webstation plus

room_02

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。

 アメリカのビジネス雑誌「Fastcompany」に掲載された研究によると、人は一度作業を中断すると、再び同じ作業に戻るまで平均23分15秒かかることがわかった。たった4回作業を中断するだけで1時間もムダになってしまうのだ。

 では、どうすればいいのか。他人に声をかけられるなどして作業を中断するのは仕方がないとしても、私たち自身が原因で作業を中断することは防げるはずだ。その代表的な中断要因が「探し物」である。

 なぜなら、必要なモノがすぐにみつからなければ、「モノを探す」といった時間のムダが発生するからだ。では、どうすれば「必要なモノがすぐに取り出せる」ようになるのだろうか。その方法は次の2つ。

  1. 同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  2. 出しやすく置く

 たとえば、文房具の場合。まずは、文房具を一箇所に集め、「書く」「切る」「貼る」「消す」といった動作別に分類してみよう。エンピツなら「書く」、はさみなら「切る」、のりなら「貼る」、消しゴムなら「消す」というように分類するのである。

 しかし、実際にやってみると、量もバラバラで動作の種類も多く、思うようにいかないかもしれない。たとえば、付箋、ホッチキス、クリップはどこに分類するの?――というように。そんなときは、「自分にとっての種類」でまとめなおすのだ。

分けた:「書く(黒)の」量が多いので「書く(黒)」「書く(色、黒以外)」に分けた。
まとめた:「切る・消す」と「貼る」の量が少ないのでひとつにまとめた。
強引にまとめた:「仮どめする・はさむ」(付箋、ホッチキス、クリップ、ピンセット…)など余ったものを強引にまとめた。

 自分なりに文房具をまとめたのなら、次はよく使う順に引き出しの上から配置していこう。たとえば、「書く」は上の段に、「仮どめする・はさむ」は下の段に――というように。これで文房具の片付けは終わりだ。

 たとえば、押入れの場合。こちらも、まずは押入れのモノを全部出して一ヶ所に集めよう。ただし、押し入れの場合は、「分類」よりも「いかに出しやすく置くべきか」を重点的に考える。当たり前のことだが、手前にモノを置く場合と後ろに置く場合とでは、使い勝手が大きく変わるからだ。

 具体的には、下図のように考えてみてはどうだろうか。

oshiire_01

①:ここに多くのモノを置くのはあきらめる
②:服を出しやすく入れる(引き出し)
③:服をかけたりする
④:ここを手前と同じように使うことはあきらめる。
 ⇒普段使わないけれど保存するモノを入れる「倉庫」にする
⑤:季節の家電などを入れておく

 あとは、それぞれを出しやすく置くように心がけよう。さて、今回紹介した内容をまとめると:

①同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  • 自分にとっての「同じ種類」でいい
  • あまり細かく分けなくていい
②出しやすく置く
  • 覚えやすい置き方=出しやすい置き方
  • よく使うものに思いっきりイイ場所を与える

 この片づけ術が習慣になれば、探し物による中断は少なくなるだろう。そうすれば、自分の時間が劇的に増えるはず。ぜひ、今回紹介した片づけ法を実践して、自分にとって有意義な時間が増やせるようにしていこう。

 関連記事

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりするのは、信じているものが間違っているからだとし …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

人間関係の悩みはすべて自分に原因があった

 『図書館内乱』の感想にも書きましたが、人間関係って難しいですよね。  しかも、人間関係の悩みのほとんどは他人に原因があると考えがちですが、『自分の小さな箱から脱出する方法』によると、実は自分にあるそうです。  「そんな …

幸せになりたいなら今すぐやるべき3つのこと

(※『四つ話のクローバー』表紙より)  幸せになりたいと思っていませんか?  しかし、どれだけ幸せになりたいと願っても、今のままでは幸せになれません。幸せになれる人は、今この瞬間も幸せを感じているからです。  では、どう …

まずは基本に忠実に!考える練習をしよう

 この前のエントリで「考える力」は3つに分解できると書きました。しかし、何事も基本が大切ですよね。野球や剣道をする人にとって素振りが大切なように、考える力をつけるにも基本が大切です。まずは基本に忠実に。  基本 …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

失敗から成功を生み出すために偉人たちがやってきた3つのこと

(※『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』表紙より)  失敗していますか?  エジソンは失敗王と呼ばれるほど数多くの失敗をしてきたそうですが、彼に限らず多くの偉人たちは失敗を乗り越えて成功にたどり着いています。  つまり …

「これからの世界をつくる人」と「コンピュータに使われる人」

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。  それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いた …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …