webstation plus

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。

 本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロするミステリー小説です。読めば、切なくて、悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 今回は、『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじ

 大学に通うためにアパートに引っ越してきた椎名は、隣に住む河崎に「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。

 はじめは断っていた椎名でしたが、まんまと河崎の口車に乗せられ、本屋を襲うことに。

 その2年前。動物を殺すことに生きがいを感じている若者たちがいました。

 ペットショップで働く琴美は、店からいなくなった柴犬が彼らに襲われていないか心配になり、ブータン人のドルジと一緒に探しに出かけます。そこで彼らと出会い、事件に巻き込まれることに。

 この2つの物語がシンクロしていくミステリー小説です。

 登場人物に次々と起こる悲劇!?

 この物語に登場する人物には、次々と悲劇が起こります。

 たとえば、2年前。行方不明になった柴犬を探しに出かけた琴美とドルジは、動物殺しを楽しむ若者たちに遭遇し、襲われました。

 ドルジの機転により、その日は何とか逃れることができましたが、琴美がパスケースを落としたため、住所と名前がバレてしまいます。ここから、彼らの嫌がらせが始まりました。

 一方、過去に琴美と付き合っていた河崎は、女性にモテまくる美男子で、誰彼かまわずセックスする毎日を楽しんでいましたが、重い病気にかかり、ひとり悩むことに。

 そして、現在。河崎の隣の隣に住む外国人が彼女を失い、ひどく落ち込んでいます。これらの悲劇を吹き飛ばすために、河崎が椎名を誘って本屋を襲う!?

 それでも陽気な登場人物たち

 登場人物の誰もが悲劇に見舞われていましたが、彼らのセリフはそれを感じさないほど陽気でした。たとえば、

「ここでバットを振ると、不安だとか不満が吹き飛ぶ。誰かにそう聞いたのを思い出したんだ」
(中略)
「一応、言っておくけど、それを教えてあげたの、たぶん、わたしだから」

 他にも、

「死ぬかもしれない、と言ったら、もっと優しくしてくれるのか」
「死期が近くなったら教えて」

 など、切なくて悲しい気持ちを吹き飛ばしてくれるセリフが満載。なかでも、お気に入りのセリフがこちら。

「神様を閉じ込めておけば、悪いことをしてもばれない」

 読みながらニヤッとしてしまう物語です。

 すべての伏線が気持ちよく回収される!?

 この小説の醍醐味は、すべての伏線が気持ちよく回収されていくところ。たとえば、

・なぜ、河崎は広辞苑を盗むために本屋を襲おうとするのか
・なぜ、ドルジと琴美は現在の物語に出てこないのか
・なぜ、河崎は重い病気になったのに今も生きているのか

 などなど、謎だらけ。これらの伏線が気持ちよく回収されていく過程が面白くて仕方ないんですよね。

 なかでも、タイトルに込められた意味を知ったとき、切なくて悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。切なくて、悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …