webstation plus

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?

 私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。

 プロは人生のすべてを捧げるくらい仕事に情熱を注ぎ込んでいるんですよね。それだけでなく…。

 人生のすべてをバレエに捧げる人たちの物語

 物語の舞台は、誉田喜一が率いるバレエ団・HHカンパニー。

 彼は「世界のホンダ」と呼ばれるほど、芸術監督として高い評価を受けていましたが、キャストに対しては、ブラック企業よりも厳しいレッスンをさせていました。

 藤谷誠も彼の厳しいレッスンを受けているひとり。その厳しさは尋常ではありませんでした。

 誠は、次回公演予定の「カイン」の主役に抜擢されましたが、旧約聖書における「人類最初の殺人者」であるカインの感情を再現するために徹底的に追い詰められます。

 合宿ではろくに眠らせてもらえず、夜中にいきなり起こされて、怒鳴られ、マネキンに貼り付けられた豚か牛か鳥だかの肉に、本物の包丁を突き刺す練習を何度もさせられます。

 本当に誉田を殺したくなるほど罵声を浴びせられ、プライドを傷つけられ、身も心もズタズタにされました。

 しかし、これほど厳しいレッスンに耐えたのに、本番三日前に「カインに出られなくなった」というメールを彼女に送り、行方をくらませるんですよね。

 その理由は…。

 心の弱い人たちも多数登場

 実際に本書を読んでもらうとして、この物語にはストイックな生き方をする人物とは対照的に、心の弱い人物も多数登場します。

 皆元有美もそのひとり。彼女は藤谷豪という芸術家と付き合っていましたが、彼の言いなりになっていました。

 居酒屋でキスをされたり、胸を揉まれたりしても、豪の機嫌を伺って何も言えず、性的な道具として扱われます。

 それだけでなく、豪はある女性の裸体を何年も描き続けていましたが、それほど執着している女性との関係も何も説明してもらえませんでした。

 しかし、それでも有美は、豪には私が必要だと信じて、彼の言いなりになり続けるんですよね。

 まるで自分がどうしても必要だと思い込んでブラック企業で働き続けている人たちのように…。

 では、プロと素人の絶望的な差とは何でしょうか。

 プロと素人の差とは?

 それは、自分で決めたことをストイックに挑戦するか、心の弱い人たちのように他人に左右されて生きるかです。

 食べるのも、眠るのも、人と話すのも、セックスをするのも、怒るのも悲しむのも喜ぶのも驚くのも傷つくのも、全てが自分のためか、他人の目を気にしてか。

 この差がプロと素人の決定的な違いなんですよね。

 ◆

 芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』。読めばプロダンサーたちのように、本当に好きな仕事に情熱を注ぎ込みたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …