webstation plus

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。

 このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを不幸にしている認識がありません。

 むしろ、愛情をいっぱい注いでいると思っているんですよね。なぜなら…。

 毒親は自分の幸せと子どもの幸せが一致していると思い込んでいる

 物語の主人公・りつ子もそう思い込んでいました。

 彼女は16歳で両親を亡くし、名家の祖父母に引き取られますが、高校の途中で裕福な家庭に入ったので、惨めな思いをすることが多々ありました。

 高校では彼女だけ仲間として認めてもらえなかったり、東大に合格し、名家の御曹司と結婚しても、姑や小姑からバカにされ、つらい思いを重ねていきます。

 そこで彼女は、子どもたちにはそんな思いをさせたくないと考え、必死になって幼稚園受験、小学校受験に邁進するのですが…。

 これが毒親の始まりでした。子どもたちは受験を望んでいなかったからです。

 それでも毒親は現実を見ようとしない

 りつ子には双子がいました。兄・倫太郎と妹の星良です。

 倫太郎はりつ子の愛情を受け取り、すくすくと育っていきますが、星良は違いました。

 彼女は不器用で、受験になると緊張して本来の力が発揮できません。しかし、とても優しく、誰とでも仲良くなれる素敵な子でした。

 りつ子はそんな星良の良いところには目を向けず、自分が望む結果ばかりを求めるんですよね。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたりします。

 その結果、星良は肉体的にも精神的にも追いつめられていきました。そして…。

 物語の結末は本書に譲るとして、どれだけ娘を追いつめても、りつ子は現実を見ようとしませんでした。自分が考える幸せが全てだと信じていたからです。

 毒親とは闘うに限る

 そんな毒親には何を言っても意味がありません。どれだけ言葉を尽くしても自分の都合の良いように解釈するだけです。

 もちろん、毒親自身は愛情を注ごうとしているのでしょう。しかし、その歪んだ愛情を受け取って、不幸になっては本末転倒ですよね。

 だからこそ、毒親とは闘うに限る――そんな想いが伝わってくる小説が山口恵以子さんの『毒母ですが、なにか』です。

 毒母の狂気ともいうべき一生に、喜劇と悲劇が同時に味わえる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』は人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語

 人の話を鵜呑みにしていませんか?  私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。  視野を広 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …