webstation plus

(※『虚像の道化師』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。

 ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?

 今回は『虚像の道化師』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『虚像の道化師』のあらすじ

 今回も信じられないような事件が多発します。

 宗教団体の教祖が念を送っただけでビルの5階から信者が飛び降りたり、透視ができるというホステスが殺されたり、不気味な声のせいで会社員たちが飛び降り自殺、障害事件を犯したり…。

 さらに今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件も多数用意!?

 草薙と薫、そして湯川が事件の謎に迫ります。

 『虚像の道化師』のおすすめポイント

1. 科学的なトリックが面白い!?

 ガリレオシリーズの特徴といえば、科学的なトリック。

 今回も念力、透視、幻聴、テレパシーなど、不可思議な現象を科学的な視点で解き明かします。

 科学に興味が持てる小説です。

2. 犯人を追い詰めるだけじゃない!?

 今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件が多数用意されています。

 たとえば、第四章『曲球る』では、40歳手前の野球選手が妻を殺害され、引退を決意しますが、生前の妻のメッセージを湯川が読み解き、再起を促します。

 他にも、偽装工作をする女性を庇うなど、これまでの湯川准教授とは一味違う!?

 きっと、心に残る短編に出会えるはず。

3. 湯川准教授のセリフが心に響く

 そんな湯川准教授のセリフが心に響きます。

 たとえば、第三章『心聴る』では、草薙の同期の刑事・北原が、出世した草薙に嫉妬し、自分の考えに固執します。そんな北原に向かって湯川は次のように言います。

「現象を分析するには、すべての可能性を探る必要がある。つまり誰かがアイデアを出した場合には、とりあえずそれを尊重しなければならない。検証することもなく、ただ自分の考えや感覚と合わないからという理由だけで人の意見を却下するのは、向上心のない怠け者のやることだ」
「人の意見に耳を傾け、自分のやり方や考え方を常にチェックし続けるのは、肉体的にも精神的にも負担が大きい。それに比べて、他人の意見には耳を貸さず、自分の考えに固執しているのは楽だ。そして楽なことを求めるのは怠け者だ。違いますか」

 この言葉がきっかけで北原は自分と草薙の違いに気づきはじめました。このような心に響く言葉が満載の小説です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。読めば、心に残る短編に出会えるはず!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …