webstation plus

coffee_01

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。

 一見拙い文章でも、人の心を動かすのなら、それは力ある文章と言えます。

 と、齋藤孝さんが言っている通りですね。登場人物の名前が覚えにくくても、唐突なセリフに戸惑うことになっても、伏線を張っているように見せかけて回収されることがなくても、最後まで読んでしまう小説でした。

 物語の舞台は、とある街の片隅にある小さな喫茶店。その喫茶店のとある席に座り、コーヒーを入れてもらうと――、過去に戻ることができるというお話です。

 これまでもタイムトラベルを扱った映画や小説はいくつもありました。しかし、その多くは、過去や未来に行くことで現在を変えることができます。

 たとえば、私が大好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、主人公・マーティが過去にタイムトラベルすることで、自分という存在が消えそうになるのを防ぐ物語です。母が車にひかれそうになったのを、父の代わりに救ったせいで、母が父ではなく息子であるマーティに恋をしてしまったからです。

 しかし、『コーヒーが冷めないうちに』は違います。過去に戻っても現在を変えることができません。たとえ交通事故で死ぬことがわかっていて、過去に戻ってそのことを本人に伝えたとしても、死から逃れることができないのです。それだけでなく、過去に戻るには面倒な制約がいくつもあります。

  1. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない者に会うことはできない。
  2. 過去に戻って、どんな努力をしても現実は変わらない。
  3. 過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
  4. 過去に戻っても、席を立って移動することはできない。
  5. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから。

 それでも、「過去に戻る」ことで奇跡が起きるというお話なのですが、では、なぜ現在を変えることができなくても奇跡が起きるのでしょうか。それは、過去に戻った人たちが、過去に向き合うことで「嫌いだった自分」を受け入れるからです。

 過去の自分を「ダメな自分」として否定してしまうから、仕事のできる自分も、ミスしない自分も、勇気のある自分も、信頼される自分も遠のいてしまうのです。

 とは、心屋さんの言葉ですが、この言葉どおり過去の自分を否定している限り「望んでいる自分」にはなれません。「仕事をもっと楽にしたい」という望みをかなえたければ、「人に仕事を頼むのがイヤ」という望ましくないことを受け入れるしかありませんよね。それと同じように、嫌な過去を受け入れるからこそ、望んでいる自分になれるのです。

 というわけで、『コーヒーが冷めないうちに』は、「過去の自分にこだわり過ぎて変われない」という人にオススメの小説です。気楽に読める小説ですので、時間があるときにでも読んでみてはどうでしょうか。過去の自分を受け入れるキッカケになるかもしれませんよ。

 関連記事

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …