webstation plus

child_09

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。

 だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。

 なぜでしょうか。

 「叱る」は子どもを直接的に支配する行為

 人から指図されたり、命令されたり、コントロールされるのってイヤですよね。

 もちろん、子どもだって同じです。それでも、私たち親が「宿題しなさい」「片付けなさい」「早く寝なさい」なんて叱るのは、その方が手っ取り早いからです。

 私たちが子どもの頃、親に叱られて行動したのは、それが「やりたかった」からではなく、「叱られたくなかった」からでした。

 勉強であれば、「学力」を身につけるよりも、「やらされる」ことを覚えました。

 つまり、とりあえず言うことを聞いて、その場をやり過ごすという姑息な手段を身につけたんですよね。そのため、叱られなくなると、すぐに行動しなくなります。

 「ほめる」は子どもを間接的に支配する行為

 では、「ほめる」のはどうでしょうか。

 実はこの方法でも、あまりいい結果は得られません。なぜなら、「ほめられる」ことに慣れてしまうと、承認欲求が強くなり、自分のための努力ができなくなるからです。

 たとえば、ゴミを拾うのは他人が見ているときだけで、誰もいなければ拾わない――そんな悲しい人間になってしまいます。

 また、ほめることは、私たち親の価値観を押しつける行為だとも言えます。

 テストで良い点数を取ったときだけ褒めるようにすれば、「テストで高得点を取ることは良いことなんだ」という価値観を植えつけます。もしかすると、カンニングをしても高得点が取れればいいと考えるようになるかもしれません。

 このように考えると、「叱る」のは子どもに対する直接的な支配、「ほめる」のは間接的な支配だと言えるでしょう。

 もちろん、「叱る」「ほめる」行為そのものが悪いわけではありませんが、そればかりでは子どもは伸びないんですよね。

 「教えない」ほうが子どもの成績は上がる

 では、「教える」のはどうでしょうか。

 結論からいえば、これもダメ。子どもにとっての解決にはならないからです。

 そもそも、子どもたちは何のために勉強しているのでしょうか。

 もちろん、成績を上げるためではありません。将来、独り立ちしたときに必要な、自己解決力を身につけるためです。

 大人になって壁にぶつかったとき、解決策を教えてくれる人がいるとは限りません。自分の力で乗り越えるべき課題に必ず遭遇します。このときに、力が発揮できるように訓練しているわけです。

 それなのに、答えを教えてばかりいては、問題を乗り越える力がつきませんよね。それだけでなく、指示待ちのクセもつくでしょう。

 だからこそ、「教える」ことでも、子どもは伸びていかないわけです。

 「認める」は勇気づける行為

 「叱らない」「ほめない」「教えない」――では、どうすればいいのでしょうか。

 ここでようやく「認める」の登場です。

 たとえば、子どもがテストで悪い点をとったとき、次のような発言をしていませんか。

「本当に勉強したの?簡単な問題なのに」
「こんな点数とってたら、希望している学校に行けないよ」
「あなたは私の子どもなんだから、もっとできるはず」

 もし、このような発言をしているようなら、どれだけ子どもの勇気をくじいていることか…。

 思い当たるところがある方は、次の3つの方法で子どもを認め、勇気づけていきましょう。

1. アイ(私)メッセージを使って自分の感情を伝える

 子どもがテストで良い点数を取ったとき、「かしこいね!」なんて褒めてしまいがちですが、「お母さん、嬉しいわ」と伝えましょう。

 反対に悪い点数を取って叱りたくなったときは、「何をやっているの!」ではなく、「(私は)悔しいわ/残念だわ」と伝えます。

 そうすれば、子どもを支配させずに自分の思いを伝えることができますよね。

2. 原因分析ではなく、解決策を考えるきっかけを与える

 子どもが朝起きられなかったとき、「早く寝ないからでしょ!」なんて原因分析するのはやめましょう。

 そうではなく、「どうすれば起きられるようになるかな?」と問いかけて解決策を考えるきっかけを与えます。

 そうすれば、子どもは自分の頭で考えるようになりますよ。

3. ネガティブな言葉をポジティブに変える

 「走っちゃダメよ」なんて否定的な言葉を使ってしまいがちですが、「歩くと気持ちが良いよ」というようなポジティブな表現を使いましょう。

 このような言い方ひとつでも、子どもに「勇気づけ」ができます。

 ◆

 ここまで紹介してきた方法は、子どもの存在そのものを認めていることが大前提です。上辺だけ認めているように振舞っても、顔の表情や身振りなどで見抜かれてしまいます。

 だからこそ、本気で子どもを一人の人間として認めることが大切なんですよね。

 親が上、子供が下という考えではなく、対等に付き合っていく。そんなコミュニケーションが取れれば、時間はかかるかもしれませんが子どもは確実に伸びていきます。

 関連記事

子どもの能力は無限大!?/小学生からの天才の育て方

 学校の勉強って面白くないですよね。私も小学生の頃、そう思っていたのですが、小学二年生になった息子から「学校が面白くない」と言われて、自分もそうだったことを思い出しました。  息子が面白くないと言っている理由は明確です。 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

子どもの考える力を「伸ばす親」と「つぶす親」の違い

(※『考える力の育て方』表紙より)  子育てしていますか。  私も子育てをしていますが、子どもに考える力をつけさせることが大切だなぁ…と思うことがよくあります。  たとえば、水をこぼしたとき、失敗をしたとき、誰かを傷つけ …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

叱るのは時間の無駄!?叱らない子育てをする3つのメリット

 子どもを叱っていませんか?  私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑をかけるようなことは別ですが、普段の生活の中で …