webstation plus

coffee_01

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。

 一見拙い文章でも、人の心を動かすのなら、それは力ある文章と言えます。

 と、齋藤孝さんが言っている通りですね。登場人物の名前が覚えにくくても、唐突なセリフに戸惑うことになっても、伏線を張っているように見せかけて回収されることがなくても、最後まで読んでしまう小説でした。

 物語の舞台は、とある街の片隅にある小さな喫茶店。その喫茶店のとある席に座り、コーヒーを入れてもらうと――、過去に戻ることができるというお話です。

 これまでもタイムトラベルを扱った映画や小説はいくつもありました。しかし、その多くは、過去や未来に行くことで現在を変えることができます。

 たとえば、私が大好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、主人公・マーティが過去にタイムトラベルすることで、自分という存在が消えそうになるのを防ぐ物語です。母が車にひかれそうになったのを、父の代わりに救ったせいで、母が父ではなく息子であるマーティに恋をしてしまったからです。

 しかし、『コーヒーが冷めないうちに』は違います。過去に戻っても現在を変えることができません。たとえ交通事故で死ぬことがわかっていて、過去に戻ってそのことを本人に伝えたとしても、死から逃れることができないのです。それだけでなく、過去に戻るには面倒な制約がいくつもあります。

  1. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない者に会うことはできない。
  2. 過去に戻って、どんな努力をしても現実は変わらない。
  3. 過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
  4. 過去に戻っても、席を立って移動することはできない。
  5. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから。

 それでも、「過去に戻る」ことで奇跡が起きるというお話なのですが、では、なぜ現在を変えることができなくても奇跡が起きるのでしょうか。それは、過去に戻った人たちが、過去に向き合うことで「嫌いだった自分」を受け入れるからです。

 過去の自分を「ダメな自分」として否定してしまうから、仕事のできる自分も、ミスしない自分も、勇気のある自分も、信頼される自分も遠のいてしまうのです。

 とは、心屋さんの言葉ですが、この言葉どおり過去の自分を否定している限り「望んでいる自分」にはなれません。「仕事をもっと楽にしたい」という望みをかなえたければ、「人に仕事を頼むのがイヤ」という望ましくないことを受け入れるしかありませんよね。それと同じように、嫌な過去を受け入れるからこそ、望んでいる自分になれるのです。

 というわけで、『コーヒーが冷めないうちに』は、「過去の自分にこだわり過ぎて変われない」という人にオススメの小説です。気楽に読める小説ですので、時間があるときにでも読んでみてはどうでしょうか。過去の自分を受け入れるキッカケになるかもしれませんよ。

 関連記事

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

『あさひなぐ』は薙刀に青春を捧げる女子高生に胸が熱くなる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  高校生の頃、帰宅部だった私は、家に帰ってからゲーム三昧の日々を過ごしていました。今から思うと、なんてもったいない生き方をしていたのでしょうか。  そんなダラけきった高校生活を過ごしてい …

『約束のネバーランド』は読み始めたら止まらないサスペンス漫画

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、どうなることかと思っていましたが…。40ページを過ぎると、ページをめくる …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

【随時更新】面白くて泣ける漫画『ONE PIECE』のおすすめエピソードまとめ

 国内での累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にはありません。  今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介して …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …