webstation plus

room_01

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

 たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみよう。家事が苦手な人のキッチンを覗いてみると、食器や調理器具、調味料など多くのモノが溢れかえっている。一見、片付いているようにみえても、冷蔵庫や戸棚、引き出しの中はゴチャゴチャしているはずだ。

 それは、必要以上のモノをもっているからだが、実は「モノを置いておく」だけでもコストが発生している。なぜなら、モノが溢れている人ほど「今よりも多くのスペース」を欲しがるからだ。こういう人が家を買おうとするとどうなるのか。必要以上に広い家を買い求めるだろう。これが「スペースのムダ」だ。

 もちろん、それだけではない。モノが溢れかえっているから、本当に必要なモノを探し出すのに時間がかかる。これが「時間のムダ」。

 さらに、何をどれだけ持っているかを正確に把握できていないので、すでに持っているモノまで買ってしまう。冷蔵庫の中にお味噌やチョコレート、チーズがあってもさらに買い足してしまうので、どんどん賞味期限切れのモノが冷蔵庫に眠ることになる。これが「間違えるムダ」だ。

 そして最後に「とりに行くムダ」。これは、「いつも使うモノ」と「たまにしか使わないモノ」がごちゃ混ぜになっているので、よく使うモノが手の届きにくい場所に置いてあったりする。だから、それを取るだけで一苦労。これが「とりに行くムダ」だ。

 では、どうすればこういったムダがなくせるのだろうか。結論からいえば、「5S」を実践することだ。

  1. 整理=「いらないモノ」は捨てる。
  2. 整頓=「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする。
  3. 清掃=キレイにそうじする。
  4. 清潔=整理・整頓・清掃の状態を維持する。
  5. しつけ=整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる。

 なかでも特に大切なのが「整理・整頓」。「整理・整頓」と聞くと、「キレイにそろえること」だと勘違いしている人もいるだろうが、そうではない。「いらないモノ」は捨て、「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにすることである。

 では、具体的にはどうすればいいのか。まずは、捨てる「判断基準」をもとう。たとえば、トヨタでは「時間」を判断基準にしている。

  • いま使うモノ
  • いつか使うモノ
  • いつまでたっても使わないモノ

 「いま使うモノ」は残すモノ。「いつまでたっても使わないモノ」は捨てるモノだ。では、「いつか使うモノ」はどうすればいいのか。

 「いつか」に1週間や1か月といった期限を設けてみよう。その期限を過ぎても使っていなければ「いつまでたっても使わないモノ」として処分するのである。そうすれば、すべてのモノが「いるモノ」と「いらないモノ」に分類できる。

 「いるモノ」と「いらないモノ」に分けられたら、次は、使う頻度でモノを分けよう。使う頻度の高いモノほど手元に置くようにする。

  • 毎日使う
  • 2~3日おきに使う
  • 1週間おきに使う

 ただし、実際にモノを配置するときには、「三定(定位置、定品、定量)」を意識しよう。「三定」とは:

  1. 定位置:モノをどこに置くか
  2. 定品:どんなモノを置くか
  3. 定量:どれくらいの数のモノを置くか

 たとえば、「机の引き出し(定位置)に、はさみ(定品)を1本(定量)入れておく」というように考える。そうすれば、必要なモノが必要なときにすぐに取り出せるようになるだろう。

 さて、今回紹介した作業を定期的に実践するようにしていけば、自然に片づけができるようになる。そうすれば、ムダが減り、時間やお金がいつの間にか貯まっているはずだ。「片づけ」とはそれほど大切な行為である。ぜひ、お試しあれ。

 関連記事

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …