webstation plus

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。

 人はどんなことにでも意味を求めますが、特に生きている意味を求めたくなりますよね。私もこの小説を読んで生きている意味を考えたくなりました。

 誰もが自分の行動に意味を求めている

 私たちはどんなことにでも意味を求めていますよね。仕事でも遊びでも恋愛でも。

 『死神の精度』に登場する主人公たちもそうです。電機メーカーで苦情処理係をしている藤木は、彼女を指名して苦情をいう男性が、なぜ自分を指名するのか知りたいと思い、見ず知らずの男性に会いに行きます。

 男気溢れる藤田の舎弟は、正義は必ず勝つと信じたくて藤田を応援し、男前の萩原は、外見の良さを隠して内面だけで彼女を作ろうとします。

 幼い頃のトラウマを引きずって人殺しをした森岡は、犯した罪の正当性を探し求め、千葉を死神だと見抜いた老女は、人間にとって死がどれほど大切なものなのかを死神に教えます。

 このように誰もが自分の行動に意味を求めていますが、それは人間が考える生き物だからです。

 死神の千葉は、年貢の納め時だと言われると「年貢制度は今でもあるのか?」と言葉を額面通りに受け取りますが、私たち人間はニュアンスでわかりますよね。

 それはどんなことでも考えて、意味を求めているからです。物事を考えようとしない死神と、意味を追い求める人間の対比で、それがよくわかるように構成されているんですよね。

 とはいえ、一番大きな問題については考えないようにしていますよね。

 人はいつかは死ぬ

 当たり前ですが、私たちはいつか死にます。しかし、明日死ぬかもしれないなんて考えていたら、怖くて生きてられませんよね。

 とはいえ、まったく死について考えなければ死神と同じ。目の前のことに流され続け、生きる意味を見失ってしまいます。

 そんな私たちに、老女の言葉が心に突き刺さるんですよね。たとえば、彼女は「人はみんな死ぬんだよね」と言った後、

「幸せか不幸かなんてね、死ぬまで分からないんだってさ」
「生きていると何が起こるかなんて、本当に分からないからね」
「一喜一憂しても仕方がない。棺桶の釘を打たれるまで、何が起こるかなんて分からないよ」
「実際さ、幸せだと思ったおじさんも今は、奥さんが新興宗教にはまっちゃて、借金作ってるみたいだし。無敵の政治家が年取ってから、証人喚問に呼ばれたり、有名なスポーツ選手が大きな事故を起こすのを見ていると、ほんと、何が起こるか、死ぬまで分かんないって感じ」

 と、死ぬまで幸せか不幸かはわからないと言います。彼女の言葉にハッとさせられますよね。

 今からどう生きる?

 ここまで紹介してきたように、『死神の精度』は、死をテーマにした物語です。

 あえて千葉に生きる意味はないと言わせ、他の登場人物たちが自分で生きる意味を見出すという構成で描かれているので、彼らが考える「生きる意味」が浮き彫りになってくるんですよね。

 つまり、生きる意味を決めるのは、他の誰でもない自分自身。誰に何を言われようと、自分らしく生きることが大切なんです。

 さらに言えば、生きる意味を見出さなければ、どれだけ長生きしてもムダだということ。その人生は時間の浪費でしかありません。

 あなたは今からどう生きるつもりですか?

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。なぜ自分は生きているのだろう…と考えたくなったら、ぜひ読んで欲しい一冊です。

 関連記事

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …