webstation plus

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。

 しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そんな彼女が、なぜ多くの男性を手玉に取れたかというと…。

 誰よりも自分らしく生きていたから

 多くの女性は、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れようと必死になっていますよね。

 ダイエット本やダイエット食品が飛ぶように売れたり、ライザップが流行ったり、中年女性が美魔女を目指したりと、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れるために多くの時間とお金をつぎ込んでいます。

 ところが、木嶋佳苗さん(作中では梶井真菜子)は、どれひとつとして持っていませんでした。むしろ、その逆です。

 それにも関わらず、多くの男性が彼女に魅力を感じたのは、安心感が得られたからです。

 若くて、美人で、スリムな体型の女性は、モテるので、いつ自分から離れていくかわかりません。しかし、梶井なら心配する必要がありませんよね。

 また、劣等感を抱く必要がありませんでした。頑張らなくていいというか、ありのままの自分を受け入れてくれるというか。

 そんな自分を飾ろうとしない梶井に多くの男性が心を許し、ハマっていったのですが…。ハマったのは男性だけではありませんでした。

 常識を打ち破る梶井に誰もが魅力を感じる

 梶井に取材を申し込んだ女性記者・里佳もそのひとり。里佳は、出会ったその日から梶井に魅了されます。

 里佳はスリムで美しい自分をキープしようと努力していました。仕事も出来て、彼氏とも仲良く過ごして…という世間の多くが望んでいる女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですよね。

 しかし、梶井は何の努力もせずに里佳よりも多くのものを手に入れていました。

 そこで里佳は梶井の言うことに従うようになります。「バター醤油ご飯を作りなさい」と言われれば、高級なバターを買って実際に作り、「セックスをしたあとにバターラーメンを食べろ」と言われれば、自分から彼氏をホテルに誘います。

 こうして里佳は、これまで知らなかった快感を覚えるのですが…。

 自分の適量を知ることが幸せの第一歩

 その後、里佳はいろいろな出来事を乗り越えて、自分にとっての適量が望ましいことを悟ります。

 世間の多くの女性が目指している人生でも、梶井のような常識破りの人生でもなく、自分にあった適量を知り、自分らしく生きることが幸せだと気づくんですよね。

 なぜ、彼女が適量が大切だと悟ったのかは、実際に読んで確かめてほしいのですが、私たちは誰かの意見に左右されがちです。常識を大切にしたり、常識はずれを目指したり…。

 しかし、それでは他人に振りまわされているだけです。だからこそ、自分にとっての適量を知り、誰よりも自分を大切にする――自分らしく生きることが大切なんですよね。それがよくわかる物語です。

 ◆

 柚月麻子さんの小説『BUTTER』。適量を知ることが自分らしく生きる秘訣だとわかる物語です。ちなみに、読めば今すぐバターが食べたくなりますよ。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

辻村深月『かがみの孤城』感想/心の弱い人は他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリで、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。  そ …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

伊坂幸太郎『サブマリン』感想/やられたことをやり返してはダメなのか?

 やられたことをやり返してはダメだと思っていませんか?  私は「やられたらやり返す、倍返しだ!」という信念で生きてきたので、やり返せばいいと思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』を読んでいろいろ考えさせられ …