webstation plus

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)


 一発逆転したいと思ったことありませんか。

 私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共著『キャプテンサンダーボルト』に登場する主人公たちも一発逆転したいと思っていました。

 相葉は車と女性関係で積み重なった借金のために、井ノ原は子どもの病気を治すために一発逆転を目指します。読めば「どんなことにも逆転できるチャンスはある」と思えること間違いなし!?

 今回は『キャプテンサンダーボルト』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『キャプテンサンダーボルト』のあらすじ

 1973年式のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを手に入れるために借金をした相葉は、東京でAV出演を強要された後輩を救うためにさらに借金を重ねました。

 その結果、これまで迷惑をかけっぱなしだった母の店舗兼住居を手放すことに。

 さすがに、このままではダメだと思った相葉は、一発逆転を目指して詐欺師から金を奪う計画を立てます。

 しかし、待ち合わせ場所に現れたのは、詐欺師ではなく、プロの犯罪集団でした。その中には、メンターと呼ばれる怪人の姿が!?

 ここから相葉の一発逆転劇が始まります。

 『キャプテンサンダーボルト』のおすすめポイント

1. 至るところに伏線が!?

 物語の冒頭、東京大空襲の話が出てきます。内容は、三機のB29が東北にある蔵王連邦の不忘山に墜落したというものでした。

 その後、蔵王連邦の近くにある御釜で、村上病という感染症が広がります。感染すれば致死率が70%強といわれる怖ろしい病気。多くの人が予防接種を受けました。

 さらにその後、戦隊ヒーローの『鳴神戦隊サンダーボルト』劇場版が公開中止になります。レッド役の赤城駿が少女にわいせつ行為をしたのが原因でした。

 そして現在。プロの犯罪者集団から金を巻き上げようと、相葉が命がけでメンターに立ち向かう!?

 このバラバラな物語がひとつに繋がっていくのが面白い小説です。

2. 主人公2人のコンビネーションが絶妙

 相葉がプロの犯罪集団に立ち向かおうとしていた頃、井ノ原は借金で苦しんでいました。

 彼の4歳になる息子は、特殊なアレルギーにかかり、痒さで夜も眠れません。妻も看病と借金に追われてノイローゼ気味。

 そんな窮地に追い込まれた井ノ原が、偶然、少年野球のチームメイトだった相葉と再会し、一緒に金を奪わないかと誘われます。

 初めは協力することを拒否していた井ノ原でしたが、相葉の勢いに押されて手伝う羽目に…。

 こうしてトラブルメーカーの相葉と家族思いの井ノ原が結託して犯罪集団に立ち向かいます。絶妙なコンビネーションが面白い!?

3. 驚きの結末が!?

 物語が終盤に入ると、村上病の謎が明かされ、まったく想像していなかった結末が浮かび上がってきます。

 さらに、相葉と井ノ原の頑張りに胸が熱くなり、心動かされること間違いなし!?

 最後に

 阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共著『キャプテンサンダーボルト』。読めば「どんなことにも逆転できるチャンスはある」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリーが多数用意されています。きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『 …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学より大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は切なくて悲しくて爽やかな小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロする …