webstation plus

 いじめが後を絶ちませんよね。

 小学校や中学校でいじめられて自殺をする人も大勢いますが、今では社会人になっても、いじめられて自殺をする人がいます。

 それだけいじめが大きな問題になっていますが、いじめをするような心の弱い人間を相手にして死ぬのはもったいと思うんですよね。

 今回は、そんな想いがいっぱい詰まった中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、私の考えを書いていこうと思います。

 いじめられる人間にも原因がある?

 こういう主張をする人こそ、いじめられればいいと思います。

 いじめは犯罪です。適当な理由をつけて殴られたのに、「殴られないように行動しないお前が悪い!」なんてバカな理屈は通りません。

 しかし、そういうバカな大人が大勢いるからこそ、いじめは無くならないし、自殺者も後を絶たないのです。

 いじめは、いじめによって傷つくだけでなく、周りにいる人たちがいじめを放置したり、隠蔽したり、正当化することで二度傷つけられます。

 ところが、特にそうではあってはならない学校の先生に、いじめを放置したり、隠蔽したりする傾向が見られます。

 実際、しょこたんを含むいじめられた経験のある多くの人たちが学校と学校の先生に失望しています。なぜなら…。

 日本の学校は加害者の味方

 日本の学校は加害者の味方だからです。

 いじめが発覚すると評判が下がるので、先生や学校側は絶対にいじめを認めないし、むしろ隠そうとします。

 そのため、どれだけいじめを訴えても、欠席裁判でなかったことになるんですよね。

 実際、いじめられていたある女性が学校に訴えたところ、アンケートに「いじめはあった」と書いてくれた人もいたのに、それらの意見がもみ消されてなかったことにされたそうです。

 また、学校の先生は「委員会もやるような子がいじめをするわけがない」という先入観で判断しがちです。

 だからこそ、日本では教室の中でいじめが起こるのです。海外では教室の中ではいじめは起きません。大人が大人らしい行動をとっているからです。

 また、日本ではいじめられた人が転校しますが、海外ではいじめた人間が転校させられます。

 このような加害者に優しい日本の学校に通うことに、どれほどの意味があるのでしょうか?

 多様性を認められる人たちと付き合っていこう

 とはいえ、コミュニュケーション力をつけるという意味では学校も一定の役割を果たしています。

 しかし、コミュニュケーション力は学校の外でも鍛えることができます。むしろ、多様性を認める余裕のない学校よりも、外の世界でコミュニュケーションをとったほうがプラスは多いはずです。

 だからこそ、いじめにあったときは、学校に行く必要はないと思うんですよね。多様性を認めることもできない、心の弱い人たちに従って生きる必要はありません。

 それよりも、自分が必死になれる何かを見つけましょう。プラスのエネルギーが溢れる人たちと付き合って行きましょう。

 つまり、今いる場所以外にも素晴らしい場所はたくさんあるのです。苦しい思いをすることになっても、自分にあった道が必ず見つかるはずです。だからこそ…。

 「死ぬんじゃねーぞ!!」

 関連記事

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ

 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新 …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …

絶望するのは時間の無駄!?好きなことで生きていくためのレシピ

 好きなことをして生きていますか?  この前のエントリにも書きましたが、人生も後半を迎えると、嫌なことに時間をかけている暇はありません。ましてや、絶望している暇なんてないんですよね。  では、どうすれば、好きなことをして …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

成功の秘訣は受け取った以上に与えること!?リーダーシップを発揮するための3条件

 この前、「リーダーシップとはすべてを仕切ることではない」という趣旨のエントリを書きました。  一緒に仕事をする人たちに細かな指示を出すのではなく、普段は愛されるキャラクターでありながらも、「いざ!」というときには強い意 …

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりしているのは、信じているものが間違っているからだ …