webstation plus

 自分を客観的に評価できていますか?

 ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8割の男性が「他人よりも上手い」と答えたというもの。この実験から自分を客観的に評価することの難しさがわかりますよね。

 しかし、自分を客観的に評価できないと、いつか痛い目を見ることになるかもしれません。漫画『デスノート』の主人公・夜神月(ライト)のように。

 『デスノート』のあらすじ

 漫画『デスノート』は、あらゆる才能に恵まれた夜神月が名前を書くだけで人を殺すことができるノート(デスノート)を拾うところから物語が始まります。

 最初はデスノートの力を疑っていたライトでしたが、テレビに映っていた犯罪者を殺害できたことをきっかけに、次々と犯罪者を殺していきます。

 その背景には「犯罪者を殺せば世の中は良くなる」という正義感があったのですが、ライトを捕らえようとする無実のFBI捜査官を殺害するなど、彼自身も犯罪者の仲間入りをしました。しかしライトは、「自分は犯罪者ではない。特別な人間なんだ」と自らの行動を正当化し、殺人をやめようとはしませんでした。

 その後、ライトは最大のライバルであった謎の捜査官「L」との闘いに勝利し、新たな世界の神になろうとしますが、Lの後継者に敗れ死亡。物語は幕を閉じます。

 私たちが犯してしまいがちな矛盾とは?

 この物語で私が衝撃を受けたのは、ライトが自らの行動を顧みることなく殺人を繰り返したところです。「犯罪者は生きる価値などない」と言いながら、自ら犯罪者の道を突き進んでいくライトの姿に、私たちが犯してしまいがちな大きな矛盾を見せつけられたように思います。

・「俺だけを愛して欲しい」と言いながら浮気をする男性
・「お金がない」と言っているのに頻繁にスタバでお茶している女性
・子どもに「もっと勉強しなさい」と言いながらスマホゲームに夢中になっている親

 などなど。どれも自分の行動を客観的に見れていませんよね。しかし、自分ではわからないだけで、他人から見れば丸わかりです。そのため、このツケはいつか必ず自分に返ってくるんですよね。デスノートの結末のように。

 というわけで、『デスノート』は、私たちが犯してしまいがちな自己正当化を見直すきっかけを与えてくれる漫画です。客観的に自分を見れていないと思った人は、ライトの姿を通して、自らの行動を反省してみてはどうでしょうか。

 関連記事

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『食堂のおばちゃん』は毎日食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂のおばちゃんとして働いた経験がある著者が描いた小説『食堂のおばちゃん』。読めば心が温まるだけでなく、毎日食堂に通いたくなる小説です。  今回は『食堂のおばちゃん』のあらすじと感想 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が舞台のミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

『All You Need Is Kill』は短いのに内容がギッシリ詰まったSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …