webstation plus

(※『名探偵コナン1巻』より)


 1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。

 そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめの事件を紹介していきます。

 1. ジェットコースター殺人事件(1巻)

 高校生探偵の工藤新一が、黒づくめの男・ジンに毒薬を飲まされ、小学一年生に逆戻り。ここから江戸川コナンとしての活躍が始まります。コナンを語る上で絶対に外せない事件ですね。

 2. 奇妙な人捜し殺人事件(2巻)

 毛利探偵事務所に父親を捜して欲しいとの依頼が舞い込みます。蘭のひらめきによって依頼人の父親を捜し出すことはできましたが、その数日後に彼は遺体となって発見されました。犯人はいったい誰!?

 後ほど登場する灰原さんにつながる悲しい事件です。

 3. 山荘包帯男殺人事件(5巻)

 鈴木園子が初登場。園子の別荘に招待された蘭は、つり橋で見かけた「顔に包帯を巻いた男」に何度も殺されかけます。それは蘭がある秘密を知ってしまったから。

 トリック、蘭が狙われた理由など、最後まで読むと「そうだったのか!」と納得できる事件。この事件から園子の名推理も始まります。

 4. 江戸川コナン誘拐事件(5-6巻)

 毛利探偵事務所にコナンの母親を名乗る女性が現れます。蘭と小五郎は彼女の言葉を信じてコナンを送り出すことに。しかし、コナンは架空の人物。母親が存在するはずがありません。いったい彼女の正体は!?

 黒ずくめの男も登場するので読んでいてハラハラする事件ですが、オチで笑えます。

 5. ピアノソナタ「月光」殺人事件(7巻)

 意味深な手紙が届いたので、月影島に向かうことにしたコナン達。しかし、月影島に着くと依頼者であるはずの麻生圭二はすでに亡くなっていました。

 ピアノソナタ「月光」の曲とともに繰り広げられる殺人事件。ラストはコナンの探偵人生を左右する重大な出来事が。

 6. 小五郎の同窓会殺人事件(9巻)

 小五郎の同窓会に参加するために温泉旅館に宿泊していたコナン達。そこで小五郎の親友が殺害されます。しかも、犯人も親友のなかに!?

 「この事件はオレが暴く!!絶対にな!!」という小五郎の言葉を思い出したコナンが、おっちゃんにすべてを託すシーンがかっこよすぎです。

 7. 外交官殺人事件(10巻)

 「工藤新一を出せ」と毛利探偵事務所に乗り込んできた高校生探偵の服部平次。そこに現れた依頼人とともに彼女の自宅に向かったコナン達でしたが、着いたときには主人である外交官は殺害されていました。

 服部は、小五郎の背後に新一がいると確信し、新一よりも早く事件を解決しようとしますが…。

 服部と新一の推理対決が面白い事件です。特に、新一の決め台詞が心に残るんですよね。

 8. ホームズ・フリーク殺人事件(12-13巻)

 ホームズ好きが集まるツアーに参加し、ご機嫌なコナン。しかし、楽しい時間はつかの間、主催者が乗った車が海に転落します。その後も第二、第三の事件が。

 この事件で服部にコナンの正体がバレてしまうんですよね。その過程が面白い。服部平次登場の回にハズレなし!?

 9. コナンvs.怪盗キッド(16巻)

 博物館に黒真珠を奪うと怪盗1412号から予告状が届きます。コナンは暗号を解き明かし、怪盗キッドが現れるのを待ち受けますが…。

 コナンの正体を知る数少ない人物・怪盗キッドが初登場。工藤新一とそっくりなのは、裏設定があるからだとか。

 10. 黒の組織から来た女 大学教授殺人事件(18-19巻)

 コナンが通う帝丹小学校に転校してきた美少女・灰原哀。元太達は彼女を少年探偵団に誘い、兄を捜して欲しいという依頼の調査をすることに。そして、もう一つの事件へと繋がっていきます。

 コナンの相棒・灰原が初登場。彼女の登場によって、物語の幅が広がったように思います。

 11. 上野発北斗星3号(22巻)

 特急・北斗星で北海道に向かうコナン達。その途中、宝石店のオーナーが射殺されます。しかし、コナンはこの殺人事件も、これから起こる出来事もすべて知っていました。それは…。

 新一の父・工藤優作が描いた小説通りに物語が展開するという少し変わった事件。優作の賢さに圧倒されます。

 12. 二十年目の殺意 シンフォニー号殺人事件(23巻)

 新聞広告に載っていたクイズに正解し、無料で小笠原イルカツアーに参加できることになったコナン達。そこに偶然居合わせた小五郎の元上司とともに、乗客のひとりである4億円強盗殺人事件の主犯・叶才三を探します。

 しかし、叶を見つけ出す前に参加者の一人が焼死体として発見。叶の仕業なのか!?

 ミスリードするように作り込まれている事件なので、謎解きで驚くこと間違いなし。

 13. 黒の組織との再会(24巻)

 下校の途中にジンの車を見つけたコナンは、彼の車に盗聴器を仕掛け、これから起こる暗殺の話を聞きつけます。灰原とコナンは暗殺を阻止しようと杯戸シティホテルに駆けつけますが…。

 灰原の正体が黒の組織にバレる事件。ハラハラすること間違いなし!?最後のコナンの推理がカッコよすぎです。

 14. そして人魚はいなくなった(28巻)

 服部に誘われて人魚の棲む島に向かったコナン達。そこでは年に一度の儒艮(じゅごん)祭が開催されていました。しかし、人魚伝説を信じて不死を求める人たちが次々と殺されていきます。果たして犯人は!?

 最後まで犯人が読めない事件。ラストには衝撃の結末が。

 15. 謎めいた乗客(29巻)

 スキー旅行に向かうため、バスに乗った阿笠博士と少年探偵団。しかし、そこにバスジャック犯が乗り込んできます。一方、灰原はバスの中に黒づくめの仲間がいることを察知。怪しい人物は3人!?

 コナンが灰原を救うシーンが感動的。その後の台詞も心に沁みます。

 16. 大阪”3つのK”事件(29巻)

 有名スポーツ選手が主催するパーティーに参加することになったコナン達。そこには、新一の憧れのサッカー選手、レイ・カーティスも出席していました。ところが、華やかな雰囲気をぶち壊す殺人事件が。犯人はいったい誰!?

 コナンの推理がこれまでとは違って絶不調の事件。さすがのコナンも感情に左右されることがあるんですね。しかし、最後は…。

 17. 集められた名探偵! 工藤新一vs.怪盗キッド(30巻)

 「神が見捨てし仔の幻影」という差出人から招待状を受け取った小五郎は、黄昏の館に向かいます。そこには、他に5人の名探偵が招待されていました。

 館の主人が探偵たちに求めたのは、館に隠された財宝を命懸けで見つけ出すこと。命懸けというだけあって、すぐに第1の殺人事件が。コナンや小五郎は最後まで生き残れるのか!?

 これまでの事件とは違い、コナンが人前で本気の推理を披露します。それは、怪盗キッドがある人物に変装していたから。最後に納得できる事件です。

 18. 西の名探偵vs.英語教師(34巻)

 小五郎が関わった事件の調書が盗まれる!?黒の組織が関わっていると考えたコナンは、服部とともに怪しい英語教師・ジョディ先生が住むマンションへ。そこで殺人事件が起こります。

 ジョディ先生と服部のやりとりがカッコいい事件。英語を話す服部も魅力的です。

 19. 工藤新一NY[ニューヨーク]の事件(34-35巻)

 新一と蘭は、新一の母・有希子に連れられ、本場NYのミュージカルを観にいくことに。そこで、大女優のシャロン・ヴィンヤードと落ち合い、本番前の役者達と出会いますが、突然、蘭達めがけて鎧の衣装が落下!?その後、舞台の上で殺人事件が。

 事件の終わりに、黒の組織につながるエピソードがあるのですが、その時の新一の台詞がカッコよすぎなんですよね。

 20. 揺れる警視庁 1200万人の人質(36-37巻)

 7年前と3年前に起こった爆弾事件が今再び。白鳥警部の車を爆破した犯人が暗号文を残します。これを解かなければ、東京のどこかで大惨事が!?コナンは暗号を読み解き、ひとつ目の爆弾を解体しようとしますが…。

 コナンと爆弾犯の対決だけでなく、佐藤刑事と高木刑事の恋の行方も気になる事件です。

 21. イチョウ色の初恋(40巻)

 少年探偵団は、阿笠博士の家で一枚のハガキを見つけます。それは、博士が小学生の頃に女の子からもらったもの。10年ごとにある場所で再会することを約束したものでした。

 今日がその約束の日。しかし、博士は約束の場所が思い出せません。コナン達は、ハガキをヒントに約束の場所を見つけ出せるのか!?

 読み終わると「ほっこり」する物語。たまには、事件性のない物語もいいですね。

 22. 黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー(42巻)

 ヴァームースという差出人から、新一宛に季節外れのハロウィンパーティーの招待状が届きます。ベルモットに自分の正体がバレたことを察知したコナンは、このパーティーに参加。

 一方、灰原はジョディ先生に連れられ、波止場へ。その後を追いかける新出先生。二つの事件が同時に進む!?

 ここまでで一番面白い事件。あまりにも面白すぎて、この後の事件がしばらく面白く感じられないほど!?コナンとベルモットとのやりとりと、蘭の優しさが最高です。

 23. ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間(48-49巻)

 「沖野ヨーコの4分クッキング」にゲスト出演した小五郎は、アナウンサーの水無玲奈からイタズラ被害の相談を受けます。コナンはすぐに事件を解決しますが、事態は思いもかけない方向に。

 ベルモット編が終わり、キール編に突入。黒の組織の新たな人物が続々と登場する事件です。

 24. 工藤新一少年の冒険(55巻)

 図書室で偶然発見した財布の中に「ありがとう 1年A組 毛利蘭」と書かれた紙が入っていました。これは新一が小学1年生だった頃に蘭と解いた暗号の思い出。

 暗号を解く楽しさだけでなく、若い頃の小五郎や優作、阿笠博士などが出てくるので読んでいて楽しくなる物語です。小1の新一も賢すぎ!?

 25. 赤と黒のラッシュ(58-59巻)

 「父の会社の仲間を発見した」と言い残して本堂瑛祐が音信不通に。その場所とは、黒の組織のひとり、水無玲奈が治療中の病院でした。ここから赤井秀一と黒の組織との闘いが始まります。

 本堂瑛祐が登場してから一番面白い事件。最後には赤井秀一が水無玲奈に殺される!?赤井秀一と灰原の関係が明らかになるなど、気になる要素が盛りだくさんの事件です。

 26. 赤白黄色と探偵団/W暗号ミステリー(60巻)

 同級生の少年からアパートに住む不審な住人を調べて欲しいという依頼を受けた少年探偵団。しかし、翌日に訪れると彼のアパートは全焼。彼自身も火傷を負って意識不明の重体に。

 手がかりは少年が日記に書いた「黄色い人」「白い人」「赤い人」。コナンは犯人を見つけ出せるのか!?

 ここから黒の組織もバーボン編に突入。沖田昴という怪しい人物も登場します。

 27. 推理対決! 新一vs.沖田昴(61巻)

 新一の家に住むようになった謎の大学院生・沖田昴と新一が推理対決。どちらが先に紙飛行機に書かれた暗号を解くのか!?

 賢くて強い沖田昴の正体が気になる事件です。

 28. 怪盗キッドvs.最強金庫(64-65巻)

 鈴木財閥の鈴木次郎吉宛に、怪盗キッドから予告状が届きます。そこには、金庫「鉄狸」からお宝を頂くと書かれていましたが…。

 怪盗キッドが神対応をする事件。彼の人気が高いのも頷けます。

 29. 被害者はクドウシンイチ/犬伏城 焔の魔犬(70巻)

 「魔犬の呪いで犬伏家を根絶やしにしようとしている人物がいる」という相談を受けた服部平次はコナンと共に相談者の元へ。しかし、自宅に着くと相談者は殺されていました。

 事件の真相を確かめるべく犬伏家に向かったコナン達でしたが、そこでも新たな犠牲者が。現場にはまるで炎の魔犬が駆け抜けたかのような痕跡が!?

 魔犬のトリックが面白い発想の事件です。

 30. 探偵達の夜想曲[ノクターン](76巻)

 毛利探偵事務所にネット経由で依頼が舞い込みます。指定された場所で依頼者を待っていたコナン達でしたが、その間に探偵事務所で事件が。

 安室透、世良真純、沖田昴など、バーボン編に登場する探偵達が出揃う事件。この中に黒づくめの仲間・バーボンが!?

 31. 工藤優作の未解決事件[コールド・ケース](77巻)

 10年前。公園で「死」の文字を残して亡くなった男性が発見されました。このとき、捜査協力をしていた工藤優作は「これは殺人事件ではない」と推理しましたが…。今再び「死」の文字を残して死んだ男性が見つかります。工藤優作の推理ミスなのか!?

 沖田昴にコナンの正体がバレてしまう事件。読んでいてハラハラすること間違いなし。

 32. 灰原の秘密に迫る影(77巻)

 群馬県にあるキャンプ場に向かったコナン達。そこで灰原と元太達は薪拾いに出かけますが、死体を埋めている犯人に遭遇し、追いかけられます。なんとか近くの山小屋に逃げ込んだ灰原達でしたが、犯人に施錠され火をつけられました。一体どうなる!?

 安室透、世良真純、沖田昴という怪しげな3人に灰原の正体がバレます。今後の展開が気になって仕方がない事件です。

 33. 漆黒の特急[ミステリートレイン](78巻)

 1年に1度しか運行しないミステリートレインに乗ったコナン達。そこで繰り広げられたのは、推理クイズではなく本物の殺人事件でした。

 一方、灰原の正体を特定した黒の組織は、ベルモットとバーボンをこの列車に送り込みます。怪しい人物は、安室透、世良真純、沖田昴、そして顔に火傷を負った赤井秀一。一体誰がバーボンなのか!?

 黒の組織の狙いが少しずつ明らかになる事件。そろそろコナンも大詰めか!?

 34. 緋色シリーズ(84巻)

 ジョディ先生の友人が階段から落下。これはある人物が事故に見せかけたものでした。コナンはすぐに犯人を特定しましたが、この事件がキッカケで赤井秀一の正体がバレます。

 ベルモットも登場し盛り上がる事件。黒の組織が登場する事件は読んでいてドキドキします。

 35. 容疑者は熱愛カップル(87-88巻)

 Jリーガの比護とアイドルの沖野ヨーコの熱愛報道が。この報道にショックを受けた灰原は、同じくショックを受けている毛利小五郎に彼らが本当に付き合っているか調査を依頼。彼らのデート現場に駆けつけた灰原達はそこで殺人事件に遭遇する!?

 灰原の行動が面白い事件。灰原も女性なんだなぁと思える物語です。

 36. さざなみの記憶(92巻)

 コナンが10年前の記憶を思い出します。それは、赤井秀一、羽田秀吉、世良真純、メアリーと海水浴場で出会った思い出でした。そこで起こった強盗事件。新一は犯人を見つけられるのか!?

 この事件で赤井家の系図が明らかに。灰原とそっくりなメアリーの正体は!?

 最後に

 全体的に物語の核心に迫る黒ずくめの事件が多くなってしまいました。やはり黒づくめが出てくると物語が一層面白くなりますね。

 ただ、今回紹介した事件だけでは話が繋がらない箇所も多いので、改めて黒ずくめに関係する事件をまとめた記事を書きたいと思います。

 とにかく、名探偵コナンはおすすめの漫画。まだ読まれていない方や途中で読むのを止めてしまった方はこの機会に是非!?

 関連記事

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

『グラスホッパー』は誰もが闇を抱えている事実に気づける小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋である鯨や蝉、そして復讐者である鈴木が主人公の物語ですが、たとえ殺し屋であっても闇を抱えていることがわかる小説です。彼らは自分の闇とど …

『ワールドトリガー』はバトルだけでなく思想戦も楽しめるSF漫画

(※『ワールドトリガー 1巻』より)  週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワールドトリガー』。現在は休載されていますが、バトルだけでなく思想戦も楽しめるので、読めばハマること間違いなしのSF漫画です。  今回は『ワールドト …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …