webstation plus

father_01

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。

「私はもうすでにイクメンですから!残念!!」

 …。えーっと、「イクメン」という言葉を聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?母親と同じように、家事・育児をしている男性の姿を思い浮かべていませんか?

 もし、そうだとしたら残念で仕方ありません。これほど多様性が叫ばれている時代に、「なぜ家の中に母親が二人も必要なんですか?」ってツッコミたくなるからです。母親には母親の、父親には父親の役割ってものがあります。

 では、父親の役割とは何でしょうか。子どもとの接し方に絞って三つの視点から考えてみましょう。

 1. 感情的にならずに論理的に話す

 女性って、どちからといえば感情的ですよね。もちろん、なかには論理的な女性もおられますが、私が見てきた限りでは、ほとんどの女性が感情的です。

 たとえば、子どもが片付けをしなかった場合、一度怒りはじめるとなかなかおさまらなくないですか?

「いつになったら、片付けるの?今すぐ片付けなさい!」
「そういえば、昨日も片付けてなかったよね?何回おなじことを言わせるの!」
「あー、トランプが足りないやんか!ちゃんと枚数を数えてから片付けなさいって言ったよね?いつになったらできるようになるの!?」

 と、過去の失敗まで持ち出してきて、どんどんヒートアップしていきます。だけど、子どもは毎日のように「この怒り」に接しているので、だんだん慣れていくんですよね。だから、言うことを聞かなくなる。その結果、お母さんの怒りはますますヒートアップしていきます。

 そんなとき、「あなたもちゃんと叱ってよ!」とこちらにまで火の粉が飛び掛ってくることがありますが、これに従っているようではいけません。お父さんまでこのような叱り方をしていては、子どもを追い詰めてしまったり、親の言うことをまったく聞かない子どもに育ってしまうからです。

 だからこそ、父親はなかなか叱らない。叱るときも、できるだけ冷静に論理的に。そうすれば、叱ったときには絶大な効果を発揮します。最後の切り札として振舞わなければいけないんです。お母さんと同じように叱っているようではダメですよ。

 2. 子どもから一歩離れて大局を見る

 母親って24時間、子どものことを考え続けていますよね。父親にはマネできない本当にスゴイことです。心から尊敬します。しかし、その反面、小さなことでも大げさに捉えがちなんですよね。

 たとえば、子どもが風邪をひいただけでも大騒ぎ。テストの点数が一回悪かっただけでも、ものすごく心配します。まるで子どもの人生が積んでしまったかのような騒ぎっぷりです。

 そんなとき、父親まで同じように騒いでいては家族全員が不安になってしまいますよね。だからこそ、父親は「風邪くらい大丈夫」「テストの点数が一回悪かったからといって、人生にはほとんど影響ないよ。次は頑張ろう!」と言える落ち着きが必要なんですが…。こんな態度でいると「あなたは何もわかっていない!」と怒られてしまうんですよね。

 それだけ、母親は子どもに寄り添っているとも言えます。子どもが苦しんでいたり、悩んでいたら、「自分が代われればいいのに」とまるで自分のことのように考えます。しかし、この考えが行き過ぎると、自分の昔の夢を子どもに押し付けることにもなりかねません。

「(私は)ピアノを途中でやめて後悔しているから、子どもには続けさせたい」
「(私は)中高一貫教育の学校に行ってよかったので、子どもにも中学受験をさせたい」などなど。

 「私」が入っている時点で、子どもにとっては迷惑な話です。当たり前のことですが、親と子どもは別の人格です。親が望んでいるからといって、子どもがそれを望んでいるとは限りません。

 だからこそ、父親は子どもとの距離を「一歩を置く」必要があるんですよね。問題が起きてもあわてない。母子で意見が食い違ったときには、子どもの望みを聞きながらも、将来を見越したアドバイスをする。お父さんまで、自分の夢を子どもに押し付けているようでは、子どもは家にいるのが息苦しくなってしまいますからね。

 というわけで、母親と同じように子どもに寄り添うのではなく、父親は一歩距離を置き、大局観をもって子どもと接する必要があるのです。

 3. 言葉の重みを感じさせる

 ここまでの内容をまとめると:

①父親は、母親のように口うるさくしない。叱るときは、冷静に論理的に。
②子どもに寄り添うよりも、一歩距離をとって子どもと接する。具体的には、問題が起きてもあわてない。親の思い通りにならなくても、子どもの意見を聞きながら「大局観をもって(将来を見越した)アドバイス」をする。

 ということです。すなわち、父親が発した一言には「重みがある」。そんな感情を子どもに抱かせる必要があるんですね。そのためには、普段から母親のようにあれこれ世話を焼いてはいけません。どっしり構えておく必要があります。

 父親は天邪鬼であれ!

 というわけで、父親の役割とは「母親とは違う存在でいること」です。

 たとえば、子どもと遊ぶとき、お母さんが家のなかで積み木やぬりえをしていたら、お父さんは対極のことをしたほうがいい。外に出てキャッチボールをしたり、砂場で遊んだり、虫を捕まえたり。そうやって、両親でまったく違う遊びを体感させるからこそ、子どもは多様な価値観に触れることができるのです。

 ところが、「イクメン」という言葉に付きまとうイメージは、「お母さんと同じように家事・育児をする夫」ですよね。もちろん、共働きの家庭も増えていますし、家事や育児を分担する必要も出てくるでしょう。夫婦がお互いに「公平感」が持てるように、仕事や家事・育児を分担するのは当然です。

 しかし、だからといって「お母さんと同じように家事・育児をする夫」になってはいけません。家の中にお母さんは二人もいらないのです。

 つまり、「イクメン」とは、単に家事や育児をサポートする男性のことではなく、お父さんとしての役割を果たす男性のことなんですよね。母親とは違う存在のことです。すなわち、「父親は天邪鬼であれ!」ってことです。

 関連記事

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …