webstation plus

 科学的で論理的な物語はお好きですか?

 私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが多数用意されています。

 もちろん、科学の知識がなくても楽しめるので、科学が好きな方にも、そうでない方にもおすすめの物語です。

 「ガリレオ」と呼ばれる理工学部の准教授が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、帝都大学理工学部の准教授・湯川学。彼は殺人事件とは縁のない研究者としての仕事に没頭していましたが…。

 大学時代の同級生で、バトミントン部で共に過ごした警視庁捜査一課の草薙俊平が難事件をもって彼の研究室を訪れます。

 今回、草薙が持ち込んだ事件は、自動販売機の周りで毎日のように騒いでいた若者の後頭部から、突然、炎が燃え上がり、焼死したというものでした。

 自動販売機の近くに置いてあったガソリン入りのポリタンクが燃えていたことから、「プラズマの自然発生による火災では?」と報道されていましたが…。

 この話を聞いた湯川は、「なぜ発火したのか?」に興味を持ち、草薙に現場に連れていけと言い出しました。

 そして、現場に着いた湯川は、プラズマが原因ではないとすぐに断言します。さらに、事件の日に「空に赤い糸を見た」という少女の話を聞いた湯川は、草薙を残して、一人で行動するようになりました。

 そして、その三日後には、草薙の目の前で同じ現象を再現してみせるんですよね。実は、この事件のトリックは…。

 科学的な視点で事件を解決するガリレオ

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、トリックを見破る湯川の行動が、とても合理的で驚かされます。

 また、トリックそのものも「本当にこのトリックで実現できるの?」と思ってしまうものばかりなのですが、説得力のある説明に納得してしまうんですよね。

 ちなみに、『探偵ガリレオ』は5編の短編で構成されているので、このようなトリックが5回も楽しめます。

 ここで、他の4編について簡単に紹介しておくと、

・金属製のマスクとそっくりの死体が池から発見される
・風呂場で発見された遺体の一部がなぜか壊死している
・海水浴場から黄色い火柱が上がり女性が死亡する
・小学生の男の子が幽体離脱をして殺人事件の証拠を目撃する

 です。どれも科学的な視点で解き明かされるので驚かされますよ。

 これからも続くガリレオシリーズの第一弾

 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』へと続くガリレオシリーズの第一弾です。

 福山雅治さん主演でドラマ化や映画化もされている人気シリーズの第一弾なので、気になった方は、ぜひ『探偵ガリレオ』から読み始めてみてはどうでしょうか。

 湯川の科学的で論理的な推理が楽しめますよ。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …