webstation plus

(※『ちんぷんかん』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。

 しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。

 なかでも、桜の花びらの妖との出会いと別れは、生死について考えたくなる物語。私たちは終わりがあるから面白く生きられるのかも…と考えさせられるお話です。

 そこで今回は『ちんぷんかん』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、なぜ終わりがある方が面白いのか?を考えてみたいと思います。

 『ちんぷんかん』のあらすじ(『鬼と小鬼』)

 ついに若だんなが三途の川に!?

 近所で火事がおき、煙を吸いすぎた若だんなは、気がつくと三途の川にいました。

 ここでは、親より先に死んだ子どもたちが、供養のために小石を積んでいました。親より先に死んだ罰を少しでも軽くするために、供養のための塔を作っていたのです。

 しかし、塔を作ろうとすると鬼がやってきて蹴散らします。若だんなも塔を作ろうとしますが、鬼に蹴散らされることに。

 さらに、若だんなにはやるべきことがありました。死んでいないのについてきた妖・鳴家とお獅子を現世に返す必要があったのです。

 それを知った子どもたちは――。

 死んでも自分のことばかり考える人たちに心苦しくなる物語です。

 『ちんぷんかん』のおすすめポイント

1. 少し切ない短編ミステリー

 『ちんぷんかん』は全5章で構成された短編集です。どれも切なくなる物語ばかりなんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『男ぶり』『今昔』『はるがいくよ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『男ぶり』

 若だんなの母・おたえの恋物語。

 おたえはとても美しく、多くの縁談がありましたが、すべて断っていました。父が許さなかったからです。

 男前の辰二郎もそのひとり。しかし、彼に好意を寄せていたおたえは、彼の男ぶりを見せつけて結婚を認めさせようとします。

 ちょうどその頃、辰二郎の叔父・水口屋で卵が増えるという不思議な出来事が起こっていました。

 この謎を解いて辰二郎と結婚しようとおたえは必死になりますが――。

 最後は心温まる物語です。

『今昔』

 ついに松之助の縁談が決まる!?

 若だんなの回復を祈って神社に訪れた松之助は、同じく姉の回復を祈る玉乃屋のお咲と出会い、気になる間柄に。

 そこで松之助は玉乃屋の縁談を受けることにしたのですが、縁談相手はお咲ではなく、姉のおくらでした。

 困ったことになった…と悩んでいた松之助に、さらなる悲劇が訪れます。若だんなとおくらが陰陽師に呪い殺されかけたのです。

 これに怒った仁吉と佐吉が陰陽師を捕らえようとしたところ――。

 貧乏神の金次も登場。最後はスッキリする物語です。

『はるがいくよ』

 松之助の結婚祝いを何にしようか考えていた若だんなに、妖たちが次々と贈り物候補を持ってきます。

 掛け軸や着物、草履、春画、茶碗などなど。しかし、その中には見知らぬ赤子の姿がありました。

 その赤子は長崎屋に植えた桜の花びらの妖。彼女の成長は早く、花びらが散る頃には消え去ってしまいます。

 そこで若だんなは、彼女の命を延ばす方法を探しますが、植木職人に聞いても、寛朝御坊に聞いても、そんな方法はないと言われました。

 ところが、仁吉と佐吉から思わぬ提案が。それを聞いた若だんなは――。

 若だんなの決断に切なくなる物語です。

2. 別れをテーマに描いた小説

 『ちんぷんかん』は別れをテーマに描いた小説です。

 兄・松之助は、縁談が決まったので近々長崎屋を出て行くことになり、幼馴染の栄吉は、修行のために他のお店に行くことになりました。

 いつも病弱で行動範囲が狭い若だんなだけが変わらぬまま。

 もちろん若だんなは、松之助や栄吉にとって旅立ちが喜ばしいことだとわかっていますが、それにしても寂しい…。

 若だんなの気持ちが痛いほど伝わってくる物語です。

3. 終わりがあるから面白い!?

 そんな若だんな自身もある決断に迫られます。妖たちとずっと一緒に過ごすか、それとも限られた命を生きるのか。

 その提案を聞いた若だんなの答えは――。

 私たちはどうしても楽しいことが永遠に続けばいいと思ってしまいがちですが、散るからこそ桜の花が美しいように、苦しいからこそ楽しみがあり、終わりがあるからこそ人生も面白いのかもしれませんね。

 毎日を有意義に過ごそうと思える物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。読めばなぜ終わりがある方が面白いのか?を考えたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …