webstation plus

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。

 しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。

 それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から聞かされたメリット、デメリットだけで判断しているようなら…後悔することになるかもしれませんよ。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の考え?

 実はこの手の話は昔から言われています。「ヤザワ」の次は「クロワッサン症候群」で、その次は「負け犬」です。

 「ヤザワ」は、矢沢永吉の自伝が爆発的に売れ、「サラリーマンなんてつまらないものになるな、男なら夢を追いかけろ」という言葉を間に受けた多くの男性が、就職もせず、進学もせず、夢を追い続けた結果、いまだに独身で貧乏暮しをしているというもの。

 「クロワッサン症候群」は、クロワッサンという雑誌がシングルという生き方は素晴らしいと女性を煽り、お金もない、有名でもない、良い家のお嬢様でもない、それどころか一流大卒でもなければ大企業に勤めているわけでもない庶民の女性が真似をして、取り返しのつかないことになりました。

 「負け組」も独身の勝ち組が作った言葉です。

 つまり、成功者はクローズアップされるから目立つだけで、実はものすごく少数派なんですよね。

 このように、現実は想像以上に厳しいものですが、三十代ではそのことに気づかず、五十代で気づいたときにはもう遅い…なんてことになりかねません。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の頭で考えた結果でしょうか?

 未来を想像しても結婚しなくて大丈夫と言えますか?

 それでも、「結婚しなくても大丈夫」と思っている人は未来を想像してみましょう。

 そもそも、独身でも幸せに暮らしている人は、社交的で人を惹きつける華やかな女性だからこそ、友人が集まり楽しく生きられるのです。

 その一方で、思慮深いところもあるので、トラブルが起きても修復できます。そんな華やかさと寛容さを兼ね揃えた女性だけがシェアハウスで生きられるのです。

 しかし、華やかさと寛容さを兼ね備えていない女性が結婚しなかったとしたら、両親や親戚が亡くなったあとは孤独に耐えていくしかありません。

 また、たとえ孤独に耐えられたとしても、結婚している人たちを否定することでしか自分を肯定できないような生き方はしたくありませんよね。

 もし、そんな未来になりそうだとしたら…。

 なりふり構わず結婚を目指そう

 なりふり構わず結婚を目指しましょう。もちろん結婚したくないなら、する必要はありません。

 しかし、結婚したい願望が少しでもあるのなら、周りを巻き込んで果敢に挑戦するほうがいいように思います。垣谷美雨さんの小説『うちの子が結婚しないので』を読んでその思いが強くなりました。

 なぜなら、人はあっという間に年をとるからです。

 後悔しないように、やるだけのことはやってみましょう。恥ずかしいとか、いい歳をして…とか気にする必要はありません。たった一度きりの人生なのですから。

 関連記事

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …