webstation plus

 誰とでも対等に付き合っていますか?

 私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに気づいたからです。

 目が見えない人とどう付き合う?

 物語の主人公・陣内は、銀行強盗に巻き込まれたとき、偶然居合わせた盲目の青年・永瀬と知り合いになりましたが、陣内の永瀬に対する接し方は他の人とは違いました。

 それがよくわかるシーンが、永瀬が見知らぬおばさんから五千円もらったときの話。

 永瀬は目が見えないので、ときどき知らない人からお金や食べ物をもらいます。

「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」

 という善意の気持ちでやっているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。なぜなら、「目が見えない」のは当たり前のことで、可哀想なことではなかったからです。

 その話を聞いた陣内は、

「ふざけんなよ」

 と怒ります。しかし、おばさんの見下したような態度に怒っているわけではありませんでした。

「何で、お前だけなんだよ!」

 と、羨ましがっていたんですよね。「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と永瀬自身がフォローするほど自然体でした。

 実は、これこそが人と対等に付き合うということ。私は障害のある人をみると「可哀想だな」なんて上から目線になっていたので深く反省しました。

 子どもと対等に付き合ってる?

 これは子どもに対しても同じです。上から目線で命令したり、叱ったり、甘やかしたりしがちですが、それでは対等に付き合っているとは言えません。

 もちろん、ある程度は仕方ない部分もありますが、それが行き過ぎると、子どもの自立する機会を奪ってしまいます。ロボットのように命令されないと行動できなくなってしまいます。

 一方で、強く反発する子供もいます。悪質な犯罪に手を染めるケースもあるでしょう。

 そんなとき、駄目な奴はどうやったって駄目なんだ。更正させるなんて、奇跡みたいなもんだよ…と思いがちですが、陣内は、

「そもそも、大人が格好良ければ、子供はぐれねえんだよ」

 って言うんですよね。なるほど。大人が格好悪いから、尊敬できないから、グレるんですか。

 尊敬される大人になって奇跡を起こそう

 それなら、子どもを変えようとするのではなく、まずは私たち大人が変わること。人を見下すような格好悪い大人ではなく、人と対等に付き合い、良い影響を及ぼせる大人になる必要があります。

 そんな格好いい大人になれば、グレた子どもたちを更生させることができるかもしれません。私もそんな大人になって、陣内のような奇跡を起こしていきたいと思います。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』。読めば、人と対等に付き合うとはどういうことかよくわかる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …