webstation plus

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。

 このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを不幸にしている認識がありません。

 むしろ、愛情をいっぱい注いでいると思っているんですよね。なぜなら…。

 毒親は自分の幸せと子どもの幸せが一致していると思い込んでいる

 物語の主人公・りつ子もそう思い込んでいました。

 彼女は16歳で両親を亡くし、名家の祖父母に引き取られますが、高校の途中で裕福な家庭に入ったので、惨めな思いをすることが多々ありました。

 高校では彼女だけ仲間として認めてもらえなかったり、東大に合格し、名家の御曹司と結婚しても、姑や小姑からバカにされ、つらい思いを重ねていきます。

 そこで彼女は、子どもたちにはそんな思いをさせたくないと考え、必死になって幼稚園受験、小学校受験に邁進するのですが…。

 これが毒親の始まりでした。子どもたちは受験を望んでいなかったからです。

 それでも毒親は現実を見ようとしない

 りつ子には双子がいました。兄・倫太郎と妹の星良です。

 倫太郎はりつ子の愛情を受け取り、すくすくと育っていきますが、星良は違いました。

 彼女は不器用で、受験になると緊張して本来の力が発揮できません。しかし、とても優しく、誰とでも仲良くなれる素敵な子でした。

 りつ子はそんな星良の良いところには目を向けず、自分が望む結果ばかりを求めるんですよね。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたりします。

 その結果、星良は肉体的にも精神的にも追いつめられていきました。そして…。

 物語の結末は本書に譲るとして、どれだけ娘を追いつめても、りつ子は現実を見ようとしませんでした。自分が考える幸せが全てだと信じていたからです。

 毒親とは闘うに限る

 そんな毒親には何を言っても意味がありません。どれだけ言葉を尽くしても自分の都合の良いように解釈するだけです。

 もちろん、毒親自身は愛情を注ごうとしているのでしょう。しかし、その歪んだ愛情を受け取って、不幸になっては本末転倒ですよね。

 だからこそ、毒親とは闘うに限る――そんな想いが伝わってくる小説が山口恵以子さんの『毒母ですが、なにか』です。

 毒母の狂気ともいうべき一生に、喜劇と悲劇が同時に味わえる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …