webstation plus

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。

 しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そんな彼女が、なぜ多くの男性を手玉に取れたかというと…。

 誰よりも自分らしく生きていたから

 多くの女性は、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れようと必死になっていますよね。

 ダイエット本やダイエット食品が飛ぶように売れたり、ライザップが流行ったり、中年女性が美魔女を目指したりと、若さと美しさ、スリムな体型を手に入れるために多くの時間とお金をつぎ込んでいます。

 ところが、木嶋佳苗さん(作中では梶井真菜子)は、どれひとつとして持っていませんでした。むしろ、その逆です。

 それにも関わらず、多くの男性が彼女に魅力を感じたのは、安心感が得られたからです。

 若くて、美人で、スリムな体型の女性は、モテるので、いつ自分から離れていくかわかりません。しかし、梶井なら心配する必要がありませんよね。

 また、劣等感を抱く必要がありませんでした。頑張らなくていいというか、ありのままの自分を受け入れてくれるというか。

 そんな自分を飾ろうとしない梶井に多くの男性が心を許し、ハマっていったのですが…。ハマったのは男性だけではありませんでした。

 常識を打ち破る梶井に誰もが魅力を感じる

 梶井に取材を申し込んだ女性記者・里佳もそのひとり。里佳は、出会ったその日から梶井に魅了されます。

 里佳はスリムで美しい自分をキープしようと努力していました。仕事も出来て、彼氏とも仲良く過ごして…という世間の多くが望んでいる女性像を知らず知らずのうちに目指していたんですよね。

 しかし、梶井は何の努力もせずに里佳よりも多くのものを手に入れていました。

 そこで里佳は梶井の言うことに従うようになります。「バター醤油ご飯を作りなさい」と言われれば、高級なバターを買って実際に作り、「セックスをしたあとにバターラーメンを食べろ」と言われれば、自分から彼氏をホテルに誘います。

 こうして里佳は、これまで知らなかった快感を覚えるのですが…。

 自分の適量を知ることが幸せの第一歩

 その後、里佳はいろいろな出来事を乗り越えて、自分にとっての適量が望ましいことを悟ります。

 世間の多くの女性が目指している人生でも、梶井のような常識破りの人生でもなく、自分にあった適量を知り、自分らしく生きることが幸せだと気づくんですよね。

 なぜ、彼女が適量が大切だと悟ったのかは、実際に読んで確かめてほしいのですが、私たちは誰かの意見に左右されがちです。常識を大切にしたり、常識はずれを目指したり…。

 しかし、それでは他人に振りまわされているだけです。だからこそ、自分にとっての適量を知り、誰よりも自分を大切にする――自分らしく生きることが大切なんですよね。それがよくわかる物語です。

 ◆

 柚月麻子さんの小説『BUTTER』。適量を知ることが自分らしく生きる秘訣だとわかる物語です。ちなみに、読めば今すぐバターが食べたくなりますよ。

 関連記事

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …