webstation plus

(※『コンビニ人間』表紙より)


 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。

 普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 今回は、『コンビニ人間』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『コンビニ人間』のあらすじ

 36歳の未婚女性・古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニでアルバイトをしていました。

 彼女自身はその生活に満足していましたが、家族やまわりの人たちからは冷たい視線が。「就職したほうがいいよ」「結婚したほうがいいよ」など、余計なお世話ばかり。

 そんな彼女の前に、婚活目的でコンビニバイトを始めた男性が現れます。彼は恵子に「そんな生活は恥ずかしい」と現実を突きつけますが…。

 これまでとは違う世界の見方を教えてくれる

 恵子は子どもの頃から他の子どもとは違う視点を持っていました。

 たとえば、公園で死んだ小鳥を見つけたとき、他の子どもたちは泣いていましたが、恵子は「お父さん、焼き鳥好きだから、これ食べよう」と言います。

 母はその言葉を聞いて絶句し、諭しましたが、恵子には理解できませんでした。なぜ、焼き鳥が好きなのに食べないのだろう。死んだ小鳥が可哀想だと言っておきながら、なぜ綺麗なお花の茎を引きちぎって殺し、お供えしているのだろう、と。

 この物語を通して、私たちは「常識」にとらわれ、物事をある視点でしか見ていないことがわかります。

 少し視点を変えるだけで、これまでとは違う世界が広がるんですね。

 自分の考えを押し付ける傲慢さに気づく

 その後も、他人の言動が理解できず、周りから困惑されることが多かった恵子は、他人とはできるだけ口を利かないようにし、皆の真似をするか、誰かの指示に従うようにしていました。

 そうして大学生になった彼女は、偶然見つけたコンビニのアルバイトを始めたことで生活が変わります。

 コンビニのアルバイトは、挨拶から接客、掃除の仕方までマニュアル化されていますよね。それに従って行動すればお店の役に立ち、人間として扱ってもらえ、世界の部品になれる――つまり、マニュアル外の世界ではどうすることもできなかった彼女に居場所ができたのです。

 それなのに、周りにいる人たちは、「アルバイトよりも就職したほうがいいよ」とか「就職が難しくても結婚くらいしたほうがいいよ」など心ないことを言って、自分の価値観を押し付けてきます。

 それだけでなく、彼女が「なぜ今のままじゃダメなの?」と聞き返すと、ヤバイ奴だと認定し、排除しようとする人も。

 こういった視点で世界を眺めてみると、私たちはものすごく閉鎖的な世界で生きていることに気づきますよね。

 他人を自分の価値観で判断することの傲慢さがとてもよくわかる物語です。

 誰もが自分らしく生きていない!?

 ここまで見てきたように、多くの人たちは「みんなが正しい」と思うこと――就職する、結婚する、子供を産むなどを追求して生きていることがわかります。

 言い方を変えれば、自分の頭で考えることをやめ、みんなが「正しい」「良い」と思うことに従っているだけ。

 作中でも、恵子が男性と同居を始めると、周りの人たちは警戒心をとき、自分の仲間だと認め、フレンドリーな接し方をしてきました。

 つまり、誰もが自分らしく生きることをやめ、他人と似たような生活を自分にも他人にも強制しているわけですね。

 コンビニ人間である恵子の方が、よほど自分らしく生きていることがわかります。

 最後に

 2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …