webstation plus

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)


 人間関係を大切にしていますか。

 私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』は、五股をしていた星野一彦が付き合っていた女性に別れを告げにいく物語。読めば、人間関係を大切にしたくなること間違いなし!?

 今回は『バイバイ、ブラックバード』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『バイバイ、ブラックバード』のあらすじ

 5人の女性と同時にお付き合いをしていた星野一彦は、お金のトラブルが原因で、知らない間にどこかの恐ろしい人物の機嫌を損ねてしまいました。

 その結果、2週間後にバスに乗せられ怖ろしい場所に連れて行かれることに。

 それまでの監視役としてやって来たのが繭美です。彼女は身体もでかければ、腕も脚も太く、何から何まで規格外。おまけに態度も大きく肝も据わっていました。

 一彦はそんな繭美と一緒に、お付き合いをしていた5人の女性に別れを告げにいきます。繭美と結婚するという嘘の理由を添えて。

 一体どんな結末が待っているのか!?

 『バイバイ、ブラックバード』のおすすめポイント

1. 繭美というキャラクターが魅力的

 繭美は何から何まで規格外の女性です。

 幼稚園の入園日に、近所の荻野目君から「怪獣女」と言われたことに怒り、彼の手首を折ったところから人生がスタート。

 今は辞書を片手に、「常識」「気遣い」「マナー」「悩み」「色気」といった言葉を塗りつぶし、私にはそのようなものはないと言い張る始末。

 しかし、そんな彼女だからこそ、歯に着せぬ物言いをし、一彦とその彼女たちに本質を突きつけます。

 たとえば、付き合っていた女性が乳癌の検査待ちであることを知った一彦が検査結果を知りたがると、

「いいか、星野ちゃん、おまえはな、自分のことしか考えてねえんだよ。<あのバス>に乗って、連れて行かれる間、あの女の癌のことを心配しているのが耐えられねえだけだ。だから、事前に検査結果を知って、気がかりを一つでも減らしておきたいな、ってそれだけだ。あの女のことなんじゃなくて、おまえは、おまえ自身のために、検査結果を知りたいだけだ。そうだろう?」

 と言います。他人から奇異の目で見られ続けてきた女性ならではの視点です。

 そんな繭美が一彦と共に行動するようになって少しずつ変わっていきます。そして最後には――。

 繭美の言動が心に響く物語です。

2. 感動する短編が満載!?

 『バイバイ、ブラックバード』は、『死神の精度』『週末のフール』『チルドレン』と同じように短編集と見せかけた長編小説です。

 全6章で構成されており、感動できる短編が満載です。

 なかでもおすすめなのが、『バイバイブラックバード Ⅳ』『バイバイブラックバード Ⅴ』『バイバイブラックバード Ⅵ』。

 それぞれ簡単に紹介しますね。

『バイバイブラックバード Ⅳ』

 耳鼻科で知り合った神田那美子は、数字に強く、語呂合わせやフェルミ推定が得意な女性でした。

 たとえば、一彦から電話がかかって来た時刻が18時18分だったら、逆から読んでバイバイ。別れの電話だと推測します。

 そんな彼女と2ヶ月半ぶりに会った一彦は、彼女が乳癌になっている可能性があることを知ります。検査結果が出るのは明日。

 一彦は繭美に頼んで、検査結果を知りたがりますが――。

 心地いい終わり方をする物語です。

『バイバイブラックバード Ⅴ』

 人気女優の有須睦子。彼女は自分にアピールしてくる男性――興味を持って近寄ってくる男性や興味がないふりをして近寄ってくる男性にうんざりしていました。

 そんな中、女優としての彼女にまったく興味を持たない男性が現れます。それが一彦。これがきっかけで彼女は一彦とお付き合いをするようになりました。

 しかし、久しぶりに現れた一彦は、彼女に「別れたい」と言い出します。彼女は別れを拒否しますが――。

 ラストで涙が止まらなくなる物語です。

『バイバイブラックバード Ⅵ』

 ついにバスに乗る日がやってきた一彦。繭美は彼をなんとか助けようと回避策を提案しますが――。

 爽やかな終わり方をする物語です。

3. 別れは悲しいことだと思い出せる

 ここまで紹介して来たように、『バイバイ、ブラックバード』は、別れがテーマの物語。読めば別れが悲しいものだと思い出せます。

 普段の生活では、相手を多少傷つけたところで反省しないことが多々ありますが、会えなくなる日がやって来ると思うと…。

 もう少し人間関係を大切にしたくなること間違いなし!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』。読めば人間関係を大切にしたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …