webstation plus

 この前のエントリで、本屋大賞2019にノミネートされた10冊とおすすめランキングを紹介しましたが、今回は本屋大賞2018の紹介です。  本屋大賞2018も本屋大賞2019と同様に、これまで出会ったことのない面白い作品と … 続きを読む 
 加賀恭一郎シリーズと聞くと、阿部寛さん演じる『新参者』シリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。  もちろん、ドラマや映画としても面白い物語なのですが、原作を読めばより一層楽しめると思います。  そこで今回は … 続きを読む 
 伊坂幸太郎さんの小説は複数の異なる物語が繋がっていき、最後に驚きが用意されているものが多数あります。  それだけでなく、登場人物のセリフがユーモアに溢れ、知的なので心に残るんですよね。   私はこういった物語が大好きな … 続きを読む 
 誰も殺されない青春ミステリーはお好きですか?  私は殺人事件が起きるミステリーが大好きですが、米澤穂信さんの小説『古典部シリーズ』を読んで、誰も殺されないミステリーもそれほど悪くないかもしれないと思いました。  むしろ … 続きを読む 
 伊坂幸太郎さんの小説は数多く出版されていますが、出版されている冊数のわりにシリーズものがそれほど多くありません。  このエントリを書いている時点では40冊近く出版されていますが、『陽気なギャングシリーズ』『殺し屋シリー … 続きを読む 
 ガリレオシリーズと聞くと、科学的なトリックを湯川准教授(最新作では教授)が論理的に解き明かすイメージがありますよね。  もちろん、初期の作品ではその傾向が強かったのですが、シリーズを重ねるにつれて、湯川の人間としての魅 … 続きを読む 
 バレエはお好きですか?  私は実際のバレエを見たことはありませんが、小説や漫画ではよく読んでいます。ダンサーたちのひたむきに努力する姿に胸が熱くなるんですよね。  とはいえ、バレエと一言でいっても様々な切り口の物語があ … 続きを読む 
 「次にどの本を読もうかな?」と迷ったとき、私はどうしても好きな作家さんの小説ばかり選んでしまうので、本屋大賞などの賞をとった小説も読むようにしています。  なかでも本屋大賞は書店員さんが選んだだけあって、これまで出会っ … 続きを読む 
 伊坂幸太郎作品の特徴といえば、ある人物が複数の作品にまたがって登場するところですよね。今回紹介する泥棒の黒澤もそのひとりです。  黒澤は、泥棒という罪を犯し続ける悪い人間なのですが、なぜか盗んだ相手のことを気にかけて「 … 続きを読む 
 伊坂幸太郎さんと聞くと少し重苦しいイメージがありませんか?  実際、『重力ピエロ』や『アヒルと鴨のコインロッカー』、『グラスホッパー』など、初期の作品には重苦しいテーマを扱っている物語が多くあります。  しかし、初期の … 続きを読む