webstation plus

(※『BUTTER』表紙より)


 柚木麻子さんの小説『BUTTER』。

 首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。

 読めば自分らしく生きるとはどういうことなのか考えたくなること間違いなし!?

 今回は『BUTTER』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『BUTTER』のあらすじ

 交際していた男性が次々と不審な死を遂げたことで逮捕された梶井真奈子。物的な証拠は何ひとつ見つかっていませんでしたが、彼女は無期懲役を言い渡され、控訴審を控えていました。

 そんな梶井に取材をしたいと考えていたのが週刊誌記者の町田里佳です。もちろん、簡単には応じてもらえませんでしたが――。

 里佳の友人・玲子の助言で状況が変わります。「あの時のビーフ・シチューのレシピをぜひ、教えてください」と手紙に書けば会ってくれると言うのです。

「だって、料理好きな女って、レシピを聞かれると喜んで、いろいろと聞かれていないことまで話してしまうものだもん。これは絶対の法則だよ。現に私がそうだし」

 実際、玲子の助言に従って手紙を送ってみると、梶井から面会してもいいという返事が来ました。

 こうして里佳は、梶井と面会するようになります。果たして彼女の運命は!?

 『BUTTER』のおすすめポイント

1. なぜ木嶋早苗が世間から注目されたのかがわかる

 それは、若くも美しくもなく、体重も70キロを超えている梶井真奈子が多くの男性を手玉に取っていたからです。

 多くの女性は、若さと美しさを手に入れようと、痩せようと必死になっていますよね。

 ダイエット本や美容に良いと言われる食べ物などが飛ぶように売れたり、美魔女がもてはやされたりと、誰もが若さと美しさ、体型を維持しようと努力しています。

 ところが、梶井はどれ一つとして持っていませんでした。若くもなく、美人でもなく、スリムでもない。それなのに、多くの男性に言い寄られ、お金を貢いでもらい、優雅な暮らしをしている。一体どうして?

 こうして梶井真菜子は世間に注目されたんですね。多くの女性が幻想を描いていることに気づかされる物語です。

2. 信念を持つことの大切さがわかる

 そんな梶井に面会するようになった里佳は、梶井に魅了されていきます。

 里佳は、痩せて美しい自分をキープしようと努力していました。仕事もできて、彼氏とも仲良く過ごす。そんな世間が望む女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですね。

 ところが梶井と出会うことで考えが変わっていきます。彼女は世間が望む女性像と正反対なのに、自分よりも多くのものを手に入れていたからです。

 はじめは取材をするために梶井の言うことを聞いていた里香。「バター醤油ご飯を作りなさい!」と言われれば、高級なバターを買って実際に食べてみました。しかし、その味に驚愕した里香は少しずつ梶井に心を許すようになります。

 その後、何度かこのような体験をした里佳は、梶井の要求に全て従うようになりました。セックスしたあとにバターラーメンを食べろと言われたら、自分から彼氏をホテルに誘ったりします。

 そんな里佳の変貌ぶりを心配した玲子は、こっそり梶井に面会します。しかし、それが原因で――。

 信念を持つ大切さがわかる物語です。

3. 彼女たちが出した結論に感動

 里佳と玲子は梶井に翻弄されますが、最後にある結論にたどり着きました。

 それは、自分の適量を知ること。世間や梶井のような声の大きな人間に流されるのではなく、自分の適量を知り、自分らしく生きることでした。

 ぜひ、実際に読んで自分の適量とは何かを考えてみてください。

 最後に

 柚木麻子さんの小説『BUTTER』。読めば自分らしく生きるとはどういうことなのか考えたくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …