webstation plus

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。

 私が想像していた以上に恐ろしい国なんですよね。ソ連で取材をしていた記者たちを尊敬するようになりました。

 盗聴や尾行、ハニートラップが当たり前の国

 モスクアはゴミの臭いとガソリンの臭いがとてもひどかったそうです。タクシーの運転手は、これを共産主義の臭いだと言いましたが、それはインフラが整備されていなかったからです。見た目だけ整えていたんですよね。

 このような見た目だけ整えることは、至るとことで行われていました。建前上は自由に報道できると言いながらも、記者の電話を盗聴したり、尾行したり、ハニートラップを仕掛けて国外追放したりと、恐ろしいことだらけです。

 実際、物語の主人公・土井垣も尾行されたり、家の中を無断で調べられたり、クルマをパンクされたりしました。

 そんな状況でも、土井垣は特ダネを掴もうと必死で行動します。その結果…。

 人とのコミュニケーションの積み重ねが特ダネにつながる

 特ダネをモノにしますが、そこに至るまで多くの人たちとのコミュニケーションを地道に積み重ねてきました。

 ソ連ではお酒を飲まないと話し相手として認めてもらえません。ウォッカを何杯も飲まないとダメなんですよね。

 しかし、そうやってグラスを空けたとしても、しかもこちらの奢りでも、重要なことは何ひとつ話してもらえません。なぜなら、彼らは西側諸国を警戒していたからです。

 アメリカは戦争、略奪、諜報と好き勝手をして世界を悪くしているのに、問題はソ連だと押し付けてくる…と考えていました。秘書でさえも心を開いて話してくれません。

 それでも土井垣は、小さなチャンスを確実にモノにしていきます。その結果、特ダネを報道することができたのですが…。

 ソ連という国のことをもっと知りたくなる物語

 ソ連の闇は彼が考えている以上に深いものでした。それがラストで描かれるのですが、それも含めてソ連という国についてもっと知りたくなるんですよね。

 これまでフワッとしか知らなかったゴルバチョフやエリツィン、ペレストロイカについて詳しく知りたくなります。

 このように、『崩壊の森』は私のようなソ連について何も知らない人が読んでも楽しめる物語。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …