webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 外食していますか?

 私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました。

 なぜなら、この小説に描かれている食堂が、とても心温まる場所だったからです。

 そこで今回は、『食堂のおばちゃん』を読むと、なぜお店の人とコミュニュケーションを取りたくなるのか書きたいと思います。

 お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる3つの理由

1. 美味しいおすすめ料理が食べられる

 冷や汁をご存知ですか。

 私は食べた記憶がないのでまったく興味がなかったのですが、本書を読んで考えが変わりました。今すぐ食べてみたくなったからです。

「冷や汁、中身は何ですか?」
客は真剣な顔で尋ねた。
「もう、普通ですよ。アジの干物、キュウリ、茗荷(みょうが)、青紫蘇(あおじそ)、それとよく擂ったゴマをたっぷり」
「う、美味そうだな…」
客がまたしてもゴクンと喉を鳴らした。
「ここの冷や汁はね、ご飯と素麺と選べるんですよ」
康平が少し得意げに口を挟んだ。
「え?素麺ですか?」
「いけますよ。水で洗ったご飯でサラッといくのも美味しいけど、冷や素麺も合います。ツルツル入っちゃう」

 このように、とても細かいところまで描写されているので、今すぐ食べたてみたくなるんですよね。

 他にも、自家製タルタルソース付きサーモンフライや牡蠣フライ、鰯のカレー揚げ、ビーフシチューなど美味しそうなご飯が多数登場。

 これらはメニューに載っていないこともあるので、お店のおばちゃんや常連客と会話をする必要があります。

 美味しいご飯にありつけるなら、お店の人とコミュニュケーションを取るのもアリだと思えてきませんか?

2. 他人よりも少し近い距離感に心温まる

 もちろん、お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる理由は他にもあります。他人よりも少し近い距離感で接してくれるからです。

 たとえば、常連の万里は器用になんでもこなす青年ですが、小説家になる夢を捨てきれずバイト暮らしをしていました。しかし、両親に甘やかされたせいか、すぐにバイトを辞めてしまいます。

 そんな万里に向かって食堂のおばちゃんは、

「あんたもね、努力がみんなブーメランみたいに返ってくると思ってたら、世の中渡っていけないよ。仕事なんて、十回のうち九回は空振りするんだから。それでも腐らず二十回、百回とつづけていかないと、どんな仕事だって身につかないよ」

 と叱ってくれます。お節介だとも感じますが、これくらい近い距離感で接してくれる人をどこかで求めているように思うんですよね。

 食堂のおばちゃんや常連さんたちとの会話に入ってみたくなる物語です。

3. 希少性のある食堂

 そうは言っても、近所にこのような食堂があるようには思えません。その多くはチェーン店で、食堂というと潰れかけのお店しか浮かんできません。

 活気があって昔ながらの食堂。あまり見かけなくなったからこそ、無い物ねだりで通ってみたくなるのかもしれませんね。

 とにかく、『食堂のおばちゃん』は心温まる物語。これから外食するときは、昔ながらの食堂にも視野を広げて通ってみようと思います。

 最後に

 SNSの発達によって知らない人との繋がりは増えましたが、一方で人間らしいアナログな繋がりは減っているように思えます。(ビートたけしさんの小説『アナログ』の感想でも書きました。)

 だからこそ、私たちはアナログな関係を求めて食堂に通ってみたくなるのかもしれません。

 もし、美味しい食事とあたたかい人間関係の物語に興味があるなら、『食堂のおばちゃん』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …