webstation plus

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。

 川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。

 過去に戻れるとしたら戻りたい?

 物語の舞台は人気のない路地裏にある喫茶店。カウンターに三席、二人がけのテーブル席が三席しかない小さな喫茶店でしたが、少し不思議な体験が出来る場所でした。

 その体験とは過去に戻れるというもの。

 ただし、過去に戻っても現実を変えることは出来ません。それだけでなく、過去に戻るには幽霊が座っている席に座る必要があり、その席に座れたとしても、過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでの短い時間だけで、席を立って移動することもできません。

 しかも、過去に戻ると冷める前にコーヒーを飲み干さなければ、自分が幽霊になるというリスクつき。

 それでもリスクを冒してまで過去に戻ろうとする人たちがいるんですよね。

 なぜなら…。

 過去に戻ることで得られるものがある

 自分を冷静に見つめることが出来れば現実は変えられなくても未来は変えられるからです。

 アメリカに行くという理由で彼氏に振られた二美子はプライドが邪魔をして、なぜ自分の元を去っていくのか彼氏に聞くことができませんでした。

 夫が若年性アルツハイマーになった高竹は傷つくことを恐れて他人のフリをし、家から飛び出して自由に生きようとした平井は自分の代わりに家を継いだ妹を避けていました。

 そんな彼らが変えられない過去に戻ったのは、自分を冷静に見つめ、相手が何を思っていたかを知るためでした。

 そして実際に過去に戻った彼らは、まるで生まれ変わったかのように未来に向かって歩み始めます。それは…。

 心が変われば過去も未来も変えられる

 現実は変わらなくても、彼らの心が変わったからでした。物事にきちんと向き合い、自分の嫌なところもダメなところも受け入れて前に進もうとしたからなんですよね。

 そんな前向きな気持ちになれる小説が川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』。現実と向き合ってないなぁ…と感じているようならぜひ読んでみてください。

 きっと今からやり直そうと思えますよ。

 関連記事

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …