webstation plus

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?

 私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい気持ちになりました。

 とても恵まれた環境にいたのに、多くの時間を友人たちとダラダラ過ごしていたあの頃が、懐かしい記憶と共によみがえってきたんですよね。

 上から目線で他人を見下している主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、大学に入学したばかりの北村。彼はクラスの飲み会に参加しましたが、バカ騒ぎをする同級生たちを冷めた目で眺めていました。

 そんな北村に声をかけてきた同級生がいます。バカ騒ぎをしていた鳥居です。

 鳥居は北村に「みんな必死だな、馬鹿らしいなとか、思っちゃてるんだろ」と言い出しました。

 それだけでなく、鳥居は北村のことを「鳥瞰型」だと分類するんですよね。鳥のように上から全体を俯瞰し、周囲を見下している人間だと指摘するのです。

 そんな彼らの前に想像を絶するような同級生が現れます。彼の名前は西島と言い、突然、こんなことを言い出しました。

「あのね、俺たちがその気になればね」「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」

 多くの同級生は西島のことを空気が読めない人間だとバカにしましたが、北村は違いました。鳥瞰型になっていた自分を恥じるんですよね。

 これがキッカケで北村は、鳥居と西島、そして絶世の美女である東堂と、超能力が使える女性・南と一緒に行動するようになりました。

 そんな彼らが多くの時間を費やしたのが…。

 多くの時間をダラダラと過ごす五人組

 麻雀です。鳥居以外の四人の苗字に「東西南北」の文字が含まれていたので、鳥居が彼らを集めて麻雀をしていたのです。

 そんな彼らも、大学生になったので恋愛に憧れを抱いて行動するようになりました。特に、鳥居は多くの合コンに参加するようになります。

 しかし、そのせいで鳥居は、恐ろしい事件に巻き込まれることになるんですよね。

 一方の西島は、女性にモテない容姿をしており、空気が読めない性格でしたが、「砂漠に雪を降らせることができる」と宣言したように、どんなことでも必死になって挑戦していました。

 たとえば、西島は、とてつもなくボーリングが下手だったのですが、笑われても恥じることなく、堂々と振る舞います。

 それだけでなく、次の日も、またその次の日も、本を片手にボーリング場で練習するんですよね。なぜなら、西島は自分を信じていたからです。

 そんな西島の姿を見ていると…。

 学生の頃のように自分を信じてみようと思える物語

 「自分は何にでもなれる」と信じて過ごしてきた学生時代が懐かしい記憶と共によみがえってくるんですよね。

 さて、物語としては、彼ら5人の恋愛模様だけでなく、悲劇を乗り越えて成長していく姿が描かれていきます。

 そのため、「オアシス」である学生時代にダラダラ過ごしながらも成長した記憶が、「砂漠」である厳しい社会に出てからも、次のオアシスを目指す原動力になっているのかなと思えてきました。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』は、学生の頃のように自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …