webstation plus

child_11

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に面白かった。電車の中で笑顔がこぼれて困ったくらい。

 主人公は、反抗的でひねくれていて、自信家で、何事も断定するクセがある陣内。パンクロックが大好きで、「パンクロックってのは、立ち向かうことなんだよ」といっては、父親に立ち向かっていた彼が、銀行強盗の人質になったり、レンタルビデオ店の店員にフラれて時間をとめたり、家裁調査員として奇跡を起こしたりする短編集です。

 そんな彼が、盲目の友人・永瀬に向かって言ったセリフがとても印象的でした。

 「ふざけんなよ」

 永瀬は目が見えないので、ときどき見知らぬ人からお金や食べ物をもらいます。あげている人たちは、「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」という親切心でお金や食べ物を渡しているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。彼にとっては「目が見えない」のは当たり前のことで、そんな理由で「可愛そうだ」なんて思って欲しくない。ましてや、お金や食べ物を恵んで欲しいとは、これっぽっちも思っていないからです。

 だから永瀬は、「ふざけんなよ」という陣内の言葉を「お金を与えてきた人」に向けられた言葉だと思っていたのですが、実は違いました。

 「何で、お前だけなんだよ!」

 驚いた永瀬は、「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と答えますが、「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」と陣内は喚きます。

 このやり取りを読んで、「あー、人と対等に付き合うってことは、こういうことなんだな」と妙に納得することが出来たんですよね。

 そういう意味では、アメリカ大統領に就任することが決まったトランプ氏も、日本を対等に扱う人のように思えます。

 「日本は我々にタダで守ってもらっている!日本人のためにアメリカ兵が死ぬんだぞ!ずるいじゃねえか!」

 私たちは、「誰とでも対等に付き合う必要がある」と言いながらも、心のなかでは自分と他人を比較して優劣をつけてしまいがち。「目が見えないなんて可愛そう。何か恵んであげないと」「日本は弱い国なので、アメリカに守ってもらわなければ」などなど。

 しかし、こんな心構えでは誰とも対等に付き合えませんよね。本当の友人なんて絶対にできませんよね。

 というわけで、人と対等に付き合うには、「物事をフラットに見るクセ」をつける必要があるなぁ…と気づかされた小説でした。他にも「ハッ!」とするような名言が山ほどあるので、読んでみてはどうでしょうか。きっと、琴線に触れるセリフに出会えると思いますよ。

 関連記事

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …