webstation plus

alone_01

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でいうところの「ピーク・エンドの法則」だ。

 たとえば、誰かに恋をしてお付き合いをし、そして別れたときには――、楽しかった記憶(ピーク)と別れた記憶(エンド)を思いだし、悲しみに浸ることになるだろう。つまり、私たちとって「ピーク」だけが大切なのではなく、「エンド」こそが大切なのである。

 では、最も大切な「エンド」とはなにか。それは、もちろん人生の終わりだ。

 小説『死神の精度』は、終末を迎える人たちを描いた物語である。主人公である千葉は、対象者の終末を見届ける「死神」。普段は雲の上の世界にでも住んでいるのだろうが、対象者が選ばれると「調査部員」として人間の世界に派遣され、一週間の調査を行う。そして、対象者が死ぬべきか否かを上層部に報告する。

 人間の世界に派遣された調査部員たちは、対象者と接触しやすい人間の姿になって一週間を過ごす。カッコいい青年になったり、ひ弱な少年になったりして。しかし、この一週間で上層部へ報告する結果を決めることはほとんどない。実は、調査部員たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告をすることを決めているからだ。だから、暇さえあれば趣味の音楽に夢中になったりしている。

 では、なぜ死神たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告することを決めているのだろうか。それは、「人が死ぬことはごく当たり前のことであり、特別なことではない」からだ。私たち人間だけが「いつかは死ぬ」ことを忘れているのである。

 本作品では、「いつかは死ぬ」ことを忘れてしまった5人の対象者と、そして、千葉と出会ってすぐに死ぬことを悟った老女の計6人の終末が描かれている。彼らの終末の過ごし方を通して、これからの自分の人生に思いをはせてみてはどうだろうか。

 私たちは「いつかは必ず死ぬ」。そんな当たり前のことを思い出させてくれる物語である。

 関連記事

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

『グラスホッパー』は誰もが闇を抱えている事実に気づける小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋である鯨や蝉、そして復讐者である鈴木が主人公の物語ですが、たとえ殺し屋であっても闇を抱えていることがわかる小説です。彼らは自分の闇とど …

『ワールドトリガー』はバトルだけでなく思想戦も楽しめるSF漫画

(※『ワールドトリガー 1巻』より)  週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワールドトリガー』。現在は休載されていますが、バトルだけでなく思想戦も楽しめるので、読めばハマること間違いなしのSF漫画です。  今回は『ワールドト …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川龍之介賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語ですが、堅苦しさはなく、スラスラ読める小説で …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

『いぬやしき』は強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画

(※『いぬやしき(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『いぬやしき』。ある日突然、強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画です。  今回は『いぬやしき』のあらすじと感想を紹介します。 &n …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …