webstation plus

 一発逆転したいと思ったことありませんか。

 私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。

 では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。

 リスクを取るしかない

 これしかありません。銀行にお金を預けても、大した利子がつかないように、リスクを取らなければ、一発逆転なんて夢のまた夢です。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共著『キャプテンサンダーボルト』の主人公たちもリスクを取ることで一発逆転を目指しました。

 まずひとり目の主人公・相葉は、1973年式のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを手に入れるために借金をし、さらに東京でAV出演を強要された後輩を救うために借金を重ねました。

 その結果、これまで迷惑をかけっぱなしだった母の店舗兼住居を手放すことになります。

 さすがに、このままではダメだと思った相葉は、一発逆転を目指して詐欺師からお金を奪う計画を立てました。

 ところが、待ち合わせ場所に現れたのは、詐欺師ではなく、プロの犯罪集団だったんですよね。その中には、平然と人殺しをするメンターと呼ばれる怪人の姿もありました。ところが…。

 二人で力を合わせれば困難にも立ち向かえる

 相葉はプロの犯罪集団と知った上でお金を奪おうとします。しかし、さすがに一人では無理がありました。

 そんなときに偶然再会したのが、少年野球チームでバッテリーを組んでいた井ノ原です。井ノ原も借金を抱えて苦しんでいました。

 井ノ原の息子は、特殊なアレルギーにかかり、かゆさで夜も眠れません。妻も看病と借金に追われてノイローゼ気味になっていました。

 もうどうすることも出来ない窮地に追い込まれていた井ノ原は、相葉と一緒に一発逆転を目指すんですよね。

 そんな二人の姿をみていると、一人では無理でも、二人でなら一発逆転できるかも…と思えてきます。

 共著という特殊な描き方がこの物語を生み出したのかも

 ここまで紹介してきたように、『キャプテンサンダーボルト』は、一人では無理でも二人でなら大きなものに立ち向かえるかも…がテーマの物語ですが、それは共著という特殊な形態で描かれた作品だからかもしれません。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの二人で、これまで達成できなかった大きな何かを達成しようと目指した作品に思えてくるんですよね。

 とにかく、一発逆転を目指すならリスクを取ろう、一人で無理そうなら仲間を作ろう。そんな思いにさせてくれる物語です。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …