webstation plus

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)


 少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。

 ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情を注ごうと思って行動していることが多いそうです。なぜなら――。

 今回は、山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、子どもに愛情を注ごうとするほど、なぜ毒親になってしまうのか考えてみたいと思います。

 『毒母ですが、なにか』のあらすじ

 16歳で両親を亡くしたりつ子。彼女は財閥の祖父母に引き取られ、優雅な暮らしをすることになりましたが、生まれた時から優雅な暮らしをしている従姉妹たちに負い目を感じ、彼女たちよりも幸せになろうと努力しました。

 その結果、東大に合格し、名家の御曹司と結婚。双子を出産することができましたが、今度は祖父母よりプライドの高い姑、小姑たちを見返してやろうと思い、必死の努力をはじめます。

 その努力の矛先になったのが双子の子どもたち。りつ子は子どもたちを名門の小学校に入れて姑たちを見返してやろうと教育熱心になりますが――。

 そんな毒母の一生を描いた物語です。

 『毒母ですが、なにか』のおすすめポイント

1. 愛情があるからこそ毒母になる

 りつ子は16歳で両親を亡くし、祖父母に引き取られ優雅な暮らしをすることになりましたが、もともとのプライドの高さが発揮され、逆に惨めな思いをすることになりました。

 たとえば、名門・女子学習院高校に編入した彼女は、名家の娘たちが所属するグループに入りますが、決して仲間とは認めてもらえませんでした。幼稚園から学習院に通っている名家の娘たちにとって異質の存在だったからです。

 こんな思いを子どもにはさせたくない――。

 そこで彼女は、子どもたちに小学校受験をさせる決意をします。名門小学校に入れば将来の幸せが約束されていると考えたからです。

 ところが…。

2. 子どもは親の思い通りにはならない

 双子の兄・倫太郎は、りつ子の愛情を受け入れ、すくすく育っていきましたが、妹の星良はその愛情を受け取れませんでした。

 倫太郎は、明るくて素直で人見知りもしない、誰からも好かれるような子ども。りつ子の愛情を受け取り、勉強も運動もお稽古事も、なんでも人より良くできる子どもに育っていきました。

 一方の星良は、理解力が遅く、何事も納得するまで行動できない性格。しかし、納得すれば迷うことなく全力を傾けて行動できる子どもでした。

 それなのに、りつ子は2人の子どもに同じように接します。良い教育環境を与え、すぐに結果を出すことを求めました。

 その結果、倫太郎はすくすく成長していきましたが、星良は精神的にまいってしまいます。ところが、りつ子はそれを星良の怠慢だとし、星良を叱ったり、ハッパをかけたりしまた。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたり。

 もちろん、星良にとっては重荷でしかありません。そもそも、星良はエリート小学校に入りたいとさえ思っていなかったのです。

 つまり、りつ子の愛情は一方通行の愛情だったんですね。

 では、なぜ愛情が一方通行になってしまったのでしょうか。

3. 親と子どもは別の人格

 それは親にとっての幸せと子どもにとっての幸せが違っていたからです。

 りつ子は、エリートになって人を見下せる境遇になることが幸せだと考えていましたが、星良は困っている人を助けられる人間になりたいと考えていました。まさに正反対。

 しかも、りつ子は子どもを利用して自分の幸せを手に入れようとしていました。子どもをエリートに育て上げ、優越感を得ようとしていたんですね。

 そんな親についていく子どもなんていません。もちろん、洗脳されてついていくケースももありますが、どちらにしても子どもが不幸になるだけです。

 だからこそ、親は子どもにあった愛情を注ぐ――愛情という名の自分のエゴを押し付けないことが大切なんですね。

 それが出来なければ、毒親になり、本当の意味で子どもと分かり合うことができません。それは、とてもとても悲しいことです…。

 最後に

 山口恵以子さんの小説『毒母ですが、なにか』。読めば子どもとの関係を見直そうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

(※『オー!ファーザー』表紙より)  結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。  これで本当に …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …