webstation plus

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。

 ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような三流記者がいるんですよね。なぜなら…。

 多くの人が他人の不幸を知りたがっている

「でもね、成瀬さん、他人の不幸は蜜の味というのは嘘ではない。妬みについて調べた研究では、実際、ネズミにだって自分より優れたライバルに不幸が訪れると脳が喜びを感じるらしい。これはもう仕方がない。脳の問題なんだ」

 と三流記者・火尻が言うように、私たちの多くが他人の不幸を望んでいるからです。

 たとえば、自分とは正反対の考えの持ち主が成功している姿を見ると、心のどこかで「失敗しろ」って思いますよね。この心理を利用して記事を書いているわけです。

 ところが、これが行き過ぎると、無実の人を不幸に陥れることになります。

 実際に起きた悲しい事件も紹介されている

 この物語では火尻の記事が原因で3人の無実の人が死に追いつめられていました。実は、そのうちのひとつは本当に起きた事件がベースになっているんですよね。

 その事件というのは、

「学校の先生の話でな。教え子に侮蔑的な呼び名をつけたり、正座をさせられたり、『処刑』と呼んで、鉛筆で手のひらを刺したりもしていたのがニュースになった」
「デマだったんだ」
「生徒の親が、その教師とウマが合わなくてな、でまかせを記者に流した」

 これは『でっちあげ』という本に書かれている内容そのものです。実際は、裁判でデマが暴かれていったのですが、この記事を書いた記者も、嘘をでっち上げた生徒の親も誰もその教師に謝っていません。

 なぜなら、悪いことをしたと思っていないから。むしろ、他人の不幸を喜んでいるからです。もっと言えば、記者は売れさえすれば何を書いてもいいと思っているからです。だからこそ…。

 ゴシップ記事は読まないに限る

 これにつきます。私たちが他人の不幸を喜んでいる限り、世の中に嘘が出回ります。これからも無実の人が不幸になっていくでしょう。

 だからこそ、ゴシップ記事は読まないに限る――そんな想いが伝わってくる小説が伊坂幸太郎さんの『陽気なギャングは三つ数えろ』です。

 物語としては、ギャングたちが火尻に追い詰められ、そして逆転する姿に、怒りとスッキリ感が味わえます。気になった方はぜひ。

 関連記事

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …