webstation plus

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。

 人はどんなことにでも意味を求めますが、特に生きている意味を求めたくなりますよね。私もこの小説を読んで生きている意味を考えたくなりました。

 誰もが自分の行動に意味を求めている

 私たちはどんなことにでも意味を求めていますよね。仕事でも遊びでも恋愛でも。

 『死神の精度』に登場する主人公たちもそうです。電機メーカーで苦情処理係をしている藤木は、彼女を指名して苦情をいう男性が、なぜ自分を指名するのか知りたいと思い、見ず知らずの男性に会いに行きます。

 男気溢れる藤田の舎弟は、正義は必ず勝つと信じたくて藤田を応援し、男前の萩原は、外見の良さを隠して内面だけで彼女を作ろうとします。

 幼い頃のトラウマを引きずって人殺しをした森岡は、犯した罪の正当性を探し求め、千葉を死神だと見抜いた老女は、人間にとって死がどれほど大切なものなのかを死神に教えます。

 このように誰もが自分の行動に意味を求めていますが、それは人間が考える生き物だからです。

 死神の千葉は、年貢の納め時だと言われると「年貢制度は今でもあるのか?」と言葉を額面通りに受け取りますが、私たち人間はニュアンスでわかりますよね。

 それはどんなことでも考えて、意味を求めているからです。物事を考えようとしない死神と、意味を追い求める人間の対比で、それがよくわかるように構成されているんですよね。

 とはいえ、一番大きな問題については考えないようにしていますよね。

 人はいつかは死ぬ

 当たり前ですが、私たちはいつか死にます。しかし、明日死ぬかもしれないなんて考えていたら、怖くて生きてられませんよね。

 とはいえ、まったく死について考えなければ死神と同じ。目の前のことに流され続け、生きる意味を見失ってしまいます。

 そんな私たちに、老女の言葉が心に突き刺さるんですよね。たとえば、彼女は「人はみんな死ぬんだよね」と言った後、

「幸せか不幸かなんてね、死ぬまで分からないんだってさ」
「生きていると何が起こるかなんて、本当に分からないからね」
「一喜一憂しても仕方がない。棺桶の釘を打たれるまで、何が起こるかなんて分からないよ」
「実際さ、幸せだと思ったおじさんも今は、奥さんが新興宗教にはまっちゃて、借金作ってるみたいだし。無敵の政治家が年取ってから、証人喚問に呼ばれたり、有名なスポーツ選手が大きな事故を起こすのを見ていると、ほんと、何が起こるか、死ぬまで分かんないって感じ」

 と、死ぬまで幸せか不幸かはわからないと言います。彼女の言葉にハッとさせられますよね。

 今からどう生きる?

 ここまで紹介してきたように、『死神の精度』は、死をテーマにした物語です。

 あえて千葉に生きる意味はないと言わせ、他の登場人物たちが自分で生きる意味を見出すという構成で描かれているので、彼らが考える「生きる意味」が浮き彫りになってくるんですよね。

 つまり、生きる意味を決めるのは、他の誰でもない自分自身。誰に何を言われようと、自分らしく生きることが大切なんです。

 さらに言えば、生きる意味を見出さなければ、どれだけ長生きしてもムダだということ。その人生は時間の浪費でしかありません。

 あなたは今からどう生きるつもりですか?

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。なぜ自分は生きているのだろう…と考えたくなったら、ぜひ読んで欲しい一冊です。

 関連記事

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …