webstation plus

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。

 本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロするミステリー小説です。読めば、切なくて、悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 今回は、『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アヒルと鴨のコインロッカー』のあらすじ

 大学に通うためにアパートに引っ越してきた椎名は、隣に住む河崎に「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。

 はじめは断っていた椎名でしたが、まんまと河崎の口車に乗せられ、本屋を襲うことに。

 その2年前。動物を殺すことに生きがいを感じている若者たちがいました。

 ペットショップで働く琴美は、店からいなくなった柴犬が彼らに襲われていないか心配になり、ブータン人のドルジと一緒に探しに出かけます。そこで彼らと出会い、事件に巻き込まれることに。

 この2つの物語がシンクロしていくミステリー小説です。

 登場人物に次々と起こる悲劇!?

 この物語に登場する人物には、次々と悲劇が起こります。

 たとえば、2年前。行方不明になった柴犬を探しに出かけた琴美とドルジは、動物殺しを楽しむ若者たちに遭遇し、襲われました。

 ドルジの機転により、その日は何とか逃れることができましたが、琴美がパスケースを落としたため、住所と名前がバレてしまいます。ここから、彼らの嫌がらせが始まりました。

 一方、過去に琴美と付き合っていた河崎は、女性にモテまくる美男子で、誰彼かまわずセックスする毎日を楽しんでいましたが、重い病気にかかり、ひとり悩むことに。

 そして、現在。河崎の隣の隣に住む外国人が彼女を失い、ひどく落ち込んでいます。これらの悲劇を吹き飛ばすために、河崎が椎名を誘って本屋を襲う!?

 それでも陽気な登場人物たち

 登場人物の誰もが悲劇に見舞われていましたが、彼らのセリフはそれを感じさないほど陽気でした。たとえば、

「ここでバットを振ると、不安だとか不満が吹き飛ぶ。誰かにそう聞いたのを思い出したんだ」
(中略)
「一応、言っておくけど、それを教えてあげたの、たぶん、わたしだから」

 他にも、

「死ぬかもしれない、と言ったら、もっと優しくしてくれるのか」
「死期が近くなったら教えて」

 など、切なくて悲しい気持ちを吹き飛ばしてくれるセリフが満載。なかでも、お気に入りのセリフがこちら。

「神様を閉じ込めておけば、悪いことをしてもばれない」

 読みながらニヤッとしてしまう物語です。

 すべての伏線が気持ちよく回収される!?

 この小説の醍醐味は、すべての伏線が気持ちよく回収されていくところ。たとえば、

・なぜ、河崎は広辞苑を盗むために本屋を襲おうとするのか
・なぜ、ドルジと琴美は現在の物語に出てこないのか
・なぜ、河崎は重い病気になったのに今も生きているのか

 などなど、謎だらけ。これらの伏線が気持ちよく回収されていく過程が面白くて仕方ないんですよね。

 なかでも、タイトルに込められた意味を知ったとき、切なくて悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれること間違いなし!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。切なくて、悲しくて、それなのに爽やかな気持ちになれる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学より大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけていますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

再読間違いなし!?伊坂幸太郎『グラスホッパー』は驚きの結末を迎える小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋の鯨と蝉、そして復讐者の鈴木がそれぞれの目的を成し遂げるために殺人を犯したり、逃げ惑ったりする物語です。読めば再読したくなること間違い …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …