webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。

 今回は小説『食堂のおばちゃん』のあらすじと感想を紹介します。

 『食堂のおばちゃん』のあらすじと感想

第一話 『三丁目のカレー』

 食堂のオヤジと結婚した二三。彼女は結婚後もデパートで働き、出世階段を上り続けていましたが、夫の死をきっかけに義母・一子と二人で食堂のおばちゃんとして働くことに。

 この物語では、大衆食堂が似合わないIT企業のオーナーが、はじめ食堂に通いつめる姿が描かれます。なぜ彼は三日に一度、はじめ食堂に通っているのか!?

 最後に納得できる物語。優しい気持ちになれるお話です。

第二話 『おかあさんの白和え』

 なぜ二三は、母一人子一人のバツイチ男である食堂のオヤジと結婚したのか?が明らかになる物語。

 「世の中の人はなんとまあ、人を見る目がないのだろう」という言葉が心に残りました。結婚相手に必要なのは、見た目でも、才能でも、財産でもないことがわかります。

第三話 『オヤジの焼き鳥』

 はじめ食堂の並びにある焼き鳥屋・鳥千。そこの息子である進一は、父が経営する焼き鳥屋をつぶしてイタリアンのお店を出したいと言い出しました。もちろん父は猛反対。一体どうなる!?

 親を頼るよりも自分で行動することの大切がわかる物語。甘い考えをしていると、財産なんて一瞬でなくなってしまうんですね。

第四話 『恋の冷やしナスうどん』

 一子が階段を踏み外して軽い打ち身と捻挫に。一日の休みでお店は再開できましたが、七十二歳になる一子がこのままお店を続けていくのはムリがあります。そこでバイトを雇うことに。

 バイトくんは二三の娘・要と同級生で、彼女に好意をもっていますが、要は別の男性に夢中。バイトくんの恋の行方は!?

 恋は盲目ということが良く分かる物語。人は痛い目をみて成長していくのですね。

第五話 『幻のビーフシチュー』

 一子の夫が洋食屋を営んでいた頃にお世話をした男性がはじめ食堂を訪れます。その男性は、あの頃に食べたビーフシチューの味が忘れられないのでもう一度食べたいというのですが…。

 男らしさとは何かが学べる物語。一子の夫がかっこよすぎです。

 最後に

 『食堂のおばちゃん』は、読了後に心温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなる小説です。巻末にはレシピも紹介されているので自分で作ることもできますよ。気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …