webstation plus

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。

 川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。

 過去に戻れるとしたら戻りたい?

 物語の舞台は人気のない路地裏にある喫茶店。カウンターに三席、二人がけのテーブル席が三席しかない小さな喫茶店でしたが、少し不思議な体験が出来る場所でした。

 その体験とは過去に戻れるというもの。

 ただし、過去に戻っても現実を変えることは出来ません。それだけでなく、過去に戻るには幽霊が座っている席に座る必要があり、その席に座れたとしても、過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでの短い時間だけで、席を立って移動することもできません。

 しかも、過去に戻ると冷める前にコーヒーを飲み干さなければ、自分が幽霊になるというリスクつき。

 それでもリスクを冒してまで過去に戻ろうとする人たちがいるんですよね。

 なぜなら…。

 過去に戻ることで得られるものがある

 自分を冷静に見つめることが出来れば現実は変えられなくても未来は変えられるからです。

 アメリカに行くという理由で彼氏に振られた二美子はプライドが邪魔をして、なぜ自分の元を去っていくのか彼氏に聞くことができませんでした。

 夫が若年性アルツハイマーになった高竹は傷つくことを恐れて他人のフリをし、家から飛び出して自由に生きようとした平井は自分の代わりに家を継いだ妹を避けていました。

 そんな彼らが変えられない過去に戻ったのは、自分を冷静に見つめ、相手が何を思っていたかを知るためでした。

 そして実際に過去に戻った彼らは、まるで生まれ変わったかのように未来に向かって歩み始めます。それは…。

 心が変われば過去も未来も変えられる

 現実は変わらなくても、彼らの心が変わったからでした。物事にきちんと向き合い、自分の嫌なところもダメなところも受け入れて前に進もうとしたからなんですよね。

 そんな前向きな気持ちになれる小説が川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』。現実と向き合ってないなぁ…と感じているようならぜひ読んでみてください。

 きっと今からやり直そうと思えますよ。

 関連記事

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …