webstation plus

coffee_01

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。

 一見拙い文章でも、人の心を動かすのなら、それは力ある文章と言えます。

 と、齋藤孝さんが言っている通りですね。登場人物の名前が覚えにくくても、唐突なセリフに戸惑うことになっても、伏線を張っているように見せかけて回収されることがなくても、最後まで読んでしまう小説でした。

 物語の舞台は、とある街の片隅にある小さな喫茶店。その喫茶店のとある席に座り、コーヒーを入れてもらうと――、過去に戻ることができるというお話です。

 これまでもタイムトラベルを扱った映画や小説はいくつもありました。しかし、その多くは、過去や未来に行くことで現在を変えることができます。

 たとえば、私が大好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、主人公・マーティが過去にタイムトラベルすることで、自分という存在が消えそうになるのを防ぐ物語です。母が車にひかれそうになったのを、父の代わりに救ったせいで、母が父ではなく息子であるマーティに恋をしてしまったからです。

 しかし、『コーヒーが冷めないうちに』は違います。過去に戻っても現在を変えることができません。たとえ交通事故で死ぬことがわかっていて、過去に戻ってそのことを本人に伝えたとしても、死から逃れることができないのです。それだけでなく、過去に戻るには面倒な制約がいくつもあります。

  1. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない者に会うことはできない。
  2. 過去に戻って、どんな努力をしても現実は変わらない。
  3. 過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
  4. 過去に戻っても、席を立って移動することはできない。
  5. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから。

 それでも、「過去に戻る」ことで奇跡が起きるというお話なのですが、では、なぜ現在を変えることができなくても奇跡が起きるのでしょうか。それは、過去に戻った人たちが、過去に向き合うことで「嫌いだった自分」を受け入れるからです。

 過去の自分を「ダメな自分」として否定してしまうから、仕事のできる自分も、ミスしない自分も、勇気のある自分も、信頼される自分も遠のいてしまうのです。

 とは、心屋さんの言葉ですが、この言葉どおり過去の自分を否定している限り「望んでいる自分」にはなれません。「仕事をもっと楽にしたい」という望みをかなえたければ、「人に仕事を頼むのがイヤ」という望ましくないことを受け入れるしかありませんよね。それと同じように、嫌な過去を受け入れるからこそ、望んでいる自分になれるのです。

 というわけで、『コーヒーが冷めないうちに』は、「過去の自分にこだわり過ぎて変われない」という人にオススメの小説です。気楽に読める小説ですので、時間があるときにでも読んでみてはどうでしょうか。過去の自分を受け入れるキッカケになるかもしれませんよ。

 関連記事

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …