webstation plus

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。

 このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを不幸にしている認識がありません。

 むしろ、愛情をいっぱい注いでいると思っているんですよね。なぜなら…。

 毒親は自分の幸せと子どもの幸せが一致していると思い込んでいる

 物語の主人公・りつ子もそう思い込んでいました。

 彼女は16歳で両親を亡くし、名家の祖父母に引き取られますが、高校の途中で裕福な家庭に入ったので、惨めな思いをすることが多々ありました。

 高校では彼女だけ仲間として認めてもらえなかったり、東大に合格し、名家の御曹司と結婚しても、姑や小姑からバカにされ、つらい思いを重ねていきます。

 そこで彼女は、子どもたちにはそんな思いをさせたくないと考え、必死になって幼稚園受験、小学校受験に邁進するのですが…。

 これが毒親の始まりでした。子どもたちは受験を望んでいなかったからです。

 それでも毒親は現実を見ようとしない

 りつ子には双子がいました。兄・倫太郎と妹の星良です。

 倫太郎はりつ子の愛情を受け取り、すくすくと育っていきますが、星良は違いました。

 彼女は不器用で、受験になると緊張して本来の力が発揮できません。しかし、とても優しく、誰とでも仲良くなれる素敵な子でした。

 りつ子はそんな星良の良いところには目を向けず、自分が望む結果ばかりを求めるんですよね。

 「この出来損ない!」と怒鳴ったり、「今日の試験に受かれば、これまでの失敗は全部帳消しになるのよ。だから頑張るのよ。死ぬ気でやりなさい」とハッパをかけたりします。

 その結果、星良は肉体的にも精神的にも追いつめられていきました。そして…。

 物語の結末は本書に譲るとして、どれだけ娘を追いつめても、りつ子は現実を見ようとしませんでした。自分が考える幸せが全てだと信じていたからです。

 毒親とは闘うに限る

 そんな毒親には何を言っても意味がありません。どれだけ言葉を尽くしても自分の都合の良いように解釈するだけです。

 もちろん、毒親自身は愛情を注ごうとしているのでしょう。しかし、その歪んだ愛情を受け取って、不幸になっては本末転倒ですよね。

 だからこそ、毒親とは闘うに限る――そんな想いが伝わってくる小説が山口恵以子さんの『毒母ですが、なにか』です。

 毒母の狂気ともいうべき一生に、喜劇と悲劇が同時に味わえる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

三浦しをん『愛なき世界』感想/何よりも知識欲が強い研究者に愛はあるのか!?

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。  三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひと …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …