webstation plus

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)


 外食していますか?

 私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました。

 なぜなら、この小説に描かれている食堂が、とても心温まる場所だったからです。

 そこで今回は、『食堂のおばちゃん』を読むと、なぜお店の人とコミュニュケーションを取りたくなるのか書きたいと思います。

 お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる3つの理由

1. 美味しいおすすめ料理が食べられる

 冷や汁をご存知ですか。

 私は食べた記憶がないのでまったく興味がなかったのですが、本書を読んで考えが変わりました。今すぐ食べてみたくなったからです。

「冷や汁、中身は何ですか?」
客は真剣な顔で尋ねた。
「もう、普通ですよ。アジの干物、キュウリ、茗荷(みょうが)、青紫蘇(あおじそ)、それとよく擂ったゴマをたっぷり」
「う、美味そうだな…」
客がまたしてもゴクンと喉を鳴らした。
「ここの冷や汁はね、ご飯と素麺と選べるんですよ」
康平が少し得意げに口を挟んだ。
「え?素麺ですか?」
「いけますよ。水で洗ったご飯でサラッといくのも美味しいけど、冷や素麺も合います。ツルツル入っちゃう」

 このように、とても細かいところまで描写されているので、今すぐ食べたてみたくなるんですよね。

 他にも、自家製タルタルソース付きサーモンフライや牡蠣フライ、鰯のカレー揚げ、ビーフシチューなど美味しそうなご飯が多数登場。

 これらはメニューに載っていないこともあるので、お店のおばちゃんや常連客と会話をする必要があります。

 美味しいご飯にありつけるなら、お店の人とコミュニュケーションを取るのもアリだと思えてきませんか?

2. 他人よりも少し近い距離感に心温まる

 もちろん、お店の人とコミュニュケーションを取りたくなる理由は他にもあります。他人よりも少し近い距離感で接してくれるからです。

 たとえば、常連の万里は器用になんでもこなす青年ですが、小説家になる夢を捨てきれずバイト暮らしをしていました。しかし、両親に甘やかされたせいか、すぐにバイトを辞めてしまいます。

 そんな万里に向かって食堂のおばちゃんは、

「あんたもね、努力がみんなブーメランみたいに返ってくると思ってたら、世の中渡っていけないよ。仕事なんて、十回のうち九回は空振りするんだから。それでも腐らず二十回、百回とつづけていかないと、どんな仕事だって身につかないよ」

 と叱ってくれます。お節介だとも感じますが、これくらい近い距離感で接してくれる人をどこかで求めているように思うんですよね。

 食堂のおばちゃんや常連さんたちとの会話に入ってみたくなる物語です。

3. 希少性のある食堂

 そうは言っても、近所にこのような食堂があるようには思えません。その多くはチェーン店で、食堂というと潰れかけのお店しか浮かんできません。

 活気があって昔ながらの食堂。あまり見かけなくなったからこそ、無い物ねだりで通ってみたくなるのかもしれませんね。

 とにかく、『食堂のおばちゃん』は心温まる物語。これから外食するときは、昔ながらの食堂にも視野を広げて通ってみようと思います。

 最後に

 SNSの発達によって知らない人との繋がりは増えましたが、一方で人間らしいアナログな繋がりは減っているように思えます。(ビートたけしさんの小説『アナログ』の感想でも書きました。)

 だからこそ、私たちはアナログな関係を求めて食堂に通ってみたくなるのかもしれません。

 もし、美味しい食事とあたたかい人間関係の物語に興味があるなら、『食堂のおばちゃん』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

辻村深月『かがみの孤城』感想/心の弱い人は他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリで、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。  そ …

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

 家族と上手くいってますか?  私は家族とはいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。  しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に自分勝手な人がいると、そのせいで一生ツライ思いをすることに …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』は人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかる物語

 人の話を鵜呑みにしていませんか?  私は疑り深い性格なので、あまり人の話を鵜呑みにしませんが、伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』を読んで、人の話を鵜呑みにすると簡単に騙されてしまうことがわかりました。  視野を広 …

米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 好きなことに打ち込んでいますか?  私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。  彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。 &nb …