webstation plus

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。

 私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。

 大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔話をしながら説教をする…と聞くだけで読むのが嫌になるような設定ですが、読んでみると面白いんですよね。それだけでなく言葉が心に沁みます。

 なぜなら…。

 泥棒のくせに主人公の生き様がかっこいい

 物語の舞台は、大正時代の留置場。冬の夜更けに一人の老人が雑居房に入れられました。

 実はこの老人こそが物語の主人公である天切り松。彼はときどき雑居房に入っては居合わせた泥棒や詐欺師たちに説教をしていました。たとえば、

「にいさん方もたかだか銭金のためにヤマを踏むてえ根性なら、これを限りにきっぱりと足を洗いなせえよ。」

 彼はお金のために盗みを働くなと叱るんですよね。なぜなら、天切り松はお金のためではなく、「曲げてはいけない自分の道を貫くため」に盗みを働いていたからです。

 天切り松が活躍していた時代の盗人たちには、プロとしての誇りがありました。盗まれても困らない天下のお宝だけを奪い、貧しい人たちに救いの手を差し伸べていたのです。

 そのため、「食べるのに困ったから」という自己都合で盗みを働く半端者を見つけたら、警察に捕まる前に半殺しの目にあわせたのだとか。

 だからこそ…。

 必要悪を認める余裕がある時代だった

 警察も天切り松のようなプロの盗人を重宝していたんですよね。つまり、警察と盗人が裏ではつながっていたということです。

 このような背景もあって、警察から「盗んだものを返してほしい」という要望があれば、天切り松たちはできる限り応えていました。今では信じられない繋がりですよね。

 しかし、所詮は敵と味方。裏切られることもあります。そんなときは、どうするのかといえば、無駄に思えても筋を通す行動をとります。

 たとえば、天切り松の同業者であるおこんは、警察の裏切りのせいで師匠を捕らえられたとき、警察に返したものを再び盗み返して相手の目の前で捨てました。「なぜ、そんな無駄なことをしたのか?」と聞かれると、

「無益だって?――ふん、いいかい閣下。世の中にゃ銭金より大事なもんが、いくらだってあるんだ。てめえのような長州の芋侍にはわかるまい。どうりで薄ぼんやりと花火を見てやがると思ったら、ハハッ、どんと上がって消えちまう無益なもんの有難味を、てめえは知らなかったんだねえ」

 って答えるんですよね。ほんとカッコよすぎです。

 しかし、今の私たちの暮らしを振り返ってみると効率を上げて無駄を減らすことに注力しているように思います。必要悪も認めなくなりました。そんな私たちの行動は…。

 効率を上げて無駄を減らすのは自殺行為かもしれない

 自殺行為のように思えます。余裕がないというか、楽しみ方を知らないというか。

 数十年後には多くの仕事がAIやロボティクスに置き換えられると言われています。そうなると、AIやロボティクスにとっての無駄が「私たち人間」になるかもしれません。

 だからこそ、効率ばかりを追いかけて無駄を省くような行動は自殺行為のように思えて仕方ないんですよね。

 ◆

 浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。読めば、もう少し心に余裕のある暮らしをしようと思える物語です。

 気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …