webstation plus

(※『探偵ガリレオ』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。

 警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 今回は『探偵ガリレオ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『探偵ガリレオ』のあらすじ

 自動販売機の近くでたむろしていた若者が突然燃え上がる、ひょうたん池で見つかった金属製のマスクとそっくりな死体が発見される、身体のある部分だけが腐った遺体が見つかる…など不可思議な事件が多発します。

 警視庁捜査一課の草薙が、大学時代の同級生・湯川と共にこれらの難事件に挑む!?

 科学的な視点で事件を解決していくのが面白い!?

 なぜ、彼は突然燃えたのか、マスクは作られたのか、細胞が壊死したのか…など、「なぜ?」に焦点を当てたミステリー小説。

 この「なぜ?」を科学的な視点で解明していくのが面白いんですよね。

 また、湯川准教授が出すヒントである程度推理できるように構成されているのも面白いポイント。ぜひ、湯川准教授に挑戦してみてください。

 草薙と湯川の絶妙な関係

 草薙と湯川は大学時代の同級生で、二人ともバトミントン部に所属していました。

 しかし、草薙は湯川と違って科学が大の苦手。そこで不可思議な事件が起きるとすぐに湯川の研究室を訪れます。

 一方の湯川は、巻き込まれたくないと言いながら、事件の概要を聞くと興味津々。科学的な視点で謎を解き明かそうとします。

 そんな二人のやり取りが楽しめる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

知念実希人『ひとつむぎの手』/誰のために仕事をしているの?

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …