webstation plus

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。

 このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを不幸にしている認識がありません。

 むしろ、愛情をいっぱい注いでいると思っているんですよね。なぜなら…。

 毒親は自分の幸せと子どもの幸せが一致していると思い込んでいる

 物語の主人公・りつ子もそう思い込んでいました。

 彼女は16歳で両親を亡くし、名家の祖父母に引き取られますが、高校の途中で裕福な家庭に入ったので、惨めな思いをすることが多々ありました。

 高校では彼女だけ仲間として認めてもらえなかったり、東大に合格し、名家の御曹司と結婚しても、姑や小姑からバカにされ、つらい思いを重ねていきます。

 そこで彼女は、子どもたちにはそんな思いをさせたくないと考え、必死になって幼稚園受験、小学校受験に邁進するのですが…。

 これが毒親の始まりでした。子どもたちは受験を望んでいなかったからです。

 それでも毒親は現実を見ようとしない

 りつ子には双子がいました。兄・倫太郎と妹の星良です。

 倫太郎はりつ子の愛情を受け取り、すくすくと育っていきますが、星良は違いました。

 彼女は不器用で、受験になると緊張して本来の力が発揮できません。しかし、とても優しく、誰とでも仲良くなれる素敵な子でした。

 りつ子はそんな星良の良いところには目を向けず、自分が望む結果ばかりを求めるんですよね。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたりします。

 その結果、星良は肉体的にも精神的にも追いつめられていきました。そして…。

 物語の結末は本書に譲るとして、どれだけ娘を追いつめても、りつ子は現実を見ようとしませんでした。自分が考える幸せが全てだと信じていたからです。

 毒親とは闘うに限る

 そんな毒親には何を言っても意味がありません。どれだけ言葉を尽くしても自分の都合の良いように解釈するだけです。

 もちろん、毒親自身は愛情を注ごうとしているのでしょう。しかし、その歪んだ愛情を受け取って、不幸になっては本末転倒ですよね。

 だからこそ、毒親とは闘うに限る――そんな想いが伝わってくる小説が山口恵以子さんの『毒母ですが、なにか』です。

 毒母の狂気ともいうべき一生に、喜劇と悲劇が同時に味わえる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …