webstation plus

(※『虚像の道化師』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。

 ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?

 今回は『虚像の道化師』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『虚像の道化師』のあらすじ

 今回も信じられないような事件が多発します。

 宗教団体の教祖が念を送っただけでビルの5階から信者が飛び降りたり、透視ができるというホステスが殺されたり、不気味な声のせいで会社員たちが飛び降り自殺、障害事件を犯したり…。

 さらに今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件も多数用意!?

 草薙と薫、そして湯川が事件の謎に迫ります。

 『虚像の道化師』のおすすめポイント

1. 科学的なトリックが面白い!?

 ガリレオシリーズの特徴といえば、科学的なトリック。

 今回も念力、透視、幻聴、テレパシーなど、不可思議な現象を科学的な視点で解き明かします。

 科学に興味が持てる小説です。

2. 犯人を追い詰めるだけじゃない!?

 今回は、犯人を追いつめるだけじゃない事件が多数用意されています。

 たとえば、第四章『曲球る』では、40歳手前の野球選手が妻を殺害され、引退を決意しますが、生前の妻のメッセージを湯川が読み解き、再起を促します。

 他にも、偽装工作をする女性を庇うなど、これまでの湯川准教授とは一味違う!?

 きっと、心に残る短編に出会えるはず。

3. 湯川准教授のセリフが心に響く

 そんな湯川准教授のセリフが心に響きます。

 たとえば、第三章『心聴る』では、草薙の同期の刑事・北原が、出世した草薙に嫉妬し、自分の考えに固執します。そんな北原に向かって湯川は次のように言います。

「現象を分析するには、すべての可能性を探る必要がある。つまり誰かがアイデアを出した場合には、とりあえずそれを尊重しなければならない。検証することもなく、ただ自分の考えや感覚と合わないからという理由だけで人の意見を却下するのは、向上心のない怠け者のやることだ」
「人の意見に耳を傾け、自分のやり方や考え方を常にチェックし続けるのは、肉体的にも精神的にも負担が大きい。それに比べて、他人の意見には耳を貸さず、自分の考えに固執しているのは楽だ。そして楽なことを求めるのは怠け者だ。違いますか」

 この言葉がきっかけで北原は自分と草薙の違いに気づきはじめました。このような心に響く言葉が満載の小説です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。読めば、心に残る短編に出会えるはず!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …