webstation plus

baseball_01

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳しい環境にさらされる可能性が高くなるからです。

 仕事には大きく2種類あるといわれています。それは:

  1. 他人がやりたくないことをする
  2. 他人にできないことをする

 「他人がやりたくないことをする」とは、たとえば風俗で働くこと。最近では、不倫や浮気をしている女性が3人に1人というデータもあるそうですが、だからといって風俗で働きたいと思う女性は少ないでしょう。お金と引き換えに小汚いジジィに抱かれるなんて考えただけで吐き気がします(←偏見)。

 もちろん、風俗は極端な例だとしても、「他人がやりたくないこと」を仕事にしている人は大勢います。なぜなら、もうひとつの方法である「他人にできないことをする」のは難しいからです。

 もし、あなたがサラリーマンとして働いているのなら、周りを見渡してみてください。「他人にできないことをしている人」は、ほとんど見つからないと思います。大勢の人たちは、明日辞めても「代わりがきく仕事」をしているはずです。

 だからといって、未来に絶望して「やりがいのある仕事」を求めて転職すればどうなるのでしょうか。よほどの覚悟と自信がなければ、精神的にツライ思いをすることになるでしょう。

 たとえば、小説『ルーズヴェルト・ゲーム』に描かれている職業野球人たちも、「やりがいのある仕事」に就く代わりに、厳しい現実にさらされていました。

 彼らの多くは会社から野球採用されています。だから野球は上手い。なかには、プロ野球を目指している選手までいます。簡単には代わりがきかない、やりがいのある仕事をしている人たちです。

 しかし、野球が上手いからといって生き残れるとは限りません。大切なものがかかった試合、プレッシャーのかかるここ一番で、実績が出せる精神力と運――これらを兼ね備えた選手だけがスタメンになれるからです。

 もちろん、スタメンになれたからといって、安心できるわけではありません。怪我をしたら選手生命は絶たれます。会社の業績が悪くなれば、野球部自体が廃部に追い込まれるかもしれません。廃部になれば、職業を奪われるのに等しい。つまり、彼らは「人生をかけた野球」を毎日しているのです。

 さて、あなたが「やりがいのある仕事がしたい」と思っているのであれば、彼ら職業野球人たちと同じように、人生をかける覚悟がないと痛い目をみることになるでしょう。なぜなら、多くの人たちも「やりがいのある仕事」を望んでいるからです。

 だから、もし、その覚悟がないようであれば、今、目の前にある仕事を好きになってみてはどうでしょうか。たとえ興味がなかったとしても、全力で取り組んでみる。そうすれば、その仕事が好きになれるかもしれないし、あるいは、その頑張りが「やりがいのある仕事」まで導いてくれるかもしれません。

 とにかく、「やりがいのある仕事」に憧れだけを抱いて行動してしまうと、痛い目をみることになるでしょう。もちろん、それはそれでいい経験なのでしょうが――、まずは目の前にある仕事に全力で取り組むことをオススメします。

 関連記事

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

これからの日本で生き残る方法/『吉本芸人に学ぶ生き残る力』

 経営再建を進めるシャープは、台湾メーカーの鴻海精密工業(ホンハイ)に買収される方向で検討を進めている。この買収が成立すれば、シャープも立ち直れるかもしれない。しかし、今回の件でホンハイの会長は、私たち日本人に怖ろしい事 …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …