整理・整頓で時間とお金が貯まる!?徹底的に無駄を減らす片付け法

ライフハック

room_01

 片付けをしていますか?

 私はどちらかと言えばキレイ好きなので、できるだけ片付けをするようにしていますが、もし、あまり片付けをしていないようなら損をしているかもしれません。

 なぜなら、多くの無駄が発生しているからです。その無駄とは…。




スポンサーリンク

 片付けをしないと「4つの無駄」が発生する

 次の4つの無駄が発生します。

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

 たとえば、家事が苦手な人のケースで考えてみましょう。

1. スペースのムダ

 家事が苦手な人のキッチンを覗いてみると、食器や調理器具、調味料といった多くのモノで溢れかえっています。一見、片づいているようにみえても、冷蔵庫や戸棚、引き出しの中はゴチャゴチャしているはずです。

 それは、必要以上に多くのモノをもっているからですが、実は「モノを置いておく」だけでもコストが発生しています。スペースにも費用が発生しているんですよね。

 実際、部屋のひとつを収納スペースとして使っている人も多いでしょう。しかし、そのスペースを減らすことができれば、家を購入する場合でも、賃貸でも金額が大きく変わりますよね。

 これが「スペースのムダ」です。

2. 時間のムダ

 もちろん、それだけではありません。モノで溢れかえっているため、本当に必要なモノを探し出すのに時間がかかります。これが「時間のムダ」です。

3. 間違えるムダ

 さらに、何をどれだけ持っているかを正確に把握できていないので、すでに持っているものを再び購入することさえあります。

 冷蔵庫の中にチョコレートやヨーグルト、牛乳があるのに、さらに買い足してしまったり、消費期限切れになっているモノが奥の方に眠っていたりします。

 これが「間違えるムダ」です。

4. とりに行くムダ

 そして最後は「とりに行くムダ」です。これは、「いつも使うモノ」と「たまにしか使わないモノ」がごちゃ混ぜになっているので、よく使うモノが手の届きにくい場所に置かれていたりします。

 そのため、必要なモノを取りに行くのも一苦労なんですよね。これが「とりに行くムダ」です。

 では、どうすれば、この4つのムダを減らせるのでしょうか。

スポンサーリンク

 「5S」でムダは減らせる

 それは「5S」を実践することです。ここで改めて「5S」を紹介すると、

  1. 整理:「いらないモノ」は捨てる
  2. 整頓:「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする
  3. 清掃:キレイに掃除する
  4. 清潔:整理・整頓・清掃の状態を維持する
  5. しつけ:整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる

 なかでも特に大切なのが「整理・整頓」です。

 「整理・整頓」と聞くと、「モノをキレイにそろえること」だと勘違いしがちですが、実は「いらないモノ」は捨て、「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにすることです。

 これを実現するには、「捨てる判断基準」を持つことからはじめます。トヨタでは「時間」を判断基準にしているそうです。

  • いま使うモノ
  • いつか使うモノ
  • いつまでたっても使わないモノ

 「いま使うモノ」は必要なモノで、「いつまでたっても使わないモノ」は今すぐ捨てるモノです。

 では、「いつか使うモノ」はどうするかと言うと、「いつか」に1週間や1カ月といった期限を設定します。その期限を過ぎても使わなければ捨てます。

 そうすれば、必要なモノだけが手元に残せますよね。

 こうして必要なモノだけを残した後は、使う頻度でモノを分けます。使う頻度の高いモノほど手元に置くようにします。

 このとき、以下に示す「三定(定位置、定品、定量)」を意識すれば、必要なモノが必要なときに取り出しやすくなりますよ。

  1. 定位置:モノをどこに置くか
  2. 定品:どんなモノを置くか
  3. 定量:どれくらいの数のモノを置くか

 ぜひ、実践してみてください。

 ◆

 実は私たちの行動には、多くのムダがあります。普段の何気ない行動に含まれているので、意識しないと気づきませんが、片付けが習慣化できれば、多くのムダが減り、想像以上に時間やお金が貯まります。

 実際に試してみると、その時間とお金に驚くことになるかもしれません。

 私のケースで言えば、引っ越しをするときに業者に頼む必要がなくなるほどモノが減らせました。

 もちろん、今回紹介した方法をすべて実践するのは難しいかもしれませんが、出来るところからでも試してみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました