webstation plus

coffee_01

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。

 一見拙い文章でも、人の心を動かすのなら、それは力ある文章と言えます。

 と、齋藤孝さんが言っている通りですね。登場人物の名前が覚えにくくても、唐突なセリフに戸惑うことになっても、伏線を張っているように見せかけて回収されることがなくても、最後まで読んでしまう小説でした。

 物語の舞台は、とある街の片隅にある小さな喫茶店。その喫茶店のとある席に座り、コーヒーを入れてもらうと――、過去に戻ることができるというお話です。

 これまでもタイムトラベルを扱った映画や小説はいくつもありました。しかし、その多くは、過去や未来に行くことで現在を変えることができます。

 たとえば、私が大好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、主人公・マーティが過去にタイムトラベルすることで、自分という存在が消えそうになるのを防ぐ物語です。母が車にひかれそうになったのを、父の代わりに救ったせいで、母が父ではなく息子であるマーティに恋をしてしまったからです。

 しかし、『コーヒーが冷めないうちに』は違います。過去に戻っても現在を変えることができません。たとえ交通事故で死ぬことがわかっていて、過去に戻ってそのことを本人に伝えたとしても、死から逃れることができないのです。それだけでなく、過去に戻るには面倒な制約がいくつもあります。

  1. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない者に会うことはできない。
  2. 過去に戻って、どんな努力をしても現実は変わらない。
  3. 過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
  4. 過去に戻っても、席を立って移動することはできない。
  5. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから。

 それでも、「過去に戻る」ことで奇跡が起きるというお話なのですが、では、なぜ現在を変えることができなくても奇跡が起きるのでしょうか。それは、過去に戻った人たちが、過去に向き合うことで「嫌いだった自分」を受け入れるからです。

 過去の自分を「ダメな自分」として否定してしまうから、仕事のできる自分も、ミスしない自分も、勇気のある自分も、信頼される自分も遠のいてしまうのです。

 とは、心屋さんの言葉ですが、この言葉どおり過去の自分を否定している限り「望んでいる自分」にはなれません。「仕事をもっと楽にしたい」という望みをかなえたければ、「人に仕事を頼むのがイヤ」という望ましくないことを受け入れるしかありませんよね。それと同じように、嫌な過去を受け入れるからこそ、望んでいる自分になれるのです。

 というわけで、『コーヒーが冷めないうちに』は、「過去の自分にこだわり過ぎて変われない」という人にオススメの小説です。気楽に読める小説ですので、時間があるときにでも読んでみてはどうでしょうか。過去の自分を受け入れるキッカケになるかもしれませんよ。

 関連記事

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …