webstation plus

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。

 たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出して大儲けしました。

 もちろん、このような本を出版した人間もサイコパスですが、そんな無敵のサイコパスに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。

 サイコパスにはまともに立ち向かえない

 実は、25人に1人は良心を持たないサイコパスだそうです。想像以上に多いですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の浮力』の主人公・山野辺の前にも多くのサイコパスが現れました。

 彼らは他人の苦痛がまったく気にならないので、またルールを守る意識も薄いので、できないことがありません。

 山野辺の娘を殺した本城もそのひとり。彼は他者を支配して勝つことだけを目的に行動していました。

 そのため、山野辺の娘を殺すだけでは満足出来ず、無罪を勝ち取り、さらに山野辺夫妻を徹底的に追い詰めていくんですよね。

 ほんと読んでいてムカつく奴ですが、ムカつくのは彼だけではありませんでした。

 マスコミやその周りにいる人まで敵になる

 娘を殺された山野辺夫妻に多くのマスコミが群がりますが、取材を受けないことがわかると、娘の名前が刻印された饅頭を投げつけてくる人間まで現れます。

 それだけでなく一般の人たちまで山野辺夫妻に嫌がらせの電話をしたり、手紙を送ったりしてきました。

 なぜなら、彼らはサイコパスだから。勝てるゲームだと分かると喜んで参加してくるんですよね。

 もちろん、山野辺夫妻を助けようとする人たちもいましたが、その多くは負けてしまいました。良心が働かない人たちは何でもありなので、想像を上回る攻撃をしてくるからです。

 一方で、裁判も被害者家族のためにやってくれるわけではありません。国や社会が余計な流血事件を減らすためにやっているだけです。

 これではサイコパスには立ち向かえませんよね…。

 サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ

 ここでようやく死神の千葉の登場です。彼は死神なので良心なんて持ち合わせていませんでした。

 だからこそ、サイコパスである本城と闘えるんですよね。

 このような物語を読んでいると、残念ながら良心という人間にとっての最大の美徳は、サイコパスにとって何の役にも立たないのかもしれない…と思えてきます。悲しいですが、サイコパスと闘えるのはサイコパスだけなのかもしれません。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の浮力』。ラストはスッキリ出来ますが、読んでいて怒りが湧き上がったり、悲しくなったりする物語でした。

 気になった方はぜひ。

 関連記事

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …