ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

おすすめ小説

 売れっ子になりたいですよね。

 私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。

 では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか。

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』を参考に考えてみましょう。




スポンサーリンク

 ツライ境遇を嘆かない

 物語の主人公は綾小路きみまろ。彼は若い頃、キャバレーで司会兼舞台係をしていました。

 当時のキャバレーは、ヤクザと繋がりがあり、彼らに多くのお金が流れていました。キャバレーとしては、そのお金も稼ぐ必要があったので、ビールの残りを別の瓶に入れて出したり、フルーツの盛り合わせも綺麗なものは捨てずに使い回したりしていたそうです。

 さて、綾小路きみまろだけでなく、和田アキ子やツービート(北野たけし)なども出演していたキャバレーで、きみまろは漫談をしていましたが、このままでは売れないと思い、各地を営業で回ることにしました。

 ところが、想像を絶するツライことばかり起きるんですよね。

 たとえば、旅館は大部屋で雑魚寝するだけのスペースしかなく、営業先では名前を覚えてもらえず、楽屋もビール瓶が積まれた部屋しか用意してもらえません。

 さらにヤクザ相手に漫談をすると、ジョークが通じないことがあり、脅されることも日常茶飯事です。

 とはいえ、そんな状況を嘆いても仕方ありません。きみまろに優しく接していたキャバレーの支配人も…。

スポンサーリンク

 周りに惑わされない

「でもな、きみまろ、売れたタレントはほとんど、そうやって色々なネタを試行錯誤しながらやって来たんだ!そのうちの、運の良い奴だけが売れるんだ、努力するのは当たり前でな。宝くじを買うのが努力、当たるのが、運。買わなきゃ当たらないよ!」

 と励ましてくれます。しかし、それだけでなく、周りに流されない強さも必要でした。

 ちょうどその頃、漫才ブームが起き、きみまろの客いじりのネタが他の芸人に使われ、テレビで見たと客から言われるようになります。

 皆が使うのはウケている証拠ですが、早く売れて同じネタをやり、綾小路きみまろのネタだと言われるようになりたいと、焦るようになりました。

 しかし、きみまろは我慢してキャバレーで漫談を続けるんですよね。今頃、漫才に切り替えてもブームに乗れないと悟っていたからでした。

 そして、きみまろの読み通り漫才ブームは過ぎ去りますが、彼の出番はやって来ませんでした。

 それでも、きみまろはキャバレーに出続け、森進一の司会、養老院や刑務所の慰問、敬老会のディナーショーなど、地道な活動を続けます。その結果…。

スポンサーリンク

 地道な活動が売れっ子への道

 とうとう売れっ子になるんですよね。しかし、売れっ子になったきみまろは、これが本当に売れっ子の仕事なのかと疑問を持つようになりました。

 バーで飲みながら歌ったり、焼き鳥屋で鍋を食べたりするのが本当の仕事なのかと。そこで彼が出した結論は…。

 ぜひ実際に読んできみまろが出した結論に触れてみてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』。綾小路きみまろさんの成功体験を通して、売れっ子になる秘訣がわかる物語です。

 気になった方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました