webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 外食していますか?

 私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました。

 なぜなら、この小説に描かれている食堂が、とても心温まる場所だったからです。

 そこで今回は、『食堂のおばちゃん』を読むと、なぜお店の人とコミュニュケーションを取りたくなるのか書きたいと思います。

 お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる3つの理由

1. 美味しいおすすめ料理が食べられる

 冷や汁をご存知ですか。

 私は食べた記憶がないのでまったく興味がなかったのですが、本書を読んで考えが変わりました。今すぐ食べてみたくなったからです。

「冷や汁、中身は何ですか?」
客は真剣な顔で尋ねた。
「もう、普通ですよ。アジの干物、キュウリ、茗荷(みょうが)、青紫蘇(あおじそ)、それとよく擂ったゴマをたっぷり」
「う、美味そうだな…」
客がまたしてもゴクンと喉を鳴らした。
「ここの冷や汁はね、ご飯と素麺と選べるんですよ」
康平が少し得意げに口を挟んだ。
「え?素麺ですか?」
「いけますよ。水で洗ったご飯でサラッといくのも美味しいけど、冷や素麺も合います。ツルツル入っちゃう」

 このように、とても細かいところまで描写されているので、今すぐ食べたてみたくなるんですよね。

 他にも、自家製タルタルソース付きサーモンフライや牡蠣フライ、鰯のカレー揚げ、ビーフシチューなど美味しそうなご飯が多数登場。

 これらはメニューに載っていないこともあるので、お店のおばちゃんや常連客と会話をする必要があります。

 美味しいご飯にありつけるなら、お店の人とコミュニュケーションを取るのもアリだと思えてきませんか?

2. 他人よりも少し近い距離感に心温まる

 もちろん、お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる理由は他にもあります。他人よりも少し近い距離感で接してくれるからです。

 たとえば、常連の万里は器用になんでもこなす青年ですが、小説家になる夢を捨てきれずバイト暮らしをしていました。しかし、両親に甘やかされたせいか、すぐにバイトを辞めてしまいます。

 そんな万里に向かって食堂のおばちゃんは、

「あんたもね、努力がみんなブーメランみたいに返ってくると思ってたら、世の中渡っていけないよ。仕事なんて、十回のうち九回は空振りするんだから。それでも腐らず二十回、百回とつづけていかないと、どんな仕事だって身につかないよ」

 と叱ってくれます。お節介だとも感じますが、これくらい近い距離感で接してくれる人をどこかで求めているように思うんですよね。

 食堂のおばちゃんや常連さんたちとの会話に入ってみたくなる物語です。

3. 希少性のある食堂

 そうは言っても、近所にこのような食堂があるようには思えません。その多くはチェーン店で、食堂というと潰れかけのお店しか浮かんできません。

 活気があって昔ながらの食堂。あまり見かけなくなったからこそ、無い物ねだりで通ってみたくなるのかもしれませんね。

 とにかく、『食堂のおばちゃん』は心温まる物語。これから外食するときは、昔ながらの食堂にも視野を広げて通ってみようと思います。

 最後に

 SNSの発達によって知らない人との繋がりは増えましたが、一方で人間らしいアナログな繋がりは減っているように思えます。(ビートたけしさんの小説『アナログ』の感想でも書きました。)

 だからこそ、私たちはアナログな関係を求めて食堂に通ってみたくなるのかもしれません。

 もし、美味しい食事とあたたかい人間関係の物語に興味があるなら、『食堂のおばちゃん』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

有川浩『別冊図書館戦争2』/正々堂々と勝負できないのは性格が悪いから

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、悪口やデマを流したり、力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  そんな人たちとはどう戦えばいいのでしょうか。 & …