webstation plus

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。

 川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。

 過去に戻れるとしたら戻りたい?

 物語の舞台は人気のない路地裏にある喫茶店。カウンターに三席、二人がけのテーブル席が三席しかない小さな喫茶店でしたが、少し不思議な体験が出来る場所でした。

 その体験とは過去に戻れるというもの。

 ただし、過去に戻っても現実を変えることは出来ません。それだけでなく、過去に戻るには幽霊が座っている席に座る必要があり、その席に座れたとしても、過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでの短い時間だけで、席を立って移動することもできません。

 しかも、過去に戻ると冷める前にコーヒーを飲み干さなければ、自分が幽霊になるというリスクつき。

 それでもリスクを冒してまで過去に戻ろうとする人たちがいるんですよね。

 なぜなら…。

 過去に戻ることで得られるものがある

 自分を冷静に見つめることが出来れば現実は変えられなくても未来は変えられるからです。

 アメリカに行くという理由で彼氏に振られた二美子はプライドが邪魔をして、なぜ自分の元を去っていくのか彼氏に聞くことができませんでした。

 夫が若年性アルツハイマーになった高竹は傷つくことを恐れて他人のフリをし、家から飛び出して自由に生きようとした平井は自分の代わりに家を継いだ妹を避けていました。

 そんな彼らが変えられない過去に戻ったのは、自分を冷静に見つめ、相手が何を思っていたかを知るためでした。

 そして実際に過去に戻った彼らは、まるで生まれ変わったかのように未来に向かって歩み始めます。それは…。

 心が変われば過去も未来も変えられる

 現実は変わらなくても、彼らの心が変わったからでした。物事にきちんと向き合い、自分の嫌なところもダメなところも受け入れて前に進もうとしたからなんですよね。

 そんな前向きな気持ちになれる小説が川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』。現実と向き合ってないなぁ…と感じているようならぜひ読んでみてください。

 きっと今からやり直そうと思えますよ。

 関連記事

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …