webstation plus

 自分を客観的に評価できていますか?

 ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8割の男性が「他人よりも上手い」と答えたというもの。この実験から自分を客観的に評価することの難しさがわかりますよね。

 しかし、自分を客観的に評価できないと、いつか痛い目を見ることになるかもしれません。漫画『デスノート』の主人公・夜神月(ライト)のように。

 『デスノート』のあらすじ

 漫画『デスノート』は、あらゆる才能に恵まれた夜神月が名前を書くだけで人を殺すことができるノート(デスノート)を拾うところから物語が始まります。

 最初はデスノートの力を疑っていたライトでしたが、テレビに映っていた犯罪者を殺害できたことをきっかけに、次々と犯罪者を殺していきます。

 その背景には「犯罪者を殺せば世の中は良くなる」という正義感があったのですが、ライトを捕らえようとする無実のFBI捜査官を殺害するなど、彼自身も犯罪者の仲間入りをしました。しかしライトは、「自分は犯罪者ではない。特別な人間なんだ」と自らの行動を正当化し、殺人をやめようとはしませんでした。

 その後、ライトは最大のライバルであった謎の捜査官「L」との闘いに勝利し、新たな世界の神になろうとしますが、Lの後継者に敗れ死亡。物語は幕を閉じます。

 私たちが犯してしまいがちな矛盾とは?

 この物語で私が衝撃を受けたのは、ライトが自らの行動を顧みることなく殺人を繰り返したところです。「犯罪者は生きる価値などない」と言いながら、自ら犯罪者の道を突き進んでいくライトの姿に、私たちが犯してしまいがちな大きな矛盾を見せつけられたように思います。

・「俺だけを愛して欲しい」と言いながら浮気をする男性
・「お金がない」と言っているのに頻繁にスタバでお茶している女性
・子どもに「もっと勉強しなさい」と言いながらスマホゲームに夢中になっている親

 などなど。どれも自分の行動を客観的に見れていませんよね。しかし、自分ではわからないだけで、他人から見れば丸わかりです。そのため、このツケはいつか必ず自分に返ってくるんですよね。デスノートの結末のように。

 というわけで、『デスノート』は、私たちが犯してしまいがちな自己正当化を見直すきっかけを与えてくれる漫画です。客観的に自分を見れていないと思った人は、ライトの姿を通して、自らの行動を反省してみてはどうでしょうか。

 関連記事

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …