webstation plus

(※『ちんぷんかん』表紙より)


 畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。

 しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。

 なかでも、桜の花びらの妖との出会いと別れは、生死について考えたくなる物語。私たちは終わりがあるから面白く生きられるのかも…と考えさせられるお話です。

 そこで今回は『ちんぷんかん』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、なぜ終わりがある方が面白いのか?を考えてみたいと思います。

 『ちんぷんかん』のあらすじ(『鬼と小鬼』)

 ついに若だんなが三途の川に!?

 近所で火事がおき、煙を吸いすぎた若だんなは、気がつくと三途の川にいました。

 ここでは、親より先に死んだ子どもたちが、供養のために小石を積んでいました。親より先に死んだ罰を少しでも軽くするために、供養のための塔を作っていたのです。

 しかし、塔を作ろうとすると鬼がやってきて蹴散らします。若だんなも塔を作ろうとしますが、鬼に蹴散らされることに。

 さらに、若だんなにはやるべきことがありました。死んでいないのについてきた妖・鳴家とお獅子を現世に返す必要があったのです。

 それを知った子どもたちは――。

 死んでも自分のことばかり考える人たちに心苦しくなる物語です。

 『ちんぷんかん』のおすすめポイント

1. 少し切ない短編ミステリー

 『ちんぷんかん』は全5章で構成された短編集です。どれも切なくなる物語ばかりなんですよね。

 なかでもおすすめなのが、『男ぶり』『今昔』『はるがいくよ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『男ぶり』

 若だんなの母・おたえの恋物語。

 おたえはとても美しく、多くの縁談がありましたが、すべて断っていました。父が許さなかったからです。

 男前の辰二郎もそのひとり。しかし、彼に好意を寄せていたおたえは、彼の男ぶりを見せつけて結婚を認めさせようとします。

 ちょうどその頃、辰二郎の叔父・水口屋で卵が増えるという不思議な出来事が起こっていました。

 この謎を解いて辰二郎と結婚しようとおたえは必死になりますが――。

 最後は心温まる物語です。

『今昔』

 ついに松之助の縁談が決まる!?

 若だんなの回復を祈って神社に訪れた松之助は、同じく姉の回復を祈る玉乃屋のお咲と出会い、気になる間柄に。

 そこで松之助は玉乃屋の縁談を受けることにしたのですが、縁談相手はお咲ではなく、姉のおくらでした。

 困ったことになった…と悩んでいた松之助に、さらなる悲劇が訪れます。若だんなとおくらが陰陽師に呪い殺されかけたのです。

 これに怒った仁吉と佐吉が陰陽師を捕らえようとしたところ――。

 貧乏神の金次も登場。最後はスッキリする物語です。

『はるがいくよ』

 松之助の結婚祝いを何にしようか考えていた若だんなに、妖たちが次々と贈り物候補を持ってきます。

 掛け軸や着物、草履、春画、茶碗などなど。しかし、その中には見知らぬ赤子の姿がありました。

 その赤子は長崎屋に植えた桜の花びらの妖。彼女の成長は早く、花びらが散る頃には消え去ってしまいます。

 そこで若だんなは、彼女の命を延ばす方法を探しますが、植木職人に聞いても、寛朝御坊に聞いても、そんな方法はないと言われました。

 ところが、仁吉と佐吉から思わぬ提案が。それを聞いた若だんなは――。

 若だんなの決断に切なくなる物語です。

2. 別れをテーマに描いた小説

 『ちんぷんかん』は別れをテーマに描いた小説です。

 兄・松之助は、縁談が決まったので近々長崎屋を出て行くことになり、幼馴染の栄吉は、修行のために他のお店に行くことになりました。

 いつも病弱で行動範囲が狭い若だんなだけが変わらぬまま。

 もちろん若だんなは、松之助や栄吉にとって旅立ちが喜ばしいことだとわかっていますが、それにしても寂しい…。

 若だんなの気持ちが痛いほど伝わってくる物語です。

3. 終わりがあるから面白い!?

 そんな若だんな自身もある決断に迫られます。妖たちとずっと一緒に過ごすか、それとも限られた命を生きるのか。

 その提案を聞いた若だんなの答えは――。

 私たちはどうしても楽しいことが永遠に続けばいいと思ってしまいがちですが、散るからこそ桜の花が美しいように、苦しいからこそ楽しみがあり、終わりがあるからこそ人生も面白いのかもしれませんね。

 毎日を有意義に過ごそうと思える物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。読めばなぜ終わりがある方が面白いのか?を考えたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

どうせなら飛びたいだろうが/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 苺味とレモン味みたいにラベルが貼ってあるわけじゃない――誰もが良い奴か悪い奴かなんてわかりませんよね。そんなテーマを描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』。  物語の全てが語られていないので、空白につい …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …