webstation plus

soldiers_01

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。

 ところが、今では戦争番組そのものが減っているという。「視聴率が取れない」というのがその理由だそうだ。たしかに、今では「興味のないテレビ番組」をみる必要などなくなった。ゲームやネットといった娯楽が他にもあるからだ。これでは、多くの若者が戦争番組をみなくなったとしても仕方がない。

 さらに、若者だけでなく私たち親世代も「戦争に対する意識」が低くなったように思う。たとえば、終戦記念日のツイッターを覗いてみると、「戦争番組なんていらない。普段どおりの放送をしろよ」とツイートしている同年代の人たちが多くいる。

 これでは、「日本人にとってもはや戦争は他人事になった」といわれても仕方がない。戦争とは、ときどきニュースから流れてくる「映像の一部」になってしまったのだ。しかし、同じ日本人といっても、戦争に直面している人たちもいる。たとえば、自衛隊員。彼らのなかには、今でも危険な地域――部族間抗争が続いている南スーダンや、海賊行為が頻発するソマリア沖などに滞在している人たちがいる。

 小説『土漠の花』は、そんな危険な地域に滞在する自衛隊員を描いた物語である。舞台は、ソマリア国境まで数十キロのジプチ。彼ら自衛隊員たちは、墜落したヘリの探索救援活動にあたっていた。

 そんな彼らのもとに、ひとりの現地女性が駆け込んでくる。氏族間抗争で命を狙われているお姫様だ。「助けてください」をくりかえす彼女から詳しい話を聞きだそうとした自衛隊員たちだったが、すぐその後を追ってきた現地住民(ワーデン氏族)たちに銃を突きつけられた。そして――彼らワーデン氏族たちは一言も発せずに自衛隊員を含めた5人を殺害する。

 本来であれば、日本人を殺害すれば国際紛争に発展するため、簡単には殺害しないはずだ。それなのに、なぜワーデン氏族たちは自衛隊員を殺害したのだろう。結論からいえば、闇に葬れるという計算が働いていたからだ。

 彼ら自衛隊員がいた場所はアフリカの土漠。死体や武装を地中に埋めてしまえば、自衛隊員たちは「謎の消滅」を遂げることになる。何が起こったのか知るものはいない。あるいは、死体の始末などしなくても、そのまま放置するだけでいいかもしれない。通信手段さえ奪ってしまえば、深層は闇の中だ。だから、ワーデン氏族たちは、一言も発せずに自衛隊員たちを殺害したのである。

 そのため、生き残った自衛隊員たちは、望む、望まないに関わらず、この紛争に巻き込まれていく。文字どおり「生きるか死ぬか」の闘いだ。

 では、このような状況に陥ったとき、自衛隊員たちには何ができるのだろうか。日本国憲法第9条には「戦争の放棄」と「戦力の不保持」、そして「交戦権の否認」が定められている。すなわち、自衛隊員は法律上、ワーデン氏族に反撃できないのである。反撃できるのは、あくまでも「日本が直接攻撃」を受けた場合のみ。だから、法律を守るためには逃げ延びるしかない。

 しかし、本気でこちらを殺そうとしている相手に、生半可な反撃では生き延びることなどできない。そこで、自衛隊員たちは本気で相手を殺害することになる。こうして、自衛隊員vsワーデン氏族の小さな戦争が始まるのである。

 さて、この物語からわかることは、日本から現地へ派遣されている自衛隊員たちは、常にこのような危険と隣り合わせの生活をしているということ。そして、ひとつ間違えれば、国対国の本気の戦争に発展しかねない状況にあるということだ。

 特に、今の私たち日本人を取り巻く情勢は、とても危険である。「集団的自衛権の行使容認」や「北朝鮮の挑発行為」、「中国や韓国の海洋進出」など、私たち日本人が戦争に巻き込まれる可能性が大いにある出来事が乱発している。だからこそ、私たちは「戦争」について真剣に考え、議論していく必要がある。テレビで戦争番組をみなくても、この小説を読んで戦争について考えるキッカケにして欲しい。そうすれば、もっと「まともな議論」ができるようになるはずだ。

 関連記事

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …