webstation plus

room_02

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。

 アメリカのビジネス雑誌「Fastcompany」に掲載された研究によると、人は一度作業を中断すると、再び同じ作業に戻るまで平均23分15秒かかることがわかった。たった4回作業を中断するだけで1時間もムダになってしまうのだ。

 では、どうすればいいのか。他人に声をかけられるなどして作業を中断するのは仕方がないとしても、私たち自身が原因で作業を中断することは防げるはずだ。その代表的な中断要因が「探し物」である。

 なぜなら、必要なモノがすぐにみつからなければ、「モノを探す」といった時間のムダが発生するからだ。では、どうすれば「必要なモノがすぐに取り出せる」ようになるのだろうか。その方法は次の2つ。

  1. 同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  2. 出しやすく置く

 たとえば、文房具の場合。まずは、文房具を一箇所に集め、「書く」「切る」「貼る」「消す」といった動作別に分類してみよう。エンピツなら「書く」、はさみなら「切る」、のりなら「貼る」、消しゴムなら「消す」というように分類するのである。

 しかし、実際にやってみると、量もバラバラで動作の種類も多く、思うようにいかないかもしれない。たとえば、付箋、ホッチキス、クリップはどこに分類するの?――というように。そんなときは、「自分にとっての種類」でまとめなおすのだ。

分けた:「書く(黒)の」量が多いので「書く(黒)」「書く(色、黒以外)」に分けた。
まとめた:「切る・消す」と「貼る」の量が少ないのでひとつにまとめた。
強引にまとめた:「仮どめする・はさむ」(付箋、ホッチキス、クリップ、ピンセット…)など余ったものを強引にまとめた。

 自分なりに文房具をまとめたのなら、次はよく使う順に引き出しの上から配置していこう。たとえば、「書く」は上の段に、「仮どめする・はさむ」は下の段に――というように。これで文房具の片付けは終わりだ。

 たとえば、押入れの場合。こちらも、まずは押入れのモノを全部出して一ヶ所に集めよう。ただし、押し入れの場合は、「分類」よりも「いかに出しやすく置くべきか」を重点的に考える。当たり前のことだが、手前にモノを置く場合と後ろに置く場合とでは、使い勝手が大きく変わるからだ。

 具体的には、下図のように考えてみてはどうだろうか。

oshiire_01

①:ここに多くのモノを置くのはあきらめる
②:服を出しやすく入れる(引き出し)
③:服をかけたりする
④:ここを手前と同じように使うことはあきらめる。
 ⇒普段使わないけれど保存するモノを入れる「倉庫」にする
⑤:季節の家電などを入れておく

 あとは、それぞれを出しやすく置くように心がけよう。さて、今回紹介した内容をまとめると:

①同じ種類のものは1ヶ所にまとめる
  • 自分にとっての「同じ種類」でいい
  • あまり細かく分けなくていい
②出しやすく置く
  • 覚えやすい置き方=出しやすい置き方
  • よく使うものに思いっきりイイ場所を与える

 この片づけ術が習慣になれば、探し物による中断は少なくなるだろう。そうすれば、自分の時間が劇的に増えるはず。ぜひ、今回紹介した片づけ法を実践して、自分にとって有意義な時間が増やせるようにしていこう。

 関連記事

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …