webstation plus

room_02

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。

 アメリカのビジネス雑誌「Fastcompany」に掲載された研究によると、人は一度作業を中断すると、再び同じ作業に戻るまで平均23分15秒かかることがわかった。たった4回作業を中断するだけで1時間もムダになってしまうのだ。

 では、どうすればいいのか。他人に声をかけられるなどして作業を中断するのは仕方がないとしても、私たち自身が原因で作業を中断することは防げるはずだ。その代表的な中断要因が「探し物」である。

 なぜなら、必要なモノがすぐにみつからなければ、「モノを探す」といった時間のムダが発生するからだ。では、どうすれば「必要なモノがすぐに取り出せる」ようになるのだろうか。その方法は次の2つ。

  1. 同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  2. 出しやすく置く

 たとえば、文房具の場合。まずは、文房具を一箇所に集め、「書く」「切る」「貼る」「消す」といった動作別に分類してみよう。エンピツなら「書く」、はさみなら「切る」、のりなら「貼る」、消しゴムなら「消す」というように分類するのである。

 しかし、実際にやってみると、量もバラバラで動作の種類も多く、思うようにいかないかもしれない。たとえば、付箋、ホッチキス、クリップはどこに分類するの?――というように。そんなときは、「自分にとっての種類」でまとめなおすのだ。

分けた:「書く(黒)の」量が多いので「書く(黒)」「書く(色、黒以外)」に分けた。
まとめた:「切る・消す」と「貼る」の量が少ないのでひとつにまとめた。
強引にまとめた:「仮どめする・はさむ」(付箋、ホッチキス、クリップ、ピンセット…)など余ったものを強引にまとめた。

 自分なりに文房具をまとめたのなら、次はよく使う順に引き出しの上から配置していこう。たとえば、「書く」は上の段に、「仮どめする・はさむ」は下の段に――というように。これで文房具の片付けは終わりだ。

 たとえば、押入れの場合。こちらも、まずは押入れのモノを全部出して一ヶ所に集めよう。ただし、押し入れの場合は、「分類」よりも「いかに出しやすく置くべきか」を重点的に考える。当たり前のことだが、手前にモノを置く場合と後ろに置く場合とでは、使い勝手が大きく変わるからだ。

 具体的には、下図のように考えてみてはどうだろうか。

oshiire_01

①:ここに多くのモノを置くのはあきらめる
②:服を出しやすく入れる(引き出し)
③:服をかけたりする
④:ここを手前と同じように使うことはあきらめる。
 ⇒普段使わないけれど保存するモノを入れる「倉庫」にする
⑤:季節の家電などを入れておく

 あとは、それぞれを出しやすく置くように心がけよう。さて、今回紹介した内容をまとめると:

①同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  • 自分にとっての「同じ種類」でいい
  • あまり細かく分けなくていい
②出しやすく置く
  • 覚えやすい置き方=出しやすい置き方
  • よく使うものに思いっきりイイ場所を与える

 この片づけ術が習慣になれば、探し物による中断は少なくなるだろう。そうすれば、自分の時間が劇的に増えるはず。ぜひ、今回紹介した片づけ法を実践して、自分にとって有意義な時間が増やせるようにしていこう。

 関連記事

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …