webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。

 今回は小説『食堂のおばちゃん』のあらすじと感想を紹介します。

 『食堂のおばちゃん』のあらすじと感想

第一話 『三丁目のカレー』

 食堂のオヤジと結婚した二三。彼女は結婚後もデパートで働き、出世階段を上り続けていましたが、夫の死をきっかけに義母・一子と二人で食堂のおばちゃんとして働くことに。

 この物語では、大衆食堂が似合わないIT企業のオーナーが、はじめ食堂に通いつめる姿が描かれます。なぜ彼は三日に一度、はじめ食堂に通っているのか!?

 最後に納得できる物語。優しい気持ちになれるお話です。

第二話 『おかあさんの白和え』

 なぜ二三は、母一人子一人のバツイチ男である食堂のオヤジと結婚したのか?が明らかになる物語。

 「世の中の人はなんとまあ、人を見る目がないのだろう」という言葉が心に残りました。結婚相手に必要なのは、見た目でも、才能でも、財産でもないことがわかります。

第三話 『オヤジの焼き鳥』

 はじめ食堂の並びにある焼き鳥屋・鳥千。そこの息子である進一は、父が経営する焼き鳥屋をつぶしてイタリアンのお店を出したいと言い出しました。もちろん父は猛反対。一体どうなる!?

 親を頼るよりも自分で行動することの大切がわかる物語。甘い考えをしていると、財産なんて一瞬でなくなってしまうんですね。

第四話 『恋の冷やしナスうどん』

 一子が階段を踏み外して軽い打ち身と捻挫に。一日の休みでお店は再開できましたが、七十二歳になる一子がこのままお店を続けていくのはムリがあります。そこでバイトを雇うことに。

 バイトくんは二三の娘・要と同級生で、彼女に好意をもっていますが、要は別の男性に夢中。バイトくんの恋の行方は!?

 恋は盲目ということが良く分かる物語。人は痛い目をみて成長していくのですね。

第五話 『幻のビーフシチュー』

 一子の夫が洋食屋を営んでいた頃にお世話をした男性がはじめ食堂を訪れます。その男性は、あの頃に食べたビーフシチューの味が忘れられないのでもう一度食べたいというのですが…。

 男らしさとは何かが学べる物語。一子の夫がかっこよすぎです。

 最後に

 『食堂のおばちゃん』は、読了後に心温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなる小説です。巻末にはレシピも紹介されているので自分で作ることもできますよ。気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …