webstation plus

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。

 小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。

 ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。

 エンターテイメントのための読書に価値はない

 エンターテイメントのための読書になっていたからです。

いい仕事ができない、人生がつらい、楽しくない。

 そんなとき人はエンターテイメントを求めます。お酒だったり、ギャンブルだったり、ゲームだったり、読書だったり。

 もちろん、エンターテイメントそのものが悪いわけではありません。しかし、自分の力で人生をエンターテインできないのは悲しいですよね。

 特に、読書はその行為自体に価値があるように思いがちです。

 しかし、どれだけ読書をしても、何も行動が変わらなければ、時間を消費しているだけです。寝ているのと大差ありません。

 書評なんていらない

 では、書評を書けばどうでしょうか。

 私も書評を書いていますが、その多くは本の内容を紹介しているだけのいわゆるサマリーです。

 しかし、これでは価値がありませんよね。読書だけで終わるよりも学んでいるように思えますが、実際には何も身についていないからです。すぐに忘れてしまいます。

 本当にすべきことは、その本から必要な部分を取り出し、自分のなかに練り込んでいく作業です。一行でもいいから、自分の身になる文章に線を引き、行動を変えることです。

 だからこそ…。

 自分の価値観とは異なる一行を大切にする

 ブログの書き方を変えることにしました。自分を主、本を従として、自分に足りないところ、取り入れたいところ、またそれを実践した結果をアウトプットしていきます。

 ただし、今の自分を変えようと思えば、知らなかったことや異なる価値観を受け入れる必要がありますよね。その視点を意識して読書に励んでいきます。

 こうして行動を変えていけば、きっとこれまでとは違う自分に会えるはず。その日を期待して、これからも書評を書いていこうと思います。

 関連記事

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

人生100年時代を生き抜くための学習戦略

 100歳まで生きるのが当たり前の時代になると言われていますよね。そんな時代を生き抜くには、新しい知識や技術を学び続ける必要があります。  とはいえ、闇雲に学んでも疲れるだけ。どういう戦略で学んでいきましょうか。 &nb …

「これからの世界をつくる人」と「コンピュータに使われる人」

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。  それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いた …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …