webstation plus

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。

 私が想像していた以上に恐ろしい国なんですよね。ソ連で取材をしていた記者たちを尊敬するようになりました。

 盗聴や尾行、ハニートラップが当たり前の国

 モスクアはゴミの臭いとガソリンの臭いがとてもひどかったそうです。タクシーの運転手は、これを共産主義の臭いだと言いましたが、それはインフラが整備されていなかったからです。見た目だけ整えていたんですよね。

 このような見た目だけ整えることは、至るとことで行われていました。建前上は自由に報道できると言いながらも、記者の電話を盗聴したり、尾行したり、ハニートラップを仕掛けて国外追放したりと、恐ろしいことだらけです。

 実際、物語の主人公・土井垣も尾行されたり、家の中を無断で調べられたり、クルマをパンクされたりしました。

 そんな状況でも、土井垣は特ダネを掴もうと必死で行動します。その結果…。

 人とのコミュニケーションの積み重ねが特ダネにつながる

 特ダネをモノにしますが、そこに至るまで多くの人たちとのコミュニケーションを地道に積み重ねてきました。

 ソ連ではお酒を飲まないと話し相手として認めてもらえません。ウォッカを何杯も飲まないとダメなんですよね。

 しかし、そうやってグラスを空けたとしても、しかもこちらの奢りでも、重要なことは何ひとつ話してもらえません。なぜなら、彼らは西側諸国を警戒していたからです。

 アメリカは戦争、略奪、諜報と好き勝手をして世界を悪くしているのに、問題はソ連だと押し付けてくる…と考えていました。秘書でさえも心を開いて話してくれません。

 それでも土井垣は、小さなチャンスを確実にモノにしていきます。その結果、特ダネを報道することができたのですが…。

 ソ連という国のことをもっと知りたくなる物語

 ソ連の闇は彼が考えている以上に深いものでした。それがラストで描かれるのですが、それも含めてソ連という国についてもっと知りたくなるんですよね。

 これまでフワッとしか知らなかったゴルバチョフやエリツィン、ペレストロイカについて詳しく知りたくなります。

 このように、『崩壊の森』は私のようなソ連について何も知らない人が読んでも楽しめる物語。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …