webstation plus

 売れっ子になりたいですよね。

 私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。

 では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか。

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』を参考に考えてみましょう。

 ツライ境遇を嘆かない

 物語の主人公は綾小路きみまろ。彼は若い頃、キャバレーで司会兼舞台係をしていました。

 当時のキャバレーは、ヤクザと繋がりがあり、彼らに多くのお金が流れていました。キャバレーとしては、そのお金も稼ぐ必要があったので、ビールの残りを別の瓶に入れて出したり、フルーツの盛り合わせも綺麗なものは捨てずに使い回したりしていたそうです。

 さて、綾小路きみまろだけでなく、和田アキ子やツービート(北野たけし)なども出演していたキャバレーで、きみまろは漫談をしていましたが、このままでは売れないと思い、各地を営業で回ることにしました。

 ところが、想像を絶するツライことばかり起きるんですよね。

 たとえば、旅館は大部屋で雑魚寝するだけのスペースしかなく、営業先では名前を覚えてもらえず、楽屋もビール瓶が積まれた部屋しか用意してもらえません。

 さらにヤクザ相手に漫談をすると、ジョークが通じないことがあり、脅されることも日常茶飯事です。

 とはいえ、そんな状況を嘆いても仕方ありません。きみまろに優しく接していたキャバレーの支配人も…。

 周りに惑わされない

「でもな、きみまろ、売れたタレントはほとんど、そうやって色々なネタを試行錯誤しながらやって来たんだ!そのうちの、運の良い奴だけが売れるんだ、努力するのは当たり前でな。宝くじを買うのが努力、当たるのが、運。買わなきゃ当たらないよ!」

 と励ましてくれます。しかし、それだけでなく、周りに流されない強さも必要でした。

 ちょうどその頃、漫才ブームが起き、きみまろの客いじりのネタが他の芸人に使われ、テレビで見たと客から言われるようになります。

 皆が使うのはウケている証拠ですが、早く売れて同じネタをやり、綾小路きみまろのネタだと言われるようになりたいと、焦るようになりました。

 しかし、きみまろは我慢してキャバレーで漫談を続けるんですよね。今頃、漫才に切り替えてもブームに乗れないと悟っていたからでした。

 そして、きみまろの読み通り漫才ブームは過ぎ去りますが、彼の出番はやって来ませんでした。

 それでも、きみまろはキャバレーに出続け、森進一の司会、養老院や刑務所の慰問、敬老会のディナーショーなど、地道な活動を続けます。その結果…。

 地道な活動が売れっ子への道

 とうとう売れっ子になるんですよね。しかし、売れっ子になったきみまろは、これが本当に売れっ子の仕事なのかと疑問を持つようになりました。

 バーで飲みながら歌ったり、焼き鳥屋で鍋を食べたりするのが本当の仕事なのかと。そこで彼が出した結論は…。

 ぜひ実際に読んできみまろが出した結論に触れてみてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『キャバレー』。綾小路きみまろさんの成功体験を通して、売れっ子になる秘訣がわかる物語です。

 気になった方はぜひ。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …