webstation plus

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)


 垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。

 3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこと間違いなし!?

 今回は『子育てはもう卒業します』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『子育てはもう卒業します』のあらすじ

 教育費を捻出するために、大嫌いな義理の両親と同居することにした淳子(じゅんこ)。しかし、中学受験を控えた長男は、週5日の塾通いをしても賢くなりませんでした。

 そんな淳子に耳寄りな話が。舅のコネを使えば受験をしなくても目的の中学に入学できる!?

 高校二年生の娘を持つ明美は、娘には一生続けられる仕事について欲しいと願っていましたが、彼女は英文科に進学することを希望していました。

 「このままでは私の二の舞だ!」と仏文科を卒業して苦労してきた明美は、看護学科や薬学部を勧めますが…。

 親の反対を押し切ってフランス人と結婚した紫(ゆかり)。結婚当初は優しくて今を生きる夫が自慢でしたが、娘が女優として活躍するようになると、生活のすべてを娘に頼り、漫画ばかり読んでいる夫に嫌気がさしてきました。

 しかし、娘はそんな父親が大好き。いったいどうすればいいの!?

 そんな彼女たちの青春時代から中年までを描いた小説です。

 子育ての悩みは尽きない!?

 淳子は苦労せずに夫の実家の離れに豪邸を手に入れましたが、その代償は大きいものでした。

 義理の両親は何かにつけて口出ししてきます。長男の名前「龍男」は、夫の母親の名前「龍子」の一字を取ってつけたもの。

 そんな義母は、子どもには絵本を読み聞かせなさい、ジーパンは履いちゃダメ、パートに出かけるなんてもってのほか!?など自分の考えを押し付けてきます。しかも、土日も家に入り浸り。これでは息がつまって仕方ありませんよね。

 それでも「子どもの将来のために」と教育費を捻出してきた淳子でしたが、長男は賢くなりませんでした。他の二人が羨ましくて仕方ない!?

 しかし、明美も紫もそれぞれ悩みを抱えていました。

 明美は、夫の仕事が順調で他人からは専業主婦を満喫しているように見えましたが、どれだけ韓流ドラマを観ても心が満たされることはありませんでした。むしろ、なぜこんなムダな日々を過ごしているのだろうと考える毎日。

 しかも、夫はキャバクラにハマり、娘は想像した通り就活で苦戦中。いったいどうすればいいの!?

 紫は優しいダンナと自慢の娘に囲まれて幸せな日々を過ごしていましたが、将来が不安で仕方ありませんでした。

 いつまでも娘に頼って生きていくわけにはいきません。そもそも芸能界はいつまで活躍できるかわからない世界。

 それなのに夫は漫画ばかり読んで、何も考えずに今を楽しんでいます。娘も大学に行かずに女優業に専念。芸能界でこけたらどうなるの!?

 どのような環境になっても子育ての悩みは尽きないことがわかります。

 実家がある田舎には戻りたくない

 そんな悩みを抱える彼女たちが、それでも東京で頑張り抜こうとしたのは、田舎の実家には帰りたくない!?という強い思いがあったからでした。

 淳子は大学生の頃に実家に帰り、ここでは暮らしていけないと思っていました。なぜなら、自由がないから。

 実家の近くで同級生の男の子と5分立ち話をしただけで、付き合っているという噂が流れたり、喫茶店に入っても常連のおじさんたちが話しかけてきて、ゆっくり本も読めません。そんな息苦しい場所に戻りたいとは思えなかったんですね。

 明美も同じ考えでした。田舎は近所の目が窮屈で仕方ありません。

 なかでも紫は親からの束縛がきつく、結婚相手まで親が決めようとする始末。そのため、フランス人の男性と結婚したことで勘当されます。

 「こんな不自由な暮らしはもう嫌だ!」これが彼女たちの生きる原動力になっていたのかもしれません。

 どうせツライ思いをするなら、親や他人に生き方を決められるよりも、自分で決めた方が楽しく生きられるはず!?

 親子ともに自分らしく生きるに限る!?

 そんな彼女たちは、自分のような不自由な思いをさせたくないと考え、子育てに励んできました。

 淳子は大嫌いな義理の両親と暮らすことで子どもの教育費を捻出し、明美は嫌われても「英文科には行かないほうがいい!」と伝え、紫は芸能人として売れなくなった後のことを考え、大学進学を勧めてきました。

 しかし、誰一人として親の思い通りにはいきませんでした。なぜなら、子どもも自分らしく自由に生きたいと思っていたから。

 このことに気づいた彼女たちは、自分を犠牲にしてまで子どもに尽くすのはやめよう、もっと自分の人生を楽しもうと考えます。

 これが本書のタイトル『子育てはもう卒業します』です。

 最後に

 垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。読めば「子ども優先で生きるのはやめて、自分らしく生きよう」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …