモアがあればつらい現実も楽しく生きられるかもしれない

 哲学をもてば物事を甘く考えたり、他人に流されることが少なくなるからです。さらに、ユーモアがあれば、つらい現実も少しは楽しくなりますよね。

 そんな思いが伝わってくる小説が『アヒルと鴨のコインロッカー』。読めば、つらい現実に直面しても、前を向いて一歩踏み出そうと思える物語です。

 ストーリーは現実離れしていますが、おすすめです。

 関連記事

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか?

 この前のエントリにも書きましたが、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』に登場する主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供には明るい未来はないのか?と叫びたくなるほど、 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …