webstation plus

 人とのつながりを大切にしていますか。

 私は大切にしているつもりでしたが、よくよく考えてみると、仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思えてきました。

 伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』を読んで、いつかは別れがやって来る…という当たり前のことに気づき、今目の前にいる人たちとの関係を大切にしたいって思えたんですよね。

 五股をしていた主人公の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は会社員の星野一彦。

 彼はお金のトラブルが原因で、知らない間にどこかの恐ろしい人物の機嫌を損ねてしまい、2週間後にバスに乗せられて怖ろしい場所に連れて行かれることになりました。

 そして、バスに乗るまでの2週間の監視役としてやってきたのが繭美です。

 繭美は身体もでかければ、腕も脚も太く、何から何まで規格外。おまけに態度も大きく肝も据わっていました。

 一彦はそんな繭美に付き合っていた5人の女性に別れを告げに行きたいとお願いします。

 繭美は面倒なことを嫌がる性格でしたが、五股をしていた男が別れを告げに行くという話に興味を持ち、許すことにしました。

 ただし、繭美と結婚するという嘘の理由をつけて別れを告げろって言うんですよね。

 こうして、一彦は繭美と一緒に付き合っていた5人の女性に別れを告げに行くことになりましたが、彼女たちとの別れは読んでいてツライものがありました。なぜなら…。

 出会いと別れのすべてが愛おしく思える物語

 それぞれの女性との愛おしくなるような出会いと別れが描かれているからです。

 たとえば、苺狩りで出会った女性・廣瀬あかりは一彦と別れることに納得しませんでしたが…。

 なぜか繭美の提案で一彦が近所のラーメン屋でジャンボラーメンの大食いに挑戦し、成功したら別れるという話になりました。

 そしてあかりは、一彦が必死になってラーメンを食べる姿をみて、彼と別れることに納得するんですよね。

 そんな一彦想いの廣瀬あかりに胸がギュッと締め付けられます。

 他にも、刑事に車を持っていかれて途方に暮れていた一彦を車に乗せてくれたシングルマザーの霜月りさ子や、深夜にロープを抱えて歩いていた如月ユミとの出会いと別れも興味深いのですが…。

 なかでも私が特に胸が締め付けられたのが、耳鼻科で出会った神田美奈子と、有名女優である有須睦子との出会いと別れでした。

 これらの物語はぜひ実際に読んで欲しいので、あまり詳しくは書きませんが、

 神田美奈子には乳がんの疑いがあり、精密検査の結果が出る直前に一彦から別れを告げられます。

 有名女優である有須睦子は一般人の一彦にたまたま興味をもって付き合ったと思っていましたが、実は…。

 というように、読めば胸がギュッと締め付けられるような出会いと別れが描かれています。読んでいて、出会いと別れのすべてが愛おしく思えてくる物語なんですよね。

 それだけでなく…。

 繭美までもが愛おしく思える物語

 規格外の女性である繭美までもが愛おしく思えてきます。

 繭美は幼稚園の入園日に、近所の荻野目君から「怪獣女」と言われたことに怒り、彼の手首を折ったところから人生がはじまりました。

 今は辞書を片手に、「常識」「気遣い」「マナー」「悩み」「色気」といった言葉を塗りつぶし、私にはそのようなものはないと言い張りますが…。

 そんな彼女だからこそ、歯に着せぬ物言いをし、一彦とその彼女たちに本質を突きつけます。

 たとえば、神田美奈子が乳癌の検査待ちであることを知った一彦が検査結果を知りたいと言うと、

「いいか、星野ちゃん、おまえはな、自分のことしか考えてねえんだよ。<あのバス>に乗って、連れて行かれる間、あの女の癌のことを心配しているのが耐えられねえだけだ。だから、事前に検査結果を知って、気がかりを一つでも減らしておきたいな、ってそれだけだ。あの女のことなんじゃなくて、おまえは、おまえ自身のために、検査結果を知りたいだけだ。そうだろう?」

 って言うんですよね。他人から奇異の目で見られ続けてきた女性ならではの視点です。

 一彦はそんな繭美のことを、ときどき美しく思うようになりました。他の女性とは一味違う繭美の魅力にどんどん惹きつけられていくんですよね。そんな彼らの姿をみていると…。

 今目の前にいる人たちとの関係を大切にしたいって思えてきます。

 このように、伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』は、出会いも別れもすべてが愛おしく思えてくる物語として楽しめるだけでなく…。

 サスペンスとしても、驚きが用意されている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『マリアビートル』感想/大人をバカにする中学生への正しい対処法とは?

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対応すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語

 サスペンスはお好きですか?  私はドキドキ感が味わえるサスペンスが大好きで、小説だけでなく映画もよく観ていますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は一味違いました。  ハラハラドキドキ感が味わえるだけ …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

北川恵海『ちょっと今から仕事辞めてくる』は自殺をするくらいなら仕事を辞めたほうが良いと思える物語

 頑張って仕事していますか?  私は出来るだけ頑張って仕事をしているつもりですが、世間を見渡すと、仕事を頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありませんが、頭では …