webstation plus

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要なんてない!」という議論が盛んですよね。

 しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。

 それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から聞かされたメリット、デメリットだけで判断しているようなら…後悔することになるかもしれませんよ。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の考え?

 実はこの手の話は昔から言われています。「ヤザワ」の次は「クロワッサン症候群」で、その次は「負け犬」です。

 「ヤザワ」は、矢沢永吉の自伝が爆発的に売れ、「サラリーマンなんてつまらないものになるな、男なら夢を追いかけろ」という言葉を間に受けた多くの男性が、就職もせず、進学もせず、夢を追い続けた結果、いまだに独身で貧乏暮しをしているというもの。

 「クロワッサン症候群」は、クロワッサンという雑誌がシングルという生き方は素晴らしいと女性を煽り、お金もない、有名でもない、いい家のお嬢様でもない、それどころか一流大卒でもなければ大企業に勤めているわけでもない庶民の女性が真似をして、取り返しのつかないことになりました。

 「負け組」という言葉も独身の勝ち組が作ったものです。

 つまり、成功者はクローズアップされるから目立つだけで、そんな人たちはものすごく少数派なんですよね。

 このように、現実は想像以上に厳しいものですが、三十代ではそのことに気づかず、五十代で気づいたときにはもう遅い…なんてことになりかねません。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の頭で考えた結果でしょうか?

 未来を想像しても結婚しなくて大丈夫と言えますか?

 それでも、「結婚しなくても大丈夫」と思っている人は未来を想像してみましょう。

 そもそも、独身でも幸せに暮らしている人は、社交的で人を惹きつける華やかな女性だからこそ、友人が集まり楽しく生きられるんです。

 その一方で、思慮深いところもあるので、トラブルが起きても修復できます。そんな華やかさと寛容さを兼ね揃えた女性だけがシェアハウスで生きられるのです。

 そういう女性でなければ、両親や親戚が亡くなったあとは孤独に耐えていくしかありません。

 また、たとえ孤独に耐えられたとしても、結婚している人たちを否定することでしか自分を肯定できないような生き方はしたくありませんよね。

 もし、そんな未来になりそうだとしたら…。

 なりふり構わず結婚を目指そう

 もちろん結婚したくないなら、する必要はありません。

 しかし、結婚したいのなら、周りを巻き込んで果敢に挑戦するほうがいいように思います。人はあっという間に年をとるからです。

 後悔しないよう、やるだけのことはやってみましょう。恥ずかしいとか、いい歳をしてとか気にする必要はありません。

 ならなら、たった一度の人生なのだから。

 関連記事

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

有川浩『別冊図書館戦争2』/正々堂々と勝負できないのは性格が悪いから

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、悪口やデマを流したり、力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  そんな人たちとはどう戦えばいいのでしょうか。 & …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

有川浩『別冊図書館戦争1』/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …