webstation plus

child_11

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に面白かった。電車の中で笑顔がこぼれて困ったくらい。

 主人公は、反抗的でひねくれていて、自信家で、何事も断定するクセがある陣内。パンクロックが大好きで、「パンクロックってのは、立ち向かうことなんだよ」といっては、父親に立ち向かっていた彼が、銀行強盗の人質になったり、レンタルビデオ店の店員にフラれて時間をとめたり、家裁調査員として奇跡を起こしたりする短編集です。

 そんな彼が、盲目の友人・永瀬に向かって言ったセリフがとても印象的でした。

 「ふざけんなよ」

 永瀬は目が見えないので、ときどき見知らぬ人からお金や食べ物をもらいます。あげている人たちは、「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」という親切心でお金や食べ物を渡しているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。彼にとっては「目が見えない」のは当たり前のことで、そんな理由で「可愛そうだ」なんて思って欲しくない。ましてや、お金や食べ物を恵んで欲しいとは、これっぽっちも思っていないからです。

 だから永瀬は、「ふざけんなよ」という陣内の言葉を「お金を与えてきた人」に向けられた言葉だと思っていたのですが、実は違いました。

 「何で、お前だけなんだよ!」

 驚いた永瀬は、「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と答えますが、「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」と陣内は喚きます。

 このやり取りを読んで、「あー、人と対等に付き合うってことは、こういうことなんだな」と妙に納得することが出来たんですよね。

 そういう意味では、アメリカ大統領に就任することが決まったトランプ氏も、日本を対等に扱う人のように思えます。

 「日本は我々にタダで守ってもらっている!日本人のためにアメリカ兵が死ぬんだぞ!ずるいじゃねえか!」

 私たちは、「誰とでも対等に付き合う必要がある」と言いながらも、心のなかでは自分と他人を比較して優劣をつけてしまいがち。「目が見えないなんて可愛そう。何か恵んであげないと」「日本は弱い国なので、アメリカに守ってもらわなければ」などなど。

 しかし、こんな心構えでは誰とも対等に付き合えませんよね。本当の友人なんて絶対にできませんよね。

 というわけで、人と対等に付き合うには、「物事をフラットに見るクセ」をつける必要があるなぁ…と気づかされた小説でした。他にも「ハッ!」とするような名言が山ほどあるので、読んでみてはどうでしょうか。きっと、琴線に触れるセリフに出会えると思いますよ。

 関連記事

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …