webstation plus

 一発逆転したいと思ったことありませんか。

 私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。

 では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。

 リスクを取るしかない

 これしかありません。銀行にお金を預けても、大した利子がつかないように、リスクを取らなければ、一発逆転なんて夢のまた夢です。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共著『キャプテンサンダーボルト』の主人公たちもリスクを取ることで一発逆転を目指しました。

 まずひとり目の主人公・相葉は、1973年式のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを手に入れるために借金をし、さらに東京でAV出演を強要された後輩を救うために借金を重ねました。

 その結果、これまで迷惑をかけっぱなしだった母の店舗兼住居を手放すことになります。

 さすがに、このままではダメだと思った相葉は、一発逆転を目指して詐欺師からお金を奪う計画を立てました。

 ところが、待ち合わせ場所に現れたのは、詐欺師ではなく、プロの犯罪集団だったんですよね。その中には、平然と人殺しをするメンターと呼ばれる怪人の姿もありました。ところが…。

 二人で力を合わせれば困難にも立ち向かえる

 相葉はプロの犯罪集団と知った上でお金を奪おうとします。しかし、さすがに一人では無理がありました。

 そんなときに偶然再会したのが、少年野球チームでバッテリーを組んでいた井ノ原です。井ノ原も借金を抱えて苦しんでいました。

 井ノ原の息子は、特殊なアレルギーにかかり、かゆさで夜も眠れません。妻も看病と借金に追われてノイローゼ気味になっていました。

 もうどうすることも出来ない窮地に追い込まれていた井ノ原は、相葉と一緒に一発逆転を目指すんですよね。

 そんな二人の姿をみていると、一人では無理でも、二人でなら一発逆転できるかも…と思えてきます。

 共著という特殊な描き方がこの物語を生み出したのかも

 ここまで紹介してきたように、『キャプテンサンダーボルト』は、一人では無理でも二人でなら大きなものに立ち向かえるかも…がテーマの物語ですが、それは共著という特殊な形態で描かれた作品だからかもしれません。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの二人で、これまで達成できなかった大きな何かを達成しようと目指した作品に思えてくるんですよね。

 とにかく、一発逆転を目指すならリスクを取ろう、一人で無理そうなら仲間を作ろう。そんな思いにさせてくれる物語です。

 関連記事

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …