webstation plus

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)


 少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。

 ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情を注ごうと思って行動していることが多いそうです。なぜなら――。

 今回は、山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、子どもに愛情を注ごうとするほど、なぜ毒親になってしまうのか考えてみたいと思います。

 『毒母ですが、なにか』のあらすじ

 16歳で両親を亡くしたりつ子。彼女は財閥の祖父母に引き取られ、優雅な暮らしをすることになりましたが、生まれた時から優雅な暮らしをしている従姉妹たちに負い目を感じ、彼女たちよりも幸せになろうと努力しました。

 その結果、東大に合格し、名家の御曹司と結婚。双子を出産することができましたが、今度は祖父母よりプライドの高い姑、小姑たちを見返してやろうと思い、必死の努力をはじめます。

 その努力の矛先になったのが双子の子どもたち。りつ子は子どもたちを名門の小学校に入れて姑たちを見返してやろうと教育熱心になりますが――。

 そんな毒母の一生を描いた物語です。

 『毒母ですが、なにか』のおすすめポイント

1. 愛情があるからこそ毒母になる

 りつ子は16歳で両親を亡くし、祖父母に引き取られ優雅な暮らしをすることになりましたが、もともとのプライドの高さが発揮され、逆に惨めな思いをすることになりました。

 たとえば、名門・女子学習院高校に編入した彼女は、名家の娘たちが所属するグループに入りますが、決して仲間とは認めてもらえませんでした。幼稚園から学習院に通っている名家の娘たちにとって異質の存在だったからです。

 こんな思いを子どもにはさせたくない――。

 そこで彼女は、子どもたちに小学校受験をさせる決意をします。名門小学校に入れば将来の幸せが約束されていると考えたからです。

 ところが…。

2. 子どもは親の思い通りにはならない

 双子の兄・倫太郎は、りつ子の愛情を受け入れ、すくすく育っていきましたが、妹の星良はその愛情を受け取れませんでした。

 倫太郎は、明るくて素直で人見知りもしない、誰からも好かれるような子ども。りつ子の愛情を受け取り、勉強も運動もお稽古事も、なんでも人より良くできる子どもに育っていきました。

 一方の星良は、理解力が遅く、何事も納得するまで行動できない性格。しかし、納得すれば迷うことなく全力を傾けて行動できる子どもでした。

 それなのに、りつ子は2人の子どもに同じように接します。良い教育環境を与え、すぐに結果を出すことを求めました。

 その結果、倫太郎はすくすく成長していきましたが、星良は精神的にまいってしまいます。ところが、りつ子はそれを星良の怠慢だとし、星良を叱ったり、ハッパをかけたりしまた。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたり。

 もちろん、星良にとっては重荷でしかありません。そもそも、星良はエリート小学校に入りたいとさえ思っていなかったのです。

 つまり、りつ子の愛情は一方通行の愛情だったんですね。

 では、なぜ愛情が一方通行になってしまったのでしょうか。

3. 親と子どもは別の人格

 それは親にとっての幸せと子どもにとっての幸せが違っていたからです。

 りつ子は、エリートになって人を見下せる境遇になることが幸せだと考えていましたが、星良は困っている人を助けられる人間になりたいと考えていました。まさに正反対。

 しかも、りつ子は子どもを利用して自分の幸せを手に入れようとしていました。子どもをエリートに育て上げ、優越感を得ようとしていたんですね。

 そんな親についていく子どもなんていません。もちろん、洗脳されてついていくケースももありますが、どちらにしても子どもが不幸になるだけです。

 だからこそ、親は子どもにあった愛情を注ぐ――愛情という名の自分のエゴを押し付けないことが大切なんですね。

 それが出来なければ、毒親になり、本当の意味で子どもと分かり合うことができません。それは、とてもとても悲しいことです…。

 最後に

 山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』。読めば子どもとの関係を見直そうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …