webstation plus

 この前のエントリで微分の公式について紹介しましたが、今回は合成関数の微分について紹介します。

 合成関数の微分は、たとえば、\(h(x)=(x^2+3)^6\)などのように、2つ以上の関数の合成で成り立っている関数を微分するときに役立つ計算テクニックです。

 二項定理を使って展開しなくても簡単に計算できるんですよね。

 合成関数とは?

 合成関数とは、ある関数の出力「\(u=f(x)\)」を、次の関数の入力「\(y=g(u)\)」としてあらわすことができる関数のことです。

 たとえば、\(y=(x^2+3)^6\)の場合、

$$u=x^2+3$$ $$y=u^6$$

 とあらわすことができますよね。これが合成関数です。

 合成関数の微分

 合成関数がどんなものか理解できたところで、早速、合成関数の微分のやり方について紹介していきます。

 微分は、「\(x\)の増加分」を「\(\Delta x\)」、「\(y\)の増加分」を「\(\Delta y\)」とすると、

$$f'(x)=\lim_{h \to 0} \frac{f(x+h)-f(x)}{h}=\lim_{x \to 0} \frac{\Delta y}{\Delta x}=\frac{dy}{dx}$$

 と表すことができます。ここで、「\(dx\)」は「限りなく小さい\(\Delta x\)」で、「\(dy\)」は「限りなく小さい\(\Delta y\)」のことです。

 これはライプニッツが単純な分数計算として扱えるように導入した記号で、この記号を使って合成関数を表すと、

$$\frac{dx}{dy}=\frac{dy}{du}\cdot\frac{du}{dx}$$

 と表すことができます。これが合成関数の微分です。

 先ほど紹介した\(y=(x^2+3)^6\)を微分してみると、

$$\frac{du}{dx}=(x^2+3)’=2x$$ $$\frac{dy}{du}=(u^6)’=6u^5=6(x^2+3)^5$$ $$\frac{dy}{dx}=\frac{dy}{du}\cdot\frac{du}{dx}=6(x^2+3)^5\cdot 2x=12x(x^2+3)^5$$

 と求めることができます。簡単に計算できましたね。

 最後に

 今回は、合成関数とその微分の計算方法について紹介してきました。

 合成関数の微分は複雑な微分を計算するときに役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

 関連記事

物理が苦手な人におすすめの本『いやでも物理が面白くなる』

 物理って面白くないですよね。  私は理系の大学を出ていますが、高校のときは物理がまったく面白くありませんでした。  なぜなら、理屈抜きに数式を暗記し、「問題」の「答え」を機械的に、そして限られた時間内に見つけることを要 …

迷惑メールの判定で有名な「ナイーブベイズフィルタ」を簡単に紹介

 前回、「理由不十分の原則」と「ベイズ更新」を紹介しましたが、今回は迷惑メールを判定するための仕組みのひとつである「ナイーブベイズフィルタ」について紹介します。  とても簡単に迷惑メールが判定できる有名な仕組みなので、ぜ …

導関数の公式を求めるために必要な二項定理の紹介

 ディープラーニングなどの機械学習を理解するには、微分の概念を理解しておく必要があります。そして、微分を理解するには二項定理を理解しておく必要があるんですよね。  そこで今回は、『数学ガールの秘密ノート/場合の数』を参考 …

「理由不十分の原則」と「ベイズ更新」を簡単に紹介

 前回、「ベイズの定理」を紹介しましたが、今回はベイズの定理を実際に応用するときに役立つ「理由不十分の原則」と「ベイズ更新」について紹介します。  機械学習や情報のフィルタリング、経営判断のための意思決定などに役立つので …

活性化関数としても使われている「シグモイド関数」とは?

 ディープラーニングなどの機械学習では「シグモイド関数」という活性化関数が使われることがあります。  とはいえ、数式の意味もわからずに何となく使うのは気持ち悪いですよね。  そこで今回は、シグモイド関数とはどのような関数 …

物語を読むだけで「オートマトン理論」と「形式言語理論」がわかる本『白と黒のとびら』

 オートマトン理論と形式言語理論ってよくわからないですよね。  とはいえ、情報科学や数学、言語学や認知科学などの重要な基礎理論なので、「わからない!」で済ませておくわけにはいきません。  そんな情報科学初心者におすすめな …

等差数列・等比数列の一般項とその和の求め方について紹介

 ディープラーニングなどの機械学習では、たくさんのデータを処理する必要があるため、数の並びをシンプルに表せる数列は頻出のテーマになります。  そこで今回は、『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』を参考に、等差数列と等比数 …

数学が苦手な人に読んで欲しい本『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』

(※『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』表紙より)  数学は得意ですか。  私は学生の頃は得意だったのですが、社会人になってからは苦手意識が強くなりました。複雑な数式が理解できなくなってきたからです。  そこで中学レベ …

三角関数とは円の回転をあらわす関数

(※『数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数』表紙より)  三角関数をご存知ですか?  最近、橋下徹さんが学校で教えなくてもいいと言ったサイン、コサイン、タンジェントのことです。  実はこの三角関数。AIやロボティクスなど …

積と商の微分について簡単に紹介

 この前のエントリで合成関数の微分について紹介しましたが、今回は積と商の微分について紹介します。  積と商の微分は、たとえば、「\(p(x)=f(x) \times g(x)\)」や「\(r(x)=f(x) \div g …