終身雇用が崩壊した今、必要なのは「専門知識」よりも「意思決定力」

ビジネス

 トヨタの社長が「終身雇用は難しい」と言ったように、日本の雇用形態が大きく変わろうとしています。

 これまで多くのことを学校や会社、リクルートなどが提供するモデルケースに従って生きてきた人たちに対して、「自分で考えて行動しろ」と言っているようなものですが…。

 いきなり自分で考えて生きろと言われても難しいですよね。どうすればいいのでしょうか。




スポンサーリンク

 自分で意思決定しなくてもいいルートが存在した

 日本では、就職するまでの20数年間、まったく意思決定しなくてもいいルートが存在します。それが受験です。

 大学までは学力でおのずと進路が決まり、親や先生が自分に代わって意思決定をしてくれます。就活生になって初めて意思決定を迫られ、途方にくれた人も多いでしょう。

 しかし、就職してしまえば、会社が意思決定を代行してくれます。

 終身雇用という制度のなかで、とりあえず会社のレールに乗れば大丈夫だという時代が長く続き、働き方や暮らし方についても、会社が「モデルケース」を提供してくれました。

 その結果、自分が矢面に立って意思決定するという経験がないまま、年齢を重ねる人が多くなったわけですが…。

 トヨタの社長が「終身雇用は難しい」と言ったように、日本の雇用形態が大きく変わろうとしているんですよね。

 それにも関わらず、今でも自分で意思決定せずに生きていると…。

スポンサーリンク

 矢面に立って切羽つまるような経験をどれだけするか

 リストラされたときに途方に暮れることになります。

 とはいえ、意思決定は誰に言われなくても自分でやるべきものです。意思決定をしなければ、不本意だろうと目指す方向と違っていようと、それに従って生きるしかないからです。

 また、まわりが決めたことに振り回されてしまうので、自分のやりたいことに時間がさけません。

 だからこそ、自分で意思決定すべきなのですが、一体どうすれば意思決定できるようになるのでしょうか。

 結論から言うと、矢面に立って、切羽詰まるような経験を繰り返し積んでいくしかありません。

 仕事でも、プライベートでも、趣味でも何でもいいので、自分で意思決定をして、その責任を100パーセント引き受ける経験を積んでいくことが大切なんですよね。

 そもそも、戦国時代や幕末を生きた人たちは、毎日が選択の連続であり、強靭な意思をもって生きていました。そうしないと文字通り生き残れなかったからです。

 この前のエントリにも書きましたが、グーグルのエンジニアたちも、生き残りをかけて必死になって自分の仕事を自分で生み出しています。

 もちろん、専門知識も必要ですが、どれだけ専門知識があっても、意思決定力がなければ、思うような人生を生きられません。

 とはいえ、いきなり新しい仕事を生み出すような意思決定をするのはハードルが高いですよね。そこで、まず手始めにやるべきことは…。

スポンサーリンク

 今後のキャリアを見直してみよう

 今後のキャリアを見直してみてはどうでしょうか。

 「転職しようか、それとも今の会社にとどまろうか」という二者択一で考えるのではなく、この先どういったキャリアを構築し、どのような人生をつくりあげていきたいのかを考えます。

 そして、描いたキャリアが実現できるように、小さなことからでもキャリアにつながる意思決定を行い、行動していくことが大切なんですよね。

 実は、私も4年ほど前から自分で描いたキャリアに向かって行動しています。このブログもその一環です。

 というわけで、終身雇用が崩壊した今、必要なのは「専門知識」よりも「意思決定力」です。まずは簡単にできるところからでも挑戦してみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました