webstation plus

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。

 しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『砂漠』。

 歳をとったせいか、あまりのバカさ加減に読んでいて疲れてしまいました。

 世間を知らないからこそ鳥瞰型でいられる

 物語の主人公・北村は、飲み会でバカ騒ぎをする同級生たちを「バカだなぁ」と冷めた目で眺めていました。

 しかし、そんな北村もバカのひとり。そうやって冷めた目で同級生を眺めるのは、自分は何もかも知っていると勘違いしているからです。

 たとえば、大勢の人が苦しんでいるのに、ひとりだけ助けるなんて意味がないとか、偽善だなんて言う人がいますよね。

 そんな人は、どんな出来事に遭遇しても、言い訳を並べて行動しません。世間知らずの評論家なんですよね。

 だからこそ、何もかもわかったような顔をして鳥瞰型でいようとするのですが、そんな北村に向かって同級生の西嶋は…。

 無茶苦茶な理論を並べて行動を起こしてく

「あのね、俺たちがその気になればね」「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」

 なんて無茶苦茶な理論を並べて行動を起こしていきます。

 たとえば、とてつもなくボーリングが下手だった西嶋は、同級生からバカにされますが、笑われても恥ずかしがることなく堂々と振る舞います。

 それだけでなく、その次の日も、また次の日も、本を片手にボーリング場に行って練習するんですよね。なぜなら、自分を信じているから。

 多くの人は、いざという時がくれば行動できると甘く考えたり、ボーリングが上手くなったところで…なんて上から目線で見下したりするだけで、実際に行動を起こしません。

 それは失敗を恐れているからですが、そんな考えだからこそ、何も出来ないままなのです。

 西嶋のように下手でも、失敗しても、笑われても気にすることなく堂々と行動することが大切なんですよね。

 知ったかぶりをして安心するな

 このように学生時代は街で過ごしているのに、まるで社会という砂漠を知っているかのように振舞っている学生が大勢います。

 そんな物語を描いた小説が『砂漠』なのですが、西嶋という独特の人物を登場させることで、砂漠での生活を知らなくても街でやれることを必死にやればいいと思わせてくれます。

 知ったかぶりをして安心するのではなく、今出来ることを全力でやらなければ何も変わらないことを教えてくれるんですよね。

 ただし、学生のバカなノリが描かれているので、私は読んでいて疲れてしまいました。学生時代の雰囲気を味わいたい…という方におすすめの小説です。

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …