webstation plus

(※『探偵ガリレオ』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。

 警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 今回は『探偵ガリレオ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『探偵ガリレオ』のあらすじ

 自動販売機の近くでたむろしていた若者が突然燃え上がる、ひょうたん池で見つかった金属製のマスクとそっくりな死体が発見される、身体のある部分だけが腐った遺体が見つかる…など不可思議な事件が多発します。

 警視庁捜査一課の草薙が、大学時代の同級生・湯川と共にこれらの難事件に挑む!?

 科学的な視点で事件を解決していくのが面白い!?

 なぜ、彼は突然燃えたのか、マスクは作られたのか、細胞が壊死したのか…など、「なぜ?」に焦点を当てたミステリー小説。

 この「なぜ?」を科学的な視点で解明していくのが面白いんですよね。

 また、湯川准教授が出すヒントである程度推理できるように構成されているのも面白いポイント。ぜひ、湯川准教授に挑戦してみてください。

 草薙と湯川の絶妙な関係

 草薙と湯川は大学時代の同級生で、二人ともバトミントン部に所属していました。

 しかし、草薙は湯川と違って科学が大の苦手。そこで不可思議な事件が起きるとすぐに湯川の研究室を訪れます。

 一方の湯川は、巻き込まれたくないと言いながら、事件の概要を聞くと興味津々。科学的な視点で謎を解き明かそうとします。

 そんな二人のやり取りが楽しめる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

大人を馬鹿にするなよ!?伊坂幸太郎『マリアビートル』は中学生が大人を手玉にとる小説

(※『マリアビートル』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』。  殺し屋シリーズ第二弾の本作は、前作『グラスホッパー』から6年後の世界を描いた物語です。読めば、大人を馬鹿にする中学生に殺意を覚えること間違い …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

言葉には無限の力がある!?西加奈子『おまじない』は優しく背中を押してくれる小説

(※『おまじない』表紙より)  自分のことが嫌になったことありませんか。  私はよくあります。ネガティブ思考な人間なので、自分のことがよく嫌になります。  しかし、西加奈子さんの小説『おまじない』を読んで、そんな自分を少 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …