webstation plus

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。

 しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。

 それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から聞かされたメリット、デメリットだけで判断しているようなら…後悔することになるかもしれませんよ。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の考え?

 実はこの手の話は昔から言われています。「ヤザワ」の次は「クロワッサン症候群」で、その次は「負け犬」です。

 「ヤザワ」は、矢沢永吉の自伝が爆発的に売れ、「サラリーマンなんてつまらないものになるな、男なら夢を追いかけろ」という言葉を間に受けた多くの男性が、就職もせず、進学もせず、夢を追い続けた結果、いまだに独身で貧乏暮しをしているというもの。

 「クロワッサン症候群」は、クロワッサンという雑誌がシングルという生き方は素晴らしいと女性を煽り、お金もない、有名でもない、良い家のお嬢様でもない、それどころか一流大卒でもなければ大企業に勤めているわけでもない庶民の女性が真似をして、取り返しのつかないことになりました。

 「負け組」も独身の勝ち組が作った言葉です。

 つまり、成功者はクローズアップされるから目立つだけで、実はものすごく少数派なんですよね。

 このように、現実は想像以上に厳しいものですが、三十代ではそのことに気づかず、五十代で気づいたときにはもう遅い…なんてことになりかねません。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の頭で考えた結果でしょうか?

 未来を想像しても結婚しなくて大丈夫と言えますか?

 それでも、「結婚しなくても大丈夫」と思っている人は未来を想像してみましょう。

 そもそも、独身でも幸せに暮らしている人は、社交的で人を惹きつける華やかな女性だからこそ、友人が集まり楽しく生きられるのです。

 その一方で、思慮深いところもあるので、トラブルが起きても修復できます。そんな華やかさと寛容さを兼ね揃えた女性だけがシェアハウスで生きられるのです。

 しかし、華やかさと寛容さを兼ね備えていない女性が結婚しなかったとしたら、両親や親戚が亡くなったあとは孤独に耐えていくしかありません。

 また、たとえ孤独に耐えられたとしても、結婚している人たちを否定することでしか自分を肯定できないような生き方はしたくありませんよね。

 もし、そんな未来になりそうだとしたら…。

 なりふり構わず結婚を目指そう

 なりふり構わず結婚を目指しましょう。もちろん結婚したくないなら、する必要はありません。

 しかし、結婚したい願望が少しでもあるのなら、周りを巻き込んで果敢に挑戦するほうがいいように思います。垣谷美雨さんの小説『うちの子が結婚しないので』を読んでその思いが強くなりました。

 なぜなら、人はあっという間に年をとるからです。

 後悔しないように、やるだけのことはやってみましょう。恥ずかしいとか、いい歳をして…とか気にする必要はありません。たった一度きりの人生なのですから。

 関連記事

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …