webstation plus

(※『BUTTER』表紙より)


 柚木麻子さんの小説『BUTTER』。

 首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。

 読めば自分らしく生きるとはどういうことなのか考えたくなること間違いなし!?

 今回は『BUTTER』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『BUTTER』のあらすじ

 交際していた男性が次々と不審な死を遂げたことで逮捕された梶井真奈子。物的な証拠は何ひとつ見つかっていませんでしたが、彼女は無期懲役を言い渡され、控訴審を控えていました。

 そんな梶井に取材をしたいと考えていたのが週刊誌記者の町田里佳です。もちろん、簡単には応じてもらえませんでしたが――。

 里佳の友人・玲子の助言で状況が変わります。「あの時のビーフ・シチューのレシピをぜひ、教えてください」と手紙に書けば会ってくれると言うのです。

「だって、料理好きな女って、レシピを聞かれると喜んで、いろいろと聞かれていないことまで話してしまうものだもん。これは絶対の法則だよ。現に私がそうだし」

 実際、玲子の助言に従って手紙を送ってみると、梶井から面会してもいいという返事が来ました。

 こうして里佳は、梶井と面会するようになります。果たして彼女の運命は!?

 『BUTTER』のおすすめポイント

1. なぜ木嶋早苗が世間から注目されたのかがわかる

 それは、若くも美しくもなく、体重も70キロを超えている梶井真奈子が多くの男性を手玉に取っていたからです。

 多くの女性は、若さと美しさを手に入れようと、痩せようと必死になっていますよね。

 ダイエット本や美容に良いと言われる食べ物などが飛ぶように売れたり、美魔女がもてはやされたりと、誰もが若さと美しさ、体型を維持しようと努力しています。

 ところが、梶井はどれ一つとして持っていませんでした。若くもなく、美人でもなく、スリムでもない。それなのに、多くの男性に言い寄られ、お金を貢いでもらい、優雅な暮らしをしている。一体どうして?

 こうして梶井真菜子は世間に注目されたんですね。多くの女性が幻想を描いていることに気づかされる物語です。

2. 信念を持つことの大切さがわかる

 そんな梶井に面会するようになった里佳は、梶井に魅了されていきます。

 里佳は、痩せて美しい自分をキープしようと努力していました。仕事もできて、彼氏とも仲良く過ごす。そんな世間が望む女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですね。

 ところが梶井と出会うことで考えが変わっていきます。彼女は世間が望む女性像と正反対なのに、自分よりも多くのものを手に入れていたからです。

 はじめは取材をするために梶井の言うことを聞いていた里香。「バター醤油ご飯を作りなさい!」と言われれば、高級なバターを買って実際に食べてみました。しかし、その味に驚愕した里香は少しずつ梶井に心を許すようになります。

 その後、何度かこのような体験をした里佳は、梶井の要求に全て従うようになりました。セックスしたあとにバターラーメンを食べろと言われたら、自分から彼氏をホテルに誘ったりします。

 そんな里佳の変貌ぶりを心配した玲子は、こっそり梶井に面会します。しかし、それが原因で――。

 信念を持つ大切さがわかる物語です。

3. 彼女たちが出した結論に感動

 里佳と玲子は梶井に翻弄されますが、最後にある結論にたどり着きました。

 それは、自分の適量を知ること。世間や梶井のような声の大きな人間に流されるのではなく、自分の適量を知り、自分らしく生きることでした。

 ぜひ、実際に読んで自分の適量とは何かを考えてみてください。

 最後に

 柚木麻子さんの小説『BUTTER』。読めば自分らしく生きるとはどういうことなのか考えたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …