webstation plus

baseball_01

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳しい環境にさらされる可能性が高くなるからです。

 仕事には大きく2種類あるといわれています。それは:

  1. 他人がやりたくないことをする
  2. 他人にできないことをする

 「他人がやりたくないことをする」とは、たとえば風俗で働くこと。最近では、不倫や浮気をしている女性が3人に1人というデータもあるそうですが、だからといって風俗で働きたいと思う女性は少ないでしょう。お金と引き換えに小汚いジジィに抱かれるなんて考えただけで吐き気がします(←偏見)。

 もちろん、風俗は極端な例だとしても、「他人がやりたくないこと」を仕事にしている人は大勢います。なぜなら、もうひとつの方法である「他人にできないことをする」のは難しいからです。

 もし、あなたがサラリーマンとして働いているのなら、周りを見渡してみてください。「他人にできないことをしている人」は、ほとんど見つからないと思います。大勢の人たちは、明日辞めても「代わりがきく仕事」をしているはずです。

 だからといって、未来に絶望して「やりがいのある仕事」を求めて転職すればどうなるのでしょうか。よほどの覚悟と自信がなければ、精神的にツライ思いをすることになるでしょう。

 たとえば、小説『ルーズヴェルト・ゲーム』に描かれている職業野球人たちも、「やりがいのある仕事」に就く代わりに、厳しい現実にさらされていました。

 彼らの多くは会社から野球採用されています。だから野球は上手い。なかには、プロ野球を目指している選手までいます。簡単には代わりがきかない、やりがいのある仕事をしている人たちです。

 しかし、野球が上手いからといって生き残れるとは限りません。大切なものがかかった試合、プレッシャーのかかるここ一番で、実績が出せる精神力と運――これらを兼ね備えた選手だけがスタメンになれるからです。

 もちろん、スタメンになれたからといって、安心できるわけではありません。怪我をしたら選手生命は絶たれます。会社の業績が悪くなれば、野球部自体が廃部に追い込まれるかもしれません。廃部になれば、職業を奪われるのに等しい。つまり、彼らは「人生をかけた野球」を毎日しているのです。

 さて、あなたが「やりがいのある仕事がしたい」と思っているのであれば、彼ら職業野球人たちと同じように、人生をかける覚悟がないと痛い目をみることになるでしょう。なぜなら、多くの人たちも「やりがいのある仕事」を望んでいるからです。

 だから、もし、その覚悟がないようであれば、今、目の前にある仕事を好きになってみてはどうでしょうか。たとえ興味がなかったとしても、全力で取り組んでみる。そうすれば、その仕事が好きになれるかもしれないし、あるいは、その頑張りが「やりがいのある仕事」まで導いてくれるかもしれません。

 とにかく、「やりがいのある仕事」に憧れだけを抱いて行動してしまうと、痛い目をみることになるでしょう。もちろん、それはそれでいい経験なのでしょうが――、まずは目の前にある仕事に全力で取り組むことをオススメします。

 関連記事

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …