『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY3』感想/稲葉さんの歌が上手すぎる!?

エンタメ

先週に引き続いて、11/14(土)にB‘zの無観客ライブが開催されました。

5週連続で開催されるライブのため、じっくり楽しめると思っていたのですが、DAY3ということで、もう折り返し地点です。

私は無観客ライブにハマってしまい、「あと2回しかないの!?」と少し寂しくなってきました。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY2』感想/無観客でもB'zらしさが楽しめるライブ!?
先週に引き続いて、11/7(土)にB‘zの無観客ライブが開催されました。 私もB'zのお二人も無観客ライブに少し慣れてきたのか、前回以上に楽しめました。 では早速、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8...

というわけで、早速、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY3』について紹介します。

スポンサーリンク

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』って何?

前回も紹介しましたが、ここで改めて『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』について簡単に説明します。

B‘zがデビューした1988年から2020年までの32年間を5つの時代に分けて、各時代にリリースされた楽曲で構成される無観客ライブのことです。

つまり、DAYを重ねるごとに、古い曲から新しい曲へとセットリストが変わっていくんですよね。

また、セットリストだけでなく、演出やステージセットも総入れ替えになるので、毎回の公演を新たな気持ちで楽しめます。

さらに、最近のライブでは、モヒニ・デイやブライアン・テッシー、サム・ポマンティといった外国人メンバーで構成されていましたが、

今回の無観客ライブでは、B’zファンには懐かしい日本人メンバーで構成されているのも見所のひとつです。

そのDAY3が、11/14(土)にあったのですが、前回に引き続き心に響くライブでした。

ちなみに、私のようにファンクラブに入っている方は、30分間のスペシャルインタビューもあわせて楽しむことができます。

スポンサーリンク

感想①:コアなファンも、にわかファンも楽しめるセットリスト

DAY3のセットリストは、次のとおりです。

  1. ギリギリchop
  2. ながい愛
  3. F・E・A・R
  4. Seventh Heaven
  5. 野生のENERGY
  6. May
  7. GOLD
  8. Blue Sunshine
  9. (Thinking of you)

  10. 熱き鼓動の果てに
  11. 今夜月の見える丘に
  12. IT’S SHOWTIME!!
  13. juice
  14. ONE
  15. Brotherhood
  16. ultra soul

シングル曲が15曲中9曲と多かったので、それほどB’zの曲を聴いてこなかったファンでも楽しめる構成になっています。

私としては、4曲目の「Seventh Heaven」と13曲目の「ONE」が聴けたのが最高でした。

全体的には大満足なライブでしたが、メジャー曲が多かったので、もう少しマイナーな曲も歌ってもらえると嬉しかったです。

ちなみに、6曲目の「MAY」は、稲葉さんが得意ではない曲(体にあまり馴染まなかった曲)だそうですが、

ライブで聴いた感想は、そんな曲とは思えず、繰り返し聴きたくなりました。

スポンサーリンク

感想②:「手数が多い時期」の本気の楽曲が楽しめる

今回のライブは、アルバムでいうところの『Brotherhood』『ELEVEN』『GREEN』『BIG MACHINE』の曲で構成されています。

松本さんがインタビューで、

「血気盛んな時期だったので、手数が多い時期。本気の曲ばかり」

と言われているように、多くのB’zファンが繰り返し聴いてきた曲が多いように思います。

確かに、「ギリギリchop」や「juice」、「IT’S SHOWTIME!!」など激しい曲も多く、また、「ultra soul」に至っては、B’zの象徴ともいえる曲になっていますよね。

とはいえ、「ultra soul」は、発売当初はライブに向いていない曲という位置づけだったそうです。

それが世界水泳で売れ、時間をかけて多くの人たちに聴かれるようになり、B’zの手を離れて、今のように成長してきました。

私は、あまりにもこの曲を聴いてきたので、テレビで流れると「またか…」という思いになりますが、ライブで聴くと確実に心が揺さぶられます。

そんな、血気盛んで多くの人たちの心を揺さぶってきた楽曲が楽しめるライブです。

ちなみに、「ギリギリchop」は、ギターで弾くのがダントツに難しい曲だそうです。

スポンサーリンク

感想③:稲葉さんの歌が上手すぎる!?

今回のライブでは、コントなどのお笑い要素はなく、メンバー紹介にも時間をかけずに、ライブ会場である「Zepp Haneda」の紹介に時間をかけられていました。

衣裳部屋や楽屋なども紹介されていたので、ファンにはたまらない映像ではないでしょうか。

また、過去のライブポスターやマキシシングルのジャケットについても紹介されていたので、懐かしい記憶が蘇ってきました。

なかでも、私が特に衝撃を受けたのが、8曲目と9曲目の間にあった稲葉さんと松本さんのお二人での演奏です。

「Thinking of you」と「熱き鼓動の果てに」の一部をギター一本で演奏されたのですが、稲葉さんの歌が上手すぎて痺れました。

B’zというバンドの凄さがひしひしと伝わってきたんですよね。

ベースやドラム、キーボードがない…という音が限られた条件での演奏だからこそ、余計にお二人の凄さが伝わってきて感動しました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY3』のセットリストと感想を紹介してきました。

DAY4は、11/21(土)に予定されているので、気になった方はぜひ観てください。

ちなみに、DAY3も11/15(日)までアーカイブで観ることができますよ。

B'z Official Website
B’z初・5週連続無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」開催決定!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました