webstation plus

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。

 しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そんな彼女が、なぜ多くの男性を手玉に取れたかというと…。

 誰よりも自分らしく生きていたから

 多くの女性は、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れようと必死になっていますよね。

 ダイエット本やダイエット食品が飛ぶように売れたり、ライザップが流行ったり、中年女性が美魔女を目指したりと、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れるために多くの時間とお金をつぎ込んでいます。

 ところが、木嶋佳苗さん(作中では梶井真菜子)は、どれひとつとして持っていませんでした。むしろ、その逆です。

 それにも関わらず、多くの男性が彼女に魅力を感じたのは、安心感が得られたからです。

 若くて、美人で、スリムな体型の女性は、モテるので、いつ自分から離れていくかわかりません。しかし、梶井なら心配する必要がありませんよね。

 また、劣等感を抱く必要がありませんでした。頑張らなくていいというか、ありのままの自分を受け入れてくれるというか。

 そんな自分を飾ろうとしない梶井に多くの男性が心を許し、ハマっていったのですが…。ハマったのは男性だけではありませんでした。

 常識を打ち破る梶井に誰もが魅力を感じる

 梶井に取材を申し込んだ女性記者・里佳もそのひとり。里佳は、出会ったその日から梶井に魅了されます。

 里佳はスリムで美しい自分をキープしようと努力していました。仕事も出来て、彼氏とも仲良く過ごして…という世間の多くが望んでいる女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですよね。

 しかし、梶井は何の努力もせずに里佳よりも多くのものを手に入れていました。

 そこで里佳は梶井の言うことに従うようになります。「バター醤油ご飯を作りなさい」と言われれば、高級なバターを買って実際に作り、「セックスをしたあとにバターラーメンを食べろ」と言われれば、自分から彼氏をホテルに誘います。

 こうして里佳は、これまで知らなかった快感を覚えるのですが…。

 自分の適量を知ることが幸せの第一歩

 その後、里佳はいろいろな出来事を乗り越えて、自分にとっての適量が望ましいことを悟ります。

 世間の多くの女性が目指している人生でも、梶井のような常識破りの人生でもなく、自分にあった適量を知り、自分らしく生きることが幸せだと気づくんですよね。

 なぜ、彼女が適量が大切だと悟ったのかは、実際に読んで確かめてほしいのですが、私たちは誰かの意見に左右されがちです。常識を大切にしたり、常識はずれを目指したり…。

 しかし、それでは他人に振りまわされているだけです。だからこそ、自分にとっての適量を知り、誰よりも自分を大切にする――自分らしく生きることが大切なんですよね。それがよくわかる物語です。

 ◆

 柚月麻子さんの小説『BUTTER』。適量を知ることが自分らしく生きる秘訣だとわかる物語です。ちなみに、読めば今すぐバターが食べたくなりますよ。

 関連記事

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …