webstation plus

 売れっ子になりたいですよね。

 私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。

 では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか。

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』を参考に考えてみましょう。

 ツライ境遇を嘆かない

 物語の主人公は綾小路きみまろ。彼は若い頃、キャバレーで司会兼舞台係をしていました。

 当時のキャバレーは、ヤクザと繋がりがあり、彼らに多くのお金が流れていました。キャバレーとしては、そのお金も稼ぐ必要があったので、ビールの残りを別の瓶に入れて出したり、フルーツの盛り合わせも綺麗なものは捨てずに使い回したりしていたそうです。

 さて、綾小路きみまろだけでなく、和田アキ子やツービート(北野たけし)なども出演していたキャバレーで、きみまろは漫談をしていましたが、このままでは売れないと思い、各地を営業で回ることにしました。

 ところが、想像を絶するツライことばかり起きるんですよね。

 たとえば、旅館は大部屋で雑魚寝するだけのスペースしかなく、営業先では名前を覚えてもらえず、楽屋もビール瓶が積まれた部屋しか用意してもらえません。

 さらにヤクザ相手に漫談をすると、ジョークが通じないことがあり、脅されることも日常茶飯事です。

 とはいえ、そんな状況を嘆いても仕方ありません。きみまろに優しく接していたキャバレーの支配人も…。

 周りに惑わされない

「でもな、きみまろ、売れたタレントはほとんど、そうやって色々なネタを試行錯誤しながらやって来たんだ!そのうちの、運の良い奴だけが売れるんだ、努力するのは当たり前でな。宝くじを買うのが努力、当たるのが、運。買わなきゃ当たらないよ!」

 と励ましてくれます。しかし、それだけでなく、周りに流されない強さも必要でした。

 ちょうどその頃、漫才ブームが起き、きみまろの客いじりのネタが他の芸人に使われ、テレビで見たと客から言われるようになります。

 皆が使うのはウケている証拠ですが、早く売れて同じネタをやり、綾小路きみまろのネタだと言われるようになりたいと、焦るようになりました。

 しかし、きみまろは我慢してキャバレーで漫談を続けるんですよね。今頃、漫才に切り替えてもブームに乗れないと悟っていたからでした。

 そして、きみまろの読み通り漫才ブームは過ぎ去りますが、彼の出番はやって来ませんでした。

 それでも、きみまろはキャバレーに出続け、森進一の司会、養老院や刑務所の慰問、敬老会のディナーショーなど、地道な活動を続けます。その結果…。

 地道な活動が売れっ子への道

 とうとう売れっ子になるんですよね。しかし、売れっ子になったきみまろは、これが本当に売れっ子の仕事なのかと疑問を持つようになりました。

 バーで飲みながら歌ったり、焼き鳥屋で鍋を食べたりするのが本当の仕事なのかと。そこで彼が出した結論は…。

 ぜひ実際に読んできみまろが出した結論に触れてみてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』。綾小路きみまろさんの成功体験を通して、売れっ子になる秘訣がわかる物語です。

 気になった方はぜひ。

 関連記事

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …