webstation plus

(※『コンビニ人間』表紙より)


 2016年に芥川龍之介賞を受賞した小説『コンビニ人間』。

 普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語ですが、堅苦しさはなく、スラスラ読める小説です。私はあまりの面白さに一気読みしてしまいました。

 今回は、『コンビニ人間』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『コンビニ人間』のあらすじ

 36歳の未婚女性・古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニでアルバイトを続けていました。

 彼女自身はその生活に満足していましたが、家族やまわりの人たちからは冷たい視線が。「就職したほうがいいよ」「結婚したほうがいいよ」など、余計なお世話ばかり。

 そんな彼女の前に、婚活目的でコンビニバイトを始めた男性が現れます。彼は恵子に「そんな生活は恥ずかしい」と現実を突きつけますが…。

 これまでとは違う世界の見方を教えてくれる

 恵子は子どもの頃から他の子どもとは違う視点を持っていました。

 たとえば、公園で死んだ小鳥を見つけたとき、他の子どもたちは泣いていましたが、恵子は「お父さん、焼き鳥好きだから、これ食べよう」と言いました。

 母はその言葉を聞いて絶句し、さとしましたが、恵子には理解できませんでした。なぜ、焼き鳥が好きなのに食べないのだろう。死んだ小鳥が可哀想だと言っておきながら、なぜ綺麗なお花の茎を引きちぎって殺し、お供えしているのだろう、と。

 この物語を通して、私たちは「常識」にとらわれ、物事をある視点でしか見ていないことがわかります。

 少し視点を変えるだけで、これまでとは違う世界が広がるんですね。

 自分の考えを押し付ける傲慢さに気づく

 その後も、他人の言動が理解できずに周りから困惑されることが多かった恵子は、他人とは極力口を利かないようにし、皆の真似をするか、誰かの指示に従うようにしていました。

 そうして大学生になった彼女は、偶然見つけたコンビニのアルバイトを始めることで生活が変わります。

 コンビニのアルバイトは、挨拶から接客、掃除の仕方までマニュアル化されていますよね。それに従って行動すればお店の役に立ち、人間として扱ってもらえ、世界の部品になれる――つまり、マニュアル外の世界ではどうすることもできなかった彼女に居場所ができたのです。

 それなのに、周りにいる人たちは、「アルバイトよりも就職したほうがいいよ」とか「就職が難しくても結婚くらいしたほうがいいよ」なんて心ないことを言って、自分たちの価値観を押し付けようとします。

 それだけじゃなく、「なぜ今のままじゃダメなの?」と聞くとヤバイ奴だと認定し、排除しようとする人も。

 こういった視点で世界を眺めてみると、私たち人間はものすごく閉鎖的な世界で生きているんですよね。

 他人を自分の価値観で判断することの傲慢さがとてもよくわかる物語です。

 誰もが自分らしく生きていない

 ここまで見てきたように、多くの人たちは「みんなが正しい」と思うこと――就職する、結婚する、子供を産むなどを追求して生きていることがわかります。

 言い方を変えれば、自分の頭で考えることをやめ、みんなが「正しい」「良い」と思うことに従っているに過ぎません。

 作中でも、恵子が男性と同居を始めると、周りの人たちは警戒心をとき、自分の仲間だと認め、フレンドリーな接し方をしてきました。

 つまり、誰もが自分らしく生きることをやめ、他人にも似たような生活を強制しているわけですね。

 コンビニ人間である恵子の方が、よほど自分らしく生きていることがわかります。

 最後に

 小説『コンビニ人間』は、普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。読み始めるとページをめくる手が止まりません。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

アメトーーク!「読書芸人」第3弾!おすすめ本まとめ

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年11月10日放送の「アメトーーク!」は「読書芸人オールロケ」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、メープル超合金・カズレーザーさん、池田エライザさんが、 …

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

アメトーーク!「本屋でマンガ大好き芸人」おすすめ漫画まとめ

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  2017年6月29日放送の「アメトーーク!」は「本屋でマンガ大好き芸人」。ケンドーコバヤシさん、有吉弘行さん、麒麟・川島さん、広瀬アリスさん、スピードワゴン・小沢さん、三四郎・ …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …