webstation plus

 人とのつながりを大切にしていますか。

 私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。

 別れは突然訪れる

 伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』の主人公・星野一彦は五股をしていました。

 しかし、多くの女性と付き合って優越感を得ようとしていたわけではなく、それぞれの人を本気で愛していました。

 ところが、別れは突然訪れます。お金のトラブルが原因で、知らない間にどこかの恐ろしい人物の機嫌を損ねてしまい、2週間後にバスに乗せられて怖ろしい場所に連れて行かれることになったのです。

 その2週間の監視役としてやって来たのが繭美です。彼女は身体もでかければ、腕も脚も太く、何から何まで規格外。おまけに態度も大きく肝も据わっていました。

 一彦はそんな繭美と一緒に、付き合っていた5人の女性に別れを告げにいきます。繭美と結婚するという嘘の理由を添えて。すると…。

 繭美という規格外の女性を好きになっていく

 5人の女性と別れることに悲しみを覚えた一彦でしたが、繭美と行動を共にすることで、少しずつ繭美のことを愛おしく思うようになっていきます。

 先ほど紹介したように、繭美は規格外の人間でした。幼稚園の入園日に、近所の荻野目君から「怪獣女」と言われたことに怒り、彼の手首を折ったところから人生がスタート。

 今は辞書を片手に、「常識」「気遣い」「マナー」「悩み」「色気」といった言葉を塗りつぶし、私にはそのようなものはないと言い張る女性です。

 しかし、そんな彼女だからこそ、歯に着せぬ物言いをし、一彦とその彼女たちに本質を突きつけるんですよね。

 たとえば、付き合っていた女性が乳癌の検査待ちであることを知った一彦が検査結果を知りたがると、

「いいか、星野ちゃん、おまえはな、自分のことしか考えてねえんだよ。<あのバス>に乗って、連れて行かれる間、あの女の癌のことを心配しているのが耐えられねえだけだ。だから、事前に検査結果を知って、気がかりを一つでも減らしておきたいな、ってそれだけだ。あの女のことなんじゃなくて、おまえは、おまえ自身のために、検査結果を知りたいだけだ。そうだろう?」

 と言います。他人から奇異の目で見られ続けてきた女性ならではの視点です。

 一彦はそんな繭美のことを、ときどき美しく思うようになります。他の女性とは一味違う繭美の魅力にどんどん惹きつけられていくんですよね。そんな彼らの姿をみていると…。

 出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 出会いも別れもすべてが愛おしく思えてきます。今、目の前にいる人を大切にしようと思えてくるんですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

まわりに左右されるか、左右していくか/浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。  転職先を探したり、リストラ対象に自分が入ってないか上 …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …