webstation plus

(※『コンビニ人間』表紙より)


 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。

 普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 今回は、『コンビニ人間』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『コンビニ人間』のあらすじ

 36歳の未婚女性・古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニでアルバイトをしていました。

 彼女自身はその生活に満足していましたが、家族やまわりの人たちからは冷たい視線が。「就職したほうがいいよ」「結婚したほうがいいよ」など、余計なお世話ばかり。

 そんな彼女の前に、婚活目的でコンビニバイトを始めた男性が現れます。彼は恵子に「そんな生活は恥ずかしい」と現実を突きつけますが…。

 これまでとは違う世界の見方を教えてくれる

 恵子は子どもの頃から他の子どもとは違う視点を持っていました。

 たとえば、公園で死んだ小鳥を見つけたとき、他の子どもたちは泣いていましたが、恵子は「お父さん、焼き鳥好きだから、これ食べよう」と言います。

 母はその言葉を聞いて絶句し、諭しましたが、恵子には理解できませんでした。なぜ、焼き鳥が好きなのに食べないのだろう。死んだ小鳥が可哀想だと言っておきながら、なぜ綺麗なお花の茎を引きちぎって殺し、お供えしているのだろう、と。

 この物語を通して、私たちは「常識」にとらわれ、物事をある視点でしか見ていないことがわかります。

 少し視点を変えるだけで、これまでとは違う世界が広がるんですね。

 自分の考えを押し付ける傲慢さに気づく

 その後も、他人の言動が理解できず、周りから困惑されることが多かった恵子は、他人とはできるだけ口を利かないようにし、皆の真似をするか、誰かの指示に従うようにしていました。

 そうして大学生になった彼女は、偶然見つけたコンビニのアルバイトを始めたことで生活が変わります。

 コンビニのアルバイトは、挨拶から接客、掃除の仕方までマニュアル化されていますよね。それに従って行動すればお店の役に立ち、人間として扱ってもらえ、世界の部品になれる――つまり、マニュアル外の世界ではどうすることもできなかった彼女に居場所ができたのです。

 それなのに、周りにいる人たちは、「アルバイトよりも就職したほうがいいよ」とか「就職が難しくても結婚くらいしたほうがいいよ」など心ないことを言って、自分の価値観を押し付けてきます。

 それだけでなく、彼女が「なぜ今のままじゃダメなの?」と聞き返すと、ヤバイ奴だと認定し、排除しようとする人も。

 こういった視点で世界を眺めてみると、私たちはものすごく閉鎖的な世界で生きていることに気づきますよね。

 他人を自分の価値観で判断することの傲慢さがとてもよくわかる物語です。

 誰もが自分らしく生きていない!?

 ここまで見てきたように、多くの人たちは「みんなが正しい」と思うこと――就職する、結婚する、子供を産むなどを追求して生きていることがわかります。

 言い方を変えれば、自分の頭で考えることをやめ、みんなが「正しい」「良い」と思うことに従っているだけ。

 作中でも、恵子が男性と同居を始めると、周りの人たちは警戒心をとき、自分の仲間だと認め、フレンドリーな接し方をしてきました。

 つまり、誰もが自分らしく生きることをやめ、他人と似たような生活を自分にも他人にも強制しているわけですね。

 コンビニ人間である恵子の方が、よほど自分らしく生きていることがわかります。

 最後に

 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は切なくて悲しくて爽やかな小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロする …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …