webstation plus

 人に恵まれていますか?

 私は人に恵まれてきたおかげで今の自分がありますが、米澤穂信さんの小説『いまさら翼と言われても』を読んで、良い人に巡り合えるかどうかでその後の人生が大きく変わることに気づきました。

 どれだけ善意で行動しても、良い人に恵まれなければ、バカにされて、つけ込まれて、利用されて終わってしまうんですよね。

 摩耶花に嫌われていた奉太郎がヒーローだった!?

 では、あらすじから。

 物語は古典部に所属する伊原摩耶花が、中学時代の同級生に出会ったところから始まります。

 摩耶花は彼女に折木奉太郎と同じ部活に入っていると言うと、「最悪じゃん、追い出さなきゃ」といわれました。

 それは卒業制作で作った大きな鏡のフレームに関係していました。

 当時、卒業生全員で分担してデザイン通りにフレームを彫っていたのですが、奉太郎だけがデザインを無視して手を抜いた彫り方をしたのです。

 このことを知ったデザイン担当者の鷹栖がキレて泣き叫んだので、奉太郎は多くの同級生から嫌われるようになったんですよね。

 摩耶花もこのことがキッカケで奉太郎のことを嫌うようになりましたが、古典部で奉太郎と一緒に行動するようになって、違和感を覚えました。

 奉太郎はどれだけ面倒でもやるべきことはきっちりやる人間だったからです。

 そこで、中学時代に奉太郎と同じ班だった麻美に理由を尋ねたところ、奉太郎が呪いを解いてくれたヒーローだと言われます。

 それだけでなく、「折木君を恨むなんて最低ね」と言われるんですよね。その理由は…。

 良い人との出会いが人生を大きく変える!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、米澤穂信さんの小説『いまさら翼と言われても』は全6編で構成されている短編集ですが、

 その多くが良い人との出会いがその後の人生を大きく変えることを描いています。

 ここで他の5編について簡単に紹介しておくと、

・不正選挙で犯人にされた後輩を救おうと里志が奉太郎に相談を持ちかける
・中学時代の小木先生がヘリコプターが好きだと嘘をついた謎に迫る
・漫研での派閥争いに巻き込まれた摩耶花のネタ帳を盗んだ犯人は誰?
・奉太郎が省エネ主義を言い出した理由とは!?
・なぜえるは合唱祭に参加したくなかったのか?

 です。なかでも最後の2編は奉太郎とえるが出会ったことで、お互いのツライ思いが癒されていく物語なんですよね。

 そんな物語を読んでいると…。

 相手にとっての良い人になろう

 良い人に巡り会いたいと思えるだけでなく、自分も相手にとっての良い人であろうと思えてきます。

 というわけで、米澤穂信さんの小説『いまさら翼と言われても』は良い人との出会いが人生を大きく変えることがわかる物語ですが、

 それだけでなく、誰も死なない青春ミステリーとしても、古典部シリーズの続編としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想/嫁姑問題を解消するには自分をさらけ出して向き合うしかない!?

 嫁姑問題って大変ですよね。  私も結婚してしばらくは毎日泣きそうになりながら嫁姑問題と向き合っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』を読んで、それらの日々が懐かしく思い出されました。  どれだけ努力を …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

 家族と上手くいってますか?  私は家族とはいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。  しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に自分勝手な人がいると、そのせいで一生ツライ思いをすることに …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …