webstation plus

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。

 このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを不幸にしている認識がありません。

 むしろ、愛情をいっぱい注いでいると思っているんですよね。なぜなら…。

 毒親は自分の幸せと子どもの幸せが一致していると思い込んでいる

 物語の主人公・りつ子もそう思い込んでいました。

 彼女は16歳で両親を亡くし、名家の祖父母に引き取られますが、高校の途中で裕福な家庭に入ったので、惨めな思いをすることが多々ありました。

 高校では彼女だけ仲間として認めてもらえなかったり、東大に合格し、名家の御曹司と結婚しても、姑や小姑からバカにされ、つらい思いを重ねていきます。

 そこで彼女は、子どもたちにはそんな思いをさせたくないと考え、必死になって幼稚園受験、小学校受験に邁進するのですが…。

 これが毒親の始まりでした。子どもたちは受験を望んでいなかったからです。

 それでも毒親は現実を見ようとしない

 りつ子には双子がいました。兄・倫太郎と妹の星良です。

 倫太郎はりつ子の愛情を受け取り、すくすくと育っていきますが、星良は違いました。

 彼女は不器用で、受験になると緊張して本来の力が発揮できません。しかし、とても優しく、誰とでも仲良くなれる素敵な子でした。

 りつ子はそんな星良の良いところには目を向けず、自分が望む結果ばかりを求めるんですよね。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたりします。

 その結果、星良は肉体的にも精神的にも追いつめられていきました。そして…。

 物語の結末は本書に譲るとして、どれだけ娘を追いつめても、りつ子は現実を見ようとしませんでした。自分が考える幸せが全てだと信じていたからです。

 毒親とは闘うに限る

 そんな毒親には何を言っても意味がありません。どれだけ言葉を尽くしても自分の都合の良いように解釈するだけです。

 もちろん、毒親自身は愛情を注ごうとしているのでしょう。しかし、その歪んだ愛情を受け取って、不幸になっては本末転倒ですよね。

 だからこそ、毒親とは闘うに限る――そんな想いが伝わってくる小説が山口恵以子さんの『毒母ですが、なにか』です。

 毒母の狂気ともいうべき一生に、喜劇と悲劇が同時に味わえる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …