webstation plus

 誰とでも対等に付き合っていますか?

 私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに気づいたからです。

 目が見えない人とどう付き合う?

 物語の主人公・陣内は、銀行強盗に巻き込まれたとき、偶然居合わせた盲目の青年・永瀬と知り合いになりましたが、陣内の永瀬に対する接し方は他の人とは違いました。

 それがよくわかるシーンが、永瀬が見知らぬおばさんから五千円もらったときの話。

 永瀬は目が見えないので、ときどき知らない人からお金や食べ物をもらいます。

「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」

 という善意の気持ちでやっているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。なぜなら、「目が見えない」のは当たり前のことで、可哀想なことではなかったからです。

 その話を聞いた陣内は、

「ふざけんなよ」

 と怒ります。しかし、おばさんの見下したような態度に怒っているわけではありませんでした。

「何で、お前だけなんだよ!」

 と、羨ましがっていたんですよね。「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と永瀬自身がフォローするほど自然体でした。

 実は、これこそが人と対等に付き合うということ。私は障害のある人をみると「可哀想だな」なんて上から目線になっていたので深く反省しました。

 子どもと対等に付き合ってる?

 これは子どもに対しても同じです。上から目線で命令したり、叱ったり、甘やかしたりしがちですが、それでは対等に付き合っているとは言えません。

 もちろん、ある程度は仕方ない部分もありますが、それが行き過ぎると、子どもの自立する機会を奪ってしまいます。ロボットのように命令されないと行動できなくなってしまいます。

 一方で、強く反発する子供もいます。悪質な犯罪に手を染めるケースもあるでしょう。

 そんなとき、駄目な奴はどうやったって駄目なんだ。更正させるなんて、奇跡みたいなもんだよ…と思いがちですが、陣内は、

「そもそも、大人が格好良ければ、子供はぐれねえんだよ」

 って言うんですよね。なるほど。大人が格好悪いから、尊敬できないから、グレるんですか。

 尊敬される大人になって奇跡を起こそう

 それなら、子どもを変えようとするのではなく、まずは私たち大人が変わること。人を見下すような格好悪い大人ではなく、人と対等に付き合い、良い影響を及ぼせる大人になる必要があります。

 そんな格好いい大人になれば、グレた子どもたちを更生させることができるかもしれません。私もそんな大人になって、陣内のような奇跡を起こしていきたいと思います。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』。読めば、人と対等に付き合うとはどういうことかよくわかる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …