『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY2』感想/無観客でもB’zらしさが楽しめるライブ!?

エンタメ

先週に引き続いて、11/7(土)にB‘zの無観客ライブが開催されました。

私もB’zのお二人も無観客ライブに少し慣れてきたのか、前回以上に楽しめました。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY1』感想/無観客ライブが熱すぎる!?
今、コロナの影響で様々なイベントが中止になっています。 私が愛してやまないB’zのライブも中止になりましたが、その代わりにB‘z初となる無観客ライブが開催されることになりました。 すでに1回目は10/31(土)に実施されましたが...

では早速、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY2』について紹介します。

スポンサーリンク

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』って何?

前回も紹介しましたが、ここで改めて『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』について簡単に説明します。

B‘zがデビューした1988年から2020年までの32年間を5つの時代に分けて、各時代にリリースされた楽曲で構成される無観客ライブのことです。

つまり、DAYを重ねるごとに、古い曲から新しい曲へとセットリストが変わっていくんですよね。

また、セットリストだけでなく、演出やステージセットも総入れ替えになるので、毎回の公演を新たな気持ちで楽しめます。

さらに、最近のライブでは、モヒニ・デイやブライアン・テッシー、サム・ポマンティといった外国人メンバーで構成されていましたが、

今回の無観客ライブでは、B’zファンには懐かしい日本人メンバーで構成されているのも見所のひとつです。

そのDAY2が、11/7(土)にあったのですが、前回に引き続き心に響くライブでした。

ちなみに、私のようにファンクラブに入っている方は、30分間のスペシャルインタビューもあわせて楽しむことができます。

スポンサーリンク

感想①:コアなファンも、にわかファンも楽しめるセットリスト

DAY2のセットリストは、次のとおりです。

  1. Love Is Dead
  2. おでかけしましょう
  3. Don‘t Leave Me
  4. 闇の雨
  5. You&I
  6. 夢見が丘
  7. love me, I love you
  8. もうかりまっか
  9. The Wild Wind
  10. HOME
  11. ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
  12. スイマーよ!!
  13. Liar!Liar!
  14. さまよえる蒼い弾丸
  15. Calling

シングル曲が15曲中7曲と多かったので、それほどB’zの曲を聴いてこなかったファンでも楽しめる構成になっています。

私としては、1曲目の「Love Is Dead」から、5曲目の「love me, I love yo」までが最高でした。

ファン心をくすぐる「選りすぐりの曲」だと思います。

このまま最後まで…と期待したのですが、さすがに後半はメジャー曲ばかりになりました。

とはいえ、最後まで楽しめるライブでした。

スポンサーリンク

感想②:「暗黒時代」の楽曲が楽しめる

今回のライブは、アルバムでいうところの『The 7th Blues』『LOOSE』『SURVIVE』の曲で構成されています。

とくに始めのアルバム『The 7th Blues』は、B’zがロックバンドに変わっていく様を前面に押し出したアルバムで、

今回のライブの1曲目でもある「Love Is Dead」は、その象徴的な曲です。

インタビューでも、

「これまではキャッチ―な作品を時代の流行りなどを意識しながらヒットさせることを目標としてやってきたけれど、いろんな作品をリリースしたり、ツアーを続けていくうちに自信も出てきて、自分たちの中から出てくるものがメインストリームになればいいじゃんと思って出した曲」

と、松本さんが言われているように、B’zの自信がみなぎっている曲です。

とはいえ、当時は「B’zは別格」だと松本さんが発言されていたり、稲葉さんも松本さんも髪の毛が長かったりと、調子に乗っていた時代の曲でもあります。

しかし、その自信に負けない素晴らしい曲ばかりなので、今聴いても心に響く曲ばかりです。

私は、これらのアルバムをMDに入れて通学時間に繰り返し聞いていた記憶が蘇ってきました。

スポンサーリンク

感想③:無観客ライブでもB‘zらしさが味わえる

今回のライブは、コントなどのお笑い要素も盛り込まれて、前回に比べて、B’zらしさが出ていたように感じます。

「もうかりまっか」のコロナコントも、「HOME」の曲中に繰り広げられたステイホーム中の過ごし方も、お笑い要素もあり、稲葉さんの考えも伝わってきたので、楽しめました。

特に、「love me, I love you」は、今の現状と歌詞がリンクするように…歌詞に合わせてコロナ対策の看板を指すなどしながら歌われていたので、

コロナでたまったストレスがすっと抜けていくような感覚が味わえました。

私も無観客ライブ2回目で少し慣れてきたのですが、実は、B‘zのお二人も無観客ライブに慣れてきたのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- DAY2』のセットリストと感想を紹介してきました。

DAY3は、11/14(土)に予定されているので、気になった方はぜひ観てください。

ちなみに、DAY2も11/8(日)までアーカイブで観ることができますよ。

B'z Official Website
B’z初・5週連続無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」開催決定!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました