webstation plus

(※『探偵ガリレオ』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。

 警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 今回は『探偵ガリレオ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『探偵ガリレオ』のあらすじ

 自動販売機の近くでたむろしていた若者が突然燃え上がる、ひょうたん池で見つかった金属製のマスクとそっくりな死体が発見される、身体のある部分だけが腐った遺体が見つかる…など不可思議な事件が多発します。

 警視庁捜査一課の草薙が、大学時代の同級生・湯川と共にこれらの難事件に挑む!?

 科学的な視点で事件を解決していくのが面白い!?

 なぜ、彼は突然燃えたのか、マスクは作られたのか、細胞が壊死したのか…など、「なぜ?」に焦点を当てたミステリー小説。

 この「なぜ?」を科学的な視点で解明していくのが面白いんですよね。

 また、湯川准教授が出すヒントである程度推理できるように構成されているのも面白いポイント。ぜひ、湯川准教授に挑戦してみてください。

 草薙と湯川の絶妙な関係

 草薙と湯川は大学時代の同級生で、二人ともバトミントン部に所属していました。

 しかし、草薙は湯川と違って科学が大の苦手。そこで不可思議な事件が起きるとすぐに湯川の研究室を訪れます。

 一方の湯川は、巻き込まれたくないと言いながら、事件の概要を聞くと興味津々。科学的な視点で謎を解き明かそうとします。

 そんな二人のやり取りが楽しめる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。読めば、湯川准教授に挑戦したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

人間の最大の武器は信頼と習慣/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …