webstation plus

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。

 私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。

 大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔話をしながら説教をする…と聞くだけで読むのが嫌になるような設定ですが、読んでみると面白いんですよね。それだけでなく言葉が心に沁みます。

 なぜなら…。

 泥棒のくせに主人公の生き様がかっこいい

 物語の舞台は、大正時代の留置場。冬の夜更けに一人の老人が雑居房に入れられました。

 実はこの老人こそが物語の主人公である天切り松。彼はときどき雑居房に入っては居合わせた泥棒や詐欺師たちに説教をしていました。たとえば、

「にいさん方もたかだか銭金のためにヤマを踏むてえ根性なら、これを限りにきっぱりと足を洗いなせえよ。」

 彼はお金のために盗みを働くなと叱るんですよね。なぜなら、天切り松はお金のためではなく、「曲げてはいけない自分の道を貫くため」に盗みを働いていたからです。

 天切り松が活躍していた時代の盗人たちには、プロとしての誇りがありました。盗まれても困らない天下のお宝だけを奪い、貧しい人たちに救いの手を差し伸べていたのです。

 そのため、「食べるのに困ったから」という自己都合で盗みを働く半端者を見つけたら、警察に捕まる前に半殺しの目にあわせたのだとか。

 だからこそ…。

 必要悪を認める余裕がある時代だった

 警察も天切り松のようなプロの盗人を重宝していたんですよね。つまり、警察と盗人が裏ではつながっていたということです。

 このような背景もあって、警察から「盗んだものを返してほしい」という要望があれば、天切り松たちはできる限り応えていました。今では信じられない繋がりですよね。

 しかし、所詮は敵と味方。裏切られることもあります。そんなときは、どうするのかといえば、無駄に思えても筋を通す行動をとります。

 たとえば、天切り松の同業者であるおこんは、警察の裏切りのせいで師匠を捕らえられたとき、警察に返したものを再び盗み返して相手の目の前で捨てました。「なぜ、そんな無駄なことをしたのか?」と聞かれると、

「無益だって?――ふん、いいかい閣下。世の中にゃ銭金より大事なもんが、いくらだってあるんだ。てめえのような長州の芋侍にはわかるまい。どうりで薄ぼんやりと花火を見てやがると思ったら、ハハッ、どんと上がって消えちまう無益なもんの有難味を、てめえは知らなかったんだねえ」

 って答えるんですよね。ほんとカッコよすぎです。

 しかし、今の私たちの暮らしを振り返ってみると効率を上げて無駄を減らすことに注力しているように思います。必要悪も認めなくなりました。そんな私たちの行動は…。

 効率を上げて無駄を減らすのは自殺行為かもしれない

 自殺行為のように思えます。余裕がないというか、楽しみ方を知らないというか。

 数十年後には多くの仕事がAIやロボティクスに置き換えられると言われています。そうなると、AIやロボティクスにとっての無駄が「私たち人間」になるかもしれません。

 だからこそ、効率ばかりを追いかけて無駄を省くような行動は自殺行為のように思えて仕方ないんですよね。

 ◆

 浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。読めば、もう少し心に余裕のある暮らしをしようと思える物語です。

 気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …