毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

おすすめ小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)

 毎日、闘っていますか。

 私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。

 しかし、池井戸潤さんの小説『ルーズヴェルト・ゲーム』を読んで、「このままではダメだ」と反省しました。

 職業野球人としてひたむきに生きる彼らの姿に胸が熱くなったからです。

 今回は『ルーズヴェルト・ゲーム』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『ルーズヴェルト・ゲーム』のあらすじ

 センサを主力商品とする電子部品メーカー・青島製作所。彼らは高い技術力を誇る中堅メーカーでしたが、世界恐慌等の煽りを受け業績は良くありませんでした。

 そんな中、大手メーカーのミツワ電器がセンサ事業に乗り出してきます。赤字覚悟の販売価格に青島製作所が立ち向かうには、新製品を短期間で開発するしかありませんでした。

 とはいえ、そう簡単に新製品が開発できるほど現実は甘くありません。そこでリストラに踏み切ることに。

 なかでも最大のお荷物は年間3億円の維持費がかかる野球部。しかも監督と有力選手がミツワ電器に引き抜かれます。野球部に未来はあるのか!?

スポンサーリンク

 『ルーズヴェルト・ゲーム』のおすすめポイント

1. 青島製作所と野球部、2つの闘いがリンク!?

 青島製作所と野球部は、ともにミツワ電器と闘うことになりました。

 青島製作所はセンサを大手メーカーに納める競合相手として、野球部は東京都の代表をかけて闘います。

 しかし、ミツワ電器はやり方が汚いんですよね。

 資金にものを言わせて赤字覚悟の値段設定をしたり、青島製作所の株主をそそのかして経営統合しようとしたり、監督と主力選手を引き抜いたりと卑怯極まりありません。

 そんなミツワ電器と青島製作所がタイトルにもなっているルーズヴェルト・ゲームを繰り広げる物語です。

 ちなみに、ルーズヴェルト・ゲームとは、野球好きのフランクリン・ルーズヴェルト大統領が、いちばん面白いといった試合のこと。「8対7」という逆転劇がある試合を好んだのですね。

 青島製作所と野球部の闘いがリンクしていくのも見どころです。

2. 社会人野球部の頑張りに胸が熱くなる!?

 社会人野球部に所属する選手の多くは契約社員。怪我をしたり、結果を残せなかったり、廃部になれば会社に残ることができません。野球をするために会社にいる人たちだからです。

 では、なぜ彼らは不安定な職業野球人になったのでしょうか。

 それは、野球が何よりも好きだからです。プロになるだけの実力はありませんが、それでも野球に人生を捧げたいと思っているからです。

 だからこそ、メンバーが怪我をして会社を辞めることになっても、廃部になるという噂が流れても、目の前の試合に全力を尽くします。

 私たちサラリーマンよりも、強い覚悟を持って野球に向き合っているんですよね。

 そんな彼らの姿をみていると、「今日から真剣に仕事に向き合おう」思えること間違いなし!?

3. 嫌な人間にも立場があることがわかる

 『ルーズヴェルト・ゲーム』には、嫌な人たちが多数登場します。

 野球部を廃部に追い込もうとする役員や自分の利益しか考えない株主、ライバル会社を蹴落としてでも生き残ろうとする社長などなど。

 とても嫌な人たちですが、なぜそのような行動をとったのかが詳しく書かれているので、同じ立場になったら自分もそうしたかも…と思えるんですよね。

 つまり、立場が変われば自分も嫌な人間だということ。

 このように自分を違う視点から見つめられるのも面白いポイントです。

スポンサーリンク

 最後に

 池井戸潤さんの小説『ルーズヴェルト・ゲーム』。読めば職業野球人としてひたむきに生きる彼らの姿に胸が熱くなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました