webstation plus

 いじめが後を絶ちませんよね。

 小学校や中学校でいじめられて自殺をする人も大勢いますが、今では社会人になっても、いじめられて自殺をする人がいます。

 それだけいじめが大きな問題になっていますが、いじめをするような心の弱い人間を相手にして死ぬのはもったいと思うんですよね。

 今回は、そんな想いがいっぱい詰まった中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、私の考えを書いていこうと思います。

 いじめられる人間にも原因がある?

 こういう主張をする人こそ、いじめられればいいと思います。

 いじめは犯罪です。適当な理由をつけて殴られたのに、「殴られないように行動しないお前が悪い!」なんてバカな理屈は通りません。

 しかし、そういうバカな大人が大勢いるからこそ、いじめは無くならないし、自殺者も後を絶たないのです。

 いじめは、いじめによって傷つくだけでなく、周りにいる人たちがいじめを放置したり、隠蔽したり、正当化することで二度傷つけられます。

 ところが、特にそうではあってはならない学校の先生に、いじめを放置したり、隠蔽したりする傾向が見られます。

 実際、しょこたんを含むいじめられた経験のある多くの人たちが学校と学校の先生に失望しています。なぜなら…。

 日本の学校は加害者の味方

 日本の学校は加害者の味方だからです。

 いじめが発覚すると評判が下がるので、先生や学校側は絶対にいじめを認めないし、むしろ隠そうとします。

 そのため、どれだけいじめを訴えても、欠席裁判でなかったことになるんですよね。

 実際、いじめられていたある女性が学校に訴えたところ、アンケートに「いじめはあった」と書いてくれた人もいたのに、それらの意見がもみ消されてなかったことにされたそうです。

 また、学校の先生は「委員会もやるような子がいじめをするわけがない」という先入観で判断しがちです。

 だからこそ、日本では教室の中でいじめが起こるのです。海外では教室の中ではいじめは起きません。大人が大人らしい行動をとっているからです。

 また、日本ではいじめられた人が転校しますが、海外ではいじめた人間が転校させられます。

 このような加害者に優しい日本の学校に通うことに、どれほどの意味があるのでしょうか?

 多様性を認められる人たちと付き合っていこう

 とはいえ、コミュニュケーション力をつけるという意味では学校も一定の役割を果たしています。

 しかし、コミュニュケーション力は学校の外でも鍛えることができます。むしろ、多様性を認める余裕のない学校よりも、外の世界でコミュニュケーションをとったほうがプラスは多いはずです。

 だからこそ、いじめにあったときは、学校に行く必要はないと思うんですよね。多様性を認めることもできない、心の弱い人たちに従って生きる必要はありません。

 それよりも、自分が必死になれる何かを見つけましょう。プラスのエネルギーが溢れる人たちと付き合って行きましょう。

 つまり、今いる場所以外にも素晴らしい場所はたくさんあるのです。苦しい思いをすることになっても、自分にあった道が必ず見つかるはずです。だからこそ…。

 「死ぬんじゃねーぞ!!」

 関連記事

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に!?

 好きでもない仕事に追われていませんか?  あるいは、仕事終わりに居酒屋で会社の愚痴をこぼしたり、家に帰ってからテレビやスマホをぼーっと眺めているような無駄な時間の過ごし方をしていませんか?  もし、そんな生活をしている …

「必要とされる人」と「されない人」の違い/驚くような結果を出すための3ステップ

 この世界には3種類の人間が存在すると言われています。  それは、「いてはいけない人」と「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」です。  もちろん、「いなくてはならない人」や「必要とされる人」になりたい …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。  思ったことをすぐ口にする性格だからでしょうが、すごい頻度でマスコミに叩かれたり、SNSで炎上したりしています。それにも関わらず、まったくへこたれていません。  もちろん、百 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …