webstation plus

(※『チルドレン』表紙より)


 人と対等に付き合っていますか?

 私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害を持っている人たちを「可愛そう」という視点で見ていることに気づいたからです。

 今回は『チルドレン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『チルドレン』のあらすじ(『チルドレン』)

 家裁調査官という聞きなれない職業に就いている武藤。

 家裁調査官は、警察や裁判官と違い、少年を裁くのではなく、少年犯罪の原因やメカニズムを解明し適切な処遇を裁判官に意見として提出する――要するに、少年の敵ではなく、信頼してもらい、本心を打ち明けてもらう仕事です。

 そんな仕事に就いている武藤のもとに万引きをした志郎くんが父親と一緒にやってきました。

 武藤は面接をしますが、彼らは何も話してくれません。また、父親は志郎くんに興味をもっていないように思えました。

 そこで武藤は、

「子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ」

 なんてセリフを吐き続ける口達者な先輩・陣内のアドバイスに従って、芥川龍之介の本を渡して様子を見ることに。

 そうしてしばらく経った頃。志郎くんと再会した武藤は、彼らの様子が変わったことに気づきます。前回の面接とは打って変わって、打ち解けているように思えたのです。

 その日から彼らは口を揃えて「あの時から状況が変わったんだ」と言うようになりました。一体何が起こったのか!?

 『チルドレン』のおすすめポイント

1. 短編集のふりをした長編小説

 『チルドレン』は全5章からなる短編集です。

 しかし、伊坂幸太郎さんお得意の「短編集のふりをした長編小説」で、登場人物は変わらず、物語の語り手と舞台、時間軸だけが変わっていきます。

 主な登場人物は次の5人。

・口達者な家庭調査官・陣内
・その後輩・武藤
・陣内の友人・鴨居
・銀行強盗と遭遇したときに知り合った盲目の青年・永瀬
・その彼女・優子

 彼ら5人の視点で物語が進んでいくのですね。終盤になるにつれて、物語がつながっていくのが面白い小説です。

2. 人と対等に付き合うとは?

 銀行強盗と鉢合わせになった陣内と盲目の青年・永瀬。それがきっかけで彼らは知り合いましたが、陣内の永瀬に対する付き合い方は他の人とは違いました。

 それがよくわかるシーンが、永瀬が見知らぬおばさんから五千円もらったときの話。

 永瀬は目が見えないので、ときどき知らない人からお金や食べ物をもらいます。

「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」

 という善意の気持ちでやっているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。なぜなら、「目が見えない」のは当たり前のことで、可哀想なことだとは思っていなかったからです。

 その話を聞いた陣内は、

「ふざけんなよ」

 と言います。おばさんに対して怒っていると思った永瀬でしたが、次の言葉を聞いて驚愕しました。

「何で、お前だけなんだよ!」

 陣内は、羨ましいじゃないか、と怒っていたんですね。

 「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と永瀬がフォローしなければならないほど、とても自然な会話でした。

 私たちは障害がある人をみると「可哀想だな」なんて上から目線でみてしまいがちですが、人と対等に付き合うとは陣内と永瀬のような関係なんでしょうね。

 人との付き合い方を考えさせられる物語です。

3. 陣内が奇跡を起こす!?

 『チルドレン』は、そんな陣内が家裁調査官として奇跡を起こす物語です。

 なかでも『チルドレンⅡ』は、爽やかで感動的な物語。読み終えた時には笑顔になること間違いなし!?

 ぜひ実際に読んで、陣内が起こす奇跡を体験してください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』。読めば人との付き合い方を見直したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどでいつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙する …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …