webstation plus

(※『チルドレン』表紙より)


 人と対等に付き合っていますか?

 私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていることに気づいたからです。

 今回は『チルドレン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『チルドレン』のあらすじ(『チルドレン』)

 家裁調査官――警察や裁判官と違い、少年を裁くのではなく、少年犯罪の原因やメカニズムを解明し適切な処遇を裁判官に意見として提出する――要するに、少年の敵ではなく、信頼してもらい、本心を打ち明けてもらう仕事をしている武藤。

 そんな武藤のもとに万引きをした志郎くんが父親と一緒にやってきました。

 武藤は志郎くん親子と面接をしますが、何も話してくれません。それだけでなく、父親は志郎くんに興味をもっていないように見えました。

 そこで武藤は、

「子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ」

 なんてセリフを吐き続ける口達者な先輩・陣内のアドバイスに従って、芥川龍之介の本を渡して様子を見ることに。

 そうしてしばらく経った頃。志郎くんと再会した武藤は、彼らの様子が変わったことに気づきます。前回の面接とは打って変わって、打ち解けているように思えたのです。

 その日から彼らは口を揃えて「あの時から状況が変わったんだ」と言うようになりました。一体何が起こったのか!?

 『チルドレン』のおすすめポイント

1. 短編集のふりをした長編小説

 『チルドレン』は全5章からなる短編集です。

 しかし、伊坂幸太郎さんお得意の「短編集のふりをした長編小説」で、登場人物は変わらず、物語の語り手と舞台、時間軸だけが変わっていくんですよね。

 主な登場人物は次の5人。

・口達者な家庭調査官・陣内
・その後輩・武藤
・陣内の友人・鴨居
・銀行強盗と遭遇したときに知り合った盲目の青年・永瀬
・その彼女・優子

 終盤になるにつれて、それぞれの物語がつながっていくのが面白い小説です。

2. 人と対等に付き合うとはどういうことかわかる

 銀行強盗と鉢合わせになった陣内と盲目の青年・永瀬。これがきっかけで彼らは知り合いましたが、陣内の永瀬に対する付き合い方は他の人とは違いました。

 それがよくわかるシーンが、永瀬が見知らぬおばさんから五千円もらったときの話。

 永瀬は目が見えないので、ときどき知らない人からお金や食べ物をもらいます。

「目が見えないなんて大変だよね。私にはこれくらいしかできないけれど…」

 という善意の気持ちでやっているのでしょうが、永瀬にとっては迷惑な話。なぜなら、「目が見えない」のは当たり前のことで、可哀想なことだとは思っていなかったからです。

 その話を聞いた陣内は、

「ふざけんなよ」

 と言います。永瀬は陣内がおばさんに対して怒っているのだと思いましたが、次の言葉を聞いて驚愕しました。

「何で、お前だけなんだよ!」

 陣内は、羨ましいじゃないか、と怒っていたんですね。

 「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」と永瀬がフォローしなければならないほど、とても自然な会話でした。

 私たちは障害のある人をみると「可哀想だな」なんて上から目線になりがちです。しかし、人と対等に付き合うとは陣内と永瀬のような関係なんでしょうね。

 人との付き合い方を考えさせられる物語です。

3. 陣内が起こす奇跡に感動!?

 『チルドレン』は、陣内が奇跡を起こす物語です。

 なかでも『チルドレンⅡ』は、爽やかで感動的な物語。読み終えた時には笑顔になれること間違いなし!?

 ぜひ実際に読んで、陣内が起こす奇跡に感動してください。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』。読めば人との付き合い方を見直したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれないっ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

(※『オー!ファーザー』表紙より)  結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。  これで本当に …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …