webstation plus

child_09

 それは、「叱る」ことでも、「ほめる」ことでも、「教える」ことでもありません。結論から言えば、「認める」ことです。

 では、なぜ「認める」ことが子どもの成長につながるのでしょうか。

 「叱る」「ほめる」は子どもを支配する行為

 人から指図されたり、命令されたり、コントロールされるのってイヤですよね。もちろん、子どもだって同じです。それでも、私たち親が「宿題しなさい」「片付けなさい」「早く寝なさい」などと叱るのは、それが手っ取り早いからです。

 冷静になって考えてみてください。私たちが子どもの頃、親に叱られて行動したのは、それが「やりたかった」からではなく、「叱られたくなかった」からですよね。勉強であれば、「学力」よりも「やらされる」ことを覚えました。

 つまり、とりあえず言うことを聞いて、その場をやり過ごすという姑息な手段を身につけたんですよね。だから叱られなくなると、すぐに行動しなくなります。

 では、「ほめる」のはどうでしょうか。これも冷静に考えればわかりますが、「ほめられる」ために行動するようになりますよね。

 「ほめられる」ことに慣れてしまうと、承認欲求ばかり強くなり、自分のための努力ができなくなります。ゴミを拾うのは他人が見ているときだけで、誰もいなければ拾わない――そんな悲しい人間になってしまいます。

 また、ほめることは、私たち親の価値観を押しつける行為だとも言えます。たとえば、テストで良い点数を取ったときだけ褒めるようにすれば、「テストで高得点を取ることは良いことなんだ」という価値観を植えつけてしまいます。もしかすると、カンニングをしても高得点が取れれば良いと考えるようになるかもしれません。

 このように考えると、「叱る」のは子どもに対する直接的な支配、「ほめる」のは間接的な支配だと言えるでしょう。もちろん、「叱る」「ほめる」行為そのものが悪いわけではありませんが、そればかりでは子どもは伸びていきません。

 「教えない」ほうが子どもの成績は上がる

 では、「教える」のはどうでしょうか。結論からいえば、これもダメ。子どもにとっての解決にならないからです。

 そもそも、子どもは何のために勉強しているのでしょうか。もちろん、成績を上げるためではありませんよね。将来、独り立ちしたときに必要な、自己解決力を身につけるためです。

 大人になって壁にぶつかったとき、解決法を教えてくれる人がいるとは限りません。自分の力で乗り越えるべき課題に必ず遭遇します。このときに、力が発揮できるよう訓練しているわけです。

 それなのに、何でも答えを教えてしまうと、問題を乗り越えられなくなりますよね。それだけでなく、指示待ちのクセもつきます。自分で考えて行動できなくなるんですよね。だから、「教える」ことでも、子どもは伸びていきません。

 「認める」とは勇気づける行為

 「叱らない」「ほめない」「教えない」――では、どうすればいいのでしょうか。ここでようやく「認める」の登場です。

 たとえば、子どもがテストで高得点をとれなかったとき、次のような発言をしていませんか。

「本当に勉強したの?簡単な問題なのに」
「こんな点数とってたら、希望している学校には行けないよ」
「あなたは私の子どもなんだから、もっとできるはず」

 もし、このような言葉をぶつけているようなら、どれだけ子どもの勇気をくじいていることか…。

 では、「認めて勇気づける」には、どうすればいいのでしょうか。その方法を3つ紹介します。

1. アイ(私)メッセージを使って自分の感情を伝える

 子どもがテストで良い点数を取って嬉しいのなら、「偉いね」ではなく、「お母さん、嬉しいわ」と伝える。悪い点数を取って叱りたくなったときも、「何をやっているの!」ではなく、「(私は)悔しいわ/残念だわ」と伝えるのです。

 そうすれば、子どもを支配させずに自分の思いを伝えることができますよね。

2. 原因分析ではなく、解決策を考えるきっかけを与える

 子どもが朝起きられなかったとき、「早く寝ないからでしょ!」と原因分析するのではなく、「どうすれば起きられるようになるかな?」と問いかけて解決策を考えるきっかけを与えます。そうすれば、子どもは自分の頭で考えるようになりますよ。

3. ネガティブな言葉をポジティブに変える

 「走っちゃダメよ」ではなく、「歩くと気持ちが良いよ」と伝える。このような言い方ひとつでも、子どもに「勇気付け」ができます。

 ◆

 もちろん、このような「勇気づけ」ができるのは、子どもの存在そのものを認めているからです。上辺だけ認めているように振舞っても、顔の表情や身振りなどで見抜かれてしまいます。だからこそ、本気で子どもを認めていきましょう。

 もうひとつの手段「気づかせる」

 ここまで、「叱らない」「ほめない」「教えない」、そして「認める」ことが子どもの成長を促す子育てだと紹介してきました。しかし、「認める」以外に、もうひとつ子どもの成長を促す方法があるんですよね。それが「気づかせる」です。

 たとえば、大学受験を控えているのに、ゲームばかりいる子どもには、どのように接すればいいでしょうか。「勉強しなさい」と叱ってもいけませんが、そのまま放置してゲームすることを認めるわけにもいきませんよね。そんなときは、

「勉強しないということは大学に行かずに就職するのね。それなら、進学のために用意していたお金が浮くから、お母さんは好きなモノを買えて贅沢ができて嬉しいわ」

 などと、本気で喜んでみせるのです。そうすれば、大学に行きたい子どもは、今すぐ勉強をはじめます。

 つまり、私たち親にできることは、子どもを「認める」こと、そして「現状を気づかせる」こと。この二つです。

 とはいえ、「気づかせる」はある種の荒療治でもあるので、できれば「認める」ことでコミュニケーションをとっていきたいですね。こうして、勇気づけていけば、子どもはグングン伸びていくはずです。

 関連記事

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

学歴よりも大切なもの/子供の心の育て方

 この前のエントリで「レベルの高い教育も必要ですが、何よりもベースとなる心を育てることが大切だ」と書きました。  それは心が育たなければ、どれだけ高学歴になっても望んでいる人生が手に入らないからです。前回紹介した韓国のエ …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

毒親に育てられた子どもに起こる弊害とその対処法

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。  ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のこと …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …