おすすめ小説

おすすめ小説

司馬遼太郎『最後の将軍』は信念のない将軍の末路を描いた物語

信念をもって生きていますか? 私はどちらかというと、信念をもって生きているつもりですが、 司馬遼太郎さんの小説『最後の将軍』を読んで、信念を持たずに、その場その場で取り繕って行動していると、その末路は悲惨なものになると気づきまし...
おすすめ小説

畠中恵『しゃばけ』は自分の限界を乗り越えたくなる一味変わったミステリー小説

自分の限界を勝手に決めていませんか? 私は困難な状況に陥ると、よく頑張った…と勝手に限界を決めて諦めてしまいがちですが、 畠中恵さんの小説『しゃばけ』の主人公は違いました。 病弱なのに、殺人事件の犯人に立ち向かっていくんで...
おすすめ小説

西加奈子『まく子』は「大人になりたくない!?」という思春期の思い出を再び味わえる物語

小学5、6年生になった頃、「大人になんてなりたくない!?」って思っていませんでしたか? 私は思っていました。異性を意識しはじめたり、身体の変化を受け入れる勇気がなかったりしたので、モヤモヤしていたんですよね。 そんな懐かしい記憶...
おすすめ小説

西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる物語

人の気持ちに寄り添っていますか? 私は歳をとるにつれて、他人よりも自分を優先するようになりましたが、 西加奈子さんの小説『i(アイ)』を読んで考えを改めました。 愛情をもって人の気持ちに寄り添いたくなる物語なんですよね。 ...
おすすめ小説

和田竜『小太郎の左腕』は人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかる物語

誰かを騙して利益を得ようとしていませんか? 私はそれほど強欲ではないので人を騙してまで欲しいものはありませんが、 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』を読んで人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかりました。 誰かを騙して...
おすすめ小説

和田竜『忍びの国』は家庭環境の影響力に衝撃を受ける物語

家庭独自の習慣はありますか? 私は片付けを徹底するように育てられたので、子供たちがモノを散らかしているとイライラしてしまいますが…。 和田竜さんの小説『忍びの国』に登場する忍者たちは、想像を絶するような倫理観をしていました。 ...
おすすめ小説

森絵都『ラン』は人生は一人旅だけれど走り続ければ仲間に出会えるかも!?と思える物語

人生をエンジョイしていますか? 私はエンジョイしていますが、森絵都さんの小説『ラン』の主人公は違いました。死にたいと思っていたのです。 しかし、ある自転車と出会い、さらにフルマラソンを走ることになって、考えが変わっていくんですよ...
おすすめ小説

辻堂ゆめ『卒業タイムリミット』は学校が有意義になるかどうかは先生次第だとわかる物語

学校が有意義になるかどうかは先生次第だと思いませんか? 私はそう思います。化学のテストでいちばんを取っても、授業態度が気に入らないという理由で5段階評価で「4」をつけられたり、 怪我をしたのに体育教師にプールに入れと迫られたり、...
おすすめ小説

森絵都『漁師の愛人』は勇気があれば人生は何度でもやり直せると思える物語

今とは違う人生を歩んでみたいと思っていませんか? 私はそう思うこともありますが、森絵都さんの小説『漁師の愛人』を読んで、一歩踏み出す勇気があれば人生は何度でもやり直せるのかも!?と思えるようになりました。 たとえ、地震や原発によ...
おすすめ小説

辻堂ゆめ『あの日の交換日記』は自分の想いを文章に書き出してみたくなる物語

自分の想いを文章に書き出していますか? 私は定期的にブログに書き出しているので気分がスッキリしていますが、 辻堂ゆめさんの小説『あの日の交換日記』を読んで、交換日記で相手に自分の想いを伝えるのもいいかもしれないと思うようになりま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました