webstation plus

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。

 彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ずかしくてテレビに出られません。そんな厚顔無恥な人たちだからこそ、浮気ができるのでしょうね。

 ちなみに、私は浮気をする人が大嫌いなので、どうしても彼らを好きになれないのですが、伊坂幸太郎さんの小説『バイバイブラックバード』を読んで、ほんの少しだけ赤の他人の浮気には寛容になれた気がします。

 小説『バイバイブラックバード』のあらすじ

 物語の主人公は、5股している星野一彦。彼は、女性にモテようとか、女性経験の数を競おうとか、そんな低レベルな考えはしていないのですが、なぜか女性に大人気。だから5股できたのですが、運悪くヤバい人の逆鱗に触れたため、2週間後に「バス」に乗せられ、恐ろしいところに連れていかれることになりました。

 その間、一彦が逃げ出さないように監視役として現れたのが、マイ辞書を持つ暴力的な大女、繭美。一彦は繭美にお願いをしてバスに乗せられる前に5人の女性に別れを告げにいくことにしました。――という物語なのですが、いわゆる三角関係のようなドロドロした要素はなく、友情や共感が広がる素敵な物語です。

 繭美という魅力的なキャラクター

 では、なぜドロドロしないのでしょうか。それは、一彦が繭美と結婚するというウソをついて5人の女性に会いに行くからです。他人のことなどまったく考えずに、思ったことは何でも口にしてしまう野蛮な大女と結婚するなら「まぁ、仕方ないか…」と思えそうですよね。

 実際、繭美は彼女たちの前でこのような言葉を口にします。

 「あの映画の中で、ジェイソンに追われている奴らが、『そういえば、別れた恋人の癌の検査結果はどうだったんだろう』なんて想像する余裕があると思うか?ねえだろ。他人の心配なんてのはな、平和な奴らしかしてられないんだよ」

 つい先日終わりを迎えた大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田幸村とは正反対の性格とでも言えばいいのでしょうか。

 幸村は、淀殿や秀頼のために自分を犠牲にして徳川家康との戦いに挑みましたが、彼女の辞書には「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」といった言葉がありません。それらを黒く塗りつぶしているんですよね。そうして、好き勝手に生きていました。

 しかし、そんな繭美も一彦と出会うことで少しずつ考えが変わっていきます。それは、一彦がこんな性格をしていたからかもしれません。

 小説『死神の精度』とは一味違う

 「子供のサッカー見たことあるか?本格的なやつじゃねえぞ。遊びでやってるやつだ。システムなんてあるわけない。ボールが転がりゃ、それこそ十人が十人がみんな、わあ、っと追いかける。で、また反対側に蹴られれば、また、わあ、っと走っていく」
(中略)
「おまえもそれと同じだ」

 つまり、付き合っている女性の数を競おうとか、多くの女性とセックスがしたいといった低レベルな目的を持っているのではなく、「いいなぁ」と思う女性がいたら、何も考えずに交際してしまう。わー、僕はこの子と付き合うんだーって走っていってしまう単純な性格。システムも戦略もありゃしない。

 そんな自分の心に素直に生きる一彦だからこそ、多くの女性から好かれ、繭美の心も動かせたのかもしれませんね。

 そういう意味では、伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』とは違います。『死神の精度』では、死神と登場人物との距離は決して縮まりませんでしたが、繭美という死神は時間とともに一彦との距離を縮めていきます。だから最後には――。

 まとめ

 というわけで、小説『バイバイブラックバード』は、物語の設定、登場人物、セリフどれをとってみても最高の物語です。未読の方は、この機会に読んでみてはどうでしょうか。ほんの少しだけ浮気に対して寛容になれるかもしれませんよ。

 関連記事

アメトーーク!「読書芸人」第3弾!おすすめ本まとめ

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年11月10日放送の「アメトーーク!」は「読書芸人オールロケ」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、メープル超合金・カズレーザーさん、池田エライザさんが、 …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

『約束のネバーランド』は読み始めたら止まらないサスペンス漫画

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、どうなることかと思っていましたが…。40ページを過ぎると、ページをめくる …

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …