webstation plus

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。

 現在とその2年前――本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺しに巻き込まれた琴美とドルジ、この二つの物語がシンクロしていくミステリー小説です。読めば、「無茶苦茶な世の中でも前を向いて歩いていこう」と思えること間違いなし!?

 今回は、『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじ

 大学に通うためにアパートに引っ越してきた椎名は、隣に住む河崎に「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。

 はじめは断っていた椎名でしたが、まんまと河崎の口車に乗せられ、本屋を襲うことに!?

 その二年前。動物を殺すことに生きがいを感じている若者たちがいました。

 ペットショップで働く琴美は、店からいなくなった柴犬が彼らに連れ去られていないか心配になり、ブータン人のドルジと一緒に探しに出かけます。そこで彼らと出会い、事件に巻き込まれることに。

 この2つの物語がシンクロしていくミステリー小説です。

 登場人物に次々と起こる悲劇!?

 この物語に登場する人物には、次々と悲劇が起こります。

 たとえば、2年前。琴美とドルジは、動物殺しを楽しむ若者たちに出会い、怖い思いをしました。

 ドルジの機転により、なんとか逃げ出すことができましたが、琴美がパスケースを落としたことで住所と名前がバレることに!?

 河崎は2枚目で女性にモテまくり、誰彼かまわずセックスをする毎日を楽しんでいましたが、重い病気にかかり、ひとり悩むことに。

 そして現在。河崎の隣の隣に住む外国人は彼女を失い、ひどく落ち込んでいました。そこで河崎は、彼を励ますために本屋を襲う!?

 それでも陽気な登場人物たち

 登場人物の誰もが悲劇に見舞われていましたが、彼らのセリフはとても陽気なものでした。たとえば、

「ここでバットを振ると、不安だとか不満が吹き飛ぶ。誰かにそう聞いたのを思い出したんだ」
(中略)
「一応、言っておくけど、それを教えてあげたの、たぶん、わたしだから」

 他にも、

「死ぬかもしれない、と言ったら、もっと優しくしてくれるのか」
「死期が近くなったら教えて」

 なかでもお気に入りのセリフがこちら。

「神様を閉じ込めておけば、悪いことをしてもばれない」

 彼らのセリフを聞くと、嫌なことがあっても前を向いて歩いていこうと思えます。

 タイトルに込められた意味は!?

 2つの物語がシンクロして結末にたどり着いたとき、『アヒルと鴨のコインロッカー』というタイトルに込められた意味が明らかになります。

 読めば驚くこと間違いなし!?ぜひ実際に読んで、驚いてください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。「無茶苦茶な世の中でも前を向いて歩いていこう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『子育てはもう卒業します』は適当な親でいい!?と思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめて、自分のために生きよう」と思 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

再読間違いなし!?『グラスホッパー』は驚きの結末を迎える小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋の鯨と蝉、そして復讐者の鈴木がそれぞれの目的を成し遂げるために殺人を犯したり、逃げ惑ったりする物語です。読めば再読したくなること間違い …

人の心も科学!?『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

犯人は鉄壁!?『聖女の救済』は女性が隠し持つ強さに驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば女性の強さに驚かされること間違いなし!?  今回はガリレ …

『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の助教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川助教授に挑戦し …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川龍之介賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語ですが、堅苦しさはなく、スラスラ読めます。あ …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …