webstation plus

room_01

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

 たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみよう。家事が苦手な人のキッチンを覗いてみると、食器や調理器具、調味料など多くのモノが溢れかえっている。一見、片付いているようにみえても、冷蔵庫や戸棚、引き出しの中はゴチャゴチャしているはずだ。

 それは、必要以上のモノをもっているからだが、実は「モノを置いておく」だけでもコストが発生している。なぜなら、モノが溢れている人ほど「今よりも多くのスペース」を欲しがるからだ。こういう人が家を買おうとするとどうなるのか。必要以上に広い家を買い求めるだろう。これが「スペースのムダ」だ。

 もちろん、それだけではない。モノが溢れかえっているから、本当に必要なモノを探し出すのに時間がかかる。これが「時間のムダ」。

 さらに、何をどれだけ持っているかを正確に把握できていないので、すでに持っているモノまで買ってしまう。冷蔵庫の中にお味噌やチョコレート、チーズがあってもさらに買い足してしまうので、どんどん賞味期限切れのモノが冷蔵庫に眠ることになる。これが「間違えるムダ」だ。

 そして最後に「とりに行くムダ」。これは、「いつも使うモノ」と「たまにしか使わないモノ」がごちゃ混ぜになっているので、よく使うモノが手の届きにくい場所に置いてあったりする。だから、それを取るだけで一苦労。これが「とりに行くムダ」だ。

 では、どうすればこういったムダがなくせるのだろうか。結論からいえば、「5S」を実践することだ。

  1. 整理=「いらないモノ」は捨てる。
  2. 整頓=「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする。
  3. 清掃=キレイにそうじする。
  4. 清潔=整理・整頓・清掃の状態を維持する。
  5. しつけ=整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる。

 なかでも特に大切なのが「整理・整頓」。「整理・整頓」と聞くと、「キレイにそろえること」だと勘違いしている人もいるだろうが、そうではない。「いらないモノ」は捨て、「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにすることである。

 では、具体的にはどうすればいいのか。まずは、捨てる「判断基準」をもとう。たとえば、トヨタでは「時間」を判断基準にしている。

  • いま使うモノ
  • いつか使うモノ
  • いつまでたっても使わないモノ

 「いま使うモノ」は残すモノ。「いつまでたっても使わないモノ」は捨てるモノだ。では、「いつか使うモノ」はどうすればいいのか。

 「いつか」に1週間や1か月といった期限を設けてみよう。その期限を過ぎても使っていなければ「いつまでたっても使わないモノ」として処分するのである。そうすれば、すべてのモノが「いるモノ」と「いらないモノ」に分類できる。

 「いるモノ」と「いらないモノ」に分けられたら、次は、使う頻度でモノを分けよう。使う頻度の高いモノほど手元に置くようにする。

  • 毎日使う
  • 2~3日おきに使う
  • 1週間おきに使う

 ただし、実際にモノを配置するときには、「三定(定位置、定品、定量)」を意識しよう。「三定」とは:

  1. 定位置:モノをどこに置くか
  2. 定品:どんなモノを置くか
  3. 定量:どれくらいの数のモノを置くか

 たとえば、「机の引き出し(定位置)に、はさみ(定品)を1本(定量)入れておく」というように考える。そうすれば、必要なモノが必要なときにすぐに取り出せるようになるだろう。

 さて、今回紹介した作業を定期的に実践するようにしていけば、自然に片づけができるようになる。そうすれば、ムダが減り、時間やお金がいつの間にか貯まっているはずだ。「片づけ」とはそれほど大切な行為である。ぜひ、お試しあれ。

 関連記事

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、 …