おすすめ小説

おすすめ小説

伊吹有喜『彼方の友へ』はどのような境遇にもめげずに奮闘する主人公の姿に感動する物語

上手くいかない理由を境遇のせいにしていませんか? 私は境遇のせいにしがちですが、伊吹有喜さんの小説『彼方の友へ』を読んで、どのような境遇にもめげずに奮闘する主人公の姿に感動しました。 それだけでなく、戦時下での美しい恋物語が楽し...
おすすめ小説

寺地はるな『わたしの良い子』は生き方に正解なんてないことがわかる物語

生き方に正解があると思っていませんか? 私は正解なんてないと思っているので、まわりを気にせずに自分らしく生きているつもりですが、 寺地はるなさんの小説『わたしの良い子』を読んで、改めて生き方に正解なんてないことがわかりました。 ...
おすすめ小説

宇佐美りん『推し、燃ゆ』は現実逃避し続ける主人公の苦しみが伝わってくる物語

現実逃避していませんか? 私は現実逃避するのが得意ではないので、すぐに悩みを解決したがりますが、 宇佐美りんさんの小説『推し、燃ゆ』を読んで、現実逃避する主人公の苦しみが伝わってきました。 それだけでなく、推しを応援したく...
おすすめ小説

崔実『pray human』は口には出せない苦しみを抱えている人たちの話に耳を傾けようと思える物語

口には出せない苦しみを抱えていませんか? 私も昔は抱えていましたが、今の家族と巡り会えて、口に出せるようになりました。 崔実さんの小説『pray human』は、今でも口に出せない悩みを抱えている人たちの話に耳を傾けようと思える...
おすすめ小説

森見登美彦『四畳半神話体系』は学生時代のバカ騒ぎをしていた記憶がよみがえってくる物語

学生時代は真面目に過ごしていましたか? 私は勉強にも励んでいましたが、多くの友人たちとバカ騒ぎもしていました。 そのため、森見登美彦さんの小説『四畳半神話体系』を読んで、懐かしい気持ちになれたんですよね。 それだけでなく、...
おすすめ小説

百田尚樹『野良犬の値段』は命の値段を地位や名誉で決める社会は生きやすいのか?と考えさせられる物語

命の値段を何で決めていますか? もちろん、人の命に値段なんてつけられないとは思いますが、 百田尚樹さんの小説『野良犬の値段』を読んで、無意識のうちに地位や名誉で人の命に値段をつけていたことに気づかされました。 それだけでな...
おすすめ小説

宮木あや子『CAボーイ』は恋愛要素とミステリー要素が楽しめる物語

恋愛要素とミステリー要素が楽しめる物語はお好きですか? 私は少し前まで恋愛小説が苦手でしたが、今では楽しめるようになったので、宮木あや子さんの小説『CAボーイ』は最後まで楽しめました。 それだけでなく、キャビンアテンダントとして...
おすすめ小説

瀧羽麻子『あなたのご希望の条件は』は自分のキャリアを見直したくなる物語

自分のキャリアについて真剣に考えていますか? 私は時間があればどうしようかと考えていますが、瀧羽麻子さんの小説『あなたのご希望の条件は』を読んで、改めて考える時間をつくろうと思いました。 それだけでなく、キャリアアドバイザーとい...
おすすめ小説

垣谷美雨『老後の資金がありません』は老後の不安を乗り越える方法を教えてくれる物語

老後に対して不安を抱えていませんか? 私は老後がとても不安でしたが、垣谷美雨さんの小説『老後の資金がありません』を読んで、どれだけ心配しても仕方がないことがわかりました。 むしろ、悩みを共有できて励まし合える人さえいれば、老後の...
おすすめ小説

芦沢央『バック・ステージ』は魅力ある登場人物が織りなす驚きのある物語

驚きのある物語はお好きですか? 私は大好きなのでミステリーをよく読んでいますが、芦沢央さんの小説『バック・ステージ』は驚きが5回も味わえました。 それだけでなく、魅力的な登場人物に惹きつけられる物語でもあったんですよね。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました