webstation plus

(※『チルドレン』表紙より)


 人と対等に付き合っていますか?

 私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていることに気づいたからです。

 今回は『チルドレン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『チルドレン』のあらすじ(『チルドレン』)

 家裁調査官――警察や裁判官と違い、少年を裁くのではなく、少年犯罪の原因やメカニズムを解明し適切な処遇を裁判官に意見として提出する――要するに、少年の敵ではなく、信頼してもらい、本心を打ち明けてもらう仕事をしている武藤。

 そんな武藤のもとに万引きをした志郎くんが父親と一緒にやってきました。

 武藤は志郎くん親子と面接をしますが、何も話してくれません。それだけでなく、父親は志郎くんに興味をもっていないように見えました。

 そこで武藤は、

「子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ」

 なんてセリフを吐き続ける口達者な先輩・陣内のアドバイスに従って、芥川龍之介の本を渡して様子を見ることに。

 そうしてしばらく経った頃。志郎くんと再会した武藤は、彼らの様子が変わったことに気づきます。前回の面接とは打って変わって、打ち解けているように思えたのです。

 その日から彼らは口を揃えて「あの時から状況が変わったんだ」と言うようになりました。一体何が起こったのか!?

 『チルドレン』のおすすめポイント

1. 短編集のふりをした長編小説

 『チルドレン』は全5章からなる短編集です。

 しかし、伊坂幸太郎さんお得意の「短編集のふりをした長編小説」で、登場人物は変わらず、物語の語り手と舞台、時間軸だけが変わっていくんですよね。

 主な登場人物は次の5人。

・口達者な家庭調査官・陣内
・その後輩・武藤
・陣内の友人・鴨居
・銀行強盗と遭遇したときに知り合った盲目の青年・永瀬
・その彼女・優子

 終盤になるにつれて、それぞれの物語がつながっていくのが面白い小説です。

2. 人と対等に付き合うとはどういうことかわかる

 銀行強盗と鉢合わせになった陣内と盲目の青年・永瀬。これがきっかけで彼らは知り合いましたが、陣内の永瀬に対する付き合い方は他の人とは違いました。

 それがよくわかるシーンが、永瀬が見知らぬおばさんから五千円もらったときの話。

 永瀬は目が見えないので、ときどき知らない人からお金や食べ物をもらいます。

「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」

 という善意の気持ちでやっているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。なぜなら、「目が見えない」のは当たり前のことで、可哀想なことだとは思っていなかったからです。

 その話を聞いた陣内は、

「ふざけんなよ」

 と言います。永瀬は陣内がおばさんに対して怒っているのだと思いましたが、次の言葉を聞いて驚愕しました。

「何で、お前だけなんだよ!」

 陣内は、羨ましいじゃないか、と怒っていたんですね。

 「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と永瀬がフォローしなければならないほど、とても自然な会話でした。

 私たちは障害のある人をみると「可哀想だな」なんて上から目線になりがちです。しかし、人と対等に付き合うとは陣内と永瀬のような関係なんでしょうね。

 人との付き合い方を考えさせられる物語です。

3. 陣内が起こす奇跡に感動!?

 『チルドレン』は、陣内が奇跡を起こす物語です。

 なかでも『チルドレンⅡ』は、爽やかで感動的な物語。読み終えた時には笑顔になれること間違いなし!?

 ぜひ実際に読んで、陣内が起こす奇跡に感動してください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』。読めば人との付き合い方を見直したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …