webstation plus

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)


 少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。

 ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情を注ごうと思って行動していることが多いそうです。なぜなら――。

 今回は、山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、子どもに愛情を注ごうとするほど、なぜ毒親になってしまうのか考えてみたいと思います。

 『毒母ですが、なにか』のあらすじ

 16歳で両親を亡くしたりつ子。彼女は財閥の祖父母に引き取られ、優雅な暮らしをすることになりましたが、生まれた時から優雅な暮らしをしている従姉妹たちに負い目を感じ、彼女たちよりも幸せになろうと努力しました。

 その結果、東大に合格し、名家の御曹司と結婚。双子を出産することができましたが、今度は祖父母よりプライドの高い姑、小姑たちを見返してやろうと思い、必死の努力をはじめます。

 その努力の矛先になったのが双子の子どもたち。りつ子は子どもたちを名門の小学校に入れて姑たちを見返してやろうと教育熱心になりますが――。

 そんな毒母の一生を描いた物語です。

 『毒母ですが、なにか』のおすすめポイント

1. 愛情があるからこそ毒母になる

 りつ子は16歳で両親を亡くし、祖父母に引き取られ優雅な暮らしをすることになりましたが、もともとのプライドの高さが発揮され、逆に惨めな思いをすることになりました。

 たとえば、名門・女子学習院高校に編入した彼女は、名家の娘たちが所属するグループに入りますが、決して仲間とは認めてもらえませんでした。幼稚園から学習院に通っている名家の娘たちにとって異質の存在だったからです。

 こんな思いを子どもにはさせたくない――。

 そこで彼女は、子どもたちに小学校受験をさせる決意をします。名門小学校に入れば将来の幸せが約束されていると考えたからです。

 ところが…。

2. 子どもは親の思い通りにはならない

 双子の兄・倫太郎は、りつ子の愛情を受け入れ、すくすく育っていきましたが、妹の星良はその愛情を受け取れませんでした。

 倫太郎は、明るくて素直で人見知りもしない、誰からも好かれるような子ども。りつ子の愛情を受け取り、勉強も運動もお稽古事も、なんでも人より良くできる子どもに育っていきました。

 一方の星良は、理解力が遅く、何事も納得するまで行動できない性格。しかし、納得すれば迷うことなく全力を傾けて行動できる子どもでした。

 それなのに、りつ子は2人の子どもに同じように接します。良い教育環境を与え、すぐに結果を出すことを求めました。

 その結果、倫太郎はすくすく成長していきましたが、星良は精神的にまいってしまいます。ところが、りつ子はそれを星良の怠慢だとし、星良を叱ったり、ハッパをかけたりしまた。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたり。

 もちろん、星良にとっては重荷でしかありません。そもそも、星良はエリート小学校に入りたいとさえ思っていなかったのです。

 つまり、りつ子の愛情は一方通行の愛情だったんですね。

 では、なぜ愛情が一方通行になってしまったのでしょうか。

3. 親と子どもは別の人格

 それは親にとっての幸せと子どもにとっての幸せが違っていたからです。

 りつ子は、エリートになって人を見下せる境遇になることが幸せだと考えていましたが、星良は困っている人を助けられる人間になりたいと考えていました。まさに正反対。

 しかも、りつ子は子どもを利用して自分の幸せを手に入れようとしていました。子どもをエリートに育て上げ、優越感を得ようとしていたんですね。

 そんな親についていく子どもなんていません。もちろん、洗脳されてついていくケースももありますが、どちらにしても子どもが不幸になるだけです。

 だからこそ、親は子どもにあった愛情を注ぐ――愛情という名の自分のエゴを押し付けないことが大切なんですね。

 それが出来なければ、毒親になり、本当の意味で子どもと分かり合うことができません。それは、とてもとても悲しいことです…。

 最後に

 山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』。読めば子どもとの関係を見直そうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …