webstation plus

room_01

 片付けをしていますか?

 私はどちらかと言えばキレイ好きなので、できるだけ片付けをするようにしていますが、もし、あまり片付けをしていないようなら損をしているかもしれません。

 なぜなら、多くの無駄が発生しているからです。その無駄とは…。

 片付けをしないと「4つの無駄」が発生する

 次の4つの無駄が発生します。

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

 たとえば、家事が苦手な人のケースで考えてみましょう。

1. スペースのムダ

 家事が苦手な人のキッチンを覗いてみると、食器や調理器具、調味料といった多くのモノで溢れかえっています。一見、片づいているようにみえても、冷蔵庫や戸棚、引き出しの中はゴチャゴチャしているはずです。

 それは、必要以上に多くのモノをもっているからですが、実は「モノを置いておく」だけでもコストが発生しています。スペースにも費用が発生しているんですよね。

 実際、部屋のひとつを収納スペースとして使っている人も多いでしょう。しかし、そのスペースを減らすことができれば、家を購入する場合でも、賃貸でも金額が大きく変わりますよね。

 これが「スペースのムダ」です。

2. 時間のムダ

 もちろん、それだけではありません。モノで溢れかえっているため、本当に必要なモノを探し出すのに時間がかかります。これが「時間のムダ」です。

3. 間違えるムダ

 さらに、何をどれだけ持っているかを正確に把握できていないので、すでに持っているものを再び購入することさえあります。

 冷蔵庫の中にチョコレートやヨーグルト、牛乳があるのに、さらに買い足してしまったり、消費期限切れになっているモノが奥の方に眠っていたりします。

 これが「間違えるムダ」です。

4. とりに行くムダ

 そして最後は「とりに行くムダ」です。これは、「いつも使うモノ」と「たまにしか使わないモノ」がごちゃ混ぜになっているので、よく使うモノが手の届きにくい場所に置かれていたりします。

 そのため、必要なモノを取りに行くのも一苦労なんですよね。これが「とりに行くムダ」です。

 では、どうすれば、この4つのムダを減らせるのでしょうか。

 「5S」でムダは減らせる

 それは「5S」を実践することです。ここで改めて「5S」を紹介すると、

  1. 整理:「いらないモノ」は捨てる
  2. 整頓:「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする
  3. 清掃:キレイに掃除する
  4. 清潔:整理・整頓・清掃の状態を維持する
  5. しつけ:整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる

 なかでも特に大切なのが「整理・整頓」です。

 「整理・整頓」と聞くと、「モノをキレイにそろえること」だと勘違いしがちですが、実は「いらないモノ」は捨て、「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにすることです。

 これを実現するには、「捨てる判断基準」を持つことからはじめます。トヨタでは「時間」を判断基準にしているそうです。

  • いま使うモノ
  • いつか使うモノ
  • いつまでたっても使わないモノ

 「いま使うモノ」は必要なモノで、「いつまでたっても使わないモノ」は今すぐ捨てるモノです。

 では、「いつか使うモノ」はどうするかと言うと、「いつか」に1週間や1カ月といった期限を設定します。その期限を過ぎても使わなければ捨てます。

 そうすれば、必要なモノだけが手元に残せますよね。

 こうして必要なモノだけを残した後は、使う頻度でモノを分けます。使う頻度の高いモノほど手元に置くようにします。

 このとき、以下に示す「三定(定位置、定品、定量)」を意識すれば、必要なモノが必要なときに取り出しやすくなりますよ。

  1. 定位置:モノをどこに置くか
  2. 定品:どんなモノを置くか
  3. 定量:どれくらいの数のモノを置くか

 ぜひ、実践してみてください。

 ◆

 実は私たちの行動には、多くのムダがあります。普段の何気ない行動に含まれているので、意識しないと気づきませんが、片付けが習慣化できれば、多くのムダが減り、想像以上に時間やお金が貯まります。

 実際に試してみると、その時間とお金に驚くことになるかもしれません。

 私のケースで言えば、引っ越しをするときに業者に頼む必要がなくなるほどモノが減らせました。

 もちろん、今回紹介した方法をすべて実践するのは難しいかもしれませんが、出来るところからでも試してみてはどうでしょうか。

 関連記事

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  などなど、今すぐ実現してほしいことが山ほど浮かんできます。 …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …

ハードワークとはがむしゃらに努力することじゃない/勝利の法則で結果を出そう

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。  しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。  では、本当のハ …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。  思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。  もちろん、百 …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …