webstation plus

room_01

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

 たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみよう。家事が苦手な人のキッチンを覗いてみると、食器や調理器具、調味料など多くのモノが溢れかえっている。一見、片付いているようにみえても、冷蔵庫や戸棚、引き出しの中はゴチャゴチャしているはずだ。

 それは、必要以上のモノをもっているからだが、実は「モノを置いておく」だけでもコストが発生している。なぜなら、モノが溢れている人ほど「今よりも多くのスペース」を欲しがるからだ。こういう人が家を買おうとするとどうなるのか。必要以上に広い家を買い求めるだろう。これが「スペースのムダ」だ。

 もちろん、それだけではない。モノが溢れかえっているから、本当に必要なモノを探し出すのに時間がかかる。これが「時間のムダ」。

 さらに、何をどれだけ持っているかを正確に把握できていないので、すでに持っているモノまで買ってしまう。冷蔵庫の中にお味噌やチョコレート、チーズがあってもさらに買い足してしまうので、どんどん賞味期限切れのモノが冷蔵庫に眠ることになる。これが「間違えるムダ」だ。

 そして最後に「とりに行くムダ」。これは、「いつも使うモノ」と「たまにしか使わないモノ」がごちゃ混ぜになっているので、よく使うモノが手の届きにくい場所に置いてあったりする。だから、それを取るだけで一苦労。これが「とりに行くムダ」だ。

 では、どうすればこういったムダがなくせるのだろうか。結論からいえば、「5S」を実践することだ。

  1. 整理=「いらないモノ」は捨てる。
  2. 整頓=「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする。
  3. 清掃=キレイにそうじする。
  4. 清潔=整理・整頓・清掃の状態を維持する。
  5. しつけ=整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる。

 なかでも特に大切なのが「整理・整頓」。「整理・整頓」と聞くと、「キレイにそろえること」だと勘違いしている人もいるだろうが、そうではない。「いらないモノ」は捨て、「必要なモノ」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにすることである。

 では、具体的にはどうすればいいのか。まずは、捨てる「判断基準」をもとう。たとえば、トヨタでは「時間」を判断基準にしている。

  • いま使うモノ
  • いつか使うモノ
  • いつまでたっても使わないモノ

 「いま使うモノ」は残すモノ。「いつまでたっても使わないモノ」は捨てるモノだ。では、「いつか使うモノ」はどうすればいいのか。

 「いつか」に1週間や1か月といった期限を設けてみよう。その期限を過ぎても使っていなければ「いつまでたっても使わないモノ」として処分するのである。そうすれば、すべてのモノが「いるモノ」と「いらないモノ」に分類できる。

 「いるモノ」と「いらないモノ」に分けられたら、次は、使う頻度でモノを分けよう。使う頻度の高いモノほど手元に置くようにする。

  • 毎日使う
  • 2~3日おきに使う
  • 1週間おきに使う

 ただし、実際にモノを配置するときには、「三定(定位置、定品、定量)」を意識しよう。「三定」とは:

  1. 定位置:モノをどこに置くか
  2. 定品:どんなモノを置くか
  3. 定量:どれくらいの数のモノを置くか

 たとえば、「机の引き出し(定位置)に、はさみ(定品)を1本(定量)入れておく」というように考える。そうすれば、必要なモノが必要なときにすぐに取り出せるようになるだろう。

 さて、今回紹介した作業を定期的に実践するようにしていけば、自然に片づけができるようになる。そうすれば、ムダが減り、時間やお金がいつの間にか貯まっているはずだ。「片づけ」とはそれほど大切な行為である。ぜひ、お試しあれ。

 関連記事

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

今日の運勢よりもよく当たる!?「あなたの決断」は10秒前に決まっていた

 今日の運勢を気にしている人って多いですよね。  私はどちらかと言えば、気にしていない方ですが、それでも良い運勢だと言われると悪い気はしません。  とはいえ、今日の運勢は当たることもあれば外れることもあります。私たちの決 …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

「人を騙すことはできても自分は騙せない」は嘘!?ありのままの自分を受け入れる方法

 ありのままの自分を受け入れていますか?  「もちろん受け入れている!」と答える人も多いでしょう。しかし、実は多くの人が実力以上に自分を評価したり、正当化したり、誤魔化したりして、自分を騙しています。  なぜ、自分を騙す …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

失敗図鑑を読めばわかる!?失敗から成功を生み出せる人の特徴

 「失敗を恐れずに挑戦しよう!」ってよく言われますよね。  しかし、どれだけ失敗を繰り返しても成功にたどり着けない人がいます。反対に、どん底に落ちるような失敗をしても這い上がってくる人がいます。  この差は一体なんでしょ …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …