webstation plus

magazine_02

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を

 というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒であれ、やり過ぎは禁物です。

 しかし、いわゆる下世話な週刊誌の記者たちは、やりすぎで訴えられることになろうとも、そうした報道を自主規制しようとは考えていません。つい先日報じられた「夏目三久アナと有吉熱愛!すでに妊娠」のように、火のないところに煙を立てたり、踏み込まれたくないプライベートを公開することでお金を稼いでいます。

 これを「プロ根性」と呼んでいいのかどうかはわかりませんが、『絶歌』を出版した太田出版のように、彼らにも「売ったもん勝ち」の精神が宿っているのでしょう。

 小説『陽気なギャングは三つ数えろ』/あらすじ&感想

 伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』に登場する雑誌記者・火尻もそのひとり。彼は、これまで悪質な記事で3人を自殺に追い込んできましたが、それでも火のないところに煙を立てたり、他人のプライベートに踏み込むことをやめようとはしませんでした。

 なぜなら、少ないリスクで金儲けができるからです。たとえ行き過ぎた取材、報道が発覚したとしても、カタチばかりの謝罪をすれば、それで済みます。

 「火尻や火尻の記事を使う雑誌社の言い分はこうだ。『社会的な事件について、読者に関心を持ってもらうためなんだ』と。つまり、『もっと身近に!』ってわけだな。記事はいつだって、読者のため、読者と社会をつなぐ懸け橋でなくては」

 「いくら懸け橋といっても、被害者のプライバシーをそこまで書いたらさすがに問題になりそうだけど」

 「問題にはなった。雑誌には謝罪記事が載った」「それで?」「それだけだ」「それだけ?」

 「ごめんね、これからは気を付けます、の謝罪文が載っただけ。一度書かれた情報は取り消せないというのにな。人の記憶を消すわけにはいかない。結局、職場にもいづらくなったその女性は自殺した」

 その後も、火尻は女性を自殺に追い込んだことを反省するどころか、カジノで膨れ上がった借金を返済するために、新たなターゲットを探していました。特ダネを書いて借金を帳消しにしようとしていたのです。

 そこで目をつけたのが偶然知り合った銀行強盗の四人組(これがこの物語の主人公たち)。彼らが銀行強盗であるという確証はつかめていませんが、「お前らが銀行強盗の犯人だと書くぞ」と脅すことで、大金を手に入れようと企みます。

 というわけで、この物語は、火尻に追い込まれた主人公たちが、最後に逆転するという痛快サスペンスなのですが、現実にも火尻のように根も葉もない嘘や触れてほしくないプライベートな内容を記事にすることで儲けようとしている記者や雑誌社があります。

 オウム真理教が実行した松本サリン事件を覚えておられるでしょうか。事件発生当初は、第一通報者であった河野義行さんが容疑者扱いされ、マスコミ各社は確証がないまま彼が犯人だという報道を繰り返しました。時間が経つにつれて報道内容は過熱していきます。

 なかでも『週刊新潮』は、「毒ガス事件発生源の奇怪家系図」と題した記事で河野家の家系図を掲載するなど、プライベートな内容まで公表していきました。しかし、地下鉄サリン事件後、河野さんが無実だと判明してからも、謝罪ひとつしていません。

 まさに、誰を傷つけようとも「売れたもん勝ち」を信念にしている雑誌社だといえるでしょう。

 雑誌社や記者だけに責任があるのか?

 とはいえ、そういった低俗な記事がはびこるのは、雑誌社や記者だけに責任があるわけではありません。そういった記事を求めている人たちにも責任があります。

 「たかが週刊誌記事ですよ。悪いのは、それに群がって、やいのやいの騒ぐ人たちのほうで。マスコミにはだいたい、報道の自由があって、大衆の知る権利というのを守っているわけだから」

――という言い訳ができる余地を、私たちが与えているわけですね。だからこそ、「低俗な雑誌や本は読まない&買わない」というポリシーを持つ必要があるのです。

 というわけで、小説『陽気なギャングは三つ数えろ』は、「低俗な雑誌や本を読むのは時間のムダであり、さらに間接的に誰かを傷つける」ということを教えてくれる小説でした。もし、低俗な本や雑誌を読む時間があるのなら、この小説を読んでみてはいかがでしょうか。

 関連記事

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …