webstation plus

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。

 川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。

 過去に戻れるとしたら戻りたい?

 物語の舞台は人気のない路地裏にある喫茶店。カウンターに三席、二人がけのテーブル席が三席しかない小さな喫茶店でしたが、少し不思議な体験が出来る場所でした。

 その体験とは過去に戻れるというもの。

 ただし、過去に戻っても現実を変えることは出来ません。それだけでなく、過去に戻るには幽霊が座っている席に座る必要があり、その席に座れたとしても、過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでの短い時間だけで、席を立って移動することもできません。

 しかも、過去に戻ると冷める前にコーヒーを飲み干さなければ、自分が幽霊になるというリスクつき。

 それでもリスクを冒してまで過去に戻ろうとする人たちがいるんですよね。

 なぜなら…。

 過去に戻ることで得られるものがある

 自分を冷静に見つめることが出来れば現実は変えられなくても未来は変えられるからです。

 アメリカに行くという理由で彼氏に振られた二美子はプライドが邪魔をして、なぜ自分の元を去っていくのか彼氏に聞くことができませんでした。

 夫が若年性アルツハイマーになった高竹は傷つくことを恐れて他人のフリをし、家から飛び出して自由に生きようとした平井は自分の代わりに家を継いだ妹を避けていました。

 そんな彼らが変えられない過去に戻ったのは、自分を冷静に見つめ、相手が何を思っていたかを知るためでした。

 そして実際に過去に戻った彼らは、まるで生まれ変わったかのように未来に向かって歩み始めます。それは…。

 心が変われば過去も未来も変えられる

 現実は変わらなくても、彼らの心が変わったからでした。物事にきちんと向き合い、自分の嫌なところもダメなところも受け入れて前に進もうとしたからなんですよね。

 そんな前向きな気持ちになれる小説が川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』。現実と向き合ってないなぁ…と感じているようならぜひ読んでみてください。

 きっと今からやり直そうと思えますよ。

 関連記事

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …