webstation plus

child_09

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。

 「叱る」「ほめる」は子どもを支配する行為

 人に指図されたり、命令されたり、コントロールされることが好きな人はいない。子どもだって同じだ。「怒られること」「命令されること」が大嫌いである。

 それでも、私たち親は叱ってしまう。すると、子どもはどうするのか。怒られるのがイヤなので仕方なく勉強することになるだろう。こうして彼らは、「学力」ではなく「やらされる」ということを覚える。すなわち、とりあえず言うことを聞いていれば、その場をやり過ごすことができるという姑息な手段を身に付けるのだ。

 では、ほめればいいのだろうか。実はそうではない。なぜなら、ほめられることを待つようになってしまうからだ。

 ほめられることに慣れてしまうと、子どもは「ほめられる」ために行動するようになる。「認められたい」という承認欲求ばかりが強くなり、自分のための努力ができなくなってしまう。

 また、ほめることで大人は自分の価値観を無意識のうちに子どもに押し付けている。たとえば、テストで良い点数を取ったときにだけほめるようにすると、「テストで高得点を取るのが良いことだ」という親の価値観を植えつけてしまう。

 つまり、叱るのは子どもに対する直接的な支配、ほめるのは間接的な支配といえるだろう。だから、「叱る」「ほめる」では、子どもは伸びていかない。

 「教えない」ほうが子どもの成績は上がる

 では、「教える」のはどうだろうか。結論からいえばこれもダメ。なぜなら、子どもにとっての解決にはならないからだ。

 そもそも、子どもが勉強する目的は何だろう。もちろん、いっときの成績を上げるためではない。将来、独り立ちするための自己解決能力を身に付けるためである。大人になって壁にぶつかったとき、解決法を教えてくれる人がいるとは限らない。自分の力で乗り越えていかなければならない。そのための訓練だ。

 つまり、何でも教えてもらう習性がついていると、必ず挫折してしまう。そればかりか、教えてもらうことに慣れてしまうと、指示待ちの癖がつく。自分から動こうとしなくなってしまうのだ。だから「教える」ことでも、子どもは伸びていかない。

 「認める」とは勇気づける行為

 「叱らない」「ほめない」「教えない」――では、どうすればいいのか。それは、「認めて勇気づけていく」のである。

 たとえば、子どもがテストで高得点を取れなかったとき――「こんな点数しか取れないの?私が高校生だった頃はこんな問題は努力すれば簡単に解けたのに」「この程度の成績で満足しているようでは、希望の高校へは行けないぞ」「おまえはお父さんの子なんだから、もっとできるはずだ」といった言い方をしていないだろうか。こういった言い方が、どれだけ子どもの勇気をくじいているか。

 では、「認めて勇気づける」には、どうすればいいのだろうか。

 ひとつは「アイ(私)メッセージ」を使って自分の感情を伝えること。子どもがテストで良い点を取って嬉しければ、「偉いわね」ではなく、「お母さん、うれしいわ」という。悪い点数を取ってきて怒りたくなったら、「何をやってるの!」ではなく、「(私は)悔しいわ」「(私は)残念だわ」と伝えるのである。そうすれば、相手がどうこうということには一切触れずに自分の想いを伝えることができる。

 他にも、何か問題が起こったときに、私たちはその原因を分析してしまいがちだが、コミュニケ―ションの場では状況が悪化してしまう。相手の勇気をくじいてしまうからだ。そこで、解決法を考えるように促していく。たとえば、子どもが朝起きられないときには、「どうして起きられないの!夜更かししているからでしょ」と原因を分析して叱るのではなく、「どうしたら起きられるようになるかな?」と問いかけて解決法を考えさせる。これが「勇気づけ」である。

 また、マイナスの言葉をプラスの言葉に変えるのも「勇気づけ」につながる。小さな子が外に出かけるときに、「走っちゃダメよ」というのではなく、「歩いていくと気持ちいいよ」と伝える。こうした言い方ひとつで簡単に「勇気づけ」ができるのだ。

 もちろん、こういった「勇気づけ」をするには、子どもの存在そのものを認める必要がある。うわべだけ信頼しているように見せても、顔の表情や身振りなどから見抜かれてしまうからだ。だから、本気で子どもを信頼していこう。

 まとめ

 今回は、「叱らない」「ほめない」「教えない」、すなわち「認める」子育てが子どもの成長を促す方法だと伝えてきた。とはいえ、それだけでは心配になる人もいるだろう。そんな人にオススメなのが「気づかせる」だ。

 たとえば、大学受験を控えているのにゲームばかりしている子どもがいたとする。もちろん、「勉強しなさい」と叱ってはいけないが、そのまま放置しておくわけにもいかない。そこで、「気づかせる」の登場だ。

 「勉強しないということは大学には行かずに就職するのね。それなら、進学のために用意していたお金が浮くから、お母さんは好きなモノを買えて贅沢ができるからうれしいわ」などと、本気で喜んで伝えてみる。そうすれば、子どもが大学に行きたいと思っているのなら、すぐに勉強を始めるだろう。

 つまり、私たち親にできることは、「子どもを認める」こと、そして「現状を気づかせる」こと。この二つである。とはいえ、「気づかせる」はある種の荒療治でもあるので、できれば「認める」方法だけを使っていきたい。そうして、認めて勇気付けていけば――子どもは自分の力でグングン伸びていくだろう。

 関連記事

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …