webstation plus

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。

 しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そんな彼女が、なぜ多くの男性を手玉に取れたかというと…。

 誰よりも自分らしく生きていたから

 多くの女性は、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れようと必死になっていますよね。

 ダイエット本やダイエット食品が飛ぶように売れたり、ライザップが流行ったり、中年女性が美魔女を目指したりと、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れるために多くの時間とお金をつぎ込んでいます。

 ところが、木嶋佳苗さん(作中では梶井真菜子)は、どれひとつとして持っていませんでした。むしろ、その逆です。

 それにも関わらず、多くの男性が彼女に魅力を感じたのは、安心感が得られたからです。

 若くて、美人で、スリムな体型の女性は、モテるので、いつ自分から離れていくかわかりません。しかし、梶井なら心配する必要がありませんよね。

 また、劣等感を抱く必要がありませんでした。頑張らなくていいというか、ありのままの自分を受け入れてくれるというか。

 そんな自分を飾ろうとしない梶井に多くの男性が心を許し、ハマっていったのですが…。ハマったのは男性だけではありませんでした。

 常識を打ち破る梶井に誰もが魅力を感じる

 梶井に取材を申し込んだ女性記者・里佳もそのひとり。里佳は、出会ったその日から梶井に魅了されます。

 里佳はスリムで美しい自分をキープしようと努力していました。仕事も出来て、彼氏とも仲良く過ごして…という世間の多くが望んでいる女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですよね。

 しかし、梶井は何の努力もせずに里佳よりも多くのものを手に入れていました。

 そこで里佳は梶井の言うことに従うようになります。「バター醤油ご飯を作りなさい」と言われれば、高級なバターを買って実際に作り、「セックスをしたあとにバターラーメンを食べろ」と言われれば、自分から彼氏をホテルに誘います。

 こうして里佳は、これまで知らなかった快感を覚えるのですが…。

 自分の適量を知ることが幸せの第一歩

 その後、里佳はいろいろな出来事を乗り越えて、自分にとっての適量が望ましいことを悟ります。

 世間の多くの女性が目指している人生でも、梶井のような常識破りの人生でもなく、自分にあった適量を知り、自分らしく生きることが幸せだと気づくんですよね。

 なぜ、彼女が適量が大切だと悟ったのかは、実際に読んで確かめてほしいのですが、私たちは誰かの意見に左右されがちです。常識を大切にしたり、常識はずれを目指したり…。

 しかし、それでは他人に振りまわされているだけです。だからこそ、自分にとっての適量を知り、誰よりも自分を大切にする――自分らしく生きることが大切なんですよね。それがよくわかる物語です。

 ◆

 柚月麻子さんの小説『BUTTER』。適量を知ることが自分らしく生きる秘訣だとわかる物語です。ちなみに、読めば今すぐバターが食べたくなりますよ。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

三浦しをん『愛なき世界』感想/何よりも知識欲が強い研究者に愛はあるのか!?

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。  三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひと …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …