webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 外食していますか?

 私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました。

 なぜなら、この小説に描かれている食堂が、とても心温まる場所だったからです。

 そこで今回は、『食堂のおばちゃん』を読むと、なぜお店の人とコミュニュケーションを取りたくなるのか書きたいと思います。

 お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる3つの理由

1. 美味しいおすすめ料理が食べられる

 冷や汁をご存知ですか。

 私は食べた記憶がないのでまったく興味がなかったのですが、本書を読んで考えが変わりました。今すぐ食べてみたくなったからです。

「冷や汁、中身は何ですか?」
客は真剣な顔で尋ねた。
「もう、普通ですよ。アジの干物、キュウリ、茗荷(みょうが)、青紫蘇(あおじそ)、それとよく擂ったゴマをたっぷり」
「う、美味そうだな…」
客がまたしてもゴクンと喉を鳴らした。
「ここの冷や汁はね、ご飯と素麺と選べるんですよ」
康平が少し得意げに口を挟んだ。
「え?素麺ですか?」
「いけますよ。水で洗ったご飯でサラッといくのも美味しいけど、冷や素麺も合います。ツルツル入っちゃう」

 このように、とても細かいところまで描写されているので、今すぐ食べたてみたくなるんですよね。

 他にも、自家製タルタルソース付きサーモンフライや牡蠣フライ、鰯のカレー揚げ、ビーフシチューなど美味しそうなご飯が多数登場。

 これらはメニューに載っていないこともあるので、お店のおばちゃんや常連客と会話をする必要があります。

 美味しいご飯にありつけるなら、お店の人とコミュニュケーションを取るのもアリだと思えてきませんか?

2. 他人よりも少し近い距離感に心温まる

 もちろん、お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる理由は他にもあります。他人よりも少し近い距離感で接してくれるからです。

 たとえば、常連の万里は器用になんでもこなす青年ですが、小説家になる夢を捨てきれずバイト暮らしをしていました。しかし、両親に甘やかされたせいか、すぐにバイトを辞めてしまいます。

 そんな万里に向かって食堂のおばちゃんは、

「あんたもね、努力がみんなブーメランみたいに返ってくると思ってたら、世の中渡っていけないよ。仕事なんて、十回のうち九回は空振りするんだから。それでも腐らず二十回、百回とつづけていかないと、どんな仕事だって身につかないよ」

 と叱ってくれます。お節介だとも感じますが、これくらい近い距離感で接してくれる人をどこかで求めているように思うんですよね。

 食堂のおばちゃんや常連さんたちとの会話に入ってみたくなる物語です。

3. 希少性のある食堂

 そうは言っても、近所にこのような食堂があるようには思えません。その多くはチェーン店で、食堂というと潰れかけのお店しか浮かんできません。

 活気があって昔ながらの食堂。あまり見かけなくなったからこそ、無い物ねだりで通ってみたくなるのかもしれませんね。

 とにかく、『食堂のおばちゃん』は心温まる物語。これから外食するときは、昔ながらの食堂にも視野を広げて通ってみようと思います。

 最後に

 SNSの発達によって知らない人との繋がりは増えましたが、一方で人間らしいアナログな繋がりは減っているように思えます。(ビートたけしさんの小説『アナログ』の感想でも書きました。)

 だからこそ、私たちはアナログな関係を求めて食堂に通ってみたくなるのかもしれません。

 もし、美味しい食事とあたたかい人間関係の物語に興味があるなら、『食堂のおばちゃん』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …