webstation plus

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。

 ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような三流記者がいるんですよね。なぜなら…。

 多くの人が他人の不幸を知りたがっている

「でもね、成瀬さん、他人の不幸は蜜の味というのは嘘ではない。妬みについて調べた研究では、実際、ネズミにだって自分より優れたライバルに不幸が訪れると脳が喜びを感じるらしい。これはもう仕方がない。脳の問題なんだ」

 と三流記者・火尻が言うように、私たちの多くが他人の不幸を望んでいるからです。

 たとえば、自分とは正反対の考えの持ち主が成功している姿を見ると、心のどこかで「失敗しろ」って思いますよね。この心理を利用して記事を書いているわけです。

 ところが、これが行き過ぎると、無実の人を不幸に陥れることになります。

 実際に起きた悲しい事件も紹介されている

 この物語では火尻の記事が原因で3人の無実の人が死に追いつめられていました。実は、そのうちのひとつは本当に起きた事件がベースになっているんですよね。

 その事件というのは、

「学校の先生の話でな。教え子に侮蔑的な呼び名をつけたり、正座をさせられたり、『処刑』と呼んで、鉛筆で手のひらを刺したりもしていたのがニュースになった」
「デマだったんだ」
「生徒の親が、その教師とウマが合わなくてな、でまかせを記者に流した」

 これは『でっちあげ』という本に書かれている内容そのものです。実際は、裁判でデマが暴かれていったのですが、この記事を書いた記者も、嘘をでっち上げた生徒の親も誰もその教師に謝っていません。

 なぜなら、悪いことをしたと思っていないから。むしろ、他人の不幸を喜んでいるからです。もっと言えば、記者は売れさえすれば何を書いてもいいと思っているからです。だからこそ…。

 ゴシップ記事は読まないに限る

 これにつきます。私たちが他人の不幸を喜んでいる限り、世の中に嘘が出回ります。これからも無実の人が不幸になっていくでしょう。

 だからこそ、ゴシップ記事は読まないに限る――そんな想いが伝わってくる小説が伊坂幸太郎さんの『陽気なギャングは三つ数えろ』です。

 物語としては、ギャングたちが火尻に追い詰められ、そして逆転する姿に、怒りとスッキリ感が味わえます。気になった方はぜひ。

 関連記事

有川浩『図書館革命』/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要なんてない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …