ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

ライフハック

room_02

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。

 アメリカのビジネス雑誌「Fastcompany」に掲載された研究によると、人は一度作業を中断すると、再び同じ作業に戻るまで平均23分15秒かかることがわかった。たった4回作業を中断するだけで1時間もムダになってしまうのだ。

 では、どうすればいいのか。他人に声をかけられるなどして作業を中断するのは仕方がないとしても、私たち自身が原因で作業を中断することは防げるはずだ。その代表的な中断要因が「探し物」である。

 なぜなら、必要なモノがすぐにみつからなければ、「モノを探す」といった時間のムダが発生するからだ。では、どうすれば「必要なモノがすぐに取り出せる」ようになるのだろうか。その方法は次の2つ。

  1. 同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  2. 出しやすく置く

 たとえば、文房具の場合。まずは、文房具を一箇所に集め、「書く」「切る」「貼る」「消す」といった動作別に分類してみよう。エンピツなら「書く」、はさみなら「切る」、のりなら「貼る」、消しゴムなら「消す」というように分類するのである。

 しかし、実際にやってみると、量もバラバラで動作の種類も多く、思うようにいかないかもしれない。たとえば、付箋、ホッチキス、クリップはどこに分類するの?――というように。そんなときは、「自分にとっての種類」でまとめなおすのだ。

分けた:「書く(黒)の」量が多いので「書く(黒)」「書く(色、黒以外)」に分けた。
まとめた:「切る・消す」と「貼る」の量が少ないのでひとつにまとめた。
強引にまとめた:「仮どめする・はさむ」(付箋、ホッチキス、クリップ、ピンセット…)など余ったものを強引にまとめた。

 自分なりに文房具をまとめたのなら、次はよく使う順に引き出しの上から配置していこう。たとえば、「書く」は上の段に、「仮どめする・はさむ」は下の段に――というように。これで文房具の片付けは終わりだ。

 たとえば、押入れの場合。こちらも、まずは押入れのモノを全部出して一ヶ所に集めよう。ただし、押し入れの場合は、「分類」よりも「いかに出しやすく置くべきか」を重点的に考える。当たり前のことだが、手前にモノを置く場合と後ろに置く場合とでは、使い勝手が大きく変わるからだ。

 具体的には、下図のように考えてみてはどうだろうか。

oshiire_01

①:ここに多くのモノを置くのはあきらめる
②:服を出しやすく入れる(引き出し)
③:服をかけたりする
④:ここを手前と同じように使うことはあきらめる。
 ⇒普段使わないけれど保存するモノを入れる「倉庫」にする
⑤:季節の家電などを入れておく

 あとは、それぞれを出しやすく置くように心がけよう。さて、今回紹介した内容をまとめると:

①同じ種類のものは1ヶ所にまとめる

  • 自分にとっての「同じ種類」でいい
  • あまり細かく分けなくていい

②出しやすく置く

  • 覚えやすい置き方=出しやすい置き方
  • よく使うものに思いっきりイイ場所を与える

 この片づけ術が習慣になれば、探し物による中断は少なくなるだろう。そうすれば、自分の時間が劇的に増えるはず。ぜひ、今回紹介した片づけ法を実践して、自分にとって有意義な時間が増やせるようにしていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました