webstation plus

(※『虚像の道化師』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。

 ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?

 今回は『虚像の道化師』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『虚像の道化師』のあらすじ

 今回も信じられないような事件が多発します。

 宗教団体の教祖が念を送っただけでビルの5階から信者が飛び降りたり、透視ができるというホステスが殺されたり、不気味な声のせいで会社員たちが飛び降り自殺、障害事件を犯したり…。

 さらに今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件も多数用意!?

 草薙と薫、そして湯川が事件の謎に迫ります。

 『虚像の道化師』のおすすめポイント

1. 科学的なトリックが面白い!?

 ガリレオシリーズの特徴といえば、科学的なトリック。

 今回も念力、透視、幻聴、テレパシーなど、不可思議な現象を科学的な視点で解き明かします。

 科学に興味が持てる小説です。

2. 犯人を追い詰めるだけじゃない!?

 今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件が多数用意されています。

 たとえば、第四章『曲球る』では、40歳手前の野球選手が妻を殺害され、引退を決意しますが、生前の妻のメッセージを湯川が読み解き、再起を促します。

 他にも、偽装工作をする女性を庇うなど、これまでの湯川准教授とは一味違う!?

 きっと、心に残る短編に出会えるはず。

3. 湯川准教授のセリフが心に響く

 そんな湯川准教授のセリフが心に響きます。

 たとえば、第三章『心聴る』では、草薙の同期の刑事・北原が、出世した草薙に嫉妬し、自分の考えに固執します。そんな北原に向かって湯川は次のように言います。

「現象を分析するには、すべての可能性を探る必要がある。つまり誰かがアイデアを出した場合には、とりあえずそれを尊重しなければならない。検証することもなく、ただ自分の考えや感覚と合わないからという理由だけで人の意見を却下するのは、向上心のない怠け者のやることだ」
「人の意見に耳を傾け、自分のやり方や考え方を常にチェックし続けるのは、肉体的にも精神的にも負担が大きい。それに比べて、他人の意見には耳を貸さず、自分の考えに固執しているのは楽だ。そして楽なことを求めるのは怠け者だ。違いますか」

 この言葉がきっかけで北原は自分と草薙の違いに気づきはじめました。このような心に響く言葉が満載の小説です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。読めば、心に残る短編に出会えるはず!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …