webstation plus

alone_01

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でいうところの「ピーク・エンドの法則」だ。

 たとえば、誰かに恋をしてお付き合いをし、そして別れたときには――、楽しかった記憶(ピーク)と別れた記憶(エンド)を思いだし、悲しみに浸ることになるだろう。つまり、私たちとって「ピーク」だけが大切なのではなく、「エンド」こそが大切なのである。

 では、最も大切な「エンド」とはなにか。それは、もちろん人生の終わりだ。

 小説『死神の精度』は、終末を迎える人たちを描いた物語である。主人公である千葉は、対象者の終末を見届ける「死神」。普段は雲の上の世界にでも住んでいるのだろうが、対象者が選ばれると「調査部員」として人間の世界に派遣され、一週間の調査を行う。そして、対象者が死ぬべきか否かを上層部に報告する。

 人間の世界に派遣された調査部員たちは、対象者と接触しやすい人間の姿になって一週間を過ごす。カッコいい青年になったり、ひ弱な少年になったりして。しかし、この一週間で上層部へ報告する結果を決めることはほとんどない。実は、調査部員たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告をすることを決めているからだ。だから、暇さえあれば趣味の音楽に夢中になったりしている。

 では、なぜ死神たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告することを決めているのだろうか。それは、「人が死ぬことはごく当たり前のことであり、特別なことではない」からだ。私たち人間だけが「いつかは死ぬ」ことを忘れているのである。

 本作品では、「いつかは死ぬ」ことを忘れてしまった5人の対象者と、そして、千葉と出会ってすぐに死ぬことを悟った老女の計6人の終末が描かれている。彼らの終末の過ごし方を通して、これからの自分の人生に思いをはせてみてはどうだろうか。

 私たちは「いつかは必ず死ぬ」。そんな当たり前のことを思い出させてくれる物語である。

 関連記事

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂のおばちゃんとして働いた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなし!?な作品が満載です。  今 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ精神を大切にされた短編集です。  そのため、「少し物足りない! …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『All You Need Is Kill』は短いのに内容がギッシリ詰まったSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …