webstation plus

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。

 小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。

 ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。

 エンターテイメントのための読書に価値はない

 エンターテイメントのための読書になっていたからです。

いい仕事ができない、人生がつらい、楽しくない。

 そんなとき人はエンターテイメントを求めます。お酒だったり、ギャンブルだったり、ゲームだったり、読書だったり。

 もちろん、エンターテイメントそのものが悪いわけではありません。しかし、自分の力で人生をエンターテインできないのは悲しいですよね。

 特に、読書はその行為自体に価値があるように思いがちです。

 しかし、どれだけ読書をしても、何も行動が変わらなければ、時間を消費しているだけです。寝ているのと大差ありません。

 書評なんていらない

 では、書評を書けばどうでしょうか。

 私も書評を書いていますが、その多くは本の内容を紹介しているだけのいわゆるサマリーです。

 しかし、これでは価値がありませんよね。読書だけで終わるよりも学んでいるように思えますが、実際には何も身についていないからです。すぐに忘れてしまいます。

 本当にすべきことは、その本から必要な部分を取り出し、自分のなかに練り込んでいく作業です。一行でもいいから、自分の身になる文章に線を引き、行動を変えることです。

 だからこそ…。

 自分の価値観とは異なる一行を大切にする

 ブログの書き方を変えることにしました。自分を主、本を従として、自分に足りないところ、取り入れたいところ、またそれを実践した結果をアウトプットしていきます。

 ただし、今の自分を変えようと思えば、知らなかったことや異なる価値観を受け入れる必要がありますよね。その視点を意識して読書に励んでいきます。

 こうして行動を変えていけば、きっとこれまでとは違う自分に会えるはず。その日を期待して、これからも書評を書いていこうと思います。

 関連記事

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

楽しく英語が学びたいのなら「英語多読」がおすすめ

 英語を学んでますか?  私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。  とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」と …

幸せになりたいなら今すぐやるべき3つのこと

(※『四つ話のクローバー』表紙より)  幸せになりたいと思っていませんか?  しかし、どれだけ幸せになりたいと願っても、今のままでは幸せになれません。幸せになれる人は、今この瞬間も幸せを感じているからです。  では、どう …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ

 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新 …