webstation plus

child_11

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に面白かった。電車の中で笑顔がこぼれて困ったくらい。

 主人公は、反抗的でひねくれていて、自信家で、何事も断定するクセがある陣内。パンクロックが大好きで、「パンクロックってのは、立ち向かうことなんだよ」といっては、父親に立ち向かっていた彼が、銀行強盗の人質になったり、レンタルビデオ店の店員にフラれて時間をとめたり、家裁調査員として奇跡を起こしたりする短編集です。

 そんな彼が、盲目の友人・永瀬に向かって言ったセリフがとても印象的でした。

 「ふざけんなよ」

 永瀬は目が見えないので、ときどき見知らぬ人からお金や食べ物をもらいます。あげている人たちは、「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」という親切心でお金や食べ物を渡しているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。彼にとっては「目が見えない」のは当たり前のことで、そんな理由で「可愛そうだ」なんて思って欲しくない。ましてや、お金や食べ物を恵んで欲しいとは、これっぽっちも思っていないからです。

 だから永瀬は、「ふざけんなよ」という陣内の言葉を「お金を与えてきた人」に向けられた言葉だと思っていたのですが、実は違いました。

 「何で、お前だけなんだよ!」

 驚いた永瀬は、「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と答えますが、「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」と陣内は喚きます。

 このやり取りを読んで、「あー、人と対等に付き合うってことは、こういうことなんだな」と妙に納得することが出来たんですよね。

 そういう意味では、アメリカ大統領に就任することが決まったトランプ氏も、日本を対等に扱う人のように思えます。

 「日本は我々にタダで守ってもらっている!日本人のためにアメリカ兵が死ぬんだぞ!ずるいじゃねえか!」

 私たちは、「誰とでも対等に付き合う必要がある」と言いながらも、心のなかでは自分と他人を比較して優劣をつけてしまいがち。「目が見えないなんて可愛そう。何か恵んであげないと」「日本は弱い国なので、アメリカに守ってもらわなければ」などなど。

 しかし、こんな心構えでは誰とも対等に付き合えませんよね。本当の友人なんて絶対にできませんよね。

 というわけで、人と対等に付き合うには、「物事をフラットに見るクセ」をつける必要があるなぁ…と気づかされた小説でした。他にも「ハッ!」とするような名言が山ほどあるので、読んでみてはどうでしょうか。きっと、琴線に触れるセリフに出会えると思いますよ。

 関連記事

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『All You Need Is Kill』は短いのに内容がギッシリ詰まったSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …