『名探偵コナン 世紀末の魔術師』は怪盗キッドがカッコよすぎる映画

おすすめ映画

怪盗キッドってカッコいいですよね。

漫画版でもキッドが出てくるとテンションが高くなる私ですが、『名探偵コナン 世紀末の魔術師』は、特にキッドがカッコよく描かれている映画です。

もちろん、それだけでなく、コナンの正体を暴こうとする蘭にハラハラしたり、物語とリンクしているエンディング曲にグッときたりする、おすすめの映画です。

おすすめ度:4.0

スポンサーリンク

3つの舞台でコナンとキッド、犯人が戦いを繰り広げる!?

怪盗キッドから、鈴木財閥で発見されたロマノフ王朝の秘宝「インペリアル・イースター・エッグ」をいただきに参上するという予告状が届きます。

鈴木園子の父である鈴木史郎の頼みで大阪にやってきた毛利小五郎たちは、大阪城からキッドが現れると推理して、優雅にお酒を飲んでいましたが…。

実はその推理は間違っており、キッドに裏をかかれてエッグを盗まれてしまいました。

ところが、逃走中のキッドを銃で撃つ人物が現れます。

キッドを追いかけていたコナンは、キッドが落ちた場所に向かったところ、そこでキッドが大切にしていた鳩とモノクル、さらにエッグを回収しましたが、キッドの生死は確認できませんでした。

その後、エッグが傷ついていないか調べるために東京に戻る船に乗ったコナンたちは、曾祖父がエッグの製作者だという香坂夏美からエッグの図面を見せられます。

その図面を見たコナンは、エッグが2つあり、さらにエッグにはめ込まれていた鏡が魔境だと気づきました。

そこでコナンは、魔境が映し出した香坂家の城に乗り込むことにしますが、東京に着く前に殺人事件が起こります。

乗船者の中にロマノフ王朝の遺産を専門に狙う強盗・スコーピオンが紛れ込んでいたのです。

スコーピオンは必ず相手の右目を撃って殺しをしていたことから、キッドを撃った犯人もスコーピオンだとわかります。

容疑者は、図面を持って現れた香坂夏美とその執事である沢部蔵之介、美術ブローカーの乾将一、ロマノフ王朝研究家の浦思青蘭、ロシア大使館一等書記官のセルゲイ・オフチンニコフ、鈴木財閥会長秘書の西野真人の6人。

コナンと変装したキッド、スコーピオンの3人が香坂家の城で決着をつける!?という物語が楽しめる映画です。

スポンサーリンク

蘭に正体がバレかけたコナンを助けに怪盗キッドが現れる!?

一方の蘭は、東京に戻る船で、コナンが自分の誕生日を新一と同じ日だと言ったことがキッカケで、コナンの正体が新一ではないかと疑いはじめました。

疑いの目でコナンを見ると、その推理力や行動力に驚かされ、蘭はますますコナンを疑いの目で見るようになります。

そして、事件解決後。蘭は、毛利探偵事務所に戻ってきたコナンに次のように言いました。

「ありがとう、お城で助けてくれて。あの時のコナンくん、カッコよかったよ。まるで新一みたいで。ほんと新一みたいで…」

蘭が涙を浮かべながらこのセリフを言ったので、コナンはこれ以上、隠し通すのは無理だと思い、正体を明かそうとしたところ、そこに新一に変装した怪盗キッドが助けに現れます。

では、なぜキッドがライバルであるコナンを助けに現れたのかと言うと…。

キザでカッコつけの怪盗キッドがカッコよすぎる映画です。

スポンサーリンク

B’zの『ONE』が物語にマッチしていて心に響く

こうして怪盗キッドがコナンのピンチを救いましたが、この直後に流れるB‘zの『ONE』が物語とマッチしていて心に響くんですよね。

「ともに過ごした日々は僕らを強くしてくれるよ この胸をはろう」

「ぜったい会いましょう いつかどこかで 忘れるわけないだろう baby, you’re the only one」

コナンとキッドの友情のような関係が歌われているような気がして、心に突き刺さりました。

最高のエンディング曲です。

スポンサーリンク

最後に

映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』は、怪盗キッドが好きな方や、コナンの正体を見破ろうとする蘭の姿を観たい方、B‘zのカッコいい歌が聞きたい方におすすめの映画です。

私は名探偵コナンもB’zも大好きなので、エンディング曲が流れたときは大興奮でした。

気になった方は、ぜひ観てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました