webstation plus

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。

 しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。

 それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から聞かされたメリット、デメリットだけで判断しているようなら…後悔することになるかもしれませんよ。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の考え?

 実はこの手の話は昔から言われています。「ヤザワ」の次は「クロワッサン症候群」で、その次は「負け犬」です。

 「ヤザワ」は、矢沢永吉の自伝が爆発的に売れ、「サラリーマンなんてつまらないものになるな、男なら夢を追いかけろ」という言葉を間に受けた多くの男性が、就職もせず、進学もせず、夢を追い続けた結果、いまだに独身で貧乏暮しをしているというもの。

 「クロワッサン症候群」は、クロワッサンという雑誌がシングルという生き方は素晴らしいと女性を煽り、お金もない、有名でもない、良い家のお嬢様でもない、それどころか一流大卒でもなければ大企業に勤めているわけでもない庶民の女性が真似をして、取り返しのつかないことになりました。

 「負け組」も独身の勝ち組が作った言葉です。

 つまり、成功者はクローズアップされるから目立つだけで、実はものすごく少数派なんですよね。

 このように、現実は想像以上に厳しいものですが、三十代ではそのことに気づかず、五十代で気づいたときにはもう遅い…なんてことになりかねません。

 「結婚しなくても大丈夫」は本当に自分の頭で考えた結果でしょうか?

 未来を想像しても結婚しなくて大丈夫と言えますか?

 それでも、「結婚しなくても大丈夫」と思っている人は未来を想像してみましょう。

 そもそも、独身でも幸せに暮らしている人は、社交的で人を惹きつける華やかな女性だからこそ、友人が集まり楽しく生きられるのです。

 その一方で、思慮深いところもあるので、トラブルが起きても修復できます。そんな華やかさと寛容さを兼ね揃えた女性だけがシェアハウスで生きられるのです。

 しかし、華やかさと寛容さを兼ね備えていない女性が結婚しなかったとしたら、両親や親戚が亡くなったあとは孤独に耐えていくしかありません。

 また、たとえ孤独に耐えられたとしても、結婚している人たちを否定することでしか自分を肯定できないような生き方はしたくありませんよね。

 もし、そんな未来になりそうだとしたら…。

 なりふり構わず結婚を目指そう

 なりふり構わず結婚を目指しましょう。もちろん結婚したくないなら、する必要はありません。

 しかし、結婚したい願望が少しでもあるのなら、周りを巻き込んで果敢に挑戦するほうがいいように思います。垣谷美雨さんの小説『うちの子が結婚しないので』を読んでその思いが強くなりました。

 なぜなら、人はあっという間に年をとるからです。

 後悔しないように、やるだけのことはやってみましょう。恥ずかしいとか、いい歳をして…とか気にする必要はありません。たった一度きりの人生なのですから。

 関連記事

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …