webstation plus

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。

 私が想像していた以上に恐ろしい国なんですよね。ソ連で取材をしていた記者たちを尊敬するようになりました。

 盗聴や尾行、ハニートラップが当たり前の国

 モスクアはゴミの臭いとガソリンの臭いがとてもひどかったそうです。タクシーの運転手は、これを共産主義の臭いだと言いましたが、それはインフラが整備されていなかったからです。見た目だけ整えていたんですよね。

 このような見た目だけ整えることは、至るとことで行われていました。建前上は自由に報道できると言いながらも、記者の電話を盗聴したり、尾行したり、ハニートラップを仕掛けて国外追放したりと、恐ろしいことだらけです。

 実際、物語の主人公・土井垣も尾行されたり、家の中を無断で調べられたり、クルマをパンクされたりしました。

 そんな状況でも、土井垣は特ダネを掴もうと必死で行動します。その結果…。

 人とのコミュニケーションの積み重ねが特ダネにつながる

 特ダネをモノにしますが、そこに至るまで多くの人たちとのコミュニケーションを地道に積み重ねてきました。

 ソ連ではお酒を飲まないと話し相手として認めてもらえません。ウォッカを何杯も飲まないとダメなんですよね。

 しかし、そうやってグラスを空けたとしても、しかもこちらの奢りでも、重要なことは何ひとつ話してもらえません。なぜなら、彼らは西側諸国を警戒していたからです。

 アメリカは戦争、略奪、諜報と好き勝手をして世界を悪くしているのに、問題はソ連だと押し付けてくる…と考えていました。秘書でさえも心を開いて話してくれません。

 それでも土井垣は、小さなチャンスを確実にモノにしていきます。その結果、特ダネを報道することができたのですが…。

 ソ連という国のことをもっと知りたくなる物語

 ソ連の闇は彼が考えている以上に深いものでした。それがラストで描かれるのですが、それも含めてソ連という国についてもっと知りたくなるんですよね。

 これまでフワッとしか知らなかったゴルバチョフやエリツィン、ペレストロイカについて詳しく知りたくなります。

 このように、『崩壊の森』は私のようなソ連について何も知らない人が読んでも楽しめる物語。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『マリアビートル』感想/大人をバカにする中学生への正しい対処法とは?

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対応すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

米澤穂信『クドリャフカの順番』は期待とは絶望的な差から生まれるものだとわかる物語

 誰かに期待して生きていますか。  私は多くのことを誰かに期待しているところがありますが、米澤穂信さんの小説『クドリャフカの順番』を読んで、自分では実現できないからこそ、他人に期待してしまうことに気づきました。  そのた …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …