webstation plus

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?

 私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。

 ガリレオシリーズの7作目とあって、人間として成長した湯川准教授の優しさに胸が熱くなる物語です。

 念じるだけで人を殺すことができる教祖が登場

 では、あらすじから。

 宗教法人「クアイの会」の教祖・連崎至光は念じるだけで人を自由に操ることができると言います。

 実際、連崎が「教団の中に裏切り者がいる」と言い出し念を送り始めると、裏切り者だと指摘された幹部が悲鳴を上げ、畳の上でのた打ち回りはじめました。

 彼らの取材に来ていた週刊誌記者は、目の前で起こったその出来事をパフォーマンスだと思って冷めた目で眺めていましたが…。

 その直後に、裏切り者だと指摘された幹部がビルの5階から飛び降りたのです。もちろん、助かるはずなどありません。

 こうして、週刊誌記者は彼の能力を信じざるを得なくなりましたが、一方の連崎は幹部を死に追いやった責任を感じていると言って警察に出頭してきました。

 しかし、警察は連崎を逮捕することができませんでした。念を送って人を殺すことなど不可能だからです。

 そこで湯川が登場するわけですが、連崎が使ったトリックとは…。

 謎を解くことだけが探偵の仕事ではないと思える物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』は全7編の短編で構成されています。

 ここで、他の6篇について簡単に紹介しておくと、

・幻聴に悩まされていた人たちが自殺や傷害事件を起こす
・山奥の別荘地で有名な作曲家の夫婦が殺害される
・舞台女優が演出家の遺体に偽装工作を行う
・鞄の中身を透視することができるホステスが殺害される
・球団から戦力外通告を受けていた野球選手の妻が殺害される
・双子の妹がテレパシーで姉が男性に襲われる姿を目撃したと主張する

 です。これまでのガリレオシリーズの短編集に比べると謎解きよりも、人間ドラマに焦点が当てられているので、謎を解くことだけが探偵の仕事ではないと思えてきます。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、殺された妻のメッセージを読み解いて残された夫を励ましたり、偽装工作をする女性を庇うなど、これまでとは一味違う湯川准教の優しさが垣間見れるんですよね。

 それだけでなく…。

 他人を思いやる湯川准教授に胸が熱くなる物語

 草薙の同期で、彼に嫉妬していた刑事にまでこんなことを言います。

「現象を分析するには、すべての可能性を探る必要がある。つまり誰かがアイデアを出した場合には、とりあえずそれを尊重しなければならない。検証することもなく、ただ自分の考えや感覚と合わないからという理由だけで人の意見を却下するのは、向上心のない怠け者のやることだ」
「人の意見に耳を傾け、自分のやり方や考え方を常にチェックし続けるのは、肉体的にも精神的にも負担が大きい。それに比べて、他人の意見には耳を貸さず、自分の考えに固執しているのは楽だ。そして楽なことを求めるのは怠け者だ。違いますか」

 これまで他人と距離をとってきた湯川とは思えない発言に胸が熱くなります。

 このように、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』は、謎を解くことだけが探偵の仕事ではないと思えるだけでなく、

 ミステリーとしても、ガリレオシリーズの続編としても、湯川の優しさに胸が熱くなる物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

米澤穂信『ふたりの距離の概算』は友達との距離感を大切にしたくなる物語

 友達との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというとお節介焼きですが、友達とは適度な距離感を取るようにしています。しかし、米澤穂信さんの小説『ふたりの距離の概算』に出てくる、ある人物は違いました。  友達と適度 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は今でも魔女狩りが続いていることに気づかせてくれる物語

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩りをご存じですか。  私は過去の出来事として知っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を読んで、今でも魔女狩りが続いていることに気づきました。  いつか自分もその対 …

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』は結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 結果ばかり追い求めていませんか?  私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。  「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わ …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …