webstation plus

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。

 たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出して大儲けしました。

 もちろん、このような本を出版した人間もサイコパスですが、そんな無敵のサイコパスに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。

 サイコパスにはまともに立ち向かえない

 実は、25人に1人は良心を持たないサイコパスだそうです。想像以上に多いですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の浮力』の主人公・山野辺の前にも多くのサイコパスが現れました。

 彼らは他人の苦痛がまったく気にならないので、またルールを守る意識も薄いので、できないことがありません。

 山野辺の娘を殺した本城もそのひとり。彼は他者を支配して勝つことだけを目的に行動していました。

 そのため、山野辺の娘を殺すだけでは満足出来ず、無罪を勝ち取り、さらに山野辺夫妻を徹底的に追い詰めていくんですよね。

 ほんと読んでいてムカつく奴ですが、ムカつくのは彼だけではありませんでした。

 マスコミやその周りにいる人まで敵になる

 娘を殺された山野辺夫妻に多くのマスコミが群がりますが、取材を受けないことがわかると、娘の名前が刻印された饅頭を投げつけてくる人間まで現れます。

 それだけでなく一般の人たちまで山野辺夫妻に嫌がらせの電話をしたり、手紙を送ったりしてきました。

 なぜなら、彼らはサイコパスだから。勝てるゲームだと分かると喜んで参加してくるんですよね。

 もちろん、山野辺夫妻を助けようとする人たちもいましたが、その多くは負けてしまいました。良心が働かない人たちは何でもありなので、想像を上回る攻撃をしてくるからです。

 一方で、裁判も被害者家族のためにやってくれるわけではありません。国や社会が余計な流血事件を減らすためにやっているだけです。

 これではサイコパスには立ち向かえませんよね…。

 サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ

 ここでようやく死神の千葉の登場です。彼は死神なので良心なんて持ち合わせていませんでした。

 だからこそ、サイコパスである本城と闘えるんですよね。

 このような物語を読んでいると、残念ながら良心という人間にとっての最大の美徳は、サイコパスにとって何の役にも立たないのかもしれない…と思えてきます。悲しいですが、サイコパスと闘えるのはサイコパスだけなのかもしれません。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の浮力』。ラストはスッキリ出来ますが、読んでいて怒りが湧き上がったり、悲しくなったりする物語でした。

 気になった方はぜひ。

 関連記事

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみるとツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強くな …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …