webstation plus

child_11

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に面白かった。電車の中で笑顔がこぼれて困ったくらい。

 主人公は、反抗的でひねくれていて、自信家で、何事も断定するクセがある陣内。パンクロックが大好きで、「パンクロックってのは、立ち向かうことなんだよ」といっては、父親に立ち向かっていた彼が、銀行強盗の人質になったり、レンタルビデオ店の店員にフラれて時間をとめたり、家裁調査員として奇跡を起こしたりする短編集です。

 そんな彼が、盲目の友人・永瀬に向かって言ったセリフがとても印象的でした。

 「ふざけんなよ」

 永瀬は目が見えないので、ときどき見知らぬ人からお金や食べ物をもらいます。あげている人たちは、「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」という親切心でお金や食べ物を渡しているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。彼にとっては「目が見えない」のは当たり前のことで、そんな理由で「可愛そうだ」なんて思って欲しくない。ましてや、お金や食べ物を恵んで欲しいとは、これっぽっちも思っていないからです。

 だから永瀬は、「ふざけんなよ」という陣内の言葉を「お金を与えてきた人」に向けられた言葉だと思っていたのですが、実は違いました。

 「何で、お前だけなんだよ!」

 驚いた永瀬は、「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と答えますが、「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」と陣内は喚きます。

 このやり取りを読んで、「あー、人と対等に付き合うってことは、こういうことなんだな」と妙に納得することが出来たんですよね。

 そういう意味では、アメリカ大統領に就任することが決まったトランプ氏も、日本を対等に扱う人のように思えます。

 「日本は我々にタダで守ってもらっている!日本人のためにアメリカ兵が死ぬんだぞ!ずるいじゃねえか!」

 私たちは、「誰とでも対等に付き合う必要がある」と言いながらも、心のなかでは自分と他人を比較して優劣をつけてしまいがち。「目が見えないなんて可愛そう。何か恵んであげないと」「日本は弱い国なので、アメリカに守ってもらわなければ」などなど。

 しかし、こんな心構えでは誰とも対等に付き合えませんよね。本当の友人なんて絶対にできませんよね。

 というわけで、人と対等に付き合うには、「物事をフラットに見るクセ」をつける必要があるなぁ…と気づかされた小説でした。他にも「ハッ!」とするような名言が山ほどあるので、読んでみてはどうでしょうか。きっと、琴線に触れるセリフに出会えると思いますよ。

 関連記事

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …