webstation plus

alone_01

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でいうところの「ピーク・エンドの法則」だ。

 たとえば、誰かに恋をしてお付き合いをし、そして別れたときには――、楽しかった記憶(ピーク)と別れた記憶(エンド)を思いだし、悲しみに浸ることになるだろう。つまり、私たちとって「ピーク」だけが大切なのではなく、「エンド」こそが大切なのである。

 では、最も大切な「エンド」とはなにか。それは、もちろん人生の終わりだ。

 小説『死神の精度』は、終末を迎える人たちを描いた物語である。主人公である千葉は、対象者の終末を見届ける「死神」。普段は雲の上の世界にでも住んでいるのだろうが、対象者が選ばれると「調査部員」として人間の世界に派遣され、一週間の調査を行う。そして、対象者が死ぬべきか否かを上層部に報告する。

 人間の世界に派遣された調査部員たちは、対象者と接触しやすい人間の姿になって一週間を過ごす。カッコいい青年になったり、ひ弱な少年になったりして。しかし、この一週間で上層部へ報告する結果を決めることはほとんどない。実は、調査部員たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告をすることを決めているからだ。だから、暇さえあれば趣味の音楽に夢中になったりしている。

 では、なぜ死神たちはあらかじめ「死ぬべきだ」と報告することを決めているのだろうか。それは、「人が死ぬことはごく当たり前のことであり、特別なことではない」からだ。私たち人間だけが「いつかは死ぬ」ことを忘れているのである。

 本作品では、「いつかは死ぬ」ことを忘れてしまった5人の対象者と、そして、千葉と出会ってすぐに死ぬことを悟った老女の計6人の終末が描かれている。彼らの終末の過ごし方を通して、これからの自分の人生に思いをはせてみてはどうだろうか。

 私たちは「いつかは必ず死ぬ」。そんな当たり前のことを思い出させてくれる物語である。

 関連記事

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …