webstation plus

 サンタクロースを信じていますか?

 私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。

 しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみたくなったんですよね。

 大人にも子どもにも読んで欲しい絵本です。

 人の底意地の悪さばかりを見てきた探偵が主人公の物語

 物語の主人公はカールという探偵。彼はクリスマスにもかかわらず、ある男の浮気調査をしていました。

 もちろん、今日が特別なわけではありません。普段から夫の浮気や妻の不貞、婚約者の身元、息子の行方など、げんなりするような、現実的な事柄ばかり調査しています。

 それだけでなく、カール自身が人を陥れて食い扶持を稼いだこともありました。

 そんな彼が今回尾行していた男は、尾行されていることにまったく気づかずに浮気相手と思われる投資家の女性の家に入っていきました。

 その姿を見届けたカールは、「今回は簡単な調査だったな」と近くにある公園から最後まで見届けようとベンチに座ったところ…。

 先にベンチに座っていたサンドラと名乗る男性から声をかけられました。

 探偵もサンタクロースを信じていた頃があった

 サンドラはカールが探偵であることを見抜きます。そのことでサンドラに興味を持ったカールは、彼との会話を重ねていくなかで、クリスマスの嫌な思い出を語り始めました。

 カールの家は画材屋でした。家族3人がどうにか暮らしていけるだけの稼ぎはありましたが、父は新しいことが何ひとつない日々に嫌気がさしていました。

 だからこそ、父は普段から機嫌が悪く、他所の女と浮気をしていました。サッカーチームの監督をしているという嘘をついて外出していたのです。

 そんな不機嫌な父と生活をしていたカールが唯一楽しみにしていたのがクリスマスです。年に一回だけ欲しいものがもらえるからです。

 もし、サンタクロースが実在しなければ、父はプレゼントをねだるカールを怒鳴るはずです。しかし、そうはならずにプレゼントが届いていたので、本当にサンタクロースがいると信じていました。

 ところが15歳になったカールは、本当にサンタクロースがいるのか確かめたくなります。そこでカールの家では手が届かないような高価な自転車を頼むことにしました。

 翌朝目を覚ますとその自転車が届いているではありませんか。カールは「サンタクロースはいるんだ」と喜び、手に入れた自転車に乗って街をひとまわりしました。

 しかし、家に帰ってくると母が泣き叫んでいました。「なぜ指輪を売ったの!」と父を責めていたのです。

 そのことを知ったカールはすべてが嫌になって家を出ることにしました。そして、探偵になって今に至るのですが、その話を聞いたサンドラは…。

 視点を変えれば世界が変わる

 実は父がサンタクロースだったのでは?と推理します。

 浮気を疑うことになった女性の毛はトナカイのもので、サッカーチームの監督というのは、実はトナカイの飼育だったとしたら?

 さらに、指輪を売ったのも自転車を買うためではなく、その指輪を欲しがっている子供がいたとしたら?とこじつけを言うんですよね。

 もちろん、カールは冗談として受け止めていましたが、この後に続く彼の言葉を聞いて信じてみたくなりました。その言葉とは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読めば、視点を変えれば世界がガラリと変わることがわかります。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

東野圭吾『ガリレオの苦悩』は他人頼みではなく自分から動き出そうと思える物語

 仕事でもプライベートでも趣味でも、何かアクションを起こすのは他人に促されてからになっていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』を読んで、できるだけ自分から動き出 …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じられないんですよね。  しかし、小川糸さ …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …