webstation plus

moon_02

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。

 大正時代の悪党共に、天切り松と呼ばれる老人(盗人)が昔話を通して説教をする――聞くだけで読むのがイヤになりそうな小説ですが、読んでみると本当に面白い。それだけでなく、心に沁みるんですよね。現代に生きる私たちにとって、想像を絶する世界の話だからかもしれません。

 ちなみに、現時点では5巻まで出版されており、今回は1巻の感想になります。

 物語の舞台は、大正時代の留置場。冬の夜更けに一人の老人が雑居房に入れられました。この人物こそが天切り松。彼は雑居房に居合わせた泥棒や詐欺師に早速説教をはじめます。

 「にいさん方もたかだか銭金のためにヤマを踏むてえ根性なら、これを限りにきっぱりと足を洗いなせえよ。」

 お金のために盗みを働かないのなら、なぜ天切り松は盗みを働いてきたのか。それは、「曲げてはいけない自分の道を貫くため」だと言います。

 天切り松が活躍した時代の盗人には、プロとしての誇りがありました。盗まれても困らない天下のお宝だけを奪い、貧しい人たちには救いの手を差し伸べていたそうです。そのため、「食べるのに困ったから」という理由で盗みを働く「半端者」を見つけたなら、警察に捕まる前に半殺しの目にあわせたのだとか。だから、警察からも重宝されていました。

 つまり、警察と盗人は裏で繋がっていたわけですね。そんなこともあり、「盗んだものを返して欲しい」という警察からの要請があれば、出来る限り応えていたそうです。しかし――。第二話『槍の小輔』で警察が裏切ります。彼らの師匠である「仕立て屋銀次」を捕らえたのです。そこで、天切り松の仲間である”おこん”がスジを通すために盗みを働くわけですが、これがカッコ良すぎなんですよね。

 おこんは、警察に返した獲物を再び盗んで、相手の目の前で川に投げ捨ててしまいました。そして、「そんなムダなことをして何になる」という相手からの質問に対してこう答えます。

 「無益だって?――ふん、いいかい閣下。世の中にゃ銭金より大事なもんが、いくらだってあるんだ。てめえのような長州の芋侍にはわかるまい。どうりで薄ぼんやりと花火を見てやがると思ったら、ハハッ、どんと上がって消えちまう無益なもんの有難味を、てめえは知らなかったんだねえ」

 最近では、仕事でも、プライベートでも、家計でも、「ムダを減らして効率よく!」をモットーに生きている人たちが多いと思います。しかし、数十年後には、私たちがしている仕事のほとんどが機械化すると言われていますよね。そうなると、私たちは機械にとっての「ムダ」になるかもしれませんよ。

 そもそも、私たちは日々老いています。どんどん出来ないことが増えていく日が必ず訪れます。しかも、これから日本は超高齢化社会に突入すると言われていますよね。このとき、社会全体が効率のみを追求していたら――間違いなく大勢の人たちが不幸になるでしょう。

 また、第四話『衣紋坂から』では、天切り松の姉が父の借金の肩代わりとして女郎になったことを通し、「必要悪」というものがあることを教えてくれます。

 自由平等は結構なことでござんすよ。だが、口で言う連中は、どだい女郎の苦しみなんざ知らぬ坊ちゃん、嬢ちゃんだ。やつらが人権がどうの差別がどうのってえ、太鼓たたいて足抜けさせた女どもが、それからどうなったか。国に帰ってまっとうな暮らしを始めた者なんぞ、ただのひとりもいやしねえ。

 最近では、「必要悪」以前に「どうでもいいこと」で炎上していますよね。たとえば、新幹線の電光掲示板に時刻を表示しないのは、電車の発車時刻と少しでもずれているとクレームをつけてくる人がいるからだそうです。こんなことで、クレームをつける人たちが増えているなんて…。自殺をする人が増えるのも、こんな生きにくい世の中では仕方がないのかもしれませんね。

 というわけで、小説『闇の花道』は、私たちに「ムダ」の大切さを教えてくれます。「効率」ばかりを追い求めている人は、天切り松の説教を聞いてみてはどうでしょうか。そうすれば、ムダの大切さがわかり、今よりも生きやすい社会を築く一歩になるかもしれませんよ。

 関連記事

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …