webstation plus

 自分を客観的に評価できていますか?

 ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8割の男性が「他人よりも上手い」と答えたというもの。この実験から自分を客観的に評価することの難しさがわかりますよね。

 しかし、自分を客観的に評価できないと、いつか痛い目を見ることになるかもしれません。漫画『デスノート』の主人公・夜神月(ライト)のように。

 『デスノート』のあらすじ

 漫画『デスノート』は、あらゆる才能に恵まれた夜神月が名前を書くだけで人を殺すことができるノート(デスノート)を拾うところから物語が始まります。

 最初はデスノートの力を疑っていたライトでしたが、テレビに映っていた犯罪者を殺害できたことをきっかけに、次々と犯罪者を殺していきます。

 その背景には「犯罪者を殺せば世の中は良くなる」という正義感があったのですが、ライトを捕らえようとする無実のFBI捜査官を殺害するなど、彼自身も犯罪者の仲間入りをしました。しかしライトは、「自分は犯罪者ではない。特別な人間なんだ」と自らの行動を正当化し、殺人をやめようとはしませんでした。

 その後、ライトは最大のライバルであった謎の捜査官「L」との闘いに勝利し、新たな世界の神になろうとしますが、Lの後継者に敗れ死亡。物語は幕を閉じます。

 私たちが犯してしまいがちな矛盾とは?

 この物語で私が衝撃を受けたのは、ライトが自らの行動を顧みることなく殺人を繰り返したところです。「犯罪者は生きる価値などない」と言いながら、自ら犯罪者の道を突き進んでいくライトの姿に、私たちが犯してしまいがちな大きな矛盾を見せつけられたように思います。

・「俺だけを愛して欲しい」と言いながら浮気をする男性
・「お金がない」と言っているのに頻繁にスタバでお茶している女性
・子どもに「もっと勉強しなさい」と言いながらスマホゲームに夢中になっている親

 などなど。どれも自分の行動を客観的に見れていませんよね。しかし、自分ではわからないだけで、他人から見れば丸わかりです。そのため、このツケはいつか必ず自分に返ってくるんですよね。デスノートの結末のように。

 というわけで、『デスノート』は、私たちが犯してしまいがちな自己正当化を見直すきっかけを与えてくれる漫画です。客観的に自分を見れていないと思った人は、ライトの姿を通して、自らの行動を反省してみてはどうでしょうか。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが再び起こったら?」なので重いのですが、登場人物たちの気 …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …