webstation plus

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。

 しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『砂漠』。

 歳をとったせいか、あまりのバカさ加減に読んでいて疲れてしまいました。

 世間を知らないからこそ鳥瞰型でいられる

 物語の主人公・北村は、飲み会でバカ騒ぎをする同級生たちを「バカだなぁ」と冷めた目で眺めていました。

 しかし、そんな北村もバカのひとり。そうやって冷めた目で同級生を眺めるのは、自分は何もかも知っていると勘違いしているからです。

 たとえば、大勢の人が苦しんでいるのに、ひとりだけ助けるなんて意味がないとか、偽善だなんて言う人がいますよね。

 そんな人は、どんな出来事に遭遇しても、言い訳を並べて行動しません。世間知らずの評論家なんですよね。

 だからこそ、何もかもわかったような顔をして鳥瞰型でいようとするのですが、そんな北村に向かって同級生の西嶋は…。

 無茶苦茶な理論を並べて行動を起こしてく

「あのね、俺たちがその気になればね」「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」

 なんて無茶苦茶な理論を並べて行動を起こしていきます。

 たとえば、とてつもなくボーリングが下手だった西嶋は、同級生からバカにされますが、笑われても恥ずかしがることなく堂々と振る舞います。

 それだけでなく、その次の日も、また次の日も、本を片手にボーリング場に行って練習するんですよね。なぜなら、自分を信じているから。

 多くの人は、いざという時がくれば行動できると甘く考えたり、ボーリングが上手くなったところで…なんて上から目線で見下したりするだけで、実際に行動を起こしません。

 それは失敗を恐れているからですが、そんな考えだからこそ、何も出来ないままなのです。

 西嶋のように下手でも、失敗しても、笑われても気にすることなく堂々と行動することが大切なんですよね。

 知ったかぶりをして安心するな

 このように学生時代は街で過ごしているのに、まるで社会という砂漠を知っているかのように振舞っている学生が大勢います。

 そんな物語を描いた小説が『砂漠』なのですが、西嶋という独特の人物を登場させることで、砂漠での生活を知らなくても街でやれることを必死にやればいいと思わせてくれます。

 知ったかぶりをして安心するのではなく、今出来ることを全力でやらなければ何も変わらないことを教えてくれるんですよね。

 ただし、学生のバカなノリが描かれているので、私は読んでいて疲れてしまいました。学生時代の雰囲気を味わいたい…という方におすすめの小説です。

 関連記事

身近な人ほど人間関係は難しい/有川浩『図書館内乱』感想

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …