「仕事ができない人」が「できる人」との差を埋めるために今すぐやっておきたいこと

ビジネス

「仕事ができる人」と「仕事できない人」の差は大きいと思っていませんか?

実は、この差はそれほど大きくありません。

仕事ができると言っても、「誰にも真似できない大きな仕事」を成し遂げている人は、ほとんどいないからです。

「多くの人が疎かにしている基本」をきっちりしている人が、仕事ができる人なんですよね。

スポンサーリンク

話し方を変えるだけで「仕事ができる人」になれる!?

たとえば、当たり前のことでも、それを人の10倍やれば、それだけで10人に1人の逸材になれます。

とはいえ、そう簡単には人の10倍も仕事ができるようにはなれませんよね。

そこで、話し方を変えるところから始めます。

話し方を変えれば、相手に与える印象が大きく変わるだけでなく、自分の行動まで変えることができるからです。

具体的には、次の4つを意識して話すことが「仕事ができる人」への第一歩です。

  1. できますと言い切る
  2. 自分の仕事についてイキイキと話す
  3. 雑談力をつける
  4. 生き方を決めるキーワードをもつ

それぞれ簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

1. できますと言い切る

もちろん、実現できないことを「できます」というのはダメですが…。

実現できる可能性があるのなら、思い切って「できます」と言い切る覚悟を持つことが、仕事ができる人への第一歩です。

たとえば、会社で新しい企画を提案したり、新規ビジネスを立ち上げる場合、「できます」と言い切る人がいなければ始まりませんよね。

もちろん、どんな意思決定でも、不確定要素はつきもなので、100%成功が保証されているわけではありません。

それでも、「できます」と言い切れば、成功するために何をすべきか?と頭が働き始めます。

それだけでなく、「できます」と言い切る人が周りにいれば、その人と一緒に仕事がしたくなりませんか。

つまり、「できます」と言い切れば、成功への一歩を踏み出すキッカケになるだけでなく、まわりにまで良い影響を与えられるのです。

失敗したらどうしよう…と悩むよりも、「できます」と言い切って一歩踏み出すようにしていきたいですね。

スポンサーリンク

2. 自分の仕事についてイキイキと話す

仕事ができる人は、自分の仕事についてイキイキと話しますよね。

一方で、仕事ができない人ほど、外食やファッション、旅行やパートナー自慢など、他人から与えられる幸せについてイキイキと話します。

この違いは、どんな幸せを求めているかという人生観の違いでもありますが、他人から与えられる幸せを求めている限り、仕事ができる人にはなれません。

仕事も、幸せも、自分で生み出すものだからです。

つまり、「仕事ができる人」になるには、「何を与えてもらえるのか」ではなく、「何が与えられるのか」に意識を向ける必要があるのです。

そのためには、普段から自分の仕事をイキイキと話せるようにしていきましょう。

仕事の好きなところを見つけて、自分に何ができるのかを考えるクセをつけるわけですね。

3. 雑談力をつける

ここでいう雑談力とは、相手の印象に残る話題を提供する力のことです。

たとえば、普通の話題を普通に話しても相手の印象に残りませんが、「トピックス+自分の考えや感想」をセットにして話せばどうでしょうか。

実は、こういった雑談を繰り返していけば、コミュニケーション力が格段に上がります。

コミュニケーションとは、「情報」と「自分の意思」、そして「感想」の3つを伝えることだからです。

ある情報に対して自分は賛同しているのか、それとも別の意見があるのか。

これが「自分の意見(意思や感想)」であり、人から聞いた話や、新聞や本などで読んで得た情報をそのまま伝えるだけでは、コミュニケーションにはなりません。

もちろん、相手の話を聞く力も必要ですが、まずは「トピックス+自分の考えや感想」をセットに話すクセをつけてみてはどうでしょうか。

4. 生き方を決めるキーワードをもつ

私たちは高い理想をもっている人に心を動かされますよね。

生き方を決める大きな理念を持っていて、それを貫いている人に惹きつけられます。

たとえば、人のために生きる、弱いものいじめはしない、やらずに後悔するくらいならやる、一生をかけて自分を高めていく、何があっても前向きに生きていく…などなど。

このようなキーワードを持って生きることができれば、自分の行動指針になるだけでなく、他人の心まで動かせます。

もちろん、そのためには、キーワードを貫く生き方をしていく必要があります。

しかし、そうした生き方が出来れば、自分の心も、他人の心も揺さぶることができるので、間違いなく仕事ができる人になれますよ。

まとめ

今回は、仕事ができる人になるために意識しておきたい4つの話し方を紹介してきました。

話し方を変えれば行動が変わります。行動が変われば、結果が変わります。

だからこそ、まずは話し方から変えてみてはどうでしょうか。

私も引き続き実践していくので、仕事ができる人を目指して一緒に頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました