ディズニー映画『チキン・リトル』は子供と一緒に観てほしい物語

おすすめ映画

ディズニー映画はお好きですか?

私は大好きですが、ディズニー映画のなかで黒歴史とも言われている作品があります。それが『チキン・リトル』。

確かに父親が分からず屋だったり、あり得ない奇跡が起こったりと、ツッコミどころ満載な物語ですが、それでも子供と一緒に観てほしいと思える映画でした。

おすすめ度:4.0

スポンサーリンク

ヒーローになることを夢見るニワトリの物語

物語の主人公は、チキン・リトル。

彼は、有名な野球選手である父に認められたいと思っていました。

ところが、「空が落ちてくる!」と騒いだことがキッカケで、街中の人たちから嘘つき呼ばわりされるようになります。

それだけでなく、意地悪な子供たちからバカにされるようになりました。

なかでもチキン・リトルがショックを受けたのは、父親のバック・クラックにも信じてもらえないことでした。

「交通標識みたいな青いものが空から落ちてきた」と言っても、街中の人たちに「ドングリと勘違いしているんです」と言って、まったく取り合ってもらえません。

そこでチキン・リトルは、少年野球で名誉挽回を目指しますが、まったく試合に出場させてもらえませんでした。

そんなチキン・リトルにチャンスが訪れます。決勝戦で、一発逆転のチャンスにバッターとして出場することになったのです。

奇跡的にこのチャンスをモノにしたチキン・リトルでしたが、またしても「空のかけら」が落ちてきて、彼を悩ませます。

しかも、宇宙人の子供が彼の跡をつけたせいで、その親が誘拐されたと勘違いしてUFOに乗って街中に押し寄せてきました。

今度こそチキン・リトルは、父親に認めてもらえるヒーロになれるのか!?という物語が楽しめる映画です。

スポンサーリンク

思わず笑ってしまうシーンが満載

映画が始まってから、子供たちは笑い続けていましたが、それほどユーモア溢れるシーンが満載でした。

まず始まってすぐに、ライオンキング風のオープニングが流れて、「これじゃモノマネだ」と言って引っ込めたりします。

他にも、街中で騒ぎが起きたときに、ベビーカーから「どれだけ入ってんねん!」とツッコミたくなるほど次々と犬が出てきます。

もちろん、チキン・リトル本人も面白かったです。

学校に着く前にズボンが汚れてしまったチキン・リトルは、代わりに答案用紙でズボンを作って履きます。

さらに、炭酸のジュースを振って、その噴射で窓から教室に潜り込んだりするのですが、そんなチキン・リトルの行動が可愛すぎるんですよね。

彼の友達も面白い子ばかりです。

潜水メットを被った魚のフィッシュや、身体は大きいのに怖がりの豚・フント、醜いアヒルのアビーなど、個性的な彼らが織りなす物語に釘付けになり、気づけば笑っています。

そんなユーモア・溢れる物語が楽しめる映画です。

スポンサーリンク

「親子の信頼関係を築くには?」をテーマに描かれた物語

『チキン・リトル』は、そんなユーモア溢れる映画ですが、父と息子の失われた信頼関係が取り戻せるのか?というシリアスなテーマを描いている作品でもあります。

そのため、父のバック・クラックが息子の発言をまったく信じないシーンが多くあります。

実は、チキン・リトルが黒歴史だと言われている要因として、「父親が分からず屋すぎる」と多くのサイトで言われていますが…。

こうした指摘ができるのは、客観的に映像をみているからであって、本気でこの父親のような振る舞いをしている親たちは大勢います。

私の身近にもいますが、自分がおかしな振る舞いをしているのに、「助けてあげるからな」なんてバカげた発言を平気でする親さえいます。

そんな子供と向き合っていない親が大勢いることを示唆している映画でもあるんですよね。

親と子の信頼関係を取り戻すには、子供の言うことを信じることが、始めの一歩だとわかる映画です。

最後に

今回は、ディズニー映画のなかで黒歴史とも言われている『チキン・リトル』について紹介してきました。

確かに、父親が分からず屋だったり、あり得ない奇跡が起こったりと、ツッコミどころ満載な物語ですが、それでも子供と一緒に観てほしいと思える映画です。

気になった方は、ぜひ観てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました