webstation plus

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)


 垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。

 3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『子育てはもう卒業します』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『子育てはもう卒業します』のあらすじ

 教育費を捻出するために、大嫌いな義理の両親と同居することにした淳子(じゅんこ)。しかし、中学受験を控えた長男は、週5日の塾通いをしても賢くなりませんでした。

 そんな淳子に耳寄りな話が。舅のコネを使えば受験をしなくても目的の中学に入学できる!?

 高校二年生の娘を持つ明美は、娘には一生続けられる仕事について欲しいと願っていましたが、彼女は英文科に進学することを希望していました。

 「このままでは私の二の舞だ!」と仏文科を卒業して苦労してきた明美は、看護学科や薬学部を勧めますが…。

 親の反対を押し切ってフランス人と結婚した紫(ゆかり)。結婚当初は優しくて今を生きる夫が自慢でしたが、娘が女優として活躍するようになると、生活のすべてを娘に頼り、漫画ばかり読んでいる夫に嫌気がさしてきました。

 しかし、娘はそんな父親が大好き。いったいどうすればいいの!?

 そんな彼女たちの青春時代から中年までを描いた小説です。

 子育ての悩みは尽きない!?

 淳子は苦労せずに夫の実家の離れに豪邸を手に入れましたが、その代償は大きいものでした。

 義理の両親は何かにつけて口出ししてきます。長男の名前「龍男」は、夫の母親の名前「龍子」の一字を取ってつけたもの。

 そんな義母は、子どもには絵本を読み聞かせなさい、ジーパンは履いちゃダメ、パートに出かけるなんてもってのほか!?など自分の考えを押し付けてきます。しかも、土日も家に入り浸り。これでは息がつまって仕方ありませんよね。

 それでも「子どもの将来のために」と教育費を捻出してきた淳子でしたが、長男は賢くなりませんでした。他の二人が羨ましくて仕方ない!?

 しかし、明美も紫もそれぞれ悩みを抱えていました。

 明美は、夫の仕事が順調で他人からは専業主婦を満喫しているように見えましたが、どれだけ韓流ドラマを観ても心が満たされることはありませんでした。むしろ、なぜこんなムダな日々を過ごしているのだろうと考える毎日。

 しかも、夫はキャバクラにハマり、娘は想像した通り就活で苦戦中。いったいどうすればいいの!?

 紫は優しいダンナと自慢の娘に囲まれて幸せな日々を過ごしていましたが、将来が不安で仕方ありませんでした。

 いつまでも娘に頼って生きていくわけにはいきません。そもそも芸能界はいつまで活躍できるかわからない世界。

 それなのに夫は漫画ばかり読んで、何も考えずに今を楽しんでいます。娘も大学に行かずに女優業に専念。芸能界でこけたらどうなるの!?

 どのような環境になっても子育ての悩みは尽きないことがわかります。

 実家がある田舎には戻りたくない

 そんな悩みを抱える彼女たちが、それでも東京で頑張り抜こうとしたのは、田舎の実家には帰りたくない!?という強い思いがあったからでした。

 淳子は大学生の頃に実家に帰り、ここでは暮らしていけないと思っていました。なぜなら、自由がないから。

 実家の近くで同級生の男の子と5分立ち話をしただけで、付き合っているという噂が流れたり、喫茶店に入っても常連のおじさんたちが話しかけてきて、ゆっくり本も読めません。そんな息苦しい場所に戻りたいとは思えなかったんですね。

 明美も同じ考えでした。田舎は近所の目が窮屈で仕方ありません。

 なかでも紫は親からの束縛がきつく、結婚相手まで親が決めようとする始末。そのため、フランス人の男性と結婚したことで勘当されます。

 「こんな不自由な暮らしはもう嫌だ!」これが彼女たちの生きる原動力になっていたのかもしれません。

 どうせツライ思いをするなら、親や他人に生き方を決められるよりも、自分で決めた方が楽しく生きられるはず!?

 親子ともに自分らしく生きるに限る!?

 そんな彼女たちは、自分のような不自由な思いをさせたくないと考え、子育てに励んできました。

 淳子は大嫌いな義理の両親と暮らすことで子どもの教育費を捻出し、明美は嫌われても「英文科には行かないほうがいい!」と伝え、紫は芸能人として売れなくなった後のことを考え、大学進学を勧めてきました。

 しかし、誰一人として親の思い通りにはいきませんでした。なぜなら、子どもも自分らしく自由に生きたいと思っていたから。

 このことに気づいた彼女たちは、自分を犠牲にしてまで子どもに尽くすのはやめよう、もっと自分の人生を楽しもうと考えます。

 これが本書のタイトル『子育てはもう卒業します』です。

 最後に

 垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。読めば「子ども優先で生きるのはやめて、自分らしく生きよう」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』は結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 結果ばかり追い求めていませんか?  私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。  「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わ …

川端康成『舞姫』は時代の変化についていけなかったバレリーナの物語

 時代の変化についていけてますか?  私は出来るだけ時代の変化についていこうと、最新の本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。  川端康成さん …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2』は人との距離を縮めるには一歩踏み出す勇気が必要だと教えてくれる物語

 他人と距離をとって生きていませんか?  私はどちらかと言うと、お節介なところがあるので、他人の領域に踏み込んでしまうところがありますが、そんな性格で良かったのかなと思える物語がありました。  三上延さんの小説『ビブリア …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』は父親の役割について考えさせられる物語

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当然として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったり…と、子どもと共に行動する日々が続きます。  しかし、ときどき、これで本 …