webstation plus

(※『コンビニ人間』表紙より)


 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。

 普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 今回は、『コンビニ人間』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『コンビニ人間』のあらすじ

 36歳の未婚女性・古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニでアルバイトをしていました。

 彼女自身はその生活に満足していましたが、家族やまわりの人たちからは冷たい視線が。「就職したほうがいいよ」「結婚したほうがいいよ」など、余計なお世話ばかり。

 そんな彼女の前に、婚活目的でコンビニバイトを始めた男性が現れます。彼は恵子に「そんな生活は恥ずかしい」と現実を突きつけますが…。

 これまでとは違う世界の見方を教えてくれる

 恵子は子どもの頃から他の子どもとは違う視点を持っていました。

 たとえば、公園で死んだ小鳥を見つけたとき、他の子どもたちは泣いていましたが、恵子は「お父さん、焼き鳥好きだから、これ食べよう」と言います。

 母はその言葉を聞いて絶句し、諭しましたが、恵子には理解できませんでした。なぜ、焼き鳥が好きなのに食べないのだろう。死んだ小鳥が可哀想だと言っておきながら、なぜ綺麗なお花の茎を引きちぎって殺し、お供えしているのだろう、と。

 この物語を通して、私たちは「常識」にとらわれ、物事をある視点でしか見ていないことがわかります。

 少し視点を変えるだけで、これまでとは違う世界が広がるんですね。

 自分の考えを押し付ける傲慢さに気づく

 その後も、他人の言動が理解できず、周りから困惑されることが多かった恵子は、他人とはできるだけ口を利かないようにし、皆の真似をするか、誰かの指示に従うようにしていました。

 そうして大学生になった彼女は、偶然見つけたコンビニのアルバイトを始めたことで生活が変わります。

 コンビニのアルバイトは、挨拶から接客、掃除の仕方までマニュアル化されていますよね。それに従って行動すればお店の役に立ち、人間として扱ってもらえ、世界の部品になれる――つまり、マニュアル外の世界ではどうすることもできなかった彼女に居場所ができたのです。

 それなのに、周りにいる人たちは、「アルバイトよりも就職したほうがいいよ」とか「就職が難しくても結婚くらいしたほうがいいよ」など心ないことを言って、自分の価値観を押し付けてきます。

 それだけでなく、彼女が「なぜ今のままじゃダメなの?」と聞き返すと、ヤバイ奴だと認定し、排除しようとする人も。

 こういった視点で世界を眺めてみると、私たちはものすごく閉鎖的な世界で生きていることに気づきますよね。

 他人を自分の価値観で判断することの傲慢さがとてもよくわかる物語です。

 誰もが自分らしく生きていない!?

 ここまで見てきたように、多くの人たちは「みんなが正しい」と思うこと――就職する、結婚する、子供を産むなどを追求して生きていることがわかります。

 言い方を変えれば、自分の頭で考えることをやめ、みんなが「正しい」「良い」と思うことに従っているだけ。

 作中でも、恵子が男性と同居を始めると、周りの人たちは警戒心をとき、自分の仲間だと認め、フレンドリーな接し方をしてきました。

 つまり、誰もが自分らしく生きることをやめ、他人と似たような生活を自分にも他人にも強制しているわけですね。

 コンビニ人間である恵子の方が、よほど自分らしく生きていることがわかります。

 最後に

 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  恋愛小説はお好きですか?  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみることにしました。  結果、 …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みをしていくと、突然、面白くなりました。  最 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …