webstation plus

 一発逆転したいと思ったことありませんか。

 私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。

 では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。

 リスクを取るしかない

 これしかありません。銀行にお金を預けても、大した利子がつかないように、リスクを取らなければ、一発逆転なんて夢のまた夢です。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共著『キャプテンサンダーボルト』の主人公たちもリスクを取ることで一発逆転を目指しました。

 まずひとり目の主人公・相葉は、1973年式のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを手に入れるために借金をし、さらに東京でAV出演を強要された後輩を救うために借金を重ねました。

 その結果、これまで迷惑をかけっぱなしだった母の店舗兼住居を手放すことになります。

 さすがに、このままではダメだと思った相葉は、一発逆転を目指して詐欺師からお金を奪う計画を立てました。

 ところが、待ち合わせ場所に現れたのは、詐欺師ではなく、プロの犯罪集団だったんですよね。その中には、平然と人殺しをするメンターと呼ばれる怪人の姿もありました。ところが…。

 二人で力を合わせれば困難にも立ち向かえる

 相葉はプロの犯罪集団と知った上でお金を奪おうとします。しかし、さすがに一人では無理がありました。

 そんなときに偶然再会したのが、少年野球チームでバッテリーを組んでいた井ノ原です。井ノ原も借金を抱えて苦しんでいました。

 井ノ原の息子は、特殊なアレルギーにかかり、かゆさで夜も眠れません。妻も看病と借金に追われてノイローゼ気味になっていました。

 もうどうすることも出来ない窮地に追い込まれていた井ノ原は、相葉と一緒に一発逆転を目指すんですよね。

 そんな二人の姿をみていると、一人では無理でも、二人でなら一発逆転できるかも…と思えてきます。

 共著という特殊な描き方がこの物語を生み出したのかも

 ここまで紹介してきたように、『キャプテンサンダーボルト』は、一人では無理でも二人でなら大きなものに立ち向かえるかも…がテーマの物語ですが、それは共著という特殊な形態で描かれた作品だからかもしれません。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの二人で、これまで達成できなかった大きな何かを達成しようと目指した作品に思えてくるんですよね。

 とにかく、一発逆転を目指すならリスクを取ろう、一人で無理そうなら仲間を作ろう。そんな思いにさせてくれる物語です。

 関連記事

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …