webstation plus

(※『コンビニ人間』表紙より)


 2016年に芥川龍之介賞を受賞した小説『コンビニ人間』。

 普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語ですが、堅苦しさはなく、スラスラ読めます。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違いなし!?

 今回は、『コンビニ人間』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『コンビニ人間』のあらすじ

 36歳の未婚女性・古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニでアルバイトを続けていました。

 彼女自身はその生活に満足していましたが、家族やまわりの人たちからは冷たい視線が。「就職したほうがいいよ」「結婚したほうがいいよ」など、余計なお世話ばかり。

 そんな彼女の前に、婚活目的でコンビニバイトを始めた男性が現れます。彼は恵子に「そんな生活は恥ずかしい」と現実を突きつけますが…。

 これまでとは違う世界の見方を教えてくれる

 恵子は子どもの頃から他の子どもとは違う視点を持っていました。

 たとえば、公園で死んだ小鳥を見つけたとき、他の子どもたちは泣いていましたが、恵子は「お父さん、焼き鳥好きだから、これ食べよう」と言いました。

 母はその言葉を聞いて絶句し、さとしましたが、恵子には理解できませんでした。なぜ、焼き鳥が好きなのに食べないのだろう。死んだ小鳥が可哀想だと言っておきながら、なぜ綺麗なお花の茎を引きちぎって殺し、お供えしているのだろう、と。

 この物語を通して、私たちは「常識」にとらわれ、物事をある視点でしか見ていないことがわかります。

 少し視点を変えるだけで、これまでとは違う世界が広がるんですね。

 自分の考えを押し付ける傲慢さに気づく

 その後も、他人の言動が理解できずに周りから困惑されることが多かった恵子は、他人とは極力口を利かないようにし、皆の真似をするか、誰かの指示に従うようにしていました。

 そうして大学生になった彼女は、偶然見つけたコンビニのアルバイトを始めることで生活が変わります。

 コンビニのアルバイトは、挨拶から接客、掃除の仕方までマニュアル化されていますよね。それに従って行動すればお店の役に立ち、人間として扱ってもらえ、世界の部品になれる――つまり、マニュアル外の世界ではどうすることもできなかった彼女に居場所ができたのです。

 それなのに、周りにいる人たちは、「アルバイトよりも就職したほうがいいよ」とか「就職が難しくても結婚くらいしたほうがいいよ」なんて心ないことを言って、自分たちの価値観を押し付けようとします。

 それだけでなく、「なぜ今のままじゃダメなの?」と聞くとヤバイ奴だと認定し、排除しようとする人も。

 こういった視点で世界を眺めてみると、私たち人間はものすごく閉鎖的な世界で生きているんですよね。

 他人を自分の価値観で判断することの傲慢さがとてもよくわかる物語です。

 誰もが自分らしく生きていない

 ここまで見てきたように、多くの人たちは「みんなが正しい」と思うこと――就職する、結婚する、子供を産むなどを追求して生きていることがわかります。

 言い方を変えれば、自分の頭で考えることをやめ、みんなが「正しい」「良い」と思うことに従っているだけ。

 作中でも、恵子が男性と同居を始めると、周りの人たちは警戒心をとき、自分の仲間だと認め、フレンドリーな接し方をしてきました。

 つまり、誰もが自分らしく生きることをやめ、他人と似たような生活を自分にも他人にも強制しているわけですね。

 コンビニ人間である恵子の方が、よほど自分らしく生きていることがわかります。

 最後に

 小説『コンビニ人間』は、普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。読み始めればページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『忍びの国』は育った環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)と伊賀忍者たちの戦を描いた物語です。読めば育った環境の影響力に驚くこと間違いなし!?  今回は『忍びの国』のあらすじとおすす …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …